グローバルオンライン決済サービス企業が、複雑なイベントストリームのリアルタイム分析向けにHP ProLiant m800サーバーカートリッジを使用

「ProLiant m800では、ARM、マルチコアDSP、高速かつ低レイテンシのネットワーク、階層化されたメモリ管理機能が組み合わされています。これにより、エネルギー効率の非常に高い、極めて高性能な並列処理プラットフォームが実現し、使い慣れたLinuxインターフェイスを通じて利用できます。これはスケールアウト設計を「ボックスに収容」する新しいアプローチであり、HPCとエンタープライズテクノロジーの間にある障壁を打開するものです」

- PayPal社アドバンストテクノロジーグループ、プリンシパルアーキテクト、S. Ryan Quick氏

 

PayPal社は最先端のデジタル決済サービスを個人や企業向けに提供しています。世界203の国と地域で利用でき、100通貨以上でのオンライン決済が可能です。毎秒300万個のイベントが何千ものソースからデータセンターに流入してくるため、PayPal社は異常を検出する優れたシステムインテリジェンスを必要としていました。 PayPal社は、HP Moonshot SystemHP ProLiant m800サーバーカートリッジが備えているオンボードのデジタルシグナルプロセッサー (DSP) と独自のARMアーキテクチャーを活用することで、複雑なイベントをリアルタイムに分析できるパフォーマンスを達成し、データセンターのエネルギー効率の最適化も実現しました。

業界

  • グローバルオンライン決済
 

目的

  • 異常なイベントをリアルタイムで検出する予測分析により、システムインテリジェンスを強化する。

アプローチ

成果

  • 最大19.2GFlops/コアの優れたパフォーマンスを達成
  • イベントストリームの異常に対するリアルタイム検出を実現
  • SoCのARMソリューションにより効率を最適化し、カートリッジあたり約68ワットの消費電力を実現
  • 一般的なARMアーキテクチャーでのクロスプラットフォーム開発を活用し、導入やテストに要する時間を短縮
 

会社概要

PayPal社

alt_text
本件でご紹介のHP製品・サービス

本ページの導入事例は、PDFで閲覧頂けます。  PDF (832KB)

本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり、閲覧される時点で変更されている可能性があります。予めご了承下さい。