Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア

HP Insight Capacity Advisor Consolidation Software

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む
製品イメージ

製品情報/QuickSpecs

Showcase システム構成図
概要説明   マニュアル
仕様一覧   ダウンロード
Q&A      

最新情報

最新のHP Capacity Advisor Consolidationソフトウェアにより、サーバーの統合をプランニングする際に、十分な情報を得た上で、キャパシティ管理の意思決定を容易に行えるようになりました。

  • すべてのHPサーバーおよびWindowsベースの他社製x86プラットフォームについて、サーバーあたり毎日数千のデータポイントが収集されるため、推測に基づいた作業や、何ヶ月にもおよぶ面倒なキャパシティプランニング作業が不要に
  • Smart Solverテクノロジーを使用して、物理サーバーの数を減らしエネルギー効率を最大化するための最適なソリューションを短時間で生成
  • 業界最先端のリアルタイムキャパシティプランニングツールを使って、コストを抑えながらサーバーのパワーを最大限に引き出すことが可能

製品説明

HP Insight Capacity Advisor Consolidation Softwareは、HP ProLiant用のHP Insight Dynamics - VSEスイートおよびHP Integrity用のHP Virtual Server Environmentスイートのキャパシティプランニング機能だけを対象にした、使用期間が限定されたライセンスです。
このライセンスにより、詳細なデータに基づく統合に関する推奨事項が提供されるため、統合プロジェクトの開始が容易になり、推測による作業や何か月にもわたる面倒なキャパシティプランニングが不要になります。

Capacity Advisor Consolidation Softwareは数千に及ぶデータポイントを取得します。これらのデータポイントは、ライセンスアクティベーション後最長6か月間、ご使用のすべてのHPサーバおよびx86プラットフォームを対象に、毎日、サーバ単位で収集され、電源についてのデータも含まれます。 Capacity Advisor Consolidation Softwareの「Smart Solver」テクノロジにより、上記のデータに基づいて、物理サーバの台数を減らしエネルギー効率を最大化するための最適なソリューションが短時間で生成されます。
このソフトウェアを使用して、VMware ESX、Microsoft Hyper-V、またはHP IntegrityVMが稼動する新しいHP BladeSystemや、スタンドアロンのHP ProLiantサーバ、HP Integrityサーバへの統合をプランニングできます。 また、ユーザは、このような業界最先端のリアルタイム キャパシティ プランニングツールの全機能を利用してコストを抑えることができます。

新機能

HP Insight Capacity Advisor Consolidation Softwareの最新リリースにより、サーバの統合をプランニングする際に、十分な情報を得た上で、キャパシティ管理の意思決定を容易に行えるようになりました。
  • ご使用のすべてのHPサーバおよびx86プラットフォームについて、毎日収集されるサーバ当たり数千のデータポイントが使われるため、推測による作業や何か月にもわたる面倒なキャパシティ プランニングが不要になります。
  • Smart Solverテクノロジを使用して、物理サーバの台数を減らしエネルギー効率を最適化するための統合ソリューションを迅速に生成できます。
  • コストを抑えながら、ご使用の従来のサーバを対象に業界最先端のリアルタイム キャパシティ プランニング ツールの全機能を利用できます。

対象となる環境

HP Insight Capacity Advisor Consolidation Softwareは、HP BladeSystem、HP ProLiant、またはHP Integrityサーバへの大規模サーバ統合を検討しているお客様に適しています。
  • x86 Windowsサーバからの使用状況データの収集に対応します。
  • サーバの動作を妨げないエージェントレス データ収集がオプションで提供されます。
  • HP Smart Solverテクノロジを使用して、物理サーバの台数を減らしエネルギー効率を最適化するための統合ソリューションを迅速に生成できます。

HP Insight Capacity Advisor Consolidation Softwareは、HP ProLiantまたはHP BladeSystem環境用のHP Insight Dynamics ? VSEスイートあるいはHP Integrity用のHP Virtual Server Environmentスイートをすでにお使いのお客様に適しています。
  • HPのシステムや x86システムから使用状況データを収集して分析し、これらのシステムをHP BladeSystem、HP ProLiant、またはHP Integrityサーバ環境に統合することで、継続的な 統合への取り組みを完全なものにすることができます。
  • 統合するサーバに対するデータ収集機能と統合分析機能だけにライセンスが適用されるため、コストを節約できます。

HP Insight Capacity Advisor Consolidation Softwareは、仮想化のメリットの利用を検討または計画しているお客様に適しています。
  • 現在のワークロードをVMware ESX、Microsoft Hyper-V、またはHP Integrity VMホストへ 統合するシナリオも 含めて 作成できます。
  • 物理サーバと仮想サーバが混在する環境への統合も計画できます。
  • HP Capacity Advisorでは、1つの中央管理サーバ(CMS) で最大1000台のサーバのインベントリを作成でき、最大100の作業負荷を一度に自動分析できます。

提供価値

HP Insight Capacity Advisor Consolidation Softwareは、HP ProLiant用のHP Insight Dynamics ? VSEスイートまたはHP Integrity用のHP VSEスイートのキャパシティ プランニング機能だけを対象にした、使用期間が6か月に制限されたライセンスです。 このソフトウェアを使用すると、推測による作業や何か月にもわたる面倒なキャパシティ プランニングおよび調査が不要になり、賢明な決断を迅速に行えるため、ビジネスの優先事項に合わせた統合が可能になります。

主な利点

HP Smart Solverテクノロジ

HP Smart Solverテクノロジを利用して、サーバ統合に関する条件に最も合うソリューションを見つけてください。
  • HP研究所独自のアルゴリズム テクノロジに基づいています。
  • 一度に最大100個の作業負荷を対象に、条件に最も合う「パッキング」ソリューションを見つけます。
  • 仮想マシン(VMware ESX、MS Hyper-V、またはHP Integrity VMホスト)やHP物理サーバへの統合を可能にします。
  • 実行できるシナリオの数に制限はありません。
  • より細かい内容のパッキング ソリューションが必要な場合は、独立した「手動」シナリオを設定することもできます。

HPサーバだけでなく他社製のサーバの使用状況を測定できるようになりました。

HPおよびDell社やIBM社などの他社製x86システムのCPU、メモリ、ネットワーク、ディスク、および電源の使用状況を測定できます。
  • 実際の使用状況データを5分ごとに収集するため、数千に及ぶ履歴データ ポイントに基づく統合分析が可能になります。
  • CPU、メモリ、ネットワーク、ディスク、および電源が測定されるため、最も重要な測定項目を決めて、それに基づいてキャパシティをプランニングできます。
  • エージェント ベースのデータがローカルで収集され夜間に中央マネジメント ステーションに送信されるため、ネットワークへの影響が最小限に抑えられます。
  • 収集されたデータはオンサイトに残り、ファイアウォールを越えて外部の装置などに送信されることはありません。

予測と使用状況

使用状況の各種限界値を設定する機能や予測機能が提供されるため、統合が実際に行われた場合の使用状況をより正確にモデリングできます。
  • データ内で傾向線を見つけることができるため、ビジネス プランを反映した拡大要素を定義できます。
  • たとえば、「合計の使用率が連続して15分以上80%を超えてはいけない」など、使用状況の制限値を設定できるため、その値を基準にしてサービスレベルの期待値をプランニングできます。

レポーティング

統合プランをサポートするインベントリとレポートを作成できます。
  • インベントリ レポートを提供できます。
  • 作業負荷のパフォーマンス履歴データのレポートやグラフを作成できます。
  • 複数の異なるシナリオを比べて、最適なソリューションを提供するシナリオを簡単に判定できます。
  • エネルギーを意識したプランニングが可能です。

エネルギー消費を考慮した計画
統合のプランニングの際に、電源についての留意事項も考慮されます。
  • 計測装置を利用できる場合は、実際の電力使用データが収集されます。
  • 装置を使って直接計測できない場合は、CPUの使用状況を基に消費電力が正確に推測されます。
  • 地域の電力料金と冷却係数を定義することで、さまざまな統合シナリオについて、実際のコスト節約に関する正確なイメージを得ることができます。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項