Jump to content 日本-日本語
≫  お問い合わせ

サーバー  

Trinity Mirror社がHP BladeSystemの導入で
印刷機の可用性を確保

Trinity Mirror社

お客様事例

項目指定検索
HP Integrity サーバー
金融
製造
通信・メディア
医療・製薬
運輸・流通
その他
HP-UX
金融
製造
通信・メディア
医療・製薬
官公庁・研究機関
運輸・流通
その他
製品情報
HP Integrity サーバー
HP-UX
日本ヒューレット・パッカードサイトマップ
コンテンツに進む

SunのプラットフォームをHP BladeSystemに移行、
ビジネス需要に柔軟に対応しながら信頼性を実現

「HP BladeSystemソリューションの導入により、編集/ 広告スタッフが作成する膨大なデータで印刷システムが停止することがなくなりました。性能が向上したことでシステムの可用性が確保され、また、常に定刻通りに新聞を発行できるようになったことで事業継続性も実現しました。私たちのビジネスでは、ミスは絶対に許されません。」Peter Raettig 氏、Trinity Mirror社 IT運用マネージャー
お客様のビジネス
印刷システムの性能の限界
新たなサーバー/ストレージ環境
HP c-Classサーバーブレード
への移行
今後の展開
会社概要
PDF (170KB)

Trinity Mirror社

目標

アプローチ

新聞印刷システムに最適な、優れた信頼性と性能を備えたサーバーインフラストラクチャとバックアップ設備
 
既存のサーバーテクノロジーの制約を評価
著名な社外アドバイザーとのコンサルティング
HP BladeSystem、c-Classサーバーブレード、HP Storage Enterprise Virtual Array (EVA) 6100 で構成されたHPソリューションの導入を決定
中央集中型サービスを統合するための、HPテクノロジーを採用した新規データセンターの建設を決定
さらなる事業継続性を実現するための、第2のデータセンターの建設を決定

ITの改善

ビジネス上のメリット

HP BladeSystemの新しいインフラストラクチャによってコンピューティング能力が向上し、高可用性/ 高性能の印刷システムを実現
HP Storage EVA6100により、セキュアなデータ保管とストレージ共有を実現
HP Virtual ConnectでSAN ( ストレージエリアネットワーク) を合理/仮想化
オペレーティングシステムをMicrosoft Windows®とRed Hat Enterprise Linuxに統合
高可用性のHP BladeSystemによる事業継続性の実現と、定刻通りの新聞発行による収益の保護
信頼性が高く、管理が容易なHPサーバーブレードによって、ITインフラストラクチャのリソースを解放
HP サーバーブレードの導入でTCO ( 総所有コスト)、特に電力/冷却コストが減少
HP テクノロジーをアプローチの中心に置いたことで、バーミンガムに建設予定のデータセンターに新たな印刷システムを導入する計画が可能に

お客様のビジネス

お客様のビジネス
ロンドンのカナリーワーフを拠点とするTrinity Mirror社は、英国最大の新聞社です。Trinity社とMirror Groupの合併で1999年に設立されたTrinity Mirror社は、200のWebサイトを運用し、150を超える地方紙とThe Daily、Sunday Mirror、The Peopleなどの5つの全国紙を出版しており、これらをすべてを合わせた週間発行部数は1,090万部*に達しています。そしてTrinity Mirror Publishing社は、英国内の9つの戦略拠点を通じて、各紙の専門的な要件に応じたバックボーンを提供しています。


印刷システムの性能の限界

現在の印刷会社の多くがそうであるように、Trinity Mirror社も編集/ 広告スタッフの印刷前の紙面編集を支援するための、高度な技術インフラストラクチャを導入しています。印刷システムのハードウェアは、専用サーバー、デスクトップPC、ストレージデバイスで構成され、LAN ( ローカルエリアネットワーク) でつながっています。

HPは何年もの間、Trinity Mirror社の技術パートナーでしたが、当初の印刷システムではSun Microsystems社製のサーバーを使用していました。これらのサーバーではUNIX®、MicrosoftWindows®などのオペレーティングシステムを用い、HeliosEthershareとQuarkXPressの2つのアプリケーションでプリプレス用のプラットフォームを構築していました。技術調査/ コンサルティング大手のGartner社から独自のアドバイスを受け、Trinity Mirror社はHPとのパートナーシップを強化して、老朽化したSun Microsystems サーバーを最新のHPサーバーブレードに置き換えることでビジネスを保護するとともに、HP ストレージテクノロジーを導入することを決定しました。また、インフラストラクチャコストをさらに抑制するため、オペレーティングシステムをUNIX®からRed HatEnterprise Linux®に移行することにしました。ただし、プリプレス用のプラットフォームには、現在でもHelios EthershareとQuarkXPressを使用しています。

Trinity Mirror社では印刷システムを1日2時間以上使用し、全国紙を編集するとともに、オフサイトでのデータ複製を頻繁に行って、システム障害時でも事業継続性を確保できるようにしています。

Trinity Mirror社のIT運用マネージャーであるPeter Raettig氏は次のように述べています。「弊社では、長年にわたって印刷システムのネットワークインフラストラクチャやワークステーションをアップグレードすることで、絶え間ないデータの増加に対応してきました。しかし、サーバー側で膨大なトラフィックを処理しようとすると、デスクトップPCの性能が著しく低下し、ファイルを保存するのに何分もかかることがありました。また、サーバーのメンテナンスコストも増加する一方でした。

「つまり、サーバーが需要に対応しきれなくなっていたのです。厳しい納期を守るため、バックアップ設備を最長で2 時間も停止し、大容量のデータを処理することもたびたびありました。このような方法で新聞を定刻通りに発行していましたが、これは事業継続性の観点から見ると受け入れがたい状況です。バックアップ設備を停止している間に問題が発生していれば、かなりの損失が出ていたでしょう。このような状況から、弊社には大容量のデータを円滑に処理できる、高性能サーバーを利用した印刷システムが必要でした。」

技術調査/コンサルティング大手のGartner社からアドバイスを受け、Trinity Mirror社はHPとのパートナーシップを強化して、HPのブレード/ ストレージテクノロジーを導入し、ビジネスを保護することを決断しました。また、インフラストラクチャコストをさらに抑制するため、オペレーティングシステムをMicrosoft Windows®とRed Hat Enterprise Linux®に移行することにしました。


新たなサーバー/ストレージ環境

今回導入されたHP ソリューションは、2つのシャーシからなるHP BladeSystemがベースとなっており、各シャーシにHP ProLiant BL480 c-Classサーバーブレード6台とマルチコアプロセッサーが格納され、印刷システムの2つのオペレーティングシステムを実行します。そしてSANベースのHP Storage Enterprise Virtual Array (EVA) 610は、26テラバイトの記憶容量を備えており、サーバーの専用ストレージおよび仮想共有アクセスを提供します。

高性能で拡張性が高い統合設計のHP BladeSystemは、以前のサーバーと比べて低価格で、効率を向上できます。HP VirtualConnectは、SANとサーバーブレードの接続を合理/ 仮想化し、配線の数が減るうえ、管理者はネットワークに影響を与えることなくサーバーを追加/ 交換できます。また、高い信頼性を備えたテクノロジーによってTCOが減少し、電力/冷却条件も緩和されます。


HP c-Classサーバーブレードへの移行

以前のインフラストラクチャを導入して全国紙を印刷し始めてから17年後、Trinity Mirror社はHP ブレードテクノロジーを印刷システムの中心に据え、Daily Mirror紙を作成しました。このときスタッフは性能の向上をすぐさま実感し、EVAベースのSANで、事業継続性を確保するためのデータバックアップを頻繁に行えるようになりました。現在、Trinity Mirror社では、この高性能システムを利用して、3つの全国紙を作成しています。

Raettig氏は次のように述べています。「印刷システムをHP BladeSystemに刷新したことで、性能と信頼性が明らかに向上しました。これで間違いなく、TCOが削減されるでしょう。さらに、ユーザーフレンドリなEVA 6100によって、事業継続性を確保するための高い可用性と拡張性を備えたオンラインストレージソリューションが手に入りました。


HP BladeSystem - Trinity Mirror社の今後の展開

Trinity Mirror社は、アプリケーションの統合に向けた技術戦略の一環として、WAN ( ワイドエリアネットワーク) が充実しているバーミンガムのサイトに、HPテクノロジーをベースとした新たなデータセンターを建設することを決定しました。また、さらなる事業継続性の実現と障害復旧の支援に向け、レディングに第2のデータセンターを建設する計画もあります。

Raettig氏は次のように述べています。「弊社では、販売、広告予約、広告作成などの各グループの業務を新たなデータセンターに集約し、新たな印刷システムを導入したいと考えています。そしてそのシステムに、独自に開発したアプリケーションとHP ブレードテクノロジーを導入する予定です。」

「既存の印刷システムをHPサーバーブレードで刷新したことは、実に賢明な選択でした。これまでに性能や信頼性の問題は発生しておらず、HPは、新たな印刷システムへの移行が最適な選択だったことを証明してくれました。HPとパートナー関係を結べば、世界屈指の企業の優れたソリューションで期待通りの成果を実現できます。」
*ABC Groupによる発行部数 (2008年5月)


会社概要

Trinity Mirror社
URL: http://www.trinitymirror.com/ このリンクをクリックすると、HP社外へリンクします。

事例キーワード

業種: 出版・印刷・写真
ソリューション: マイグレーション
製品: HP BladeSystemHP StorageHP Virtual Connect
  本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり、閲覧される時点で変更されている可能性があります。予めご了承下さい。  

その他関連する情報はこちら

日本ヒューレット・パッカードが提唱する「データベース革新」
データベースを提供する5社のアライアンスパートナーと共に、データベースの「ロックリリース」に向けた施策を強化し、 お客様のデータベースシステムのパフォーマンス向上、TCO削減、さらにはクラウド対応を支援していきます。
HP ProLiant マルチプロセッサー(MP)サーバー キャンペーンサイト
HP ProLiant マルチプロセッサー(MP)サーバーをビジネス現場でご活用頂くために、「MPサーバーの強み」「MPサーバーでできること」やお得なキャンペーン情報をご紹介します。
HP Vertica Analytics System
HP Vertica Analytics Systemは、独自のアプライアンスであるHP Converged InfrastructureとVertica Analytics Platformを組み合わせて、 お客様が物理環境、仮想環境、クラウド環境に持つ複雑な大容量データをすべてリアルタイムで分析できるようにします。
HP Integrity NonStop サーバー
HP NonStop サーバーは、サービスを止めないことを第一に設計されたフォールトトレラント・サーバー(FTサーバー)です。
HP-UX
HP-UX 11i は、世界中の企業のビジネスを支えるITインフラとして実績が豊富なオペレーティング環境です。

お問い合わせ

製品キャンペーンに関するお問い合わせはHP カスタマー・インフォメーションセンターまでお問い合わせください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項