Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア

HP Insight Capacity Advisor Consolidation Software

サーバー

HPE Server Now

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

「生産性向上設備」証明書発行

付属品リスト

サイトマップ

 
コンテンツに進む
製品イメージ

製品情報/QuickSpecs

Showcase システム構成図
概要説明   マニュアル
  仕様一覧   ダウンロード
Q&A      

仕様一覧

HP Capacity Advisorの利点

HP Insight Capacity Advisor Consolidation Softwareの最新リリースにより、サーバの統合をプランニングする際に、十分な情報を得た上で、キャパシティ管理の意思決定を容易に行えるようになりました。
  • コストの削減:キャパシティ プランニングや統合のための分析の時間を数か月から数日に短縮することにより、仮想化によるコスト上の利点をより早く実現することができます。手動で作成されていたExcelスプレッドシートや大量のリソースを必要とするサービス契約を、即座に利用できるデータに置き換えることができます。
  • 変更の迅速化:Smart Solverテクノロジを使用して、物理サーバの台数を減らし、エネルギー効率を最適化するための統合ソリューションを迅速に生成できます。
  • 品質の向上:毎日収集されるサーバ当たり数千のデータポイントを使用して最適な統合構成を策定することにより、推測による作業や何ヶ月にもわたる面倒なキャパシティ プランニングが不要になります。すべてのHPサーバおよび他社製x86プラットフォームに対して使用できます。
  • エネルギー管理:HP Insight Capacity Advisor Consolidation Softwareにより、各種データセンタ構成のエネルギー消費を確認できます。統合プロジェクトでは、通常、最大40%の節電が確認されます。これは、エネルギー消費のパターンおよび予測に基づく最適化されたハードウェア アーキテクチャの実装によって実現されます。

主な特長

  • 継続的なキャパシティと電力のプランニングによる使用率の最適化
    • CPU、メモリ、ネットワーク、ディスク、および電力の使用率を測定
    • 毎日、サーバ当たり1,000以上のデータ ポイントを収集
    • HP研究所の開発したSmart Solverテクノロジにより、統合および負荷再分散分析を自動化
    • 最適配備のための五つ星評価のシステム
    • サーバの動作を妨げないエージェントレス データ収集オプション
    • 傾向を検出し、ビジネス プランに基づいて使用率を予測
    • サービスレベル契約をよりよく反映する使用率制限を定義
    • インベントリおよびレポートの作成
    • 中央管理サーバ(CMS) 当たり最大1000台のサーバのデータを収集し、同時に最大100の作業負荷の自動シナリオ分析を処理
    • 収集したデータはオンサイトで保存し、ファイアウォールの外には送信しない
    • 試行錯誤と数か月間にわたる退屈なキャパシティ プランニングおよび調査作業を解消
    • ビジネスの優先順位に適合し、決断を迅速化

お客様による利用のシナリオ

統合プランニング

多くのお客様は現在でも、スプレッドシートを使用してキャパシティ プランニングを行っています。それでも、多くのリソースは、平均使用率が10〜20%を下回っています。スプレッドシートによる計算では、大半が、「ピーク時の値の合計」を見つけ出すにすぎません。この種のプランニングでは、リソース共有によって得られる仮想化の利点を享受することができません。その結果、実際に必要なキャパシティの2倍ものサーバをサイジングしてしまう場合もあります。大半のツールからは、管理者が意思決定をして自信を持って行動を起こすことができる現実的なデータは得られません。パフォーマンス、コスト、および電力は、通常、正確性を欠いた推測値であり、試行錯誤を経て検証する必要があります。

利点:
  • IT運用コストを節減:システム数、設置面積、ソフトウェア ライセンス数の削減、および電力要件の低減
  • アプリケーションのライフサイクル全体でより高いサービス レベルを維持
  • キャパシティ プランニングの労力を最大40%削減(HPの試算に基づく)
  • 重要な節約:使用率を最適化することにより、貴重な不動産面積を節約し、コストを要する拡張プロジェクトを回避して、データセンタの寿命を延長

エネルギーを意識した計画

電力、冷却機能、およびスペースは、現在のデータセンタの支出およびリソース制約の最上位項目です。エネルギーは多くのコストを消費しますが、データ センタはますます多くのエネルギーを使用するようになっています。エネルギー関連の支出が、営業経費の予算に占める割合を高めているという事実は、もはや驚くことではありません。また、コストの問題だけではなく、一部のデータ センタではエネルギーの需要を満たすための十分な電力を確保することが難しい場合があります。この新時代に、IT環境を計画するとき、または既存のデータ センタにハードウェアを追加するときに、電力と冷却機能は重要な検討事項になっています。

利点:
  • エネルギー消費量とコストの削減
  • 電力のニーズをより効率的に分析
  • 効率の悪いサーバを迅速に特定し、電力効率の良い少数のサーバに統合することにより、エネルギー消費量を削減し、コストを削減し、データ センタの寿命を延長
  • 重要な節約:消費電力の分析およびプランニングにより運用コストを削減

サービス/サポート

保証

HPは、購入日から90日以内であれば、問題のある配布メディアを交換します。

ソフトウェアのサポート

HPはさまざまなソフトウェア サポート サービスを提供しています。

ソフトウェア テクニカル サポートおよびアップデート サービス
HP ProLiantサーバのライセンスの場合、HP Insight Capacity Advisor Consolidation Softwareには、24時間×7日間のテクニカル サポートおよびアップデート サービスが含まれています(サポートおよびアップデートは最初のアクティベーションから6ヶ月間利用できます)。このサービスは、ソフトウェアの実行またはオペレーション問題の解決をアシストするためにHPテクニカル リソースへのアクセスを提供します。このサービスはさらに、HPから入手できるようになったソフトウェア アップデートおよびリファレンス マニュアルへの、オンラインまたは物理メディアのいずれかによるアクセスを提供します。このサービスを使用すると、HP Capacity Advisorのお客様は、迅速な問題解決およびソフトウェアアップデートの通知と配布というメリットを受けることができます。このサービスについて詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/services/insight[英語]を参照してください。

HP Integrityサーバのライセンスの場合、サポート契約は含まれていませんが、別途購入することができます。

インストール/スタートアップ サービス
HP Insight Capacity Advisor Consolidation Softwareは、お客様によるインストールが可能です。HPサービスによるHP Insight Capacity Advisor Consolidation Softwareのインストールをご希望の場合は、HP に個別見積もりをご相談してください。

オンライン サポート リソース
HP Service Essentials Remote Support Packには、業界をリードするサービス ツールが含まれており、重要なシステム イベントが発生したとき、または発生する可能性があるときに通知を受け取ることができます。HP ProLiantサーバを含め、重要なハードウェア コンポーネントに関するアラート通知のステータスを構成およびカスタマイズすることができます。HP Service Essentials Remote Support PackがHP SIMに統合されているので、「HPへの通知機能」という総合的な機能を利用することもできます。詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/rspを参照してください。

ソフトウェア テクニカル サポートおよびアップデート サービスを受けるための登録について
ご使用の製品の購入の際に受け取ったライセンス情報でソフトウェア テクニカル サポートおよびアップデート サービスの登録が指示されているので、指示に従ってください。そうすることで、電話サポートや製品アップデートの権利を得ることができます。詳しくは、http://h50146.www5.hp.com/services/cs/availability/software_entry.htmlを参照してください。

ソフトウェア テクニカル サポートおよびアップデート サービスの使用方法
登録が済んだら、カスタマ サービスの電話番号とお客様のSAID(Service Agreement Identifier)を含むサービス契約書が送付されます。テクニカル サポートを電話で呼び出すときは、SAIDが必要です。SAIDを使用して、Smart-Update Manager(SUM)のWebページで契約内容をオンライン表示し、製品アップデートのオンライン配布を選択することもできます。

ディスカッションへの参加[英語]
HP Support Forumは、HPユーザ間でHP製品に関して情報を交換できる、コミュニティベースのユーザ サポート ツールです。HP Insight ControlおよびHP ProLiant Essentialsソフトウェアに関連したディスカッションは、[Management Software and System Tools]ページを参照してください。

マネジメント セキュリティ[英語]
HPはそのすべての管理ソフトウェアの品質とセキュリティへのアプローチでプロアクティブです。最新のロード可能なセキュリティ アップデートがないかどうか必ずこのWebサイトを確認してください。

最新のSmartStartの入手
SmartStartのWeb上から登録を行うことにより、最新のSmartStart CD/DVD、Management CD/DVD、およびProLiant Firmware Maintenance CD/DVDを無料でダウンロードすることができます。毎回のリリースごとに物理キットを入手したい場合は、SmartStartのWebサイトからシングル リリース キットを注文できます。SmartStartがリリースされるときに通知を受け取るには、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/go/subscriberschoice[英語]から「Subscriber's Choice」を購読してください。

世界各地のHPカスタマ サービスの電話番号については、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/country/jp/ja/contact_us.htmlを参照してください。

HP Insight Software Media Kit

注: HP Insightソフトウェア バージョン3.00以上のメディア キットには、HP Insight Orchestration、HP Insight Dynamics、HP Virtual Connect Enterprise Manager、HP Insight Control、およびHP Systems Insight Managerが収録されています。 HP Insightソフトウェアは、HPのWebサイトhttp://h50146.www5.hp.com/products/servers/proliant/management/dl.htmlからダウンロードできます。

注: HP InsightソフトウェアDVDメディアは、ライセンスなしで提供されます。HP Insightソフトウェア スイートで使用許諾されるHP Systems Insight ManagerおよびHP ProLiant Essentialsソフトウェア製品とコンポーネントが入っています。ソフトウェアのインストールと更新を正確かつ短時間で行うために、統合インストーラを使用してください。

サービスとサポート

注: HP Insight Capacity Advisor Consolidation Softwareには、24時間×7日間のテクニカル サポートおよびアップデート サービスが含まれています(サポートおよびアップデートは最初のアクティベーションから6ヶ月間利用できます)。次の追加サービスも利用できます。

HP Insight Dynamics環境構築サービス (個別見積)
HP Care Packスタートアップ ソフトウェア インストール標準時間HP Insight Control Environment用 UF369E

管理対象サーバ

  • ハードウェア(サポートされているオペレーティング システムで動作)
    • HP ProLiant ML/DL 100/300/500
    • HP ProLiant c-Class BladeSystemサーバ
    • Windowsで動作する x86サーバ
    • HP Integrityサーバおよびブレード
    • HP 9000サーバ
  • オペレーティング システム(該当する場合、サポートされるハードウェア プラットフォームで動作)
    • Windows Server 2008 Standard
    • Windows Server 2008 Standard(x64)
    • Windows Server 2008 Enterprise
    • Windows Server 2008 Enterprise(x64)
    • Windows 2003 R2 Standard SP2
    • Windows 2003 R2 Standard SP2(x64)
    • Windows 2003 R2 Enterprise SP2
    • Windows 2003 R2 Enterprise SP2(x64)
    • Windows 2003 Standard SP2
    • Windows 2003 Standard SP2(x64)
    • Windows 2003 Enterprise SP2
    • Windows 2003 Enterprise SP2(x64)
    • RedHat Linux-- RH EL 5 x86、Update 1
    • RedHat Linux-- RH EL 5 AMD64/EM64T、Update 1
    • RedHat Linux-- RH EL4 x86、Update 6
    • RedHat Linux-- RH EL4 AMD64/EM64T、Update 9
    • SUSE Linux - SLES 10 x86、SP1
    • SUSE Linux - SLES 10 AMD64/EM64T、SP1
    • SUSE Linux - SLES 9 x86、SP4
    • SUSE Linux - SLES 9 AMD64/EM64T、SP4
    • Windows Server 2008 Standard日本語版
    • Windows Server 2008 Enterprise日本語版
    • Windows 2003 Server SP2日本語版
    • Windows 2003 Enterprise SP2日本語版
    • Windows 2003 Server SP2フランス語版
    • Windows 2003 Enterprise SP2フランス語版
    • Windows 2003 Server SP2イタリア語版
    • Windows 2003 Enterprise SP2イタリア語版
    • Windows 2003 Server SP2ドイツ語版
    • Windows 2003 Enterprise SP2ドイツ語版
    • Windows 2003 Server SP2スペイン語版
    • Windows 2003 Enterprise SP2スペイン語版
    • Windows Server 2008 Itanium-based(IA64)
    • Windows 2003 DataCenter IA64
    • Windows 2003 Enterprise IA64
    • HP-UX 11i(11.11)
    • HP-UX 11i v2 Update 2(11.23 PI - IA/PA)
    • HP-UX 11i v3(11.31 IA/PA)
    • HP-UX 11i日本語版
    • HP-UX 11i v2 Update 2(11.23 PI - IA/PA)日本語版
    • HP-UX 11i v3(11.31 IA/PA)日本語版
    • Red Hat EL 5 IPF
    • Red Hat H EL4 IPF
    • SUSE Linux - SLES 10 IPF
    • SUSE Linux - SLES 9 IPF
  • 仮想化プラットフォーム(HPハードウェアのみ。HPのHP ProLiant用Virtual Machine Managementソフトウェア(VMM)が必要
    • VMWare ESX v3.0.1以上(ゲストOS Windows 32を実行)
    • VMWare ESX v3.0.1以上(ゲストOS Linux 32を実行)
    • VMWare ESX 3.5およびConsole(Update 1以上が必要)
    • VMWare ESXi 3.5内蔵ハイパーバイザ
    • Microsoft Virtual Server
    • Microsoft Hyper-V
    • HP Integrity Virtual Machines Windows(ゲストOS Windowsを実行)
    • HP Integrity Virtual Machines Linux(ゲストOS Linuxを実行)
    • HP Integrity Virtual Machines HP-UX(ゲストOS HP-UX 11i v2を実行)
    • HP Integrity Virtual Machines HP-UX(ゲストOS HP-UX 11i v3を実行)

中央管理サーバ(CMS)とHP Systems Insight Manager

HP ProLiant上でWindows CMSを使用するための要件
  • ハードウェア
    • HP ProLiant DL/MLラックマウント型およびタワー型サーバ、シリーズ300、500、および700、G3以上を推奨
    • HP ProLiant c-Class BladeSystem
  • オペレーティング システム
    • Microsoft Windows Server 2003 Standard SP2
    • Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard SP2
    • Microsoft Windows 2003 Server Enterprise SP2
    • Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise SP2
    • Microsoft Windows Server 2008 Standard
    • Microsoft Windows 2008 Enterprise仮想化プラットフォーム
    • 仮想化プラットフォーム:VMware ESX Server 3.0.1、3.0.2、3.03、または3.5 Update 1以降で、サポートされるWindowsオペレーティング システムとHP SIM 5.3を実行するゲスト
  • 2つ以上のコアを持ち1.6GHz以上(2GHzを推奨)で動作するCPUを搭載したサーバ
  • 4GB以上のメモリ(最大数の管理対象ノードをサポートする場合は最大6GBのメモリ、最大ノード数は1000)
  • HP SIMをインストールするための900MB以上の空きディスク容量
  • HP Insight Dynamics管理ソフトウェアをインストールするための800MBの空きディスク容量
  • Capacity Advisorが4年間の履歴データを維持するために100の作業負荷ごとに必要とする最大4GBのディスク容量
  • 少なくとも6GBのページングおよびスワップ スペース
  • サポートされるブラウザ:
    • IE6 SP2またはIE7
    • FireFox 1.5または2.0

HP Systems Insight Manager Windows Central Management Serverは、次のサポート対象プラットフォームを管理できます。
  • HP ProLiant ML/DL
  • HP ProLiantブレード
  • HP Integrityサーバ
  • HP Integrityブレード

注: VM上でのCMSの運用は、サポートされる構成ですが、最大限のパフォーマンスを実現するために、CMSに専用のハードウェアを使用することを強くおすすめします。

他の製品情報

HP Insight DynamicsのWebページhttp://www.hp.com/jp/insightdynamicsでは、次の製品資料を入手できます。
  • 製品データシート
  • 一般的なFAQ
  • White Paper
HP Systems Insight Manager HP Systems Insight Managerについて詳しくは、HPのWebサイトhttp://h50146.www5.hp.com/products/software/management/hpsim/を参照してください。
HP Insight Control HP Insight Controlについて詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/insightcontrolを参照してください。
HP Insight Dynamics HP Insight Dynamicsについて詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/insightdynamicsを参照してください。
HP Virtual Machine Management HP Virtual Machine Managementについて詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/servers/vmmを参照してください。
HP Virtual Server Environment Suite for Integrity HP Virtual Server Environment Suite for Integrityについて詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/vseを参照してください。
HP Virtualization with VMware HP Virtualization with VMwareについて詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/vmwareを参照してください。
HP Virtualization with Microsoft HP Virtualization with Microsoftについて詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/microsoftを参照してください。

© Copyright 2009 Hewlett-Packard Development Company, L.P. 本書の内容は、将来予告なしに変更されることがあります。

MicrosoftおよびWindowsは、Microsoft Corporationの米国における登録商標です。 VMware Trademarkは、VMwareの米国における登録商標です。

HP製品およびサービスに対する保証については、当該製品およびサービスの保証規定書に記載されています。本書のいかなる内容も、新たな保証を追加するものではありません。本書の内容につきましては万全を期しておりますが、本書中の技術的あるいは校正上の誤り、脱落に対して、責任を負いかねますのでご了承ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項