Jump to content
日本-日本語

最新テクノロジーが、競争のルールを変える!

 製品 
 サポート 
 ソリューション 

【SAP-HPキーパーソン対談】

インメモリテクノロジーが、 ミッションクリティカルシステムを変える日。 (2/2)

Content starts here
2014年7月24日

  対談者

SAPジャパン株式会社 松舘学氏
SAPジャパン株式会社
ソリューション&イノベーション統括本部
リアルタイムプラットフォーム部
プリンシパルソリューションアーキテクト
松舘 学氏
日本ヒューレット・パッカード株式会社 日野創
日本ヒューレット・パッカード株式会社
HPサーバー製品統括本部
エンタープライズサーバー製品部
プロダクトマネージャー
日野 創

ミッションクリティカルな要求に応える技術

基幹システムのデータベースを"メモリ上で処理"することに、
抵抗を感じているユーザーもいるようですが。

(SAPジャパン株式会社 松舘 学氏 (以下、松舘 氏))
確かにいらっしゃいます。(笑) ですが、技術的に解決されていますのでご安心ください。電源が落ちたらメモリ上の重要データが消えてしまうのではないか、という心配はご無用です。
SAP HANA このリンクをクリックすると、HP社外へリンクします。 ではプライマリの処理をメモリ上で実行しますが、SQLの更新時にはログをSSDもしくはストレージに書き込み、それが完了してコミットする、という一般的なRDBMSと同じ手続きを踏みます。さらに、5分ごとにメモリ上のデータボリュームをストレージに書き込みます。SAP HANA このリンクをクリックすると、HP社外へリンクします。 では、メモリ上のデータを含め、障害発生時点までデータベースの状態を戻せるポイントインタイムリカバリが可能です。

(日野)
SAP HANAに完全対応したHAクラスターソリューション「HP Serviceguard for Linux」に、ぜひご注目いただきたいと思います。SAP HANA このリンクをクリックすると、HP社外へリンクします。 では、SAP HANA System Replicationによりメモリ上のデータを含むアクティブ機とスタンバイ機のデータ同期が可能です。HP Serviceguardは、これと連携しながらシステムリソースとアプリケーションの状態を監視します。そして、深刻な問題を検知するとCPUやメモリ、I/Oなど問題個所に応じて適切にスタンバイ機への切り替え(フェイルオーバー)を実行します。

HP Serviceguard for Linux - HANAクラスタの実現
HP Serviceguard for Linux - SAP HANAクラスタの実現

(松舘 氏)
HP Serviceguardは、HP-UXベースのSAP ERP環境で非常に実績豊富なソリューションですね。SAP HANA System ReplicationとHP Serviceguardの組合せは、HAシステムだけでなく災害対策(DR)システムにも応用できます。

(日野)
様々なミッションクリティカルシステムで鍛えられてきたHAクラスターウェアのベストセラーが、Linux環境でもお使いいただけるようになりました。SAP HANA環境への対応という意味では、HP Serviceguard for Linuxはハードウェアベンダーが正式にサポートする唯一のHAクラスターソリューションでもあります。


HP自身によるSAP HANA導入の成果

HPではSAP HANAをどのように活用していますか。

(日野)
HPは、世界最大規模のSAP ERPユーザーの1社であり、会計、人事、受発注・生産管理・SCMなど広範囲にSAP ERPを導入しています。SAPインスタンスは30TBを超えます。
SAP HANA このリンクをクリックすると、HP社外へリンクします。 に関しては、2010年の発表直後からHP社内IT部門で検証を開始しました。2013年度は、リアルタイムサプライチェーン分析、フィナンシャルプランニング、受注売上利益管理などのシステムへ導入を進めて驚くほどの成果を上げています。
たとえばプリンター事業部門では、サプライチェーン分析のデータベースクエリの実行速度を11倍高速化し、ほぼリアルタイムのデータ分析が可能になりました。原価シミュレーションや利益管理のリアルタイム化は、業務手順を変えビジネスのスピードを劇的に高めています。

活用領域
HANA利用方法 利用規模 効果
リアルタイム
サプライチェーン
分析
SAP HANA-powered Supply Chain
Business Warehouses:

セルフサービスデータ分析を、需要のリアルタイム把握、フルフィルメント、在庫レベルの改善に直接活用。
SAP HANA:7-10TB

Bl Suite Users:1,500

Predictive Users:3
アップグレード期間/
コストの削減
フィナンシャル
プランニング
SAP HANA-powered SAP
Business Planning:

高速かつ洗練されたリアルタイムのシナリオプランニング、および、瞬時に結果を得られるシュミレーションや仮説検証の実現。
SAP HANA:1-2TB

Bl Suite Users:500
最初のSAP HANA
利用ケース
受注売上利益
管理
SAP HANA-powered SAP
Quote-to-Cash:

主要なECCプロセス(受注管理業務、月・四半期・年度末処理、オペレーション報告など)を高速化。先進的なユーザ体験を実現。
SAP HANA:28TB

ECC Users:2,000

Bl Suite Users:1,1000
SAP HANA上のECC処理
リアルタイム解析
HP社内で成果を上げるSAP HANA

(松舘 氏)
HP社には大規模ユーザーの立場からもSAPにフィードバックをいただき、その情報はSAP HANA このリンクをクリックすると、HP社外へリンクします。 の品質向上に役立てられています。

(日野)
現在HPでは、SAPインスタンスサイズ30TB超のSAP ERPシステムをSAP HANA このリンクをクリックすると、HP社外へリンクします。 上で稼働させる社内プロジェクトを推進しています。シングルインスタンスを基本とするSAP Business Suite powered by HANA このリンクをクリックすると、HP社外へリンクします。 において、SAP ERP環境で最大のパフォーマンスを引き出すためには、スケールアップ型のサーバーシステムが必須です。
間もなく登場する「次世代ミッションクリティカルx86サーバー(開発コード名:DragonHawk)」は、HP-UXベースのハイエンド機「HP Integrity Superdome 2」で培ったRAS機能が移植された最強のLinuxプラットフォームです。単体構成で最大240CPUコア/最大12TBメモリを搭載可能で、これをベースにしたインテル® Xeon® プロセッサー E7 v2を搭載する「HP Converged System 900 for SAP HANA」の国内発表も急ピッチで進んでいます。

HP ConvergedSystem 900 for SAP HANA
HP ConvergedSystem 900 for SAP HANA

即断即決、基幹業務をリアルタイムに

お客様に対してどのような提案をしていく考えですか。

松舘氏
(松舘氏)

(松舘 氏)
基幹系システムのデータベースがOracleやMicrosoft SQL Serverでも、SAP HANA このリンクをクリックすると、HP社外へリンクします。 との連携によりリアルタイム分析が可能になります。SAP HANA このリンクをクリックすると、HP社外へリンクします。 は、今すぐ使えて即座に成果を出せるソリューションです。バッチ処理がリアルタイム処理に変われば、「過去の実績数値でなく、現在の販売傾向を把握して発注量を決める」ことも夢ではありません。お客様には、そうしたメリットをぜひ実感していただきたいと思います。

(日野)
HPは、プラットフォームベンダーとしてSAP HANA このリンクをクリックすると、HP社外へリンクします。 のパフォーマンスを最大まで発揮させ、投資対効果を高めるHANAアプライアンスを提供します。ミッションクリティカルな要求に応えるSAP HANAプラットフォームとして、「HP ConvergedSystem 500 for SAP HANA」とその上位機種である「HP ConvergedSystem 900 for SAP HANA」にぜひご期待ください。HP自身が自社導入で培ったSAP HANA このリンクをクリックすると、HP社外へリンクします。 の活用ノウハウが存分に活かされた自信作です。

インテル® Xeon® プロセッサーE7 v2ファミリーとSAP HANAを使用した、SAS Analyticsのデモ イメージ01

インテル® Xeon® プロセッサーE7 v2ファミリーとSAP HANAを使用した、SAS Analyticsのデモ イメージ02

インテル® Xeon® プロセッサーE7 v2ファミリーとSAP HANAを使用した、SAS Analyticsのデモ このリンクをクリックすると、HP社外へリンクします。

新しいインテル® Xeon® プロセッサーE7 v2ファミリーとSAP HANAを使用した、SAS Analyticsのデモです。インテル® Xeon® プロセッサーE7 v2ファミリーは、前世代に比べ、最大2倍の処理性能、最大3倍の搭載メモリー、最大4倍のI/O大域幅による、稼働率99.999%の信頼性をもたらす設計です。前世代と比較し、約130倍のスピードアップを実現しています。

(松舘 氏)
SAP HANAは、インメモリデータベースを核にしながら、アプリケーション機能としての統計解析や予測ライブラリーなども実装しています。データベースの範疇を超えた「インメモリのアプリケーションプラットフォーム」とも言える製品です。今後、SAP HANA このリンクをクリックすると、HP社外へリンクします。 のポテンシャルがお客様環境で様々な成果を生み出していくはずです。

多様な機能を1つのプラットフォームで提供
多様な機能を1つのプラットフォームで提供

先日、SAPは日本のスポーツビッグデータ市場への本格参入を発表しました。
ここでもSAP HANAのインメモリ処理が威力を発揮することでしょう。どうぞご期待ください。

APジャパン株式会社 松舘学氏 、日本ヒューレット・パッカード株式会社 日野創
(写真右からSAPジャパン株式会社 松舘 学氏 、日本ヒューレット・パッカード株式会社 日野 創)

≫ 前ページへ 1 | 2  

このページのトップへ戻る