ブレムガルテン校が、HP ConvergedSystem 100 for Hosted Desktopを選択

alt_text

「HP ConvergedSystem 100 for Hosted Desktopにより、当校の ITを支える堅牢な基盤を構築できました」

−ブレムガルテン校校長、Guido Wirth氏

 

Steffen Informatik社によりBremgartenの各校舎をつなぐネットワークが構築されたことに加え、HP ConvergedSystem 100 for Hosted Desktopを実装して、多数のシンクライアント、ノートパソコン、およびプリンターを相互接続したことにより、ブレムガルテン校は、同校に固有の要件のすべてに対応し、各教室に最新のIT環境を提供する、拡張性とパフォーマンスに優れたITインフラストラクチャのメリットを享受できるようになりました。

業種

  • 学校

課題

  • それぞれが独立した多種多様なPCソリューション
  • ITインフラストラクチャの拡大に伴う管理できないシステムの増大
  • 教室および校舎間の包括的なネットワーク通信機能の欠如
  • セキュアなインターネットアクセスの欠如
  • ソリューション
  • HP ProLiant Moonshot Systemサーバーカートリッジ
  • ラックあたり最大1800台のシステムオンチップ (SoC) モジュールを搭載できる拡張性の高いサーバー
  • ユーザー間でコンピューティング能力を共有しないホステッドデスクトップインフラストラクチャ (HDI)
  • Citrix経由のデータおよびアプリケーションへのアクセス

成果

  • 卓越したパフォーマンスを発揮する、シームレスな拡張が可能なサーバーインフラストラクチャ
  • すべてのシンクライアントおよびノートパソコンのパフォーマンスの最大化
  • 高可用性、最小限のレイテンシ
  • 使いやすい一元管理システム
  • 新規ソフトウェアおよびソフトウェアバージョンの容易なロールアウト
  • 電力およびスペース要件の大幅な低減
  • コンポーネント数の低減
  • エンドユーザーに対する妥協のないPCエクスペリエンス
 

お客様の概要

ブレムガルテン校 - 次世代への投資

ブレムガルテン (スイス・アールガウ州) という地名、そしてその古く趣のある街並みについて尋ねられた人の多くが、「静かで穏やか」、「歴史的」といった単語を最初に思い浮かべます。しかし、ロイス川のほとりにあるこの地域都市は、多様な歴史的景観や美しい建造物だけでなく、人々の暮らしや企業のビジネスを発展、成長させるうえで理想的な環境が整っているという点で注目を集めています。その中で重要な役割を担っているブレムガルテン校では、さまざまな年代の約1,100人の生徒が充実した教育を受けられるよう、140人の教職員がサポートしており、総合中等学校として、小学校、中学校、地域の学校、さらには幼稚園、保育室、音楽教室まで展開しています。同校が抱える合計59の教室は、複数の場所にある複数の校舎に点在しており、学校の運用管理は、3人の責任者のほか、音楽教室の代表者、および総合中等学校の校長が総合的に受け持っています。

 

当初の状況

それぞれが独立した多種多様なPCソリューション

ブレムガルテン校では長年、パイオニア的存在として、最新のテクノロジーに関する教育を行い、(教師、責任者、秘書などの) 多くの関係者に高性能な効率化ツールを提供してきたことから、日々の学校生活でも、当たり前のようにITが使用されていました。しかし、長年にわたってITインフラストラクチャが着実に拡大する中、多くの領域で現在および将来のニーズに対応できない状況に陥っていました。これについて、ブレムガルテン校の校長であるGuido Wirth氏は次のように述べています。「当校の以前のコンピューターインフラストラクチャは主にPCベースで、ネットワーク接続されていないそれぞれが独立したソリューションを使用しており、革新的で熱心な教職員が計画、実装、およびサポートに携わっていました。以前はこのような運用で問題なかったのですが、結果的にシステムが急増するという課題が生まれました。また、教室間、校舎間をネットワークでつないで通信を行うことができず、インターネットへの安全なアクセスも保証されていませんでした」。

 

要件

校内のIT基盤を刷新

(PC、モニター、プリンターなど) 使用しているシステムの大部分が寿命を迎えつつある事実を踏まえ、ブレムガルテン校では適切な代替品を調達することが不可欠でした。この機会を利用して、学校のITを支える安定した基盤を新たに構築し、今日の教育的要件を満たすだけでなく、拡張性、柔軟性、およびコスト効果に優れたITインフラストラクチャを実装したいと考えていた同校では、包括的なニーズの分析を行ってワーキンググループを設置し、数ある要件の中でも、特に以下に重点を置いた詳細な仕様を作成させました。

  • 中央のサーバーインフラストラクチャ - ブレムガルテンの市役所から運用
  • 各校舎をつなぐネットワーク (光ファイバーを使用)
  • データおよびアプリケーションの一元的なホスティング
  • シンクライアントおよびノートパソコンの統合
  • すべての校舎からのデータおよびアプリケーションへのアクセス
  • 教職員によるデータおよびアプリケーションの在宅での使用
  • データセンター経由の一元的でセキュアなインターネットアクセス
  • 幼稚園、ヘルメチウィル・シュタッフェルンの校舎、ホームオフィスなど、他の場所にある関連施設の将来の統合 (SSL-VPN経由のセキュアアクセス)
 

ソリューション

柔軟性の向上、パフォーマンスを共有する必要のない環境、信頼できるパートナー

ブレムガルテン校は、このような要件に基づいて入札参加者を公募しました。このプロジェクトは、メーゲンヴィルにあるSteffen Informatik社に落札され、同社が計画および設置したITインフラストラクチャの中核となるのが、新しいサーバープラットフォームであるHP ConvergedSystem 100でした。これにより、Citrixベースのホステッドデスクトップインフラストラクチャ (HDI) をセットアップおよび運用し、中央のサーバーインフラストラクチャのあらゆるメリットを実現できるようになっただけでなく、仮想化ソリューションのような複雑性もなくなり、パフォーマンスの高さと消費電力の少なさで新たなベンチマークを確立しました。HP ConvergedSystem 100 for Hosted Desktopは革新的な統合プラットフォームで、個別に構成してシームレスに拡張できるモジュール方式のシステムにより、4.3Uのシャーシ1台につき最大45基のコンパクトなユニットを搭載可能です。カートリッジとも呼ばれるこのシステム要素には、マザーボード、CPU、グラフィックスカード、チップセット、SSDメモリといった、コンピューターに必要なあらゆる要素が組み込まれた高性能システムオンチップ (SoC) モジュールを最大4基搭載でき、各シャーシには、最大180台のコンピューターを構成することが可能です。また、シングルラックに収容した10台のMoonshotシャーシで最大1,800台のホステッドデスクトップ環境を提供できます。HP ConvergedSystem 100 for Hosted Desktopは、一貫してSoCテクノロジーを実装することにより、各ユーザーに専用のコンピューティング能力を提供し、各自の環境にハイパフォーマンスPCを導入したかのような効果をもたらします。

「HP ConvergedSystem 100 for Hosted Desktopを導入したことで、各教室の生徒と教職員全員が、ネットワーク接続され一元的にホスティングされた校内ITにいつでもアクセスできるようになっただけでなく、安全なインターネットアクセスも実現しました」

ブレムガルテン校校長、Guido Wirth氏

このようなHDI指向の環境では、仮想デスクトップインフラストラクチャ (VDI) のように、ハードウェアとそれに伴うコンピューティングパフォーマンスをユーザー間で共有する必要がありません。これ以外にも、HPのホストテッドデスクトッププラットフォームには、従来のソリューションより消費電力が最大89%少なく、空間要件も大幅に (最大80%) 低減されるといったメリットがあります。このソリューションは導入の面でも評価が高く、オペレーティングシステムは、Citrix XenDesktopプロビジョニングサービスを介して各SoCに迅速かつ効率的に提供されます。HP ConvergedSystem 100上に構築されたHDIインフラストラクチャは、XenDesktop環境にも簡単に統合でき、通常のCitrix XenDesktop環境のように、ハイパーバイザーやSANインフラストラクチャを導入する必要がないため、複雑性も軽減されます。

 

成果

将来の要件に対応可能な環境

Bremgartenの各校舎をつなぐネットワークが構築されたことに加え、HP ConvergedSystem 100 for Hosted Desktopを実装して、多数のシンクライアント、ノートパソコン、およびプリンターを相互接続したことにより、ブレムガルテン校は、同校に固有の要件のすべてに対応し、各教室に最新のIT環境を提供する、拡張性とパフォーマンスに優れたITインフラストラクチャのメリットを享受できるようになりました。これについて、Guido Wirth氏は次のように述べています。

「どの教室から、ノートパソコンとシンクライアントのどちらを使用して中央のデータおよびアプリケーションにアクセスするかに関係なく、すべてのユーザー (最新の集計では合計370台)が、高性能のコンピューターの処理能力を最大限に活用できます。しかも、ソフトウェアのインストールや更新、データの保管、バックアップといった作業に手を煩わせる必要がありません。さらに当校では、運用やメンテナンスの作業が最小限で済み、新規ソフトウェアバージョンのロールアウトも容易で、システムとメンテナンスに必要なコストも比較的低額に抑えることができるといった、中央のサーバーインフラストラクチャのメリットを享受しています。また、ITインフラストラクチャを拡張して、幼稚園やヘルメチウィル・シュタッフェルン内の校舎をはじめとする関連施設との接続、在宅勤務の許可を受けた教師に対する校内ネットワークへの安全なリモートアクセスの提供といった、今後新たに発生しうるニーズに対応できるオプションも重要でした。消費電力の低減も特筆すべきメリットで、PCの一般的な消費電力が70ワットであるのに対し、私たちが使用しているシンクライアントの消費電力はわずか10ワットです。このような環境および経済面のメリットは、持続可能な考えや行動を重視する私たちの理念と完全に一致しています」。

 

Steffen Informatik社

スイスを代表するITサービスプロバイダーであるSteffen Informatik社は、1989年に設立された所有者経営の企業で、Magenwil、Pratteln、Gumligen、St. Gallen、およびZugにオフィスを構えています。同社はインフラストラクチャおよびクラウドソリューションのほか、包括的なコンサルティングサービスの各分野において、革新的かつ持続可能なITソリューションを提供しており、これには、実装に関するアドバイスから、ITインフラストラクチャ全体の運用まで、幅広いサービスが含まれます。

設立以来、同社は目覚ましい発展を遂げ、現在では、スイス国内の数百社の顧客が、約130人の優秀なスタッフを擁し、市場をリードする多くのOEM企業から最高位のパートナー認定を受けている同社のノウハウや取り組みから大きなメリットを得ています。

 

会社概要

ブレムガルテン校

alt_text
本件でご紹介のHP製品・サービス

導入ハードウェア

導入サービス

  • HP Care Pack

本ページの導入事例は、PDFで閲覧頂けます。  PDF (1.47MB)

本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり、閲覧される時点で変更されている可能性があります。予めご了承下さい。