Jump to content
日本-日本語

HP Integrity サーバー

 お問い合わせ
 製品 & サービス 
サポート & ドライバー
 ソリューション 

日本ヒューレット・パッカードが取り組む、アプリケーションの「曳家」

アプリケーションの長期利用を可能にする、ITインフラの設計とサポート

Content starts here
日本ヒューレット・パッカードが取り組む、アプリケーションの「曳家」
IT企業としてのHPには、最新の技術を取り入れた製品でお客様のITインフラを刷新する使命があります。しかしその一方で、既存の重要なシステムとして稼働するアプリケーションを長期利用したいといった、お客様の声に応えるソリューションもご用意しています。日本ヒューレット・パッカードは、最新の製品を提供し続ける重要性と共に、建築における「曳家」のごとく、お客様のアプリケーションをそのままお使いいただくための取り組みを続けています。
「曳家 (ひきや)」とは、建築物をそのままの状態で移動する建築工法です。 住んでいる家を壊さず、そのまま持ち上げて移動させる ──既存環境の維持を最優先する技術といえるでしょう。 例えば、都市計画において、家屋の一部が道路拡張の対象となってしまった場合の対策には数々の選択肢がありますが、「曳家」を行えば、都市計画に対応しながらも、住み慣れた家屋に住み続けることができるのです。
2009年と2010年のサーバーライフサイクルのユーザーアンケート比較
図1:2009年と2010年のサーバーライフサイクルのユーザーアンケート比較
開発やテストに膨大な工数を要したアプリケーションは、お客様にとっては「住み慣れた家屋」のようなものです。 先進的なITインフラ環境を実現する技術は日々発展していますが、最新インフラの導入は、この「曳家」のように、お客様が現在のアプリケーションをより長くお使いいただけるための技術を伴ってこそ進展すると、HPは考えます。
アプリケーションをそのまま「曳家」し、最新インフラを導入
図2:アプリケーションをそのまま「曳家」し、最新インフラを導入
|  1  |   2  |   3  |   次のページへ進む

アドバンテージ

安全クラウド宣言

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

オンラインサポート
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。