Jump to content 日本-日本語
≫  お問い合わせ

サーバー  

仮想化 - ユーティリティ・プライシング

必要なとき、必要な分だけリソースを活用できる技術
コンテンツに進む
仮想化テクノロジー - ユーティリティ・プライシング
ユーティリティプライシングでは、CPU、メモリなどの各種リソースが将来的なシステム拡張にも迅速に対応できるよう Capacity(iCAP)を用意しています。このソリューションでは、システム導入時にあらかじめ組み込んでおいたプロセッサー、セルボード(プロセッサー、メモリ含む)などを、コマンド1つでシステムを停止させずに、追加することが可能になります。予想を超えて、急激にパフォーマンス負荷が上昇するようなケースで、経済的な拡張が行えます。
仮想化
制御
  可用性
  パーティショニング
  ユーティリティ・プライシング
セル単位、プロセッサー単位、時間単位でインスタントにプロセッサーを増強
セル単位、プロセッサー単位、時間単位でインスタントにプロセッサーを増強
 
 
nPar、iCAPおよびWLMの統合利用によるダイナミックなプロセッサーの割り当て変更
  nPar、iCAPおよびWLMの統合利用による
ダイナミックなプロセッサーの割り当て変更
バッチ処理のピークが月末や年度末に集中し、その時期だけシステムに大きな負荷がかかる―時的な処理要求のためにシステムを増強することは現実的ではないとお考えの方に、HPサーバー仮想化技術は最適な解決をもたらします。この例では、業務単位で構築されているシステムを、ハードウェア・パーティション(nPar)で区切られた単一サーバーに統合し、ポリシーエンジン(WLM)で管理。処理要求がピークに達してシステムごとに設定されたサービスレベルが維持できなくなると、インスタント・キャパシティ 技術(iCAP)により、待機中だったプロセッサーが自動的に割り当てられます。HPのサーバー仮想化技術を適用すれば、単一システムのピーク時に合わせたキャパシティ設計から解放され、コスト効率に優れたシステムを実現できます。

VSEを実現するユーティリティ・プライシング技術のコンポーネント

 
iCAP
Pay Per Use
 
トップへ 戻る  

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

オンラインサポート
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項