Jump to content 日本-日本語

製品  >  BladeSystem  >  技術情報

whitepaper

技術資料

HPE BladeSystem

HPE ProLiant

キャンペーン

製品カタログ

技術情報

導入事例

サポート&サービス

旧製品情報

サイトマップ

 
 
コンテンツに進む

Virtual Connect Enterprise Managerによるプロファイルのフェールオーバおよび移動

VCEMプロファイル フェールオーバの例
このホワイトペーパでは、管理者がVCEM(Virtual Connect Enterprise Manager)フェールオーバを使用する方法について説明します。使用方法に加えて、制限事項についても説明します。使用方法では、準備、開始、および予想される結果について説明します。制限事項では、制約と依存関係について説明します。最も重要な制限事項として、VCプロファイルに関連付けられたブートLUNは、ソース システム以外でも正しく動作するように設定されている必要があります。ブートLUNをすべてのスペアであらかじめテストしておくと、この制限事項に関連するリスクを軽減できます。

つづきを読む(PDF 928 KB)

目次

*本文はPDFファイルでご覧ください。
本文はこちら(PDF 928 KB)

概要 2
VCEMプロファイル フェールオーバの概要 3
 主要コンポーネント 3
 プロファイル フェールオーバ:例 4
 プロファイル フェールオーバの開始 5
 プロファイル フェールオーバの内部処理 5
  VCEM Job Manager 5
  フェールオーバの開始 5
  フェールオーバ ジョブが実行する処理 6
 プロファイル フェールオーバの機能および制限事項 6
 推奨事項およびベスト プラクティス 7
ハードウェアの互換性に関する特記事項 8
インストールと設定のチェックリスト 8
 すべてのインストール 8
 フェールオーバを実行する前のインストールと設定のチェックリスト 9
スペア ベイとスペア サーバの設定および管理 9
手動によるフェールオーバの開始 10
HP SIM自動イベント処理を使用したフェールオーバの開始 12
 コンセプト 12
 フェールオーバ用のHP SIMイベントの選択 13
  HP SIMの監視機能 13
  クリティカルなサーバハードウェア障害の決定 13
  サーバからのクリティカル イベントの報告 14
  HP SIMの「システム到達不能」イベント 14
  フェールオーバ イベントとサービス レベルの評価 14
  インストール済みのフェールオーバ イベントが選択された理由 15
  VCEM 1.10と同時にインストールされるフェールオーバ イベント 15
 イベント時のフェールオーバでのHP SIM処理の使用 15
 イベント時にフェールオーバを開始するHP SIM処理の設定 16
 独自のスクリプトを使用したフェールオーバの開始 22
リモート システムを使用したフェールオーバの開始 22
 リモート モニタリングとVCEMプロファイル フェールオーバ 22
 エンクロージャ名とベイ番号によるCLIの使用 22
 リモート システムを使用してシステムを監視する際の制限事項: 23
まとめ 23
詳細情報 23

*本文はPDFファイルでご覧ください。
本文はこちら(PDF 928 KB)
 このページのトップへ戻る

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項