Jump to content 日本-日本語

ソリューション  >  大企業向け  >  お客様事例

TOKAIコミュニケーションズが警報検知システムを刷新し
セキュリティサービスを拡充

株式会社TOKAIコミュニケーションズ様

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む

地域社会の安心・安全を支える「TOKAIセキュリティサービス」の進化を、HP Integrity NonStopサーバーが"無停止"で支える

「NonStopを使い続けて30年、私たちのセキュリティサービスに影響を及ぼすような問題は一度もありませんでした。無停止という実績を積み重ねているこのシステムを、リスクを冒してまで別のサーバーに入れ替える理由は見当りません」
株式会社TOKAIコミュニケーションズ
スマートオフィス事業部
システム開発運用部 部長
落合 美雄 氏
チャレンジ
ソリューション
ベネフィット
導入先概要
PDF (1.86MB)

株式会社TOKAIコミュニケーションズ

目的

アプローチ

個人・法人向けのTOKAIセキュリティサービス(約2万契約)、住戸向けLPガス集中監視システム(約20万契約)を支える、「警報検知システム」のプラットフォーム刷新。24時間365日提供が必須のセキュリティサービスを停止させることなく、新システムへ移行する。
 
1986年より利用している無停止型サーバーの最新機種を導入し、24時間365日の無停止運用を継続。主要なアプリケーション資産を継承して移行コストを抑制するとともに、トランザクション複製ツールを利用してサービス無停止での移行を実現する。

ITの効果

ビジネスの効果

メインフレームを凌駕する高信頼インテル® Itanium® プロセッサー 9100番台搭載の「HP Integrity NonStop NS2000」を採用し、ハードウェアの冗長化、独自の「プロセスペア技術」によるソフトウェア2重化で無停止運用を実現
トランザクション複製ツール「HP NonStop RDF」を利用し"停止時間ゼロ"でプラットフォーム移行を実現
Javaベースの開発により周辺システムとの連携が容易に
無停止サーバーならではの圧倒的な高可用性が運用負荷を低減
セキュリティサービスとそれを支える警報検知システムに求められる"無停止"を実現
無停止システムの"進化"により高付加価値な新サービスへの適用も可能に
アプリケーション資産を継承して開発・移行コストを抑制するとともに、最新機種の採用によりハードウェアコストを削減
HP NonStopサーバーによる開発・運用ノウハウを活かしてSIビジネスを強化


24時間365日のサービスを30 年間無停止で支える
TOKAIグループでは、地域社会の安心・安全を支える「TOKAIセキュリティサービス」の中核システムとして、4世代にわたり「HP NonStopサーバー」を使い続けている。最大の理由は、約30年間"無停止"でサービスを支えてきた実績だ。進化を続けるHP Integrity NonStopサーバーは、OSSへの対応やビッグデータ分析への応用も可能になり、新たなビジネス領域への展開が期待されている。


チャレンジ

停止の許されないセキュリティサービスを支える

TOKAIグループは、エネルギー、情報通信、CATV、セキュリティ、宅配水、介護、総合リフォームなど暮らしに密着したサービス事業を幅広く展開している。東海地方を基盤に、関東・関西・東北圏、中国・台湾まで営業エリアを拡大。2011年4月には、TOKAIホールディングスを中心とする持ち株会社体制へと移行した。

TOKAIグループが30年以上前から注力してきたテーマに、個人・法人向けのセキュリティサービスがある。「TOKAIセキュリティサービス」のブランドで広く知られ、住生活部門を担う株式会社TOKAIがこれを提供している。

「急病などの緊急時、侵入時、火災時、それぞれの通報をTOKAIセキュリティセンターが受信し、緊急出動を含む迅速な対応を行います。一人暮らしのお年寄りを見守るための、市町村の行政福祉サービスとしても採用されています」とTOKAIホールディングス 経営企画本部 IT戦略室長の小玉敏雄氏は話す。

さらに、ガス漏れや火災などの異常を検知・通報する「LPガス集中監視サービス」も提供している。TOKAIはセキュリティサービスにおいて合計22万件の顧客基盤を有しており、地域社会の安心・安全を守る使命を担っている。

「1984年のサービス開始当初は、通報を集約して対応セクションに連絡する処理をメインフレームで行っていました。しかし2年ほどでシステムを刷新しました。メインフレームは、月に一度、保守のために計画停止する必要があったからです」(小玉氏)

TOKAIが選択したのは、日本に紹介されたばかりの「NonStop II System」(タンデムコンピューターズ製・現HP)だった。以来、TOKAIグループでは4世代にわたり「NonStop」を使い続けている。その理由は、停止の許されないセキュリティサービスを支えるために、"無停止システム"が圧倒的な成果をもたらしたからに他ならない。


株式会社TOKAIホールディングス
経営企画本部
IT戦略室長
小玉敏雄氏
株式会社
TOKAIホールディングス
経営企画本部
IT戦略室長
小玉 敏雄 氏

4世代目の無停止システム「HP Integrity NonStop NS2000」

「24時間365日の連続稼働が可能で、たとえメンテナンス時でもサービスを止めない―『NonStop』はそれを実現する唯一のシステムでした。当時の担当者は何度も米国に足を運び、そのコンセプトやテクノロジーを検討したと聞いています。セキュリティサービスを支えるシステムに対する"無停止"という方針は、もちろん現在も変わりません」とTOKAIコミュニケーションズ スマートオフィス事業部 システム開発運用部 部長の落合美雄氏は話す。

TOKAIコミュニケーションズは、情報通信事業におけるグループの中核企業だ。システムインテグレーション能力、最新のファシリティを備えたデータセンター、自社保有のネットワークインフラを活かしたソリューション/サービスには定評がある。

「私たちは、30年以上にわたりNonStop上での開発と運用に携わってきました。現在利用している『HP Integrity NonStop NS2000』を導入したのは2011年です。高い可用性を実現するための様々なテクノロジーや製品が登場していますが、フォールトトレランシー(無停止性)という点では、現在もこのシステムを上回るものはありません」(落合氏)

TOKAIが提供するセキュリティサービスにおけるメインフレームを凌駕する高信頼インテル® Itanium® プロセッサー 9100番台搭載の「HP Integrity NonStop NS2000」の役割を、同開発課統括リーダーの森藤真樹氏は次のように説明する。

「住居やオフィスに設置された各種センサー(ガス・火災・煙・開閉・動体など)からの信号は、電話回線やインターネットを通じてTOKAIのセキュリティセンターに送信されます。HP NonStopサーバーはリアルタイムでこれを解析し、通報内容を切り分けて、警備会社/契約者/ガス会社などへの連絡を自動実行します」

22万契約の住宅やオフィス、店舗、工場などに設置されたセンサーの数は膨大だ。インシデントは年間約2,300万件にも達する。だが、通報内容を切り分けて通知する処理に停止や遅れは許されない。暮らしやビジネス・社会の"安心・安全"を守るTOKAIセキュリティサービスと、HP NonStopサーバーが担う使命は重い。


株式会社TOKAIホールディングス
スマートオフィス事業部
システム開発運用部 部長
落合美雄氏
株式会社
TOKAIホールディングス
スマートオフィス事業部
システム開発運用部 部長
落合 美雄 氏
株式会社TOKAIホールディングス
スマートオフィス事業部
システム開発運用部 開発課
統括リーダー
森藤真樹氏
株式会社
TOKAIホールディングス
スマートオフィス事業部
システム開発運用部 開発課
統括リーダー 森藤 真樹 氏



ソリューション

"30年間サービス無停止"という絶対的な安心

HP NonStopサーバーは、銀行ATMやクレジットカードのトランザクションシステムをはじめ、社会的な重要度の高いシステムにおいて、圧倒的とも言える導入実績を誇る。システムの"無停止"は、ユーザーに“最高のサービス体験”をもたらす。

「HP NonStopサーバーでは、ハードウェアとOS/ミドルウェアが"無停止"という目的のために完全に統合されています。最大の特長は、冗長化されたハードウェア上で実行する"プロセスも冗長化"していることにあります」(森藤氏)

HP NonStopサーバーは、この「プロセスペア技術」によって、障害が発生してもシステムを再起動することなくプロセスを継続できる。二重化されたシステム上でプライマリーとバックアップの2つのプロセスを実行し、プライマリープロセスに障害が発生した場合には、"瞬時に"バックアッププロセスが処理を引き継ぐ仕組みである。

「たとえば、HAクラスターではスタンバイ機でアプリケーションを再起動するために、どうしても数分間のサービス停止が発生します。これに対しHP NonStopサーバーでは、完全に無停止で処理を継続できるのです。引き継ぎ処理はミドルウェアが制御するため、アプリケーション側での作り込みが必要ないことも大きなメリットです」(森藤氏)


2つのタスク・スケジューリング戦略

ミッションクリティカルな要求レベルが高いシステムほど、保守サービスも運用管理スタッフも手厚くせざるを得ないという常識は、HP NonStopサーバーには当てはまらない。

「24時間365日停止の許されないシステムの運用を、他の業務も兼ねる2人のスタッフで行っています。HP NonStopサーバーの"無停止性"は、運用コストの抑制にも結びついています。NonStopを使い続けて30年、私たちのセキュリティサービスに影響を及ぼすような問題は一度もありませんでした」(落合氏)

TOKAIコミュニケーションズでは、新しいサーバー製品やテクノロジーとの比較検討を常に行ってきたという。それでもHP NonStopサーバーを選び続けている。

「無停止という実績を積み重ねているこのシステムを、リスクを冒してまで別のサーバーに入れ替える理由は見当りません」と落合氏は話す。


アプリケーション資産を活かし新たなニーズにも対応

HP NonStopサーバーは、アプリケーション資産の長期にわたる保護という点でも優位性がある。これは、TOKAIが4世代にわたってNonStopを使い続ける大きな理由のひとつにもなっている。

「HP NonStopサーバー は、最新世代のハードウェアとOS/ミドルウェア環境に移行しても、アプリケーション側の修正がほとんど必要ありません。長期的な視点ではTCOの削減に大きく貢献していると言えるでしょう」(落合氏)

トランザクション複製ツール「NonStop RDF」を利用した、" サービス無停止でのプラットフォーム移行"の手順も確立されている。新旧2台のHP NonStopサーバー間でトランザクションを同期させ、あるタイミングで切り替えるというシンプルな方法だ。2011年の移行時には、ミッションクリティカルなシステムであるにも関わらず、平日の日中のわずか数時間で移行を完了させたという。

「HP NonStopサーバーは、オープンなテクノロジーを採り入れて進化していることを実感しています。たとえば、Javaアプリケーション開発が可能になったことで、外部システムとの連携が非常に容易になりました。ガス漏れ監視システムのWebアプリケーション化をJavaで開発しています。様々なサービスとの連携を含め、新たなビジネスニーズにも迅速に対応可能です」(森藤氏)

既存のアプリケーション資産を活かしながら、最新機能を使って迅速に変化に適応できる。この資質が、HP NonStopサーバーの適用範囲を拡げている。

静岡データセンター
静岡データセンター


ベネフィット

再び"進化"を加速させるHP NonStopサーバー

最新のHP NonStopサーバーでは、"無停止"という圧倒的な価値を手軽なコストで導入できる。複雑な仕組みと手厚い体制で高い可用性を維持しながら、停止の許されないサービスを提供している企業にとって、HP NonStopサーバーは魅力的な選択肢となるに違いない。

「私たちが長年培ってきた、HP NonStopサーバーにおけるアプリケーション開発や、周辺システムとの連携などのノウハウを活かして、インテグレーションビジネスにも力を入れていきたいと考えています」とSI 事業部 中部営業部 部長の内海勉氏は抱負を語る。

TOKAIがセキュリティサービスの提供を通じて蓄積する膨大なデータをどう活用し、どのように新たな価値を創造していくかというテーマも視野に入ってきた。

「お客様の声に耳を傾け、お客様が求めるサービスを迅速に提供していくことが最も大切です。TOKAIグループ250万の顧客基盤を活かし、複数の事業分野のサービスが横断的に連携するような付加価値の高いサービスを創造していきたいと考えています」 - 小玉氏

現在HPは、HP NonStopサーバーをミッションクリティカル領域における中核製品と位置づけて強化を加速させている。新たにサポートを開始した複合イベント処理ソフトウェア「WebAction」では、HP NonStopサーバー上で扱うデータに対し、外部のビッグデータ解析システムと連携したリアルタイム分析を可能にしている。

「ビッグデータ分析への対応に代表されるHP NonStopサーバーの"進化"は、"無停止システム"の価値をいっそう高めていくことでしょう。私たちがHP NonStopサーバーを使い続ける理由が、またひとつ加わりました」(小玉氏)


株式会社 TOKAIコミュニケーションズ
SI事業部
中部営業部
部長 内海勉氏
株式会社
TOKAIコミュニケーションズ
SI事業部
中部営業部
部長 内海 勉 氏

導入先概要

株式会社TOKAIコミュニケーションズ
大規模システム管理研究室
所在地: 〒420-0034 静岡県静岡市葵区常磐町2丁目6番地の8 TOKAIビル
URL: http://www.tokai-com.co.jp/ このリンクをクリックすると、HP社外へリンクします。

事例キーワード

業種: 情報・通信
ハードウェア: HP Integrity NonStop NS2000

  本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり、閲覧される時点で変更されている可能性があります。予めご了承下さい。  
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項