スイスのクラウドプロバイダーが、HP ConvergedSystem 100 for Hosted Desktopにより妥協のないデスクトップパフォーマンスを実現

「CS100により、お客様が当社のプラットフォームで実行したいと考えている、ほぼすべてのワークロードをサポートできるようになりました」

- iSource社CTO、Herby Schenker氏

 

IT関連のアウトソーサーおよびクラウドプロバイダーとしてスイスで事業を展開するiSource社は、VDIベースのDaaS (Desktop-as-a-Service) プラットフォーム上でグラフィックスを多用するワークロードを適切に処理できないという問題を抱えていました。そこで、HP Moonshotをベースに専用のコンピューティングリソースを使用したホステッドデスクトップ (仮想化しない物理リモートデスクトップ)を実装した結果、同社は総所有コスト (TCO) を30%削減するとともに、パフォーマンスを低下させることなく、完全にリニアなスケーラビリティを実現し、ほぼすべてのワークロードを処理できるようになりました。そしてこれにより、サービスポートフォリオを拡大して各顧客のワークロード要件に対応できる柔軟性を獲得し、卓越したコスト競争力を維持することが可能になりました。

業界

  • クラウド
 

目的

  • パフォーマンス、スケーラビリティ、およびコスト競争力を高め、多様な顧客のワークロードをサポートする。

アプローチ

  • HPのクラウドサービスプロバイダーであるiSource社は、HPとの関係を活かして、HP Helion CloudSystemをベースにHP ConvergedSystem 100 for Hosted Desktopを自社のiCloudサービスに導入。

ITの効果

  • グラフィックスを多用するホストテッドデスクトップのワークロードに対し、完全にリニアなスケーラビリティを実現
  • 新たな顧客環境を迅速かつ容易に構築することで、市場投入期間を短縮
  • 総所有コストを30%削減

ビジネスの効果

  • 柔軟なアーキテクチャーとワークロード別の多様なサーバーにより、新たな市場機会を開拓
  • ユーザー数、競合のテクノロジー (RDSH、VDI)、および使用するライセンスに応じ、ユーザーあたりの価格を80 CHFから50 CHF (80.66米ドルから51.88米ドル) に引き下げることで、競争力を強化
  • 約2年で投資を回収
 

iSource社はスイスを拠点とする、顧客中心型のITアウトソーシング/クラウドコンピューティングプロバイダーで、IaaS (Infrastructure-as-a-Service)、PaaS (Platform-as-a-Service)、DaaS (Desktop-as-a-Service) といった幅広いサービスを提供しています。同社は、すべての顧客にそれぞれが必要とするソリューションを確実に提供する、という理念のもとビジネスを展開しているため、各企業の規模とワークロードのニーズに合わせてコンピューティングリソースを調整しなければならないケースが少なくありません。

iSource社のDaaSを利用する顧客の間で、多くのリソースを必要とするマルチメディアアプリケーションが増加し、ノートパソコン、タブレット、スマートフォンといった多様なエンドユーザーデバイスの統合が進む中、仮想デスクトップインフラストラクチャ (VDI) や共有コンピューティングリソースを使用する同社の標準的なアプローチでは、パフォーマンスを拡張してグラフィックス処理に関するニーズの増大に対応することはできませんでした。同社が実行している多くのソフトウェアのライセンスモデルを考慮すると、最善の策は、それぞれの顧客に専用のハードウェアを提供することでしたが、従来のハードウェアインフラストラクチャはコスト効果が低く、このような移行を進めながら競争力を維持するのは困難でした。

そこで同社はクラウドサービスプロバイダーとして、HP Moonshot Systemを早期に導入し、すぐさま高密度のアーキテクチャーとワークロード別のサーバーアプローチにメリットを見出しました。HP Moonshotは導入後間もなく、同社のホステッドデスクトップのニーズに最適なソリューションとなったのです。

iSource社のエンジニアリングおよびコンサルティング責任者であるHerby Schenker氏は、次のように述べています。「Moonshotのリニアなスケーラビリティ、そしてコスト効果の高い方法ですべてのユーザーに専用のハードウェアを提供できるというメリットが、お客様のパフォーマンス要件を満たし、ソフトウェアライセンスの問題を克服するうえで重要なポイントとなりました」。

 

強力なグラフィックス処理能力とTCOの低減

iSource社では、HP Moonshot 1500シャーシHP ProLiant m700サーバーカートリッジを45台搭載したHP ConvergedSystem 100 for Hosted Desktop(CS100)を実装し、HDIデスクトップを実行することにしました。このソリューションは現在、HP Helion CloudSystemをベースとする同社のiCloud DaaSサービスの一部として、180ユーザーのホステッドデスクトップ環境をサポートしています。

Schenker氏は次のように説明します。「当社ではHP CloudSystemを活用してプライベート/ハイブリッドクラウドサービスを構築しており、お客様はそれぞれが個別に、独自のActive Directoryを実行しています。また、お客様は使用するハイパーバイザーテクノロジーを自由に選択することも、複数のハイパーバイザーテクノロジーを必要に応じて組み合わせることもできます。CloudSystemは、サービスの提供開始から終了に至るまでのプロセス全体に対応しています。今のところ、HP MoonshotはCloudSystemに完全に統合されてはいませんが、将来そうなることを期待しています」。

CS100は、クラウド、モビリティ、およびビッグデータで定義されるNew Style of ITに移行する企業を強力にサポートするソリューションです。iSource社はCS100を導入したことで、各ユーザーに専用のコンピューティングリソースを提供するとともに、それぞれが必要とするデスクトップアプリケーションをパフォーマンスを低下させることなく実行できるようにしたうえ、総コストを削減することにも成功しました。実際、同社ではユーザー1人あたりの価格を80 CHFから50 CHF (80.66米ドルから51.88ドル) にまで低減させました。

この点について、Schenker氏は次のように説明します。「CS100の導入により、当社の総所有コストは約30%減りました。その結果、価格競争力が大幅に向上し、お客様に卓越したデスクトップエクスペリエンスを提供できるようになりました。これまで、グラフィックスを多用するアプリケーションは敬遠してきましたが、CS100により、お客様が当社のプラットフォームで実行したいと考えている、ほぼすべてのワークロードをサポートできるようになりました」。

HP Moonshotの効率性とコスト効果を踏まえ、iSource社は約2年以内に投資を回収し、利益を創出できると見積もっています。

 

より多くの顧客のニーズに対応できるリニアなスケーラビリティ

CS100と革新的なMoonshotアーキテクチャーの導入により、iSource社はコスト効果が高く、最大限のパフォーマンスが得られてかつユーザー追加のための拡張作業も簡単な環境をベースに、あらゆる規模の顧客にホステッドデスクトップを提供できるようになりました。

Schenker氏は次のように述べています。「Moonshotは完全にリニアなスケーラビリティを実現します。サーバーの増設も非常に簡単で、各ノードのパフォーマンス特性が損なわれることがないと確信しています」。

また、同氏はHP Moonshotについて、さまざまな種類のワークロードに最適なサーバーを配備できる高度な柔軟性を評価しています。このような柔軟性は、顧客を重視するiSource社がミッションを達成し、サービスポートフォリオを拡大するうえで非常に重要です。

Schenker氏は次のように語ります。「当社には現在、市場投入期間を大幅に短縮できる、これまで以上に包括的なポートフォリオがあります。ProLiant m700サーバーでのオペレーティングシステムの展開は非常に簡単で時間もかかりません」。

さらに、HP Moonshot Systemは管理も容易なため、iSource社では、インフラストラクチャを管理するために、IT部門全体からエンジニアを集めて大規模なチームを編成することなく、管理者の数を減らすことができました。

 

柔軟性の向上により、さらなる市場機会を獲得

iSource社は、HP Moonshotを導入したことで、近い将来、自社のポートフォリオをさらに拡大できるようになると見ており、特に成長著しいモバイル市場でのアプリケーションデリバリサービスの新規展開において、HP ProLiant m710サーバーが大きな役割を果たすと考えています。

これについて、Schenker氏は次のように説明します。「ProLiant m710は、グラフィックス処理能力を大幅に高めてくれます。当社では、2、3台の仮想マシンだけで十分という、小規模な環境を運用するお客様にもProLiant m710をお勧めしたいと考えています」。

同氏は最後に次のように述べています。「HP Moonshotは、iSourceが直面してきた数多くのビジネス課題を解決してくれるソリューションです。Moonshotを導入したことで、お客様に包括的なサービスポートフォリオを提供できるようになり、それが顧客満足度の向上、さらにはビジネスの成長へとつながっています。そして最も重要なメリットは、非常に経済的な方法で環境を拡張してコスト競争力を維持し、安定した収益が得られるようになったことです」。

 

会社概要

iSource社

alt_text
本件でご紹介のHP製品・サービス

導入ハードウェア

導入ソフトウェア

  • vWorkspace 8.5, Microsoft® Windows 8.1

本ページの導入事例は、PDFで閲覧頂けます。  PDF (281KB)

本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり、閲覧される時点で変更されている可能性があります。予めご了承下さい。