「国際エネルギースタープログラム」は、日米両政府合意のもと、1995 年10 月から実施されている地球環境を守るための国際的な省エネ制度です。現在では、EU、EFTA、スイス(SFOE)、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、台湾なども参加し、取り組みは世界各国・地域に広がっています。国際エネルギースタープログラム適合認定製品は、米国環境保護局(EPA)とエネルギー省が定めた省電力化についての厳格なガイドラインに適合しているため、使用電力が少なく、温室効果ガスの排出量も抑制されます。

HPEは、米国環境保護局(EPA)と協力し、業界で最もエネルギー効率の高いサーバーを提供しています。その関係は最初の国際エネルギースタープログラム適合認定PCを発売したときから始まっています。HPEおよび業界のその他の企業と協力して、EPAは業界標準サーバーを対象に含めるための規格の拡張作業に着手しました。

HPE ProLiant サーバーは、こうした取り組みの結果、サーバー向け国際エネルギースタープログラム(Energy Star® specifications for Computer Servers version 1.0)の適合認定を受けており、ユーザーは、最高のエネルギー効率を発揮するプラットフォームを選択して、データセンターのエネルギーコストを削減し、ビジネス環境への影響を軽減することができるようになります。


関連情報


  • ProLiant Gen8シリーズまではこちらを参照ください。
  • 最新の適合認定については、こちらを参照ください。
  • サーバー向けの国際エネルギースタープログラム規格の詳細については、こちらを参照ください。