ユーザー: 普通のPCと変わらない性能  
 
システム管理者: 仮想化の管理要らず、簡単運用
 
経営者: パフォーマンスあたりのコスト削減

これからはデスクトップ仮想化の専用カートリッジ
HP Moonshot System + Citrix


セキュリティ、システム管理、運用コスト ── そういった課題から、パソコンやノートPCに代わる存在として注目されてきたデスクトップ仮想化(VDI)ですが、仮想化のメリットとは裏腹に、パフォーマンス不足でお悩みのお客様やデスクトップを仮想化する範囲を限定されているお客様も、多くいることでしょう。その問題の多くは、仮想化であるがためのものでした。

HP Moonshot Systemに搭載される、HP ProLiant m700カートリッジおよびm710カートリッジは、デスクトップ仮想化専用のサーバーです。Citrixのソフトウェアと組み合わせた、これまでの問題を全て解決する、全く新しいデスクトップ仮想化を、ぜひご体感ください。

 

用途特化型カートリッジとCitrixが新しいデスクトップ仮想化を提供


HP Moonshot Systemは、これまでの常識を変えるアーキテクチャーです。4.3Uのシャーシ内に、サーバーの機能を持つカートリッジを45枚搭載でき、特定のワークロード“専用化”することで“手のひらサイズ”のコンパクトを実現したカートリッジによって、十分な性能でありながら超高密度かつ超省電力を実現します。

HP ProLiant m700カートリッジおよびm710カートリッジは、デスクトップ仮想化に特化したカートリッジで、それぞれCitrix XenDesktopとCitrix XenAppに最適化されており、これまでになかった新しいデスクトップ仮想化を提供します。




高信頼で安心稼働


新しいアーキテクチャーを採用したHPMoonshot Systemだから、4.3Uに45枚の物理環境を集約。オーバーヘッドもなく、高信頼のハードウェアで安心稼働。

 


諦めていたアプリも使える


SSDやGPUを搭載したデスクトップ仮想化用途に特化したカートリッジなので、従来のVDIでは使うことができなかったアプリケーションも普通に起動。

 


様々なコストを大幅に削減


HP Moonshot Systemだから、設置スペースや電力のコストを大幅に削減。また、ハードウェアのコストも、性能あたりで従来よりも削減できます。



仮想化しないリモートデスクトップ




HP ProLiant m700 カートリッジとCitrix XenDesktopの組み合わせによって、ユーザー“占有”のリソースを提供します。さらにはハードウェアとソフトウェアが連携し、クライアント側で電源を切る等、痒いところまで手が届く“専用”ならではの機能です。

全くの新しいアプリケーション配信




HP ProLiant m710カートリッジとCitrix XenAppの組み合わせによって、物理的な管理や拡張が可能になります。Citrix製品は、HP MoonshotSystemの専用カートリッジ向けにコードが改良されており、ソフトウェア側の高信頼性を実現しています。


 
 

新しいデスクトップ仮想化を体感ください。

 

日本ヒューレット・パッカード本社内のショールームでは、マシンルームを併設し、デモとハードウェアを体感できる施設をご用意しています。
HP Moonshot Systemと新しいデスクトップ仮想化を、見て、触って、ぜひ体感ください。 ご来場のご相談は、下記窓口までお問い合わせください。



 

お問い合わせはカスタマー・インフォメーションセンターへ

 

03-5749-8328

09:00-19:00 (月曜−金曜)
10:00-17:00 (土曜)
※祝祭日と5月1日は除く

HP Moonshot Systemに関する詳細情報は
http://www.hp.com/jp/moonshot