アナウンス − 2016年4月19日

本日、ハイパーコンバージド製品の新モデルHPE Hyper Converged 380を発表致します。HPE ProLiant DL380 Gen9をベースアプライアンスとしたハイパーコンバージド製品で、仮想化・クラウド・VDIの3つワークロードから検証済みの構成を選択いただけます。コンピューティング、ストレージ、ネットワーク、グラフィックスの各オプションも豊富に取り揃えており、様々なビジネス用途に合わせて柔軟にカスタマイズが可能です。また、今回新たにHPEがハイパーコンバージド向けに開発した直感的なユーザーインターフェイスにより、シンプル且つ容易な仮想環境の運用管理を実現します。

 

本日発表の新製品

HPE Converged Systemモデル追加

HPE Hyper Converged 380

HPE Hyper Converged 380 (以下、HC380)は、HPE Hyper Converged 250に続いて追加で拡充するHPEの新たなハイパーコンバージドインフラ製品です。

HPEの「Software-Defined Storage」であるHPE StoreVirtual VSAを中核とし、サーバー、ストレージ、ネットワーク、ソフトウェアを完全に統合することで、仮想化基盤で陥りがちな複雑なソリューションスタックを回避、HPE OneView InstantOnによる簡単で高速な設定を経て「すぐに使えるITインフラ環境」を実現します。