Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア

HP Insight Orchestration

サーバー

HPE Server Now

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

「生産性向上設備」証明書発行

付属品リスト

サイトマップ

 
コンテンツに進む
製品イメージ

製品情報/QuickSpecs

Showcase システム構成図
概要説明   マニュアル
  仕様一覧   ダウンロード
Q&A      

仕様一覧

HP Insight Orchestrationの利点

HP Insight Orchestrationは、新しい機能を追加することでHP Insight Dynamics - VSEを拡張するソフトウェアです。企業は、この機能を利用して運用コストを削減し、そのインフラストラクチャをビジネス ニーズに迅速に適合させることができます。具体的には、HP Insight Orchestrationは、次のような点で企業に貢献します。
  • コストの削減:
    自動化されたプロビジョニングとセルフサービスにより、ITスタッフが退屈な手動プロビジョニング作業に費やす時間が削減されるため、余った貴重な時間をより重要なプロジェクトに回すことができます。使用できるリース期間が指定されている物理サーバと仮想サーバならびにストレージの共有プールを設定できるため、インフラストラクチャの利用効率が向上しリソースを無駄なく使うことができます。
  • 変更の迅速化:
    HP Insight Orchestrationのセルフ サービス ポータルを介してインフラストラクチャ リソースのプロビジョニングや再目的化を迅速に行えます。既存のプロセスと統合できるため承認プロセスが円滑化され、さまざまなチーム間での操作を調整できるため待ち時間が減ります。また、インフラストラクチャの再目的化もマウスを数回クリックするだけで簡単に行えます。たとえば、当該のプールに対して実行されているすべてのインフラストラクチャ サービスを停止し他のサービスを再開するか、またはそのプール上で実行される新しいインフラストラクチャ サービスをプロビジョニングすれば、サーバ プールの再目的化を数時間、さらには数分単位で行えます。従来の方法ではこの作業に数日あるいは数週間かかる可能性があり、多くの場合、サーバ、ストレージ、ネットワーキング、および設備をそれぞれ担当するグループ間で大規模な調整を行なわなければなりません。
  • 品質の向上:
    HP Insight Orchestrationでは、標準テンプレート ベースの自動プロビジョニングを使用してより一貫性のある方法でインフラストラクチャを配備できるため、ダウンタイムにつながる設定ミスが防止され、組織基準の遵守にも役立ちます。

主な特長

  • 標準インフラストラクチャ テンプレートのカタログを、GUIを使用して設計
    • 単純なインフラストラクチャ ニーズや複雑なインフラストラクチャ ニーズに対応するテンプレートをドラッグ&ドロップ式の設計ツールを使用してGUIで作成します。
    • 物理サーバ、仮想サーバ、ストレージ、ネットワークなど、必要な各要素の詳細な要件を取り込みます。
    • Microsoft Exchange、Oracle、SAPなど、主要なアプリケーションを対象にしてHPが提供する「ベスト プラクティス」テンプレートから始めることも、独自のテンプレートを最初から作成することもできます。
    • テンプレートをセルフサービス ポータルのカタログに公開し、繰り返しが可能な自動プロビジョニングの体制を整えます。
  • セルフサービス ポータルを介した、迅速で一貫性のあるプロビジョニング
    • セルフサービス ポータルで、インフラストラクチャ テンプレートのカタログを参照して使うテンプレートを選択します。
    • 承認プロセスが円滑化されているため、待ち時間が短縮されます。
    • 承認後、HP BladeSystemおよび仮想化されたHP ProLiantサーバで構成される指定したプールからリクエストされたインフラストラクチャが自動的にプロビジョニングされ、指定した期間(リース期間)使用することができます。
    • サービスの所有者は、セルフサービス ポータルを介して自身のインフラストラクチャ サービスを管理できます。
  • 既存のITプロセスやマネジメント ツールとの統合
    • HP Operations Orchestrationソフトウェアにより強化されたワークフロー自動化エンジンが内蔵されているため、ユーザのさまざまな役割やツール間での調整を円滑に行えます。
    • HPや他社が提供するトラブル チケット システムおよびCMDBへの利用できる統合やオプションの統合を通じて、既存の変更管理/承認プロセスに接続します。
    • ユーザ独自のワークフローを作成して、プロビジョニング前後の主要なタスクを自動化します。
    • ワークフローとプロセスを使用して、別の役割の担当者やチームにスムーズに任務を移管できます。

サービス/サポート

保証

HPは、購入日から90日以内であれば、問題のある配布メディアを交換します。

ソフトウェアのサポート

HPはさまざまなソフトウェア サポート サービスを提供しています。

ソフトウェア テクニカル サポートおよびアップデート サービス
HP Insight Orchestrationには、1年間、24時間x7日間のHPソフトウェア テクニカル サポートおよびアップデート サービスが含まれます。このサービスは、ソフトウェアの実行またはオペレーション問題の解決をアシストするためにHPテクニカル リソースへのアクセスを提供します。また、このサービスは、HPから提供されたソフトウェア アップデートおよびリファレンス マニュアルへの、オンラインまたは物理メディアのいずれかでのアクセスを提供しますこのサービスを使用すると、HP Insight Orchestrationのお客様は、迅速な問題解決およびソフトウェア アップデートの通知と配布というメリットを受けることができます。このサービスについて詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/services/insight(英語)を参照してください。

インストール/スタートアップ サービス
HP Insight Orchestrationのインストールと構成は、お客様によって行なわれるものではありません。
注: インストール/スタートアップ サービスは、HP Insight Orchestrationを導入するHP SIM中央管理サーバ(CMS)ごとに必要です。インストール/スタートアップ サービスは、HPサービスと、HP販売特約店により提供されます。
注: HP Insight Orchestrationのインストール/スタートアップ サービスを利用するには、HP Insight Dynamics - VSEのインストール/スタートアップ サービスを利用する必要があり、このことが前提条件になっています。

オンライン サポート リソース
HP Remote Support Packには、業界をリードするサービス ツールが含まれており、重要なシステム イベントが発生したとき、または発生する可能性があるときに通知をすることができます。HP ProLiantサーバを含め、重要なハードウェア コンポーネントに関するアラート通知のステータスを構成およびカスタマイズすることができます。HP Remote Support PackがHP SIMに統合されているので、「HPへの通知機能」という総合的な機能を利用することもできます。詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/rspを参照してください。

ソフトウェア テクニカル サポートおよびアップデート サービスを受けるための登録について
ご使用の製品の購入の際に受け取ったライセンス情報でソフトウェア テクニカル サポートおよびアップデート サービスの登録が指示されているので、指示に従ってください。そうすることで、電話サポートや製品アップデートの権利を得ることができます。詳しくは、http://h50146.www5.hp.com/services/cs/availability/software_entry.htmlを参照してください。

ソフトウェア テクニカル サポートおよびアップデート サービスの使用方法
登録が済んだら、カスタマ サービスの電話番号とお客様のSAID(Service Agreement Identifier)を含むサービス契約書が送付されます。テクニカル サポートを電話で呼び出すときは、SAIDが必要です。SAIDを使用して、ソフトウェア アップデート マネージャ(SUM)のWebページで契約内容をオンライン表示し、アップデートのオンライン配布を選択することもできます。

ディスカッションへの参加(英語)
HP Support Forumは、HPユーザ間でHP製品に関して情報を交換できる、コミュニティ ベースのユーザ サポート ツールです。HP Insight ControlおよびHP ProLiant Essentialsソフトウェアに関連したディスカッションは、[Management Software and System Tools]ページを参照してください。

マネジメント セキュリティ(英語)
HPはすべての管理ソフトウェアの品質とセキュリティへのアプローチでプロアクティブです。最新の利用可能なセキュリティ アップデートがないかどうか必ずこのWebサイトを確認してください。

最新のSmartStartの入手
SmartStartのWeb上から登録を行うことにより、最新のSmartStart CD/DVD、Management CD/DVD、およびProLiant Firmware Maintenance CD/DVDを無料でダウンロードすることができます。毎回のリリースごとに物理キットを入手したい場合は、SmartStartのWebサイトからシングル リリース キットを注文できます。SmartStartがリリースされるときに事前通知を受け取るには、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/go/subscriberschoice(英語)から「Subscriber's Choice」を購読してください。

世界各地のHPカスタマ サービスの電話番号については、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/country/jp/ja/contact_us.htmlを参照してください。

HP Insight Capacity Advisor Consolidation Software
HP Consolidation Pack for HP ProLiant 100サーバライセンス(6ヶ月間 24×7 テクニカルサポート&アップデート権付)
注: お客様は、アクティベーション期間が6か月に限定された100サーバ用キャパシティ プランニング統合パック ライセンスを購入できます。正規のHP ID-VSEライセンスへのアップグレードは提供されていません。お客様には、印刷されたライセンス権利付与証明書が提供されます。
注: 追加ライセンス キットについては、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/capadにあるQuickSpecsを参照してください。
483546-B21
HP Insight Recoveryソフトウェア
HP Insight Recovery 1サーバライセンス(1年 24×7テクニカルサポート&アップデート権付)
注: このライセンスは、HP ProLiant ML/DLサーバおよびc-Classブレード サーバをサポートします。お客様には、印刷されたライセンス権利付与証明書が提供されます。
注: その他のライセンス キットについては、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/insightrecoveryにあるQuickSpecsを参照してください。
512451-B21

サービスとサポート

注: HP Insight Orchestrationには、1年間、24時間×7日間のサポートおよびアップデート サービスがバンドルされています。次のサービス拡張および追加も利用できます。

HP Care Packソフトウェアサポート 24x7 3年 HP Insight Orchestration 1サーバライセンス用 UM675E
HP Care Packソフトウェアサポート 24x7 4年 HP Insight Orchestration 1サーバライセンス用 UM676E
HP Care Packソフトウェアサポート 24x7 5年 HP Insight Orchestration 1サーバライセンス用 UM677E

HP Insight Dynamics - VSE環境構築サービス (個別見積)
HP Care Packスタートアップ ソフトウェア インストール標準時間HP Insight Control Environment用 UF369E
HP Care Packスタートアップ ソフトウェア インストール標準時間HP Virtual Connect Enterprise Manager用 UF816E

ハイパーバイザ

  • VMware ESX Server
    • HP ProLiant ML/DLサーバおよびc-Class BladeSystemサーバ用のVMware ESX Server 3.0.2、3.0.3、および3.5 U1、U2、U3
    • HP ProLiant ML/DLサーバおよびc-Class BladeSystemサーバ用のVMware ESXi 3.5 U1、U2、およびU3
    • HP ProLiant ML/DLサーバおよびBladeSystemサーバ用のVirtual Center 2.0.2、2.0.2 U1、および2.5 U1、U2、U3
  • Microsoft Hyper-V
    • Windows Server 2008、最新のMicrosoftパッチを適用
  • サポートされるオペレーティング システム(仮想マシン上で動作)
    • Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard SP2
    • Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard SP2(x64)
    • Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise SP2
    • Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise SP2(x64)
    • Microsoft Windows Server 2003 Standard SP2
    • Microsoft Windows Server 2003 Standard SP2(x64)
    • Microsoft Windows Server 2003 Enterprise SP2
    • Microsoft Windows Server 2008 Standard
    • Microsoft Windows Server 2008 Enterprise
    • Red Hat Enterprise Linux 5.2 for x86(VMwareのみ)
    • Red Hat Enterprise Linux 4.7 for x86(VMwareのみ)
    • SUSE Linux Enterprise Server 10 x86、SP1、SP2(VMwareのみ)
    • SUSE Linux Enterprise Server 9 x86、SP3、SP4(VMwareのみ)

管理対象サーバ

  • HP ProLiant DL/MLラックマウント型およびタワー型サーバ、シリーズ300、500、および700
    • HP ProLiant DLおよびMLサーバは、前の項で示すハイパーバイザを実行する場合にのみサポートされます。
  • HP ProLiant c-Class BladeSystem
    • Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard SP2
    • Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard SP2(x64)
    • Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise SP2
    • Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise SP2(x64)
    • Microsoft Windows Server 2003 Standard SP2
    • Microsoft Windows Server 2003 Standard SP2(x64)
    • Microsoft Windows Server 2003 Enterprise SP2
    • Microsoft Windows Server 2008 Standard
    • Microsoft Windows Server 2008 Enterprise
    • Red Hat Enterprise Linux 5.2 for x86
    • Red Hat Enterprise Linux 4.7 for x86
    • SUSE Linux Enterprise Server 10 x86、SP1、SP2
    • SUSE Linux Enterprise Server 9 x86、SP3、SP4
注: HPワークステーション ブレードおよびHP ProLiant BL2x220cサーバは、管理対象ノードとしてサポートされていません。

集中管理サーバ(CMS)とHP Systems Insight Manager

HP ProLiant上でWindows CMSを使用するための要件:
  • ハードウェア
    • HP ProLiant DL/MLラックマウント型およびタワー型サーバ、シリーズ300、500、および700、G3以上を推奨
    • HP ProLiant c-Class BladeSystem(HPワークステーション ブレードおよびHP ProLiant BL2x220cサーバは、CMS用にはサポートされていません)
  • オペレーティング システム
    • Microsoft Windows Server 2003 Standard SP2
    • Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard SP2
    • Microsoft Windows 2003 Server Enterprise SP2
    • Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise SP2
    • Microsoft Windows Server 2008 Standard
    • Microsoft Windows Server 2008 Enterprise
  • 仮想化プラットフォーム
    • サポートされるWindowsオペレーティング システムを実行するVMware ESX Server 3.0.1、3.0.2、3.03、または3.5 Update 1以上のゲスト
  • HP SIM 5.3
  • 2つ以上のコアを持ち1.6GHz以上(2GHz以上を推奨)で動作するCPUを搭載したサーバ
  • 4GB以上のメモリ(最大数の管理対象ノードをサポートする場合は、最大8GBのメモリ。ノードの最大数は、1000)
  • HP SIMをインストールするための900MB以上の空きディスク容量
  • HP Insight Dynamics - VSE管理ソフトウェアをインストールするための800MBの空きディスク容量
  • 少なくとも6GBのページングおよびスワップ スペース
  • サポートされるブラウザ:
    • Microsoft Internet Explorerバージョン6 SP2またはバージョン7
    • Mozilla FireFoxバージョン2.0または3.0

注: VM上でのSIM CMSの運用は、サポートされる構成ですが、最大限のパフォーマンスを実現するために、CMSに専用のハードウェアを使用することを強くおすすめします。

他のハードウェアおよびソフトウェアの要件とオプション

  • ソフトウェア
    • HP Insight Software V3.00 Media Kit
  • ハードウェア
    物理(ベア メタル)ブレード サーバで論理サーバ管理機能を実現するためには、次のインフラストラクチャ要素が必要です。
    • Virtual Connect Enterprise Manager(VCEM)v.1.2
    • バーチャル コネクトEthernetモジュールおよびファイバ チャネル モジュール
    • BladeSystem c7000またはc3000エンクロージャ
    • SANから起動する機能を含むストレージ エリア ネットワーク
    • バーチャル コネクト環境およびSANから起動する機能(事前に提供されるLUNとして設定されたブート ボリューム)をサポートする任意のファイバ チャネル ストレージ ソリューション
    • 推奨されるFC SANソリューションは、HP StorageWorks(XP、EVA、およびMSA)ディスク アレイです。
  • オプション:
    • NICオプション - c-Class内蔵GbEアダプタおよびメザニン カード
    • HBAオプション - c-ClassメザニンFC HBA(QLogicおよびEmulex)

他の製品情報

HP Insight OrchestrationのWebページhttp://www.hp.com/jp/insightorchestrationでは、次の製品資料を入手できます。
  • 製品データシート
  • ユーザ ガイド
  • 一般的なFAQ
  • クイック スタート インストレーション ポスター
  • White Paper
HP Insight Dynamics - VSE HP Insight Dynamic - VSEについて詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/insightdynamicsを参照してください。
HP Virtual Connect Enterprise Manager HP Virtual Connect Enterprise Managerについて詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/vcemを参照してください。
HPバーチャル コネクト HPバーチャル コネクトについて詳しくは、HPのWebサイトhttp://h50146.www5.hp.com/products/servers/bladesystem/c/component/vc/を参照してください。
HP Systems Insight Manager HP Systems Insight Managerについて詳しくは、HPのWebサイトhttp://h50146.www5.hp.com/products/software/management/hpsim/を参照してください。
HP Insight Control HP Insight Controlについて詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/insightcontrolを参照してください。
HP Virtual Server Environment Suite for Integrity HP Virtual Server Environment Suite for Integrityについて詳しくは、HPのWebサイト
http://www.hp.com/jp/vseを参照してください。
HP Server Migration Pack - Universal Edition HP Server Migration Pack - Universal Editionについて詳しくは、HPのWebサイト
http://www.hp.com/jp/servers/smpを参照してください。
HP Virtualization with VMware HP Virtualization with VMwareについて詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/vmwareを参照してください。

© Copyright 2009 Hewlett-Packard Development Company, L.P. 本書の内容は、将来予告なしに変更されることがあります。

MicrosoftおよびWindowsは、Microsoft Corporationの米国における登録商標です。 VMware Trademarkは、VMwareの米国における登録商標です。

HP製品およびサービスに対する保証については、当該製品およびサービスの保証規定書に記載されています。本書のいかなる内容も、新たな保証を追加するものではありません。本書の内容につきましては万全を期しておりますが、本書中の技術的あるいは校正上の誤り、脱落に対して、責任を負いかねますのでご了承ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項