Jump to content 日本-日本語

サーバー  

Dynamic Processor Resilience(DPR)/
Dynamic Memory Resilience(DMR)

コンテンツに進む
Dynamic Processor Resilience/Dynamic Memory Resilience
DPRは、キャッシュの障害が多発しているCPUの障害を予知しCPUを自動切り離します。また、DMRはシングルビット・エラーを繰り返すメモリの障害を予知し、 4KBのメモリページ単位で自動で切り離します。これらのテクノロジーや、主要コンポーネントの冗長化を組合わせる事により、ハードウエアの障害によるシステムダウンを極限まで回避することが可能となります。
 
  • キャッシュのシングルビット・エラーを検出し、速やかに通知
    (OpenView関連ツールやログファイル、E-mailなど )
  • シングルビット・エラー多発を検出すると、該当CPUの割当てを動的かつ速やかに解除
    • OSリブートは必要無し
    • キャッシュのダブルビット・エラーによる
    • システムダウンを未然に回避
  • キャッシュの ECC保護機能を補完
  • DMR、DPRの機能と共に HP-UX 11i の機能として無償提供
 

テクノロジートップに戻る

お問い合わせ

ご相談窓口

※機器のお見積については、代理店、または弊社営業にご相談下さい。

ご購入後のお問い合わせ

オンラインサポート
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項