Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

サーバー  >  HP Integrity NonStop サーバー   >  お客様事例  

止まることのないノルウェーの医療サービス

Helse Midt-Norge IT (ノルウェー中央地域保健IT機関、通称HEMIT)

HP Integrity NonStop サーバー

アドバンテージ
コンテンツに進む

新世代システムの全てで、少なくとも2〜3倍はパフォーマンスが向上しています

ノルウェー中央区域の主要8病院にITサービスを提供しているHelse Midt-Norge IT (ノルウェー中央地域保健IT機関、通称HEMIT) では、20年以上にわたり、停止することなく稼働し続けるHP NonStopプラットフォームを使用して、ミッションクリティカルな患者様管理および研究用のアプリケーションを処理しています。
お客様背景
ソリューション
効果と今後の展望
会社概要
PDF(264KB)
Helse Midt-Norge IT

目的

アプローチ

NonStop RDF ソフトウェアにより災害対策システムを構築し、NonStop システムのコアバリューの連続可用性をさらに強化する。
第三者機関が実施した総合的なリスク評価に従い、HP Integrity NonStop NS16004の本番システムを遠隔地でミラーリング構成で運用し、NonStop RDFソフトウェアによってクリティカルな患者様データをリアルタイムに複製して災害対策ソリューションを実現する。

ITの改善

ビジネス上のメリット

クリティカルな患者様情報の24時間365日の可用性を確保
NonStop RDFを使用してHP Integrity NonStop NS16004のミラーリングシステム間で効果の高い災害対策を実現
完全なフェイルオーバー機能を持つTCP/IPネットワークによって、マシンルームを超えた冗長構成を構築
最新のアプリケーションインターフェイスが、Webサービス経由で多数の分散アプリケーションをサポート
NonStop RDFによってアプリケーションのアップグレードにともなう計画的なダウンタイムを短縮
正確かつ完全な患者様データが、効果的な病院運営と高品質の医療サービスの実現に貢献
災害発生時のデータ可用性に対するエンドユーザーの高い信頼感
ノルウェー中央保健区域における、患者様治療の質を継続的に向上
22年間にわたりパフォーマンスで甚大な問題を発生させず、迅速なレスポンスを継続するNonStopシステムへの高い評価
標準化の適応範囲の拡張とパフォーマンス向上によりコストを削減

お客様背景

お客様背景
正確かつ完全な患者様データは、病院運営の基本であり、質の高い医療サービスを提供するためには欠かせません。データは24時間365日、医師や管理者が安心して利用できなければなりません。ノルウェー中央区域の8病院に勤務する専門スタッフがミッションクリティカルな患者データの処理を20年以上もHP NonStopシステムに委ねている理由は、ここにあります。

当初、ノルウェーの中央保健区域にあるすべての病院では、それぞれが独自のNonStopシステムを使用していました。ところが、1995年以降に大規模な合理化が進められることになり、各病院のシステムは1台のHP Integrity NonStop NS16004プラットフォームに集約されることになりました。現在ではこのプラットフォームで、Tieto Corporationが開発および保守するアプリケーションを使用して、区域内の患者管理システム (PAS) および研究システム (LAB) の全データを処理しています。

さらに、2002年には全面的な組織再編が実施され、さまざまな病院からITスタッフが集められ、保健区域内でITサービスを提供するノルウェー中央保健区域IT機関、通称HEMIT を結成しました。現在、中央区域にあるすべての病院は、共通のITシステムとネットワークを共有しています。

HEMITは、NonStopシステムに常に高い信頼を寄せています。しかし、また、エンドユーザーへのさらなるサービス向上を実現するソリューションも常に模索しています。2007年後半には総合的なリスク評価を第三者機関に委託し、その結果に基づいて、NonStopシステム環境での大規模な災害対策プロジェクトに取り組みました。Thore Smevik氏が率いるこのプロジェクトは、すでに大きな成果を上げています。ミッションクリティカルな患者データが、遠隔地にあるバックアップサーバーに1秒以内でレプリケーションされ、現在はテイクオーバー処理の開発とテストの段階にあります。

リスク評価では、NonStopシステムで予定外のダウンタイムが発生した場合に患者様の生命に関わる危険性をはらむという結果が出されました。さらに、各種作業を紙ベースで手動で扱うだけの病院スタッフが揃わないため、ダウンタイム後3日間は作業のキャンセルと日程変更が多数発生し、病院の機能は実質停止するであろうことも報告されました。Smevik氏は次のように述べています。「ノルウェーの病院は公共サービスとして組織化されているため、1日や1週間単位でのダウンタイムにかかるコストが計算されたことがありません。しかし、それはとてつもない額にのぼります。」


ソリューション

情報量の増大

ノルウェー中央区域では、病院にある約12,000台のPCからNonStopシステムにアクセスして患者様データを取得しています。「医療スタッフはシステムに保存された重要なデータが安全であり、システムが常に稼働すると確信できなければなりません。災害対策プロジェクトで掲げた目標は、大規模災害が発生した場合でも、システムの切り替え後20分以内にエンドユーザーレベルの完全復旧を行える、24時間365日の可用性でした。私どもの測定では、この目標を達成できるという結果が得られています。」とSmevik氏は説明しています。

情報量の増大

災害対策プロジェクトにHPのNonStop Remote Database Facility (NonStop RDF) ソフトウェアをHEMITが選択した理由はいくつもありました。NonStop RDFは実績ある優れた機能を示し、また、サードパーティ製の類似のソフトウェアよりも高いコスト効果を発揮し、加えてHPから提供される製品でもある点です。「HPはこのプロジェクトに深く関わっており、導入全体を担当してもらいたいと考えています。HEMITでは、ベンダー数をできる限り少なくしたいと考えており、HPに絞られることは明らかでした。加えて、ノルウェーHPとの関係も良好であり、深い信頼関係にあります。」とSmevik氏は述べています。またHPは、24時間365日の基幹システムサポートも提供しています。

NonStopシステムで処理されるデータ量は、飛躍的に増加しています。ノルウェーの中央区域の病院では1週間で約2,455件の入院患者様データおよび約10,890件の外来診療の患者様データを処理します。同じく1週間で研究データの照会が約27,501件、テストサンプル数は約302,188件という膨大な数に上ります。これは、区域人口の85%に相当する患者データがデータベースに保存されていることになります。そして、保存されたデータは決して削除されることはなく、過去20年間集積されてきた膨大な情報に、患者様の新しい記録が毎日追加されます。現在、オンラインで集約される研究用テストサンプル数は3億件を超えており、区域での患者様治療の質を高める上でこのデータが臨床的に大きく役立っています。

NonStopシステムの数値的データを見ても、その優位性は明らかです。29,000個のデータベースファイルとSQLテーブル、47,000個のプログラムファイルと構成ファイル、7,300個のシステムファイルとオペレーティングシステムファイルのすべてが、たった0.8 m x 1.6 mの設置面積の1台のサーバーに保存されています。これらのデータは、現在ではNonStop RDFソフトウェアを使用してバックアップされています。分散されたPCと数百台のWindows®/UNIX®サーバーは、HEMITのTCP/IPネットワークによって中央のNonStopシステムと接続され、このネットワークもまた完全冗長構成をとっています。Smevik氏は、こう説明します。「これは完全なるフェイルオーバー構成の完全な外部ネットワークで、PCからトロンヘイムのコンピュータールームに至るまで、すべてが二重化されています。」


効果と今後の展望

エンドユーザーからの高い評価

非常に激しい入札競争を経て、1987年に聖オラフ病院を含むノルウェーの中央保健区域の病院は、NonStopシステムを選定しました。主な選定理由は、重要な患者データがいつでも利用できること、つまり連続可用性でした。これは、システム障害が発生すると、病院は直ちに煩雑な紙ベースの手作業に引き戻されてしまうためです。また、パフォーマンスも重要な検討ポイントでしたが、この点でもNonStopプラットフォームはその価値を実証済みでした。

「NonStopプラットフォームは常に最新技術の導入と標準化が進められているので、新世代システムのすべてで、パフォーマンスが少なくとも2〜3倍は向上しています。このパフォーマンスの向上は、標準化の適用範囲の拡充とあいまって、HEMITでのコスト削減を推進する原動力となっています。また、NonStopシステムの管理は極めてコスト効率が高く、管理スタッフも非常に少なくて済みます。さらに、NonStopアプリケーションは応答時間が短く、処理が迅速で信頼性も高いため、システムに膨大な数のファイル、テーブル、プログラムが保存されていても、エンドユーザーからの不満はまったく聞こえてきません。パフォーマンスに関する大きな問題は22年間一度も発生していません。ユーザーは昼夜を問わず動作し続けるシステムを信頼しています。」とSmevik氏は述べています。

患者様管理システム (PAS) および研究システム (LAB) には標準インターフェイスが装備されており、区域内に分散するそのほかの40のシステムからも、WebサービスおよびcomForte CSLソフトウェアを使用して中央のデータストアが利用できます。これらのプログラムには、電子医療情報システムおよび放射線情報システムの中核技術が含まれています。

「NonStopアプリケーションの最新のオープンインターフェイスのおかげで、他のシステムとも緊密に統合できています。」とSmevik氏は説明しています。GoldenGateレプリケーションソフトウェアは、他のサーバーおよび中央保健区域のデータマートにトランザクションをオフロードするために使用されています。

計画的なダウンタイムの短縮

HEMITの災害対策プロジェクトには、重要なメリットがもう1つあります。それは、NonStop RDFの使用により、災害対策ソリューションの実現に加えて、アプリケーションのアップグレードにともなう計画的ダウンタイムの短縮が期待できる点です。「通常、アップグレード作業には8〜20時間かかります。20種類もの研究用アプリケーションをすべて停止しなければならず、同じ作業が20回必要なためです。」とSmevik氏は述べています。「NonStop RDFを使用して、片方のシステムでアプリケーションのアップグレードを準備し、その後素早くスイッチオーバーを行えば、新バーションへのアップグレードにともなう計画的なダウンタイムを数時間から数分へと短縮できます。」

HEMITにとって、常に最新技術に対応するNonStopプラットフォームの「モダナイゼーション」は、コストを抑える上で非常に重要です。しかしその一方でシステムのコアバリュー、つまり区域の医療スタッフが当然のことと考える24時間365日の可用性と完全なデータ整合性は決して変わることはありません。「利用する患者データを信用できるのは、NonStopプラットフォームに保存されているからです」とSmevik氏は説明します。「システムのエンドユーザーは、テクノロジーそのものに関心はありませんが、システムで実現される連続可用性と迅速で一貫性のある応答時間について深く理解し、高く評価しています。」

重要な医療データがリアルタイムでレプリケーションされるようになり、HEMITにおけるNonStopテクノロジーの価値はかつてないほど高まっています。Smevik氏は最後にこう述べています。「一言で言えば、常に稼働し続けるNonStopシステムは信頼できるということに尽きます。」


会社概要

Helse Midt-Norge IT (ノルウェー中央地域保健IT機関、通称HEMIT)
URL: http://www.hemit.no/ このリンクをクリックすると、HP社外へリンクします。

事例キーワード

業種: 医療・製薬
ソフトウェア: NonStop SQL Server
製品: HP Integrity NonStop NS16200 サーバー

  本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり、閲覧される時点で変更されている可能性があります。予めご了承下さい。  

お問い合わせ

HPカスタマーインフォメーションセンターの電話番号は03-5749-8328、平日午前9時から午後7時、土曜午前10時から午後6時、祝祭日、5月1日、年末年始など弊社指定の休業日は除きます。お問い合わせ
ウェブからのお問い合わせはこちら
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡