Jump to content 日本-日本語

ソリューション  >  大企業向け  >  お客様事例

BIGLOBEが
2ペタバイト超のストレージ環境構築を推進、
容量あたりのコストを1/3に削減

ビッグローブ株式会社様

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む

大容量ストレージサーバー「HP ProLiant SL4500シリーズ」上に オブジェクトストレージを構築し、BIGLOBEのブロードバンド利用者 約300万人のメール領域を確保

「大容量ストレージサーバーとオブジェクトストレージを組み合わせる新たな選択肢は、膨大なデータを扱う私たちにとってまさに福音となりました。パフォーマンス、信頼性、コストの観点から適材適所でストレージを使い分けることで、より価格競争力の高いサービス基盤を実現できるはずです」
ビッグローブ株式会社 クラウドサービス本部
クラウドサービスグループ マネージャー 石下 隆一 氏
チャレンジ
ソリューション
ベネフィット
導入先概要
PDF (1.88MB)

ビッグローブ株式会社

目的

アプローチ

BIGLOBEのブロードバンド利用者 約300万人が利用するメール環境のストレージシステム刷新。総データ量は500TBを超え、さらに増え続ける状況下で、ストレージにかかる総コスト(導入・運用・データセンター等)を大幅に削減すること。
 
NASやSANなどのストレージ専用機ではなく、大容量HDDを搭載可能なx86サーバーを利用する「オブジェクトストレージ」を選択。容量あたりのコストを大幅に削減するとともに、サービス品質の維持と確実なデータ保護を実現する。

ITの効果

ビジネスの効果

性能と信頼性をより低コストで提供するインテル® Xeon® プロセッサー E5-2400 製品ファミリーを搭載する大容量ストレージ搭載スケールアウトサーバー「HP ProLiant SL4500シリーズ」とオブジェクトストレージソフトウェア「Scality RING」を採用し、2ペタバイト超の大容量かつ低コストのストレージ環境を実現
「HP ProLiant SL4500 Gen8サーバーノード」1台あたり88TB(4TB SATA×22)のディスク容量と192GBメモリを搭載
Scality RINGはメールアプリケーション(Zimbra)とのコネクターを備えシステム構築が容易
“自働サーバー”ならではの優れた自己管理機能により運用負荷・保守コストを大幅に軽減
HPサポートプラス24を採用し24時間365日/4時間以内の保守対応を可能に
従来のストレージシステムとの比較で容量あたりのコストを1/3に削減
汎用的な2Uサーバー採用時との比較でも圧倒的なコスト優位性
低コストで競争力の高いメールサービス基盤を実現
数十ペタバイトを超えるストレージ容量のスケーラビリティを確保
ログや画像などのアーカイブ用途へのオブジェクトストレージの適用が視野に


約300万環境のオブジェクトストレージへの移行を推進
日本を代表するインターネット接続/クラウドサービス事業者であるBIGLOBEが、ブロードバンド利用者 約300万人が利用するメールサービスのストレージシステムの移行を進めている。総データ量は500TBを超え、さらに増え続ける状況下でBIGLOBEが選択したのは、オブジェクトストレージ製品「Scality RING」と、性能と信頼性をより低コストで提供するインテル® Xeon® プロセッサー E5-2400 製品ファミリーと、大容量ストレージを搭載する「HP ProLiant SL4540 Gen8サーバー」である。従来のストレージ環境との比較で容量単価を実に1/3まで引き下げ、増え続ける非構造化データを将来にわたり低コストで管理できる環境を実現した。


チャレンジ

増え続けるメールデータと 容量コスト削減へのチャレンジ

「BIGLOBE」は、ビッグローブ株式会社(以下、BIGLOBE)が運営する日本を代表するISPブランドだ。その歴史は、NECが1986年に開始したパソコン通信サービス「PC-VAN」にまで遡る。1996年に、NECが運営する通信系サービス3事業を統合し「BIGLOBE」ブランドでサービスを開始。「どこでも快適・安全につながるインターネット接続サービス」を起点に、クラウドサービス、MVNO事業など順調にビジネスを拡大し、2014年にはNECグループからの独立を果たした。

現在、BIGLOBEは「メールサービスのストレージシステム移行プロジェクト」を推進中だ。BIGLOBEのブロードバンド利用者 約300万人が利用するサービス基盤の刷新である。

「メール基盤に関してはサービスの開始直後から、増え続けるデータとそれを収容するストレージのコスト=容量単価を最適化させる試行錯誤を続けてきました」と語るのは、今回のプロジェクトをリードしたクラウドサービス本部 クラウドサービスグループ マネージャーの石下隆一氏である。

メールサービス基盤における容量あたりのコスト削減へのチャレンジは、次のような変遷を経てきたという。初期の物理サーバーとDASストレージの構成は、次期システムでNASに集約され容量単価は約半分に削減された。仮想サーバーの導入によるシステム構成の刷新を行い、前システム比でさらに容量単価を1/10にまで引き下げた。

「総データ量は500TBを超えさらに増え続けています。この背景には、ユーザーのメール利用に対する意識の変化があると考えています。かつては読んだメールは消去するのが一般的でしたが、現在はサーバー上に保存する傾向が強くなっています」(石下氏)

増え続けるデータをすべて管理しつつ、ストレージコストを抑える。二律背反の課題を解決するために石下氏らが着目したのが「オブジェクトストレージ」だった。

「オブジェクトストレージは、x86サーバークラスター上に“単一のデータ格納領域”という非常にシンプルなストレージ環境を実現します。しかもペタバイト級のスケーラビリティが手に入ります」(石下氏)

オブジェクトストレージでは、ブロックやファイルではなく“オブジェクト”という単位でデータを扱い、IDと属性情報(メタデータ)によってデータとアプリケーションと紐づける。RAIDやファイルシステム、ディレクトリやフォルダー構成を意識する必要はなく、“クラウドスケールの単一データ格納領域”を利用できることが大きな特長だ。

「増え続けるデータにも柔軟に対応できるうえ、構造がシンプルなので運用管理の負荷も削減できると期待しました。汎用的なx86サーバーを使えるので、専用ストレージ製品と比較すると導入コストの大幅な削減も見込めます」(石下氏)

石下氏を中心に2012年からオブジェクトストレージに関する研究を進め、知見を深めた。そして、オブジェクトストレージ製品に米国Scality社の「Scality RING」を、プラットフォームに、性能と信頼性をより低コストで提供するインテル® Xeon® プロセッサー E5-2400 製品ファミリーを搭載する大容量ストレージ搭載スケールアウトサーバー「HP ProLiant SL4500シリーズ」の採用を決めた。
ビッグローブ株式会社
クラウドサービス本部
クラウドサービスグループ
マネージャー
石下 隆一 氏
ビッグローブ株式会社
クラウドサービス本部
クラウドサービスグループ
マネージャー
石下 隆一 氏


ソリューション

オブジェクトストレージに「Scality RING」を採用

「Scality RING」はLinux上で動作するソフトウェアとして提供される。x86サーバークラスターをリング状に構成し、データをサーバーの内蔵ディスクで分散管理する。スケールアウト型のSoftware Defined Storage(SDS)ソリューションと捉えることもできるだろう。大規模なストレージ環境を必要とするサービスプロバイダー、データセンター事業者、通信事業者などで導入実績のある製品だ。

「Scality RINGは物理サーバー6台からのスモールスタートが可能で、サーバーの台数を増やすだけでストレージ容量を容易に拡張できます。増設はオンラインで可能でRAIDやボリュームの管理も不要です。データ保護の観点では、レプリケーション機能によりデータを“4重化”し、複数のノードで保持することで高い可用性を実現します」とプロジェクトに携わったNECソリューションイノベータ株式会社の山本洋平氏は話す。同社は、本プロジェクトをはじめBIGLOBEの各種システムの開発・運用を10年来支えているパートナー企業である。

「Scality RINGは、ディレクトリ、ボリューム構成を意識することなく、シンプルな使い勝手を提供します。また、メールサーバーのデータ格納用に開発された経緯があり、BIGLOBEで採用しているメールプラットフォーム『Zimbra』とのコネクターが用意されているなど、既存環境との親和性にも優れていました」(山本氏) 「既存のストレージ環境との比較で、容量単価を1/3にまで引き下げられる見込みです。データを4重化して保持すれば、ストレージ容量も実データの4倍必要になりますが、それでもコストを1/3にできるのです」と石下氏は話す。

ディスクの利用効率を下げても、容量単価を大幅に低減できるという事実は注目に値するだろう。ただし、ここには注意が必要だ。プラットフォーム選定が、投資対効果を大きく左右するのである。
NECソリューションイノベータ
株式会社
東北支社
プラットフォーム事業部
主任
山本 洋平 氏
NECソリューションイノベータ
株式会社
東北支社
プラットフォーム事業部
主任
山本 洋平 氏

システム構成の違いによるコスト比較

投資対効果を最大化する超高密度サーバー 「HP ProLiant SL4500 Gen8」

プロジェクトは、Scality RINGを稼働させるプラットフォームをどのように選定したのだろうか。石下氏は検討の経緯を次のように話す。

「当初は2Uサーバーの採用を想定していたのですが、サーバー台数に比例してネットワーク機器も必要になり、トータルコストを押し上げることが判明しました。さらに、2Uサーバーを増やし続けていくと、近い将来に従来のストレージ環境のコストを上回ってしまうことがわかったのです」

Scality RINGの投資対効果を高めるには、サーバー内に2Uサーバーを大きく上回る数のHDDを搭載できることが不可欠だ。大容量のディスクを搭載可能なサーバーを検討し始めたとき、Scality社のエンジニアが推奨した製品が「HP ProLiant SL4500シリーズ」だった。

HP ProLiant SL4500シリーズは、「大容量ストレージ搭載スケールアウトサーバー」というコンセプトの高密度サーバーである。4.3Uのシャーシに2台のサーバーノードを収容。モジュール型大容量ストレージ、I/Oモジュール、電源ユニットなどを高密度に実装する。1ノードあたり最大88TB(4TB SATA×22)のディスク、最大192GBのメモリを搭載可能だ。

「検討にあたって、あらためてサーバーやネットワーク機器類、電力やスペースなど運用にかかるコストを洗い出し、システム構成の違いによるコスト見通しを比較しました。その結果、HP ProLiant SL4500シリーズとScality RINGを組み合わせたときの圧倒的なコスト優位が、一目瞭然になりました」(石下氏)

「HP ProLiant SL4500シリーズでは、従来のストレージ環境との比較で容量単価を1/3にまで圧縮できます。導入から5年間運用することを見越したときに、最も高い投資対効果が得られると判断しました」(石下氏)

クラウドサービス本部 DCプラットフォームグループの梅津祐太氏も次のように話す。

「HPとScalityはグローバルパートナーシップを結んでおり、ペタバイト級のシステムを含め稼働実績が豊富でした」 
ビッグローブ株式会社
クラウドサービス本部
クラウドサービスグループ
梅津 祐太 氏
ビッグローブ株式会社
クラウドサービス本部
クラウドサービスグループ
梅津 祐太 氏


ベネフィット

投資対効果に優れたペタバイト級の ストレージ環境を実現

HP ProLiant SL4500シリーズとScality RING――最新のテクノロジーを採用して新しいメール基盤を構築するにあたり、「検証には十分な時間をかけた」と石下氏は話す。

「2012年11月からScality RINGの検証を始めました。稼働中のシステムからディスクを抜くなど、疑似的に障害を発生させて挙動を確認しながら、安全な復旧手順を入念に組み立てていきました。2014年に入ってからは、HP ProLiant SL4500シリーズによる実機検証を進めました」(梅津氏)

2014年6月、テストの最終段階として社内200ユーザーのメールデータを新システムに移行し、稼働を開始した。第1期で導入されたのは「HP ProLiant SL4540 Gen8」×6ノード(3シャーシ)。1ノードあたり192GBのメモリ、88TB(4TB SATA×22本)のディスクを搭載する構成である。

「社内環境でシステムの安定性やサービス品質を確認したうえで、お客様のデータ移行を順次進めていく計画です」(山本氏)

HP ProLiant SL4500シリーズの導入に際しては、運用管理体制も大きく見直して負荷の低減を図ったという。“自働サーバー”と形容されるHP ProLiant Gen8サーバーならではの自己診断・通報機能、「iLO4」によるリモート管理機能を積極的に活用するとともに、「HPサポートプラス24」を採用して“24時間365日+当日4時間以内のオンサイト保守”という体制を整えた。

「BIGLOBEとしても、これほどの超高密度サーバーの運用は初めてです。万にひとつの障害にも迅速に対応できるよう、HPのサポートを受けて万全の体制を整えました」―梅津氏

プロジェクトはBIGLOBEのブロードバンド利用者 約300万人のメールデータの移行を進めつつある。2015年秋にはユーザー向けのサービス基盤も整備される予定で、その時点でのシステムは「HP ProLiant SL4540 Gen8」×26ノード(13シャーシ)、ディスク572本(4TB SATA)によるストレージ容量は2PBを超えるスケールとなる。

最後に石下氏が次のように締めくくった。

「大容量ストレージサーバーとオブジェクトストレージを組み合わせる新たな選択肢は、膨大なデータを扱う私たちにとってまさに福音となりました。パフォーマンス、信頼性、コストの観点から適材適所でストレージを使い分けることで、より価格競争力の高いサービス基盤を実現できるはずです」

導入先概要

ビッグローブ株式会社
所在地: 〒141-0032 東京都品川区大崎一丁目11-1 ゲートシティ大崎 ウエストタワー
URL: http://www.biglobe.co.jp/ このリンクをクリックすると、HP社外へリンクします。

事例キーワード

業種: 通信・メディア
導入ハードウェア: HP ProLiant SL4540 Gen8
導入サービス: HP サポートプラス24

  本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり、閲覧される時点で変更されている可能性があります。予めご了承下さい。  
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項