Jump to content 日本-日本語

サーバー  >  HP Integrity NonStop サーバー   >  お客様事例  

AOLの中核となるメールと認証サービスを支える
HP NonStop テクノロジー

AOL

HP Integrity NonStop サーバー

アドバンテージ
コンテンツに進む

メールと認証サービスの可用性を24時間365日実現

「HP Integrity NonStopシステムならばリアルタイムなサービス提供は当然実現できると思っていました。しかし、さらに、より優れたソフトウェアをより高速なサーバーで稼働しながらコストを減らしています。すべての面で優れた効果を発揮できるサーバーなのです」

AOLプリンシパル データベースアドミニストレーター Rob Lesan氏
お客様背景
ソリューション
効果と今後の展望
会社概要
PDF(2.51MB)
AOL

目的

アプローチ

クリティカルで高収益なサービスを障害を起こさずに提供し、需要の変化に即応した拡張性を持たせることで、企業の世界的な存在価値を維持・向上させる
3年周期でテクノロジーが刷新される、業界で最も信頼性の高いサーバーを継続使用し、コスト効率良く新テクノロジーを導入する

導入効果

ビジネスの効果

HP NonStop SQLのオンライン拡張に際してユーザーのサービス停止を伴わないシステム拡張を実現
サーバーあたりのワークロード効率が2倍に向上したHP Integrity NonStop BladeSystemへの移行による運用効率の向上
HP Virtual Tape Serverおよびデータベースの複数コピーを保持可能な内蔵ストレージの使用によりバックアップ/リカバリ操作を簡略化
継続的可用性による24時間365日のサービス提供で、収益を守り市場における競争優位性を獲得
約60台のHP Integrity NonStopサーバーの管理スタッフは4名のみ。人数を最小に抑えることができ、人件費を大幅に節約
最新のHP NonStopシステムにおける約1.5〜1.7倍の性能向上で優れたROIを実現
HPファイナンシャルサービスによるHP Integrity NonStopサーバーのリースにより、将来を見通した簡潔な方法でHPが提供する最高のパフォーマンスの先進のシステムを継続使用

お客様背景

最近開催された業界向けカンファレンスの基調講演におけるRob Lesan氏の発言に異を唱える人はいないはずです。「インターネットの持つグローバル性は、あらゆる企業活動に24時間365日の対応を求めるようになりました。システムダウンは、収益減や、信用喪失、顧客離れにつながります。明らかに、システムには一層の柔軟性、拡張性、可用性が求められるようになっています。しかし、先進のレプリケーションソフトウェアを持つHP NonStopテクノロジーであれば、これまでにない大きな変化にも対応できるのです。しかも機能に制約が出たり、トランザクション処理を取りこぼすようなことはありません」

この発言はLesan氏自身の体験に基づいたものです。AOLのプリンシパル データベースアドミニストレーターを務めるLesan氏は、HP Integrity NonStopサーバーで稼働するAOLのメールサービスと認証サービスの主要処理を管理する立場にあります。 「AOLが常に取り組んでいる課題は、お客様にいつでもサービスをご利用いただけるようにすることです。NonStopサーバーを採用した理由は、おもにこの点にあります。メールサービスと認証サービスはAOLの2本柱です。もしもこの業務がストップするようなことになれば、AOLは使い物にならなくなります。私達のお客様は世界各地に存在しています。そのため、AOLの唯一最大の課題は、常に業務をオンラインで提供し続けることなのです」

お客様背景

AOLは、かつてAmerica Onlineとして知られた米国を拠点とするインターネット・メディア企業です。AOLのメールサービスはコンポーネント化されたサービスで、メールボックス、ファイル添付、コンテンツサービスから構成されています。HP Integrity NonStop上では、メールリクエストの配信、メールボックスの作成/管理、既読または期限切れメールメッセージの削除などの処理が行われます。

認証サービスも同様にAOLで統合的に行われています。HP Integrity NonStop上にはAOLが扱うすべての登録データが置かれ、さらに、リソースの認可が必要なAOLのインバウンドとアウトバウンドのクライアントとサービスに対する登録/認証/認可処理の管理が行われます。AOLの利用者がいつでもパスワードを変更したり、請求情報を確認したり、サービスレベルを変更したりといったことを安心して行えるのは、HP Integrity NonStopプラットフォームの連続可用性があってこそなのです。


ソリューション

高性能、高可用性、さらなる利点

Lesan氏によれば、AOLはHPが提供する性能はもとより、サービスも必要としていると言います。AOLでは3年周期ですべての社内資産の借り換えを行っており、HPファイナンシャルサービス(HPFS)からHP Integrity NonStopシステムをリースすることで、資産の借り換えの予測を容易にすることができました。「HPFSのサポートにより、HP製品が提供する最先端の技術を使用し続けることができます」

最近、AOLの環境にHP Integrity NonStop BladeSystem NB50000cとCLIMストレージサブシステムが増設され、効果がすでに表れつつあります。全サーバー上で以前の2倍のワークロードが処理可能になり、パフォーマンス性能が大幅に改善されたのです。「テクノロジーの進化により、ROIが前年度よりも著しく向上することを今回身をもって体験しました」Lesan氏は続けます。「HP側が1.5倍の性能改善を予測するときには、たいていは1.7倍もの向上が認められています」

連続可用性は、AOLが直面する競合環境においては必須条件といえます。Lesan氏は次のように説明します。「認証サービスには24時間365日の可用性が求められます。他業種のHP Integirty NonStopシステムユーザーの多くは、ある時間帯において100%確実に使用できる必要があることでしょう。しかし、AOLのように世界規模でオンラインサービスを提供するには、あらゆる時間帯に利用できることが求められます。これほどの可用性を実現できるプラットフォームはほかにはありません。HP Integrity NonStopシステムを使用している理由はまさにここにあります」

高性能、高可用性、さらなる利点

AOLでは、また、HP Integrity NonStopプラットフォームのリニアスケーラビリティーも高く評価しています。「AOLでは、あらゆるシステム導入の際にはその最大構成を購入し、運用時間中に処理性能を拡張せずに済むようにしています」Lesan氏はこう続けます。「しかし、NonStop上に構築しているデータベースは拡張できるのです。HP Integrity NonStopは性能を直線的に拡張できるため、パフォーマンスがさらに必要なときには必要量を正確に算出できます。たとえば『あと1.5倍のシステム性能が必要』と見積りをはじけば、HP担当者がシステムを拡張し、本番稼働中に我々運用チームでデータの移動を行います。この作業にシステムダウンは不要です」

データ整合性については全く問題視していないとLesan氏は言います。「他のプラットフォーム管理者の場合は、ディスク障害時にはインデックスの再構築やバックアップからのリカバリ作業に忙しく、相談に乗ろうにも手をこまねいて見ているしかありません。一方、私達のメールシステムは、1日あたり数十億件のレコードを処理するにもかかわらずデータ整合性で問題が発生することはありません」また、AOLには大規模データベースの更新処理中でも、認証トランザクションを1秒未満で完了させるという厳しい要件がありますが、HP Integrity NonStopプラットフォームの混在処理性能を活用することで対応しています。

HP Integrity NonStopプラットフォームの管理容易性も、AOLのもう一つの成功の鍵となっています。Lesan氏はこう語ります。「NonStopサーバーの運用には最低限の人数しか必要ありません。私は長年にわたりさまざまなクライアントのもとで仕事をしてきました。1〜2台のホスト上で1つのアプリケーションを動かすためだけに10〜15人規模のチームを編成して運用したこともありました。AOLでは、約60台のHP Integrity NonStopサーバー本番機を導入しており、しかもHP Integrity NonStop NS16200サーバーとHP Integrity NonStop BladeSystemが混在しているのですが、サポート要員はたったの4人です。驚異的な少人数です」Lesan氏によると、認証サービスでは1秒あたりで平均50万件のリクエストを処理し、それと同時に、AOL全体として1日あたり約30億件のメールを処理しているということです。これは、言い換えれば、AOLでは、HP NonStopシステム上で1秒あたり10万件以上のトランザクションを、データベース変更をともないながら持続的に処理していることになります。


レプリケーションとバックアップ

AOLでは、重要な認証データベースのレプリケーションに、HP NonStopソフトウェアであるHP NonStop Remote Database Facility (RDF)を使用しています。「RDFはパフォーマンスと管理容易性に優れた良い製品です」Lesan氏はこう理由を説明します。「RDFは、SYSKEYの内容も複製できる唯一の製品です。データベースにはシステム生成のキーが含まれますが、他の製品ではこのようなキーを複製できません。HP NonStop RDFは長年にわたりHPから提供されている信頼性の高い製品です。堅牢であり、また、運用時のスループットを妨げることはありません」

AOLでは、データと操作性の安全性確保のために信頼性の高いバックアップ処理を必要としています。「私はかつて古いテープ装置を操作していましたが、テープ操作の失敗をたえず気にかけねばなりませんでした」Lesan氏は続けます。「HP Virtual Tape Server (VTS)を導入したところ、バックアップとリカバリ操作が格段に楽になりました」AOLには、ファイバーチャネル経由でHP Integrity NonStopサーバーに直接接続されたVTS装置が2台あります。これらは、耐障害性を考慮して別々のデータセンターに設置されています。また、内蔵ストレージの容量は20テラバイトもあるため、AOLのデータベースの複数のコピーを余裕を持って保持できます。「現在使用しているこのテープ装置は家電製品のように操作が簡単です。バックアップが必要なときは、VTSにバックアップをまかせれば良いのです。作業上の負担が大幅に軽くなり、運用がとても楽になりました」


移行作業における驚きの体験

プリンシパル データベースアドミニストレーターのRob Lesan氏は、数年前にかかわったAOLでの移行作業の驚きの体験を次のように語りました。「AOLインスタント・メッセンジャーを既存のHP Integrity NonStopサーバーに移行しただけで、40台のSybaseサーバーと関連ライセンスを廃止し、さらにフルタイムの従業員数を減らすことができました。このためのコスト増やシステム停止はありません。数十億件から成るデータベースの移行作業をとおして、AOLユーザーに影響を与えることはありませんでした。AOLではHP Integrity NonStopの利点をとことん活用しています。これは日常の運用でいつも行ってきていることです」


効果と今後の展望

Lesan氏はHPサービスを高く評価しています。「AOLには、大規模ユーザーとして専任のHPサポートスタッフがついています。ごく稀に重要な問題が発生するような場合にも、素早く対応してもらえます。また、現在使用していない製品やサービスに関する質問でも、サポートチームが文字通り一晩で対応してくれます。さらに、重要な問題だった場合には、サポートチームが来てデモを行ったり、私達と一緒に問題に対処してくれるのです。他のベンダーからこのように手厚いサポートを受けたことはありません。唯一の顧客に対するような決め細やかなサービスです」

Lesan氏は 最後にこう締めくくりました。「私達のサービスは認証処理をベースとしています。そのため、リアルタイム性能は選択の余地がない必須条件なのです」HP Integrity NonStopサーバーのリアルタイム処理性能が、AOLのさらなる躍進の鍵となっています。「HP Integrity NonStopシステムならばリアルタイムなサービス提供は当然実現できると思っていました。しかし、さらに、より優れたソフトウェアをより高速なサーバーで稼働しながらコストを減らしています。すべての面で優れた効果を発揮できるサーバーなのです」


会社概要

AOL
URL: http://www.aol.com/ このリンクをクリックすると、HP社外へリンクします。

事例キーワード

業種: 通信・メディア
ソリューション: HPファイナンシャルサービスサービス
製品: HP Integrity NonStop BladeSystem NB50000cHP Integrity NonStop NS16200
ソフトウェア: HP NonStop SQL

  本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり、閲覧される時点で変更されている可能性があります。予めご了承下さい。  

お問い合わせ

HPカスタマーインフォメーションセンターの電話番号は03-5749-8328、平日午前9時から午後7時、土曜午前10時から午後6時、祝祭日、5月1日、年末年始など弊社指定の休業日は除きます。お問い合わせ
ウェブからのお問い合わせはこちら
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項