Hyper Converged

HPE Hyper Converged 380

製品の画像は、実際の製品と異なることがあります。

HPE Hyper Converged 380は仮想化基盤、クラウド、VDIを中心に広く使える、HPE ProLiant DL380 Gen9をベースとしたハイパーコンバージドアプライアンスです。
新しいノードは管理ソフトウェアによって自動的に認識され、クラスターに統合される仕組みとなっており、 3つのワークロード構成(仮想化・クラウド・VDI)から1つを選択し、ストレージ/ネットワーク/コンピューティング/グラフィックスの各オプションをカスタマイズすることで、ビジネスニーズに最適な構成を実現できます。
VMware vSphere® Enterpriseは導入後、ビジネスの成長に合わせてEnterprise Plusに拡張可能で、 統合型のユーザーインターフェイスから、仮想マシンと稼働中のハードウェアのファームウェアの管理が行えます。
Hyper Converged 380には、HPE プロアクティブケア サポートサービスが付属しているため、ハイパーコンバージド製品のエキスパートによるサポートを24時間365日利用できます。

最新情報


  • HPE ProLiant DL380 Gen9サーバーのサポート
  • 仮想マシンの管理と提供、稼働中のサーバーの自動ファームウェアアップデート、および運用の分析が一元的に行える、まったく新しいユーザーインターフェイス

機能と特徴


柔軟な選択肢

VMware vSphere®を組み合わせた、高度な構成が可能なHPE ProLiant DL380 Gen9サーバーをベースとするHPE Hyper Converged 380は、豊富なストレージ/ネットワーク/コンピューティング/グラフィックスオプションにより、配備・展開の柔軟性が大幅に高まっています。
ビジネスニーズに基づいてストレージ、コンピューティング、およびネットワークを調整するとともに、 ビジネスの成長に合わせて、まったく同じ構成の複数のノードを簡単に注文できるため、立ち上げと同時に、確実かつ自動的に環境を拡張することが可能です。
また、I/O、メモリ、ストレージ、もしくは汎用ワークロードに合わせた最適化で、パフォーマンスをチューニングできます。
さらに、統合型のシンプルな管理ユーザーインターフェイスから、仮想マシンの管理と稼働中のハードウェアのファームウェアアップデートが行えます。

仮想化、VDI、およびクラウドに最適なワークロードオプション

仮想化: ベースとして、VMware vSphere®、HPE StoreVirtual VSA、HPE iLO Advanced、およびHPEの管理ソフトウェアを含む、仮想化プラットフォームをお選びいただけます。徹底的に検証を行った事前構成済みのシステムが、お客様の求める2時間以内での確実な立ち上げを可能にします。

VDI: VMware Horizon View®を組み合わせたVDI/クライアント仮想化構成と、ベースとなる仮想化プラットフォームをお選びいただけます。 この他にも、フルプロビジョニング/パーシステンス/ノンパーシステンス型デスクトップ向けのグラフィックスオプションとHPEの管理ソフトウェアが提供されます。

クラウド: ベースとなる仮想プラットフォームのVMware vSphere®、HPE Helion CloudSystem、HPEの管理ソフトウェア、および外部ストレージを含む、徹底的に検証を行った統合型の「Cloud in a Box」ソリューションをお選びいただけます。

ハイパーコンバージド

完全統合型のシステムとして提供されるHPE Hyper Converged 380には、 徹底的にテストを行った、全面的なサポートが受けられるストレージ、コンピューティング、ネットワーク、グラフィックス、および仮想化機能が含まれています。
迅速に拡張可能なこのシステムは、現時点で必要なものだけを購入し、後からニーズに合わせて追加できる構成になっています。 また、簡単に注文して、短時間で設置および拡張できます。
システムのサポートは、Hewlett Packard Enterpriseがエンドツーエンドに行います。
ソフトウェア、ハードウェア、およびアーキテクチャーの柔軟な選択により、最適なパフォーマンスが実現します。
HPE Hyper Converged 380は、お客様による設置が可能です。


  • VMware®は、米国およびその他の地域におけるVMware, Inc.の登録商標です。
  • vSphere®は、米国およびその他の地域におけるVMware, Inc.の登録商標です。
  • VMware vCenter Server™は、米国およびその他の地域におけるVMware, Inc.の登録商標です。
HPE Hyper Converged 380
Use Case 仮想化 クラウド VDI (リファレンス構成)
仮想化
プラットフォーム
VMware vSphere
拡張性 16ノードまで
筐体 HPE ProLiant DL380 Gen9
高さ 最小構成2ノード/4U、拡張1ノードあたり2U追加
CPU (各ノード) (2)インテル Xeon E5 シリーズより選択可
メモリ (各ノード) 256GB ~ 1536GB より選択可
ストレージ容量
(各ノード)

1ブロック(8ドライブ)あたり4.5~8.4TBの利用可能領域から選択可
3ストレージブロックまで搭載可
8 ドライブの構成として
SSD/HDDのハイブリッド構成及びAll HDD構成選択可
1ノードあたり最高25.2TBのストレージ容量
ネットワークポート
(including embedded) (10Gb)
8X 1Gb ports(2) 6x 10Gb plus
4x 1Gb ports
2x 10Gb ports plus
4x1Gb ports
パワーサプライ HPE Power Advisorで
指定された適切なパワーサプライ
(High-line AC のみ、200-240V)
2 x 1400Watt Platinum Plus パワーサプライ

またはそれ以外の場合、
HPE Power Advisorで
指定された適切なパワーサプライ
(High-line AC のみ、200-240V)