超高密度・超低消費電力サーバー「HP Moonshot System」を採用し 共用レンタルサーバーの価格競争力をさらに強化

alt_text

「コストを抑えながら性能への要求にも応えていく。そのためには既存のサーバーを置き換えるだけでなく、新しいチャレンジをし続けなければなりません。長期的な視点で、『業界最高クラスのパフォーマンス・信頼性と、業界最安水準の価格を追求する』ために、HP Moonshot Systemのような新しいサーバー製品を適材適所で活用していく考えです。」

−GMOクラウド株式会社 取締役 グループCTO 唐澤 稔 氏

 

iCLUSTA+のサービス基盤にHP Moonshot Systemを採用

GMOクラウドが、4万契約/4万5千ドメインを誇る国内最大級のホスティングサービス「iCLUSTA+(アイクラスタプラス)」のサーバー更新に着手している。新たに、インテル® Atom™ プロセッサー C2750(8コア)搭載「HP Moonshot SystemHP ProLiant m300サーバーカートリッジ」を採用。超高密度・超低消費電力サーバーでありながらパフォーマンスを30%向上させ、1Uサーバーとの比較で5年間の総コスト30%削減を可能にした。

業界

  • クラウドサービス

業種

  • 通信・メディア

目的

  • ホスティングサービス「iCLUSTA+(アイクラスタプラス)」のサーバー更新。サービス基盤の基本設計を変更することなく、高度化するパフォーマンス要求に応えながら、導入から5年間の総コストにおいてより投資対効果の高いシステムを実現すること。

アプローチ

  • データセンターのファシリティに適合する100V電源対応機器を前提に、既存のハーフラックサーバー(1Uに2台収容)を、より高性能かつ投資対効果に優れたサーバー製品に置き換える。

ITの効果

  • 100V電源に対応し、4.3Uに最大45台のサーバーカートリッジを収容する超高密度サーバー「HP Moonshot System」を採用してラックスペースを1/3以下に(32Uを10Uに)
  • 低消費電力のインテル® Atom™ プロセッサー C2750(8コア)搭載「HP ProLiant m300サーバーカートリッジ」により省スペース化を図りながらパフォーマンスを30%向上
  • ネットワーク構成のシンプル化によりネットワーク機器および運用にかかるコストを削減
  • サーバーカートリッジ障害、シャーシ障害のいずれにも対応する高可用性システムを実現

ビジネスの効果

  • 導入から5年間の総コスト(償却費およびデータセンターコスト)を30%削減
  • 100V電源対応によりデータセンター側のファシリティ条件に適合しコスト増を回避
  • 最新のサーバーテクノロジーをいち早く取り入れサービスの競争力強化に寄与
  • 専用サーバーをはじめ他のサービスへの適用も視野に検証を推進
 

チャレンジ

ホスティングサービス 「iCLUSTA+」のサーバー更新

2014 年10月、GMOクラウドは念願の東京証券取引所第一部への上場を果たした。ホスティングサービスにおける「業界最高クラスのパフォーマンス・信頼性と、業界最安水準の価格を追求する」という戦略が、顧客企業の盤石な支持に結びついた。取締役 グループCTO の唐澤稔氏は次のように話す。

「一部上場を機に、ホスティングサービス、セキュリティサービス、ソリューションサービス、3 つの中核事業の競争力をいっそう高めていきます。同時に、お客様のビジネスになくてはならないサービスを提供し続ける体制を強化する考えです」

今年度の重点テーマのひとつに、ホスティングサービスの「顧客視点からのサービス改善・使いやすさの追求」がある。

「クラウド、VPS、レンタルサーバー、専用サーバーといったサービスの共用部分を集約し、より使いやすく改善していきます。たとえば、トラフィックが急増したときにリソースを自動的に増強するような仕組みを、クラウドだ けでなく他のサービスにも広げていく考えです。サービス基盤の共通プラットフォーム化も視野に入れています」(唐澤氏)

GMOクラウドの最新テクノロジーへの取り組みは早い。その有効性を自ら検証しいち早くサービス基盤に採り入れることで、業界屈指の競争力を獲得してきた。ホスティングサービス基盤の企画・設計から構築・運用までを担う、技術部 システム運用セクション シェアードホスティンググループ チーフの佐藤俊成氏は、次のように語る。

「今回、ホスティングサービス『iCLUSTA+(アイクラスタプラス)』のサーバーを更新するにあたって、私たちは新しいサーバーテクノロジーに着目し、実機による検証を行ってきました」

「iCLUSTA+」は、提供開始から10 年の実績を持つ国内最大級のビジネス向け共用レンタルサーバー。その規模はおよそ4 万契約、ドメイン数は4 万5 千に達する。「iCLUSTA+」の特長は、月額934 円(税別)からという割安な価格設定ながら、サービス基盤を構成する主要機器を冗長化し優れた安定稼働を実現していることにある。ダウンタイムが発生した場合には、発生時間に応じて利用料を返金する保証制度も用意されている。

「高品質なサービスを維持・向上させつつ、高度化するお客様のパフォーマンス要求に応え、サービスと価格の競争力を高める――そのためにどのようなサーバーが最適か、どんなテクノロジーが有効か、慎重に検討を重ねてきました。そして、私たちが選んだのは、超高密度・超低消費電力サーバー『HP Moonshot System』でした」(佐藤氏)

alt_text

GMOクラウド株式会社
取締役
グループCTO
唐澤 稔 氏


alt_text

GMOクラウド株式会社
技術部
システム運用セクション
シェアードホスティンググループ
チーフ
佐藤 俊成 氏

圧倒的な超省スペース・超低消費電力を実現 HP ProLiant m300サーバーカートリッジ


月次コスト推移(ラック費+償却費) コスト削減効果(ラック費+償却費)
 

ソリューション

超高密度・超低消費電力サーバー 「HP Moonshot System」を採用

佐藤氏を中心とする「iCLUSTA+」のサーバー 更新プロジェクトは、どのような視点でサーバー選定を進めたのだろうか。そして、超高密度・超低消費電力サーバー「HP Moonshot System」は、どのような理由で選ばれたのか。詳しく聞いていこう。

「従来の環境は、1Uに2 台収容できるハーフラックサーバーを中心に構成していました。その狙いは、第1にフロントのWebサーバー/メールサーバーをスケールアウトさせて負荷を分散し、かつサーバーに問題が発生してもお客様のサービスに影響を与えない仕組みを用意すること。第2に、ラックスペースあたりのユーザーの収容密度を高めて投資対効果を向上させることにありました」(佐藤氏)

しかし、5 年前に導入したハーフラックサーバーの標準スペックは2コア/16GB メモリというもので、収容ドメイン数の増加により性能不足が明らかになっていたという。

そこでプロジェクトは、具体的な方針として次の2点を掲げた。

@既存のアーキテクチャーに変更を加えずサーバーだけを更新して処理性能を高める
A導入から「5年間の総コスト」においてより投資対効果の高いシステムを実現する

比較検討の対象としたのは、汎用的なx86ベースの1Uサーバー、そして超高密度・超低消費電力サーバー「HP Moonshot System」であった。@の方針に対してはいずれのサーバーもクリアしている。超高密度型サーバーの場合200V電源を要求する製品がほとんどだが、それではGMOクラウドの要件に合致しない。

HP Moonshot Systemは、超高密度型サーバーでありながら100V電源に対応しています。日本のデータセンター事情に配慮された製品であると感じました」(佐藤氏)

雌雄を決したのは「5年間の総コスト」だった。

「導入にかかる初期費用と5年間運用した場合の総コストを、定率法で償却した場合のコスト推移を示したグラフがこちらです。初年度はわずかに1Uサーバーが有利ですが、2年目以降のコストではHP Moonshot Systemが圧倒的な優位となりました。HP Moonshot Systemは、1Uサーバーと比較して5年間でおよそ30%のコスト削減が可能です」(佐藤氏)


ラックスペースを削減し、 ネットワークをシンプル化

ここで、GMOクラウドが採用したHP Moonshot SystemHP ProLiant m300サーバーカートリッジの特長を見ながら、どのようなメリットに結びついているのか探っていこう。

HP Moonshot Systemは、4.3Uのシャーシにカートリッジ型サーバーを45枚収容する超高密度・超低消費電力サーバーである。今回採用された「HP ProLiant m300サーバーカートリッジ」は、低消費電力のインテル® Atom™ プロセッサー C2750(8コア) /32GBメモリ/500GBのHDDを搭載している。この手のひらに載るほど小さな“1枚”が、エントリークラスの1Uサーバーに匹敵する性能を発揮*する。(*HP調べ)

「初期段階では、HP Moonshot Systemを2シャーシ/各15サーバーカートリッジ導入しました。シャーシも冗長化することで可用性を高めています。ラック内での占有スペースは10Uで、ここに物理サーバー30台を収容しています。1Uサーバーとの比較でスペースを1/3に削減できました」(佐藤氏)

HP Moonshot Systemでは1シャーシに最大45サーバーカートリッジを収容できるので、サーバー台数を増やすほどスペース効率を高めることが可能だ。

「1サーバーあたりの性能は、コア数とメモリ容量を確保することで従来よりも30%向上しています。また、電源、ファン、管理モジュール、ネットワークスイッチがシャーシ内で共有されるため、物理環境を大幅にシンプル化できることにメリットを感じました。特にネットワークのシンプル化は、サーバーサイドのネットワーク機器やケーブルを削減できるだけでなく運用の効率化にも寄与します」(佐藤氏)

「iCLUSTA+」のサービス基盤は、負荷分散とサービス継続のため多数の物理サーバーによる冗長構成を採っている。HP Moonshot Systemはシャーシへの抜き差しだけでサーバーを交換できるため、迅速な復旧が可能なことも大きなメリットとなるだろう。

また、HP Moonshot Systemは、超高密度・超低消費電力という特長を備えながら、使い勝手や運用は一般的なx86サーバーと大きくは変わらない。多数のサーバーノードを集中管理したり、プロビジョニングを効率化する仕組みも用意されている。

「従来は、CD-ROM 1枚で自動的にセットアップを行えるような仕組みを独自に用意していました。HP Moonshot Systemの環境ではPXEによるネットワークブートに移行する必要がありましたが、一度環境さえ整えてしまえば、それ以降の作業は大きく効率化できるはずです」(佐藤氏)

 

ベネフィット

共通プラットフォーム化を目指す 大きな一歩

現在、ホスティング/レンタルサーバーのビジネスは、クラウドの潮流とともにいっそう厳しい競争にさらされている。GMOクラウドの競争優位戦略を、CTOである唐澤氏に聞こう。

「コストを抑えながら性能への要求にも応えていく。そのためには既存のサーバーを置き換えるだけでなく、新しいチャレンジをし続けなければなりません。長期的な視点で、『業界最高クラスのパフォーマンス・信頼性と、業界最安水準の価格を追求する』ために、HP Moonshot Systemのような新しいサーバー製品を適材適所で活用していく考えです。複数のサービスで共通する機能とインフラを統合するところから着手していますが、究極的にはさらにシンプルで低コストの“共通プラットフォーム”の実現を目指していきます」

「『iCLUSTA+』はGMOクラウドの看板商品であり、“使いやすさ”に対するお客様の期待の大きさも感じています。たとえば『使いたいサービスをボタン一つで使える』というように、お客様視点でサービスを磨き上げていきたいと思います」―佐藤氏

唐澤氏は、ホスティング/レンタルサーバーの使命を改めて強調して締めくくった。

「使いやすく低コストのサービスに、どれだけお客様のニーズにヒットする付加価値をご提供できるかが重要です。そのためには、可能性のあるテクノロジーを自社で検証すること、HPのようなテクノロジーベンダーと協力することが不可欠です。GMOクラウドは、ビジネスフレンドリーなサービスをご提供しつつ、お客様のやりたいことを実現するビジネスイネーブラーとしてのミッションを追求していきます」

 

GMOクラウド株式会社

〒150-8512 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー10階

URL:http://ir.gmocloud.com/ 

alt_text
本件でご紹介のHP製品・サービス
HP Moonshot System HP ProLiant m300サーバーカートリッジ

本ページの導入事例は、PDFで閲覧頂けます。  PDF (1.14MB)

本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり、閲覧される時点で変更されている可能性があります。予めご了承下さい。