Jump to content 日本-日本語

製品  >  BladeSystem  >  p-Class

HP BladeSystem p-Class 共通オプション

HPE BladeSystem

HPE ProLiant

キャンペーン

製品カタログ

技術情報

導入事例

サポート&サービス

旧製品情報

サイトマップ

 
 
コンテンツに進む
ProLiant BL20p G3 イメージ
関連サーバ製品
ProLiant BL20p G3
ProLiant BL25p
ProLiant BL35p
ProLiant BL45p
Integrity BL60p

BL p-Class 共通オプション一覧

HP BladeSystem p-Classサーバブレード エンクロージャ

HP BladeSystem p-Classサーバブレード エンクロージャ(ProLiant Essentials Rapid Deployment Pack付き) 243564-B22
HP BladeSystem p-Classサーバブレード エンクロージャ(8ライセンスのProLiant Essentials Rapid Deployment Pack付き) 281404-B22
サーバブレード エンクロージャ アップグレード キット
注: 旧タイプのエンクロージャ(243564-B21,281404-B21)に、BL20p G3,BL25p,BL35p,BL45pを挿入する際に必要です。
354100-B21

HP BladeSystem p-Classインターコネクト

HP BladeSystem p-Class RJ-45パッチ パネル2
注: 1つのサーバブレード エンクロージャにつき、1つのインターコネクト キットが必要になります。
306465-B21
HP BladeSystem p-Class RJ-45パッチ パネル
注: 1つのサーバブレード エンクロージャにつき、1つのインターコネクト キットが必要になります。
230766-B21
BladeSystem p-Class Cisco Gigabit Ethernet スイッチ モジュール
注: サーバブレード エンクロージャ1台当たり2つのCGESMインターコネクト キットが必要です。
378926-B21
BladeSystem p-Class Cisco Gigabit Ethernet スイッチ モジュール
注: サーバブレード エンクロージャ1台当たり2つのCGESMインターコネクト キットが必要です。
378927-B21
10/100/1000Base-T RJ-45 SFPモジュール 378928-B21
1000 Base-SX FC SFPモジュール 378929-B21
HP BladeSystem p-Class C-GbE2インターコネクト キット(1組のGbE2インターコネクト スイッチと2つのQuadT2インターコネクト モジュール)
注: 1つのサーバブレード エンクロージャにつき、1つのインターコネクト キットが必要になります。
283192-B21
HP BladeSystem p-Class F-GbE2インターコネクト キット(1組のGbE2インターコネクト スイッチと2つのQuadSXインターコネクト モジュール)
注: 1つのサーバブレード エンクロージャにつき、1つのインターコネクト キットが必要になります。
283193-B21
HP BladeSystem p-Class GbE2ストレージ接続キット(1組のOctalFCインターコネクト モジュールと2つのファイバ チャネル信号コンディショニング カード付き)
注: GbE2インターコネクト スイッチを使用するときは、BL30pおよびBL35pファイバ チャネル信号パス スルーが必要になります。
注: サーバブレード エンクロージャ1台当たり、1つのストレージ接続キットが必要です。
注: HP BladeSystem p-Classサーバブレードのファイバ チャネル接続(BL40pを除く)には、パッチパネル2、CGESMまたはGbE2インターコネクト スイッチ(ストレージ接続キットまたは内蔵型SANスイッチ付き)が必要です。
321745-B21

エンクロージャ内蔵型SANスイッチ

Brocade 4GビットSAN スイッチ、HP BladeSystem用 A7533A
Brocade 4GビットSANスイッチ フル・ファブリック対応モデル、HP BladeSystem用 A7534A
Brocade 4GビットSANスイッチ Power Pack、HP BladeSystem用 A7535A
注:サーバブレード エンクロージャ1台当たり、2つの内蔵型SANスイッチが必要です。

HP BladeSystem p-Class電源オプション

注: 電源構成を確認するには、p-Classサイジング ツール (http://h30099.www3.hp.com/
configurator/powercalcs.asp
) を使用してください。
単相パワー エンクロージャ(4パワー サプライ付き)
(4台のパワー サプライを搭載済。追加のパワー サプライを注文する必要はありません)
239162-001
三相パワー エンクロージャ(6パワーサプライ付き) 230769-001
リダンダント パワー サプライ 239161-B21
ファシリティDC電源キット 240563-B21
BladeSystem p-Class 1Uパワー エンクロージャ(6パワー サプライ付き) 378284-B21
BladeSystem p-Class 1Uパワー エンクロージャ(2パワー サプライ付き) 380314-B21
リダンダント パワー サプライ 380312-B21
ファシリティDC電源キット 240563-B21

配電装置(3Uパワー エンクロージャ使用時に必要)

HP BladeSystem p-Classスケーラブル バス バー 240560-B21
HP BladeSystem p-Classミニ バス バー 240559-B21
HP BladeSystem p-Classバス パワー ボックス 240562-B21
ミニ バス バー デュアル電源ボックス キット 364565-B21
BladeSystem p-Class電源延長キット 381686-B21
注: このキットは、標準のサーバブレード エンクロージャを拡張サーバブレード エンクロージャにアップグレードし、サーバ ブレードの下ではなく上にリダンダント3Uパワー エンクロージャを追加で取り付けることを希望する、HP BladeSystem p-Classのお客様向けです。このオプション キットは、両側に1つずつ(AおよびB)、2つの拡張ケーブル アセンブリから構成されています。

1Uパワー エンクロージャ用 PDU

モジュラー パワー ディストリビューション ユニット(200v-24A) 252663-D74
モジュラー パワー ディストリビューション ユニット(200v-40A) 252663-D75
注: モジュラー パワー ディストリビューション ユニットには、エクステンション バーは含まれません。エクステンション バーは、HP BladeSystem p-Class 1Uパワー エンクロージャには必要ありません。

その他のオプション

診断ステーション 230743-B21
注: 診断ステーションでは、エンクロージャから取り出したProLiant BL20pサーバブレードと、BL p-Classインターコネクト スイッチにアクセスすることができます。このオプションは、「オフライン」によるアップグレードや診断機能を実行するために必要な機能とデータ インタフェースを備えています。
HP BladeSystem p-Class輸送用ブラケット 293121-B21
注: 移動の際、ラック内の1台のサーバブレードエンクロージャを固定するために使用します。
HP BladeSystem p-Classパワー エンクロージャ輸送用ブラケット 365044-B21
注: 移動の際、ラック内の1台のパワー エンクロージャを固定するために使用します。

オプション仕様

HP BladeSystem p-Classサーバブレード エンクロージャおよびインターコネクト

HP BladeSystem p-Classサーバブレード
エンクロージャ
6U(26.67cm)、幅48.26cm
BL30p,BL35p 最大16台のサーバブレードを搭載
BL20p G3,BL25p 最大8台のサーバブレードを搭載
BL40p 最大2台のサーバブレードを搭載
BL45p 最大4台のサーバブレードを搭載
サーバブレード エンクロージャ1台につき10ベイ
サーバブレード用ベイ×8
インターコネクト モジュール用外部ベイ×2
サーバブレードをサーバブレード エンクロージャのバックプレーンにブラインド接続し、電源供給とデータ接続を実現。
各HP BladeSystem p-Classサーバブレード エンクロージャの背面にサーバブレード マネジメント モジュールを取り付けることにより、すべてのサーバのイベントをレポートし、資産およびインベントリ情報を提供。
HP BladeSystem p-Classの電源要件 リダンダント200V〜240V AC、30A単相
リダンダント200V〜240V AC、30A三相(デルタ結線)
リダンダント-48VDC±10%
HP BladeSystem p-Classインターコネクト スイッチ オプション
(各HP BladeSystem p-Classサーバブレード エンクロージャには、2つのインターコネクト スイッチまたは2つのRJ-45パッチ パネルが必要)

Cisco Gigabit Ethernetスイッチ モジュール(CGESM)インターコネクト キットは、Ciscoインフラストラクチャで1000Mb/秒へのネットワーク アダプタへの集束(Gigabit Ethernet)を必要とするアプリケーション用のキットです。CGESMは、GbE2と同じBL20p G3ファイバ チャネル パス スルーをサポートします。
  • Cisco Gigabit Ethernetスイッチ モジュール(CGESM)インターコネクト キットには、1つのCGESMインターコネクト スイッチ、または2つのRJ-45 10/100/1000 T/TX/Tスモール フォーム ファクタ ホットプラグ対応(SFP)モジュールを搭載した1つのCGESMインターコネクト スイッチが含まれます。
  • 2つのCisco Gigabit Ethernetスイッチ モジュール(CGESM)インターコネクト キットにより、サーバ ブレード エンクロージャ1台当たり最大12個のRJ-45 10/100/1000 T/TX/TまたはファイバSX外部ポートを自由に組み合わせて使用できます。
どちらのCGESMインターコネクト キットを使用する場合でも、HP ProLiant BL20p G3ファイバ チャネル パス スルー用にオプションのHP BladeSystem p-Classストレージ接続キットまたはBladeSystem用内蔵型SANスイッチが必要です。
インターコネクト スイッチは、すべてのHP BladeSystem p-Classサーバブレードの混在によりますが、サーバ エンクロージャごとに最大32本のネットワーク ケーブル数を1本まで削減します。各インターコネクト スイッチ(エンクロージャ当たり2つ)は、最大16の内蔵サーバ ネットワーク(NIC)ポートを6個の外部ポート(モジュラー リア マウント インターコネクト モジュール上に4個、スイッチ フロント パネル上に2個)まで削減します。サーバブレード エンクロージャ当たりの外部ポート数は合計12個になります。エンクロージャ当たり1〜12(全部)の外部ポートを使用することができます。

GbE2インターコネクト キット(C-GbE2およびF-GbE2)は、1000Mb/秒へのネットワーク アダプタの集束(Gigabit Ethernet)とHP ProLiant BL20p G3ファイバ チャネル パススルーを必要とするアプリケーション用のキットです。
  • HP BladeSystem p-Class F-GbE2インターコネクト キットには、2台のGbE2インターコネクト スイッチと2つのQuadSXインターコネクト モジュール(サーバブレード エンクロージャ当たり8つのLC 1000 SXおよび4つのRJ-45 10/100/1000 T/TX/T外部ポートを提供)が含まれます。
  • HP BladeSystem p-Class C-GbE2インターコネクト キットには、2台のGbE2インターコネクト スイッチと2つのQuadT2インターコネクト モジュール(サーバブレード エンクロージャ当たり12のRJ-45 10/100/1000 T/TX/T外部ポートを提供)が含まれます。
  • オプションのHP BladeSystem p-Classストレージ接続キットは、C-GbE2またはF-GbE2インターコネクト キットを使用するときにBL 20p G3ファイバ チャネル パススルー用に必要です。
ProLiant BLインターコネクト スイッチ マネジメント システムおよびユーティリティには、次の機能が含まれています。
すべての機能を使用できるWebベースおよびスクリプト可能なコマンド ライン(CLI)インタフェース、パスワードで保護されたマルチレベルのユーザ アカウント、TelnetおよびSNMP、BootPクライアント、ポート ミラーリング、ポートベースのVLANおよびVLANタグ機能、EtherChannel互換マルチポート トランキング、ネットワーク タイム プロトコル、スパニング ツリー プロトコル、ブロードキャスト/マルチキャスト ストーム制御、フロー制御、人による読み取り/書き込み可能なコンフィギュレーション ファイル、TFTPクライアント、IPアドレス セキュリティ制限、オートMDI/MOI-X、速度と二重モードのオートネゴシエーションおよびオートセンシングをサポート。
HP BladeSystem p-Classストレージ接続キット オプション
(1エンクロージャに1キット必要)
ストレージ接続キットは、CGESMまたはGbE2インターコネクト スイッチを使用するときにBL20p G3ファイバ チャネル信号パススルーが必要な場合に使用します。したがって、1つのインターコネクト オプションを使用して、LANケーブルの集束とSAN接続の両方が可能です。BL20p G3ファイバ チャネル パス スルー用にサーバブレード エンクロージャ当たり1つのストレージ接続キットを注文してください。
ストレージ接続キットには、各BL20p G3デュアル ポート ファイバ チャネル アダプタに同梱のホットプラグ対応スモール フォーム ファクタ(SFP)トランシーバ用の、16個のオープン トランシーバ スロットがある2つのOctalFCインターコネクト モジュールが含まれます。ストレージ接続キットは、最大8台のBL20p G3サーバ(合計16のファイバ チャネル信号用)をサポートします。
HP BladeSystem p-Class RJ-45パッチ パネル
(各キットに2つのパッチ パネル)
(各BL p-Classサーバブレード エンクロージャには、2つのインターコネクト スイッチまたは2つのRJ-45パッチ パネルが必要)
HP BladeSystem p-Class 6Uサーバブレード エンクロージャに挿入
サーバブレード エンクロージャ内のすべてのサーバブレードからRJ-45接続でNIC信号を送出
Gigabit Ethernetネットワーク アダプタをサポート
各BL p-Class 6U RJ-45パッチ パネルの背面に16個のRJ-45コネクタ(各サーバブレード エンクロージャに32個のRJ-45接続)
HP BladeSystem p-Class RJ-45パッチ パネル2
(ファイバ チャネル パス スルー付属)
(各キットに2つのパッチ パネル)
(各BL p-Classサーバブレード エンクロージャには、2つのインターコネクト スイッチまたは2つのRJ-45パッチ パネルが必要)
注: パッチ パネル2またはスイッチ インターコネクト キットは、BL20p G3でSAN接続する場合に必要。
BL p-Class 6Uサーバブレード エンクロージャに挿入
サーバブレード エンクロージャ内のすべてのサーバブレードからRJ-45接続でNIC信号を送出。また、SAN接続ではファイバ チャネル信号を送出
Gigabit Ethernetネットワーク アダプタをサポート
ファイバ チャネル、パス スルー
ファイバ チャネル信号は、BL20p G3デュアル ポート ファイバ チャネル アダプタ付きProLiant BL20p G3から、p-Classサーバブレード エンクロージャ バックプレーンを介して送出。ファイバ チャネル信号は、インターコネクト ベイ内のRJ-45パッチ パネル2を介して終端。セキュアパス構成を実現するため、各サーバブレードの2つのポートから送出された信号は、一方は右側のRJ-45パッチ パネルで、もう一方は左側のRJ-45パッチ パネルで終端
各RJ-45パッチ パネル2の正面に8個のファイバ チャネル スモール フォーム ファクタ ホットプラグ対応(SFP)トランシーバ スロット(各サーバブレード エンクロージャに16個のファイバ チャネル接続)。BL20p G3デュアル ポート ファイバ チャネル アダプタに付属のSFPトランシーバ挿入用
必要なネットワーク ケーブル
10Base-T カテゴリ3、4、または5 UTP(100m)
EIA/TIA-568 100ΩSTP(100m)
100Base-TX   100Base-TX カテゴリ5 UTP(100m)
EIA/TIA-568 100Ω STP(100m)
1000Base-T   カテゴリ5 UTP(100m)
EIA/TIA-568 100Ω STP(100m)
1000Base-SX   50/125μmマルチモード ファイバ、400MHz/Km(500m)
50/125μmマルチモード ファイバ、500MHz/Km(550m)
62.5/125μmマルチモード ファイバ、160MHz/Km(220m)
62.5/125μmマルチモード ファイバ、200MHz/Km(275m)
HP BladeSystem p-Class電源およびラック情報
注: 電源構成を確認するには、Whitepaper『HP BladeSystem p-Class Overview and Planning』およびサイジング ツール(http://h18000.www1.hp.com/
products/servers/proliant-bl/p-class/20p/index.html
)を参照してください。
HP BladeSystem p-Class 3Uパワー エンクロージャ 3U(13.335cm)、幅48cm、奥行74cm、デュアル入力の単相モデルと三相モデル
HP BladeSystem p-Classパワー エンクロージャには、外部共有ホットプラグ電源が使用されています。単相モデルでは最大4個、三相モデルでは6個のパワーサプライを搭載可能で、BL p-Classサーバブレードおよびインターコネクトに電源を供給します。
各構成に必要な電源を確認するには、サイジング ユーティリティ
http://www.hp.com/go/bladesystem/powercalculator) を使用してください。
DC電源装置(-48VDC±10%)を使用する場合は、パワー エンクロージャおよびパワー サプライは不要です。この場合、ファシリティDC電源キット(製品番号240563-B21)のみが必要になります。
HP BladeSystem p-Class 1Uパワー エンクロージャ 1U(4.45cm)、幅48cm、奥行74cm
HP BladeSystem p-Class 1Uパワー エンクロージャには、外部ホットプラグ電源が使用されています。各1Uパワー エンクロージャには最大6個のホットプラグ対応パワー サプライを搭載可能で、BL p-Classサーバブレードおよびインターコネクトに電源を供給します。
各構成に必要な電源を確認するには、サイジング ユーティリティ
http://www.hp.com/go/bladesystem/powercalculator) を使用してください。
DC電源装置(-48VDC±10%)を使用する場合は、パワー エンクロージャおよびパワー サプライは不要です。この場合、ファシリティDC電源キット(製品番号240563-B21)のみが必要になります。
HP BladeSystem p-Class
配電装置(3Uパワー エンクロージャ使用時に必要)
HP BladeSystem p-Classインフラストラクチャでは、リダンダント-48VDC電源(パワー エンクロージャまたはDC電源装置より取得)がパワー エンクロージャからバス バー システムを経由してサーバブレード エンクロージャに供給されます。HP BladeSystemバス バーは、ラックのレールにヒンジで取り付けられています。バス バーは中央から開くことができ、背面のサーバ ブレードおよびネットワーク ケーブルに簡単にアクセスすることができます。電源供給は、独立したA、B両サイド バス バーによって冗長化されています。
ラックに構成するサーバブレード エンクロージャの最大数によって、3つの異なる配電ソリューションを使用することができます
  • HP BladeSystem p-Classスケーラブル バス バー
  • HP BladeSystem p-Classミニ バス バー
  • HP BladeSystem p-Classパワー バス ボックス
注: 42UラックいっぱいにBL20pサーバブレードを構成する場合(サーバブレード エンクロージャ×6)は、2つのミニ バス バーが必要になります。
  サポートされるパワー エンクロージャ サポートされるサーバ ブレード エンクロージャ 最大ラック スペース使用量
スケーラブル バス バー 1または2 最大5 36U
ミニ バス バー 1または2 最大3 21U
パワー バス ボックス 1 1 9U
  2台のパワー エンクロージャをサポートするには、ミニ バス バー用デュアル電源入力キット オプション(364565-B21)が必要です。
注: BL p-Classサーバブレードを満載した42Uラックを構成する場合は、組になったミニ バス バーを2つ積み重ねて使用してください。
   
必要な電源 単相パワー エンクロージャ コネクタ
-NEMA L6-30、200V〜240V 30A×2
三相パワー エンクロージャ コネクタ
-NEMA L15-30、200V〜240V 30A×2(デルタ結線、4線目はアース)
OSサポート Microsoft® Windows
Linux
注: HP BladeSystem p-Class対応の最新ドライバのダウンロードについては、HPのWebサイト
http://h20000.www2.hp.com/bizsupport/TechSupport/Product.jsp?lang=en&cc=us&taskId=135&prodTypeId=3709945&prodCatId=3722815 (英語) を参照してください。
インテリジェント マネジメント機能 内蔵Lights-Outアドバンスト(iLO)
仮想テキスト リモート コンソールおよびグラフィカル リモート コンソール *
仮想CD-ROM*
仮想ディスケット *
仮想電源ボタン制御
専用LAN接続
DHCP/DNS/WINSによる自動IP設定
業界標準128ビットSSL(Secure Sockets Layer)セキュリティ
IMLおよびiLOイベントログ機能
カスタマイズ可能なアクセス権限を持つ最大12のユーザ アカウントのサポート
自動サーバ復旧2(ASR-2)
Insightマネージャ7
HP Systems Insight Manager
リダンダントROM
リモート フラッシュROM
ROMベース セットアップ ユーティリティ(RBSU)
Advanced Configuration and Power Interface(ACPI)仕様対応
サーバおよびインターコネクト スイッチのヘルス ログ
リダンダント パワー サプライ ユーティリティ
事前予防保証(プロセッサ、ハードディスク ドライブ、およびメモリが対象)
インターコネクト スイッチ マネジメント システムおよびユーティリティ(インターコネクト スイッチ オプション)
インテグレーテッド マネジメント ログ(IML)
オフライン バックアップ プロセッサ機能
ダイナミック セクタ修復およびドライブ パラメータ トラッキング(Smartアレイ コントローラ使用時)
ネットワーク アダプタ チーミング セットアップ ユーティリティ
*グラフィカル リモート コンソールや仮想ディスケットなどのアドバンスト機能はBL p-Classサーバに標準で使用できます。
可用性 電源の冗長化:AC電源からパワー エンクロージャへの電源供給、DC電源によるパワー エンクロージャからサーバブレード エンクロージャへの電源供給は、N+Nリダンダント パワー サプライで冗長化されています。
リダンダントSAN接続用デュアル ポート ファイバ チャネル メザニン カード
各サーバブレードにホットプラグ対応SCSIハードディスク ドライブ ベイ×2および内蔵RAID(Smartアレイ6iコントローラ)を装備(バッテリ バックアップ式ライト キャッシュ イネーブラはオプション)
各サーバブレードにリダンダントROMを装備
ECCメモリ
ネットワーク アダプタ チーミング(ネットワーク フォールト トレランス、伝送の負荷均一化、スイッチ支援の負荷均一化)
インターコネクト スイッチの可用性
  • ホットプラグ対応、ホット リムーバル、設定は保持され、ケーブル接続/再接続は不要
  • 各サーバブレード ベイに2つのネットワーク接続(合計4つのNIC)、2つのリダンダント インターコネクト スイッチに接続
  • 各Ethernetインターコネクト スイッチに2セットのリダンダントEthernetアップリンク ポートを装備し、スイッチ間通信を冗長化
  • 各インターコネクト スイッチに診断、管理、および追加アップリンク用のリダンダントなフロント パネル ポートを装備
  • リダンダントなシリアル ポート
  • PVSTとの互換性(CGESMまたはGbEスイッチ2)および802.1Dスパニング ツリー プロトコルのサポートにより、ループの生じないリダンダント パスを実現
  • 自動ポート負荷均一化およびフェールオーバによるスタティックIEEE 802.3ad(EtherChannel互換)トランキング
  • メモリ内にリダンダント構成ファイルおよびオペレーティング システム ファームウェアイメージ(GbEスイッチ)
  • 各インターコネクト スイッチにリダンダント ファンを装備
  • ProLiantネットワーク アダプタ チーミング用にサポート
  • リンダンダント構成が可能なコミュニティ名およびSNMPトラップ マネージャ ホスト
  • リダンダント構成が可能なsyslogサーバ、DNSサーバ、およびデフォルト ゲートウェイ(GbE2スイッチ)
セキュリティ 電源投入時パスワード
管理者用パスワード
内蔵Lights-Outには、12のカスタマイズ可能なユーザ アカウントとSSL暗号化があります。
内蔵Lights-Outは、グローバル設定によって無効にすることができます。
インターコネクト スイッチのマルチレベルのユーザ名およびパスワード、管理インタフェースのタイムアウトの設定、SSH*、SCP Secure Copy Protocol*、ポート ベースのIEEE 802.1Qタグ付きVLAN、RADIUSユーザ認証と許可*、およびIPアドレス制限
* CGESMまたはGbE2インターコネクト スイッチのみ
ラック最小要件 ProLiant、Telco、および次の条件を満たす他社製のラックに収納
  • 19インチ標準EIAレール セット互換
  • EIAレール間隔73.66〜76.2cm
  • キャビネット全体の奥行91.44cm以上(背面RETMAレールと背面ドアの間隔最低8.89cmを含む)
  • 上部および下部にケーブル配線用の空間(パッチ パネルを使用したフル ラック構成時で約20cm四方)
  • 725.75kg(フル ラック構成時)の耐重量
  • 正面ドアと背面ドアに冷却用の通気を確保するための通気孔
  • 通気要件を満たすため、サーバブレード エンクロージャのドアに65%の通気孔
  • HPラック10000シリーズでの使用に最適化
サービスおよびサポート ハードウェア診断サポート、事前予防保証を含む3年間の限定保証(ハードディスク ドライブ、メモリおよびプロセッサを含む)この保証は、HPサービスおよび全国の販売特約店ならびにサービス会社網を通じて広範なサービスを提供しています。
注: サーバブレードの限定保証には、3年間のパーツ保証、3年間の作業保証、3年間のオンサイト サポートが含まれます。
注: サーバブレード エンクロージャおよびインターコネクトの限定保証には、3年間のパーツ保証、3年間の作業保証、3年間のオンサイト サポートが含まれます。
Care Packサービスには、基本的なものからミッション クリティカルなものまで、お客様のビジネス要件に適したサービス レベルを選択できる、各種ライフ サイクル オプションを提供します。

ラックの通気要件

ラック10000シリーズ キャビネット
新しい高性能プロセッサ技術の性能を最大限に引き出すには、ラックマウント型サーバの冷却効率を向上させる必要があります。ラック10000シリーズは、通気性を向上させることにより、非常に高い冷却能力を実現しており、最新プロセッサを搭載したサーバの設置用に最適です。
注意: 他社製ラックを使用する場合、通気をよくして装置の損傷を防ぐために、以下の追加要件を満たしていなければなりません。
  • フロントおよびリア ドア:42Uサーバ ラックでフロントおよびリア ドアを閉じる場合、通気をよくするために、上部から下部にわたって5,350cm2の通気孔を均一に配置する必要があります(換気のために必要な64パーセントの開口部と同等になります)。
  • 側面:インストールしたラック コンポーネントとラックのサイド パネルの間は、7cm以上あけてください。
注意: 通気をよくするために、ラック内のフロント パネルの空きU空間は、必ずブランク パネルでカバーしてください。これにより適切な通気を確保することができます。ブランク パネルをはめずにラックを使用すると、適切な冷却が行われずに高温による損傷が発生することがあります。
注: 詳しくは、サーバに付属の『セットアップ/インストレーション ガイド』またはドキュメンテーションCDを参照するか、HPのWebサイト http://www.hp.com/servers/bl20p/ にあるサーバ マニュアルを参照してください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項