Jump to content 日本-日本語

サーバー  

仮想化 - 可用性

高い「可用性」の実現、クラスタリング・ソフトウェア「HP Serviceguard」
コンテンツに進む
仮想化テクノロジー - 可用性
可用性の向上では、優れたクラスタリング・ソフトウェアとして定評のあるHP Serviceguardとインテリジェント・ポリシーエンジンとを連携。最大16までのサーバーあるいはパーティションのクラスタ環境を管理できます。プライマリサーバーに障害が発生したときや、セカンダリサーバーへのフェイルオーバー実行だけでなく、クラスタ上のアプリケーション稼働に必要なシステムリソースを動的に自動最適化し、サービスレベルに影響を与えません。
仮想化
制御
  可用性
  パーティショニング
  ユーティリティ・プライシング
以下の例は、論理パーティション(vPar)とHP Serviceguardを組み合わせ、Active-Activeによるクラスタを構成。複数のシステムのフェイルオーバー先をひとつのパーティション(vPar4)に指定しています。vPar1に障害が発生した際には、HP ServiceguardによってvPar4へプロセスを移行。さらに、インテリジェント・ポリシーエンジン「WLM」が、vPar4が設定されたサービスレベルを満たせないと判断した場合には、他のパーティション(この場合vPar5とvPar6)から自動的にプロセッサー・リソースを再配分します。
HP Serviceguardによるフェイルオーバーとフェイルオーバー先のリソースを最適化するWLM
HP Serviceguardによるフェイルオーバーと
フェイルオーバー先のリソースを最適化するWLM

VSEを実現するハイアベイラビリティ技術のコンポーネント

 
HP Serviceguard for HP-UX
HP Servieguard Extension for RAC (SGeRAC)
HP Serviceguard for Linux
 
トップへ 戻る   次のページへ

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

オンラインサポート
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項