Jump to content 日本-日本語

サーバー    > 販売完了製品一覧

HP Integrity rx2620(販売完了)

制約から解放された柔軟性
コンテンツに進む
Intel Itaniumの詳細はここをクリック HP Integrity rx2620

仕様 オフィス向け静音製品

HP Integrity rx2620は2Uの薄型筐体に最新のデュアルコア インテル®Itanium® 2プロセッサー 9000番台を最大2プロセッサー/4コア搭載可能なサーバーです。高い処理能力だけでなく、ビジネスクリティカルな環境での利用に耐えることのできる高い信頼性・可用性・保守性の機能も兼ね備えています。そしてマルチOS(Linux、Windows、HP-UX)、ラックマウント/スタンドアローン構成可能といったお客様の状況に合わせた柔軟な構成がとれることもHP Integrity rx2620の大きな特徴の一つです。価格面ではお求めやすい価格を設定しておりますので、HP Integrity rx2620は大規模なお客様のみならず、中小規模のお客様にも最適なソリューションを提供します。

最小限の投資でパフォーマンスの飛躍的な向上

HP Integrity rx2620はHP zx1チップセットをはじめ、既存のサーバーの各コンポーネントは変更せずに、プロセッサーの交換のみで、デュアルコア インテル®Itanium®プロセッサーを搭載したrx2620として使用し続けることが可能となります。その結果、半分のプロセッサー数で同等以上のパフォーマンスを発揮し、搭載プロ セッサ数が同じならば約2倍のパフォーマンスを発揮します。これにより、システムあたりを見た場合、パフォーマンスが大幅に向上します。
このようにHPでは、お客様の投資保護を最優先に考え、過去に導入したサーバーも筐体内コンポーネントの交換により、最新テクノロジーを使用し続けることが可能となるアップグレードパスをご用意しております。そのためお客様にとっては、少ない追加投資で最新テクノロジーを搭載したサーバーを使用し続けることが可能となります。

システムトータルのコストの削減

デュアルコア インテル®Itanium®プロセッサーを搭載したHP Integrityサーバーは、ISVライセンスとの組み合わせにおいて、大きなメリットをもたらします。例えば、Oracleの場合、デュアルコア インテル®Itanium®プロセッサーで必要となるライセンス数は、シングルコアのインテル®Itanium®プロセッサーと同じ1ライセンスとなります。したがって、従来と同じライセンス数で、2倍のパフォーマンスを実現できるのです。また、これまでと同一パフォーマンスでよいなら、Oracleのライセンスを含めたシステムトータルのコストを大幅に削減します。

  Oracleのライセンス費用は半額になります!

ビジネスを止めないハイアベイラビリティ

現在、ビジネスを止めないシステムのハイアベイラビリティに対する要求は非常に高いものになっています。HPでは、ビジネスを支えるITシステムのハイアベイラビリティを階層的に考えた場合、土台となるシングルシステムのハイアベイラビリティが非常に重要なポイントの一つになると考えています。そのシングルシステムのハイアベイラビリティにもHPは非常に力を入れています。システムダウンの主な原因として、プロセッサーやメモリの障害があげられますが、Dynamic Processor Resilience(DPR)および Dynamic Memory Resilience(DMR)により、動的にプロセッサーやメモリを切り離すことにより、システムダウンを回避できます。さらに、電源モジュールなどの主要コンポーネントの冗長構成、またホットスワップが可能なことによって、万が一障害が発生した場合に対しても迅速にシステムを復旧されることが可能です。これらの高いハイアベイラビリティのテクノロジーにより、お客様のビジネス・ロスを最小限に抑えます。

プロセッサーコアあたりの消費電力が大幅に減少

プロセッサー消費電力 約23%ダウン
HP Integrity rx2620はデュアルコア インテル®Itanium®プロセッサーにより、プロセッサー単体の消費電力は約20%低下。高いパフォーマンスを維持しつつ、消費電力や発熱量を低く抑えることが可能です。

マルチOSの環境を一元的に管理するソリューション

HP Integrity rx2620は単一のアーキテクチャーで、HP-UX 、Linux、Windowsといった異なる環境をサポートします。サポートするOSが多いということは、それだけアプリケーションの数が多いということになります。つまり、お客様の状況に対して最適なソリューションが提供できるということが言えます。また、いくらサポートするOSの数が多くても、管理作業において非常に労力がかかるようでは、それは最適なソリューションであるとは言えません。HP Integrity rx2620では、HP Systems Insight Manager、iLO(Integrated Lights Out)といった異なる環境を一元管理するためのソリューションが用意されています。これらの一元的な管理機能と、リモート環境から作業が可能な管理により管理作業の生産性を飛躍的に高めることができます。

関連情報

 
HP 9000/旧 HP Integrity サーバーからのマイグレーション
 
次のページへ

インテル, Intel, Intel Inside, Intelロゴ, Intel Inside ロゴ, Itanium, はアメリカ合衆国および他の国におけるインテルコーポレーションまたはその子会社の商標または登録商標です。

お問い合わせ

製品キャンペーンに関するお問い合わせはHP カスタマー・インフォメーションセンターまでお問い合わせください。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項