超高速、高信頼性により利用者の満足度を向上。カートリッジ型の高密度収容によりスペースや消費電力を最小化。モジュール式の迅速な拡張で事業の成長スピードを加速。

「HP Moonshot Systemを導入してから弊社のイノベーションレ ベルや知的財産の開発速度は格段に向上しました。新しい サーバーを追加する際、複雑な作業が必要ないため時間的な ゆとりをもてるようになりました。”それやってみようよ”という感 じで新しいことに積極的に取り組んでいます」

InkaBinka CEO ケビン・マクグション氏

 

InkaBinkaは多忙な現代人にニュースの付加価値を創造する革新的なニュース配信サービス会社です。急速な成長を続ける同社は優れたサービス品質を維持すると同時に、事業の成長に合わせて迅速に拡張できるICT基盤を求めていました。パフォーマンス、高信頼性、スケーラビリティなど同社が求めたす べての要件に対し高い次元で応えることができたのがHP Moonshot Systemです。期待を上回るパフォーマンスと、ビジネスの成長を加速するモジュール式の容易な拡張を実現。高効率のHP Moonshot Systemの導入によりスペース、消費電力、冷却リソースが最小化され、年単位ではなく月単位でROIを達成できました。

業界

通信・メディア

目的

  • クリティカルなWebベースのニュース配信サービスに欠かせない安定したパフォーマンスと高い信頼性を実現する
  • 事業の成長に合わせた迅速かつ柔軟な拡張

アプローチ

  • HP Moonshot Systemの採用によりパフォーマンス、 高信頼性、スケーラビリティ、コストパフォーマンス など事業を支えるシステムに求められるすべての 条件をクリアする

ITの効果

  • 高信頼性かつビジネスの成長のためのパフォーマ ンスの向上
  • モジュール式の容易な拡張によりスケーラビリティ の制約を克服
  • 様々なクラウドソリューションに見られる遅延によ るパフォーマンス低下を排除し、常に安定した ニュース配信を実現
  • 仮想、ベアメタルを問わず、シャーシ内のすべての サーバーに単一のインターフェイスを設け、インフ ラストラクチャー管理を簡素化

ビジネスの効果

  • 成長に応じた競争力を維持できるように先進のテ クノロジー基盤を提供
  • 新しいアプリケーションに必要な演算リソースの展 開を迅速化することで新サービスの導入を加速
  • 年単位ではなく月単位で投資利益率 (ROI) を達成
 

独自設計のアプリケーションが原因となり クラウド内で遅延が発生

InkaBinkaはニュースの配信方法と活用を根底から覆しつつあります。今日、ほとんどの人は忙し過ぎるため次々と生まれるニュースについていく時間的なゆとりがありません。多忙な現代人とニュースとの新しいつきあい方を提案するのが、カリフォルニアにあるニュース配信サービス会社のInkaBinkaです。

同社の提供するニュース配信サービスは、ビジネス、テクノロジー、政治、エンターテインメント、その他のジャンルの全文記事を現代人に必須の4つの項目に分け、箇条書きにし凝縮して提供するものです。各項目はアニメーション画像付きで20秒もあれば理解することができます。知っておくべき最新ニュースを短時間で入手できることはもちろん、それらをデータで保存することにより情報の整理や活用も容易に行えます。

この画期的なニュース配信サービスを支えているのは同社が構築した大規模システムです。様々な技術を組み合わせ最適化した、このシステムにより何千というニュースサイトや情報サイトを2分ごとにスキャンすることを可能にしています。

膨大なコンテンツの集まりをスキャンするためには処理速度と拡張性が必要です。またサービスの質を支える高信頼性も求められます。同社は当初、ニュース配信サービスをAmazon WebServices (AWS)、Microsoft Azure、HP Helionなどのパブリッククラウドインフラストラクチャーで実現しようとしました。クラウドサービスの中ではHPHelionがサービスを段階的に強化する方法として他のプロバイダーに比べて最も経済的でした。しかし、検証を進める中で同社の独自設計したアプリケーションが原因となりクラウド内で遅延が生じ大きな問題となっていました。

同社がHP Moonshot Systemについて知ったのはその時です。


HP Moonshot Systemによりクラウド並みの 柔軟性をハードウェアで実現

同社のニュース配信サービスを担う大規模システムの構築を進めいていた当時を振り返り、InkaBinka CEOのケビン・マクグション氏は次のように話します。

「パブリッククラウドで当社のサービスを実現するにはいろいろ問題がありすぎました。そこで、モジュール式のプラットフォームで事業規模の拡大によるサービスの質の低下を避け、ビジネスの成長に合わせて一貫したパフォーマンスを実現できる方法を模索していました。当社が展開する最先端のビジネスには、最先端のテクノロジー基盤が必要です。HP Moonshot Systemを知ったときは、パブリッククラウドの代わりとして理想的だとすぐにわかりました。当社がHPと組んだのは、HPをテクノロジーイノベーションのリーダーと見ていたからです」同社 COOのクリス・ブラーマー氏は次のように補足します。「HP Moonshot Systemの話を聞いたときはとてもうれしかったですね。クラウド並みの柔軟性を専用のハードウェアで細かく制御できる。ハードウェアの中に専用のクラウドがあるかのようです。当社が必要とするスケーラビリティや高速性、信頼性のすべてを備えていました。HPMoonshot Systemなら当社がやろうとしている革新的なニュース配信サービスを実現できると確信しました」

最先端のサービスと最先端のICT基盤の組み合わせが最初に披露されたのは、HP Discover 2014カンファレンスでした。

同社は、HP Discover 2014カンファレンスにおいてHP Moonshot Systemを基盤とするシステムでリアルタイムのニュース配信サービスのデモを実施。世界中のHP従業員、318,000人がアクセスしたデモではHPの従業員とブロガー向けのカスタムインターフェイスが備えられ、カンファレンスの休憩時間にニュース記事を入力することができました。箇条書きされた記事にはアップロード済み画像のアニメーションが付いており、利用者はイベント内容や最新情報をすぐに入手し利用することが可能でした。またデモ会場の中心にはモニターが並んでおり、ニュース配信サービスが提供する画面が映し出されていました。

InkaBinkaのニュース配信サービスはカリフォルニア州マリナ・デル・レイのデータセンターに設置されたHP Moonshot Systemから配信され、バックエンド サーバーはHP Helionが提供しています。


 

設置面積を90%削減、消費電力量を最小化 月単位でのROI(投資利益率)を達成

InkaBinkaのニュース配信サービスを支えるHPMoonshot Systemでは、1つのHP Moonshot 1500シャーシにHP ProLiant m300サーバーカートリッジを45枚の高密度で収容し、さらに2つ目のMoonshot 1500シャーシに15枚を収容しています。また2つのNGINX Plusロード バランシング ノード、3つのNGINX Plus Webサーバーノード、3つのNode.js APIサーバーノード(それぞれが4つのCPUによってクラスタ化)、3つのCouchbaseデータベースノード、すべてのノードにわたるLinux LDAP、Nagiosモニタリングなど様々なオープンソースソフトウェアが動作しています。

InkaBinkaのWebサイトや静的コンテンツなどの比較的負荷の小さいサービスを必要に応じて仮想化するためにHP ProLiant m300サーバーカートリッジにはパフォーマンスが最適化された8個のプロセッサーコアと32GBのRAMを搭載しています。また非常に重要なCouchbaseデータベースは演算リソースにフルアクセスするためにベアメタル上で実行され、品質低下のない一貫したパフォーマンスを実現。ソリッドステートドライブ(SSD)のパフォーマンスと組み合わせたCouchbaseデータベースは従来のデータベースでは想像できないほど膨大なデータ処理を行っています。

「これほど多様な技術を1つのシャーシ内で実現できるとは、その柔軟性には驚くばかりです。用途やサービスレベルに合わせて最適化されたモジュールで構成されていながら、それらがすべて調和して動いています。HP Moonshot Systemにより私たちが求めていたシステムの理想をかたちにできました。過剰な機能も足りない機能もなく、高効率のシステムを迅速に導入できました」とブラーマー氏は話すとさらにこう続けます。

「サーバーカートリッジは最大45枚まで収容できます。そのすべてが同じ超高速バックプレーン、内蔵スイッチ、アップリンクを利用できるため、従来のサーバーのように余分なオーバーヘッドが発生しません。HP Moonshot Systemで管理もシンプルになりました。1つのアドレスですべてのサーバーにアクセスできる。仮想もベアメタルも、1つのインターフェイスで管理できるとは、すばらしいの一言です」

モジュール式で高密度にサーバーカートリッジを収容するHP Moonshot SystemはInkaBinkaに画期的なコスト効果をもたらしました。省スペースの効果として、サーバーラック全体(42U)に匹敵する容量を4.3UのMoonshot 1500シャーシ1台に収めることで、従来の他製品に比べ設置面積を90%近く縮小することができました。また消費電力コストの削減効果も顕著です。「HPMoonshot Systemは効率の点でも画期的です。ほかのサーバーに比べて、発熱量を抑え、空調などに要していた消費電力量を最小化できました。HP Moonshot Systemなら消費電力コストを大幅に削減できることからROIは年単位ではなく月単位で達成できます」とマクグション氏は話します。


パフォーマンス、信頼性、スケーラビリティの すべての要件を高い次元でクリア

ニュース配信サービスのビジネス生命に関わるのが、サービスを支えるシステムのパフォーマンスや信頼性、スケーラビリティです。HP MoonshotSystemはInkaBinkaが求めるすべての要件をクリアし、遅滞のない情報配信やリアルタイムのレスポンスなど同社のサービス利用者の期待に応えています。

「HP Moonshot Systemは超高速マシンです。クラウドよりベアメタルのほうがパフォーマンスが高いというだけではありません。私たちはカスタマーエクスペリエンスを改善するため、絶えずミリ秒単位の時間短縮を目指していますが、HP MoonshotSystemならそれが可能です」(ブラーマー氏)

マクグション氏も付け加えます。「HP MoonshotSystemは速いだけでなく、極めて信頼性が高いことも実感しています。可用性も優れており「盤石」とはこのことです」

HP Moonshot Systemはコンピューティングリソースをオンデマンドで追加できるモジュール式の容易な拡張により同社の急速な成長を支えています。同社のようにすべてのコンポーネントが並列で拡張できるように設計されているタイプのアプリケーションにとって、HP Moonshot Systemは理想的なプラットフォームです。

「事業の成長スピードにシステムが対応できるのかといった心配はなくなりました。HP MoonshotSystemなら、スケーラビリティ上の制約をいとも簡単に乗り越えられます。拡張が必要なときにサーバーカートリッジを追加するか、シャーシを追加するだけです」(マクグション氏)


 

複雑な手間もなく短時間で拡張が可能 事業の成長を支えるHP Moonshot System

複雑な手間もなく追加のサーバーカートリッジを短時間で起動できるため、同社はビジネスチャンスを逃すことなく競争力の向上を図っています。

「HP Moonshot Systemを導入してから弊社のイノベーションレベルや知的財産の開発速度は格段に向上しました。新しいサーバーを追加する際、複雑な作業が必要ないため時間的なゆとりをもてるようになりました。”それやってみようよ”という感じで新しいことに積極的に取り組んでいます」とマクグション氏は話します。

ブラーマー氏もこう続けます。「HP MoonshotSystemの導入により開発速度が向上したことで新サービスの導入を加速させています。市場により早く投入できることがわかっているからです」

マクグション氏は次のように話を結びます。「ニュース配信サービスの開発初期の段階でHPMoonshot Systemを選択したことは、極めて重要な出来事だったと思います。当社の戦略の重要なポイントは、単なるニュース配信ではなく、ソーシャルネットワークを含むあらゆる種類の情報を配信するプラットフォームを構築することにあるからです。HP Moonshot Systemは、事業の成長に応じた競争力を維持するために欠かせない最新のテクノロジー基盤となっています」


 

会社概要

InkaBinka

所在地: 460 Houck Street Camarillo, CA 93010

URL:http://www.inkabinka.com/ 


本件でご紹介のHP製品・サービス

本ページの導入事例は、PDFで閲覧頂けます。  PDF (565KB)

本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり、閲覧される時点で変更されている可能性があります。予めご了承下さい。