アナウンス − 2016年10月20日

本日、IoT向けソリューションとして、従来のデータセンターやクラウドの外部で、より「モノ」に近い場所、いわゆる"エッジ“での、データの収集・集約を安全かつリアルタイムに行い、「モノ」の制御を可能にする「HPE Edgeline EL10 Intelligent Gateway」および「HPE Edgeline EL20 Intelligent Gateway 」、ならびにデータのキャプチャ、コンピュート、システム管理を統合することで負荷のかかる分析をエッジで実現し、リアルタイムな意思決定を可能にする、業界初のIoT向けのコンバージドシステム、「HPE Edgeline EL1000 Converged IoT System」および「HPE Edgeline EL4000 Converged IoT System」を発表します。

また、HPE Apollo 6000 Systemに最大10サーバー搭載可能な、高並列アプリケーションに最高のパフォーマンスを提供するディープラーニング向けのHPE ProLiant XL260a Gen9 サーバーを発売します。

HPE ProLiantサーバー用のオプション製品も充実を図ります。低コストでデータベースなどアプリケーションの高速化を実現し、ビジネスのスピードアップに貢献する、不揮発性メモリ(NVDIMM)を発売するほか、最大容量が過去最高の10TBのSATAハードディスクドライブを含む大容量ハードディスクドライブ製品群、25Gbの帯域速度に対応しネットワークの高速化を図るネットワークオプションやディープラーニングに適したアクセラレータ、NVIDIA Tesla M4 4GB モジュールなどの充実したオプション製品を追加します。


 

本日発表の新製品

HPE Edgeline EL10 および EL20 Intelligent Gateway

エントリーレベルの用途を対象として設計されています。耐久性と価格性能比にすぐれ、長期の利用を想定したコンポーネントで構成されているゲートウェイ製品です。

優れた耐久性を持ち性能を最大限に高めたエッジゲートウェイで、より高度なコンピュート能力と簡単な導入のための機能を追加しました。大量の処理を必要とする用途向けに設計され、長期間の運用を想定したコンポーネントで構成されます。



HPE Edgeline EL1000 および EL4000 Converged IoT System

業界初のIoT向けコンバージドシステムである「EL1000」および「EL4000」は、コンピュート、保存、データキャプチャ、管理、エンタープライズクラスのシステム/デバイス管理の機能を統合したもので、厳しい環境で有効に機能し、衝撃、振動、極端な温度にも対応できるよう開発されています。「EL1000」と「EL4000」は、高負荷のデータ分析と洞察、グラフィック要素の強いデータの可視化、リアルタイムレスポンスを現場で実現できるよう最適化されています。



HPE Moonshot System 新モデル

すでにHDI(Hosted Desktop Infrastructure)として定評のあるデスクトップ仮想化専用カートリッジの後継製品です。GPUを統合したAMD Opteron X2170 を搭載したHPE ProLiant m700pは、HDI (Hosted Desktop Infrastructure)に最適化された4ノードカートリッジです。



HPE Proliant XL260a Gen9 新モデル

HPE ProLiant XL260a Gen9 サーバーは、HPE Apollo 6000 Systemに最大10サーバー搭載可能な、高並列アプリケーションに最高のパフォーマンスを提供するディープラーニングなどに最適サーバーです。



 

オプション製品

HPE ProLiant サーバー用 オプション製品