BladeSystem c-Class Enclosures

HP BladeSystem c3000
エンクロージャー


 PRODUCT DEMO

製品の画像は、実際の製品と異なることがあります。

仕様一覧


サーバーブレード、パワーサプライ、および冷却ファン搭載のガイドライン


冷却ファン ベイ番号
冷却ファン ベイ番号 冷却ファン ベイ番号
HP BladeSystem c3000エンクロージャー HP BladeSystem c3000タワーエンクロージャー

パワーサプライ ベイ番号
パワーサプライ ベイ番号 パワーサプライ ベイ番号
HP BladeSystem c3000エンクロージャー HP BladeSystem c3000タワーエンクロージャー

パワーサプライおよびファンは次のベイに搭載してください。
ファンの数 使用するファン ベイ
4 2、4、5、6
6 すべてのベイを使用
パワーサプライの数
(N+1または冗長なしの場合)
使用するパワーサプライ ベイ
2 1、2
3 1、2、3
4 1、2、3、4
5 1、2、3、4、5
6 すべてのベイを使用
パワーサプライの数 (N+Nの場合) 使用するパワーサプライ ベイ
2 1、4
4 1、2、4、5
6 すべてのベイを使用

注:4個のファンを取り付ける場合、エンクロージャーは、エンクロージャーデバイスベイの1、2、5、6に取り付けられたサーバーブレードだけをサポートします。6個のファンを取り付ける場合は、8つのサーバーベイすべてを使用します。

注:正しい動作のためには、冷却ファンおよびサーバーブレードを正しいベイに設置してください。システム電源がオンになる前に、オンボードアドミニストレーターにより冷却ファンおよびブレードが正しく設置されていることが確認されます。



ハーフハイトサーバーブレードのベイ番号
ハーフハイトサーバーブレードのベイ番号 ハーフハイトサーバーブレードのベイ番号
HP BladeSystem c3000エンクロージャー HP BladeSystem c3000タワーエンクロージャー
  1. デバイス ベイ1
  2. デバイス ベイ2
  3. デバイス ベイ3
  4. デバイス ベイ4
  5. デバイス ベイ5
  6. デバイス ベイ6
  7. デバイス ベイ7
  8. デバイス ベイ8
  1. デバイス ベイ1
  2. デバイス ベイ2
  3. デバイス ベイ3
  4. デバイス ベイ4
  5. デバイス ベイ5
  6. デバイス ベイ6
  7. デバイス ベイ7
  8. デバイス ベイ8

注:ハーフハイトサーバーブレードは、必ず、エンクロージャーの下半分/左半分から、ベイ1、5、2、6、3、7、4、8の順で取り付けてください。


フルハイトサーバーブレードのベイ番号
フルハイトサーバーブレードのベイ番号 フルハイトサーバーブレードのベイ番号
HP BladeSystem c3000エンクロージャー HP BladeSystem c3000タワーエンクロージャー
  1. デバイス ベイ1
  2. デバイス ベイ2
  3. デバイス ベイ3
  4. デバイス ベイ4
  1. デバイス ベイ1
  2. デバイス ベイ2
  3. デバイス ベイ3
  4. デバイス ベイ4

注:フルハイトサーバーは、下/左から順に(ベイ1からベイ4の順で)取り付けてください。4個のファンを取り付ける場合は、下/左の2つのベイだけを使用します。6個のファンを取り付ける場合は、すべてのベイを使用します。



混在構成 - フルハイトとハーフハイトの取り付け


c3000エンクロージャーは、金属製の仕切り板によって2のゾーン、4つの区画に分割されています。ゾーン1はデバイス ベイ1、2、5、6、ゾーン2はデバイス ベイ3、4、7、8を含む区画です。各ゾーン内では、ハーフハイトデバイスを支えるために、取り外し可能な仕切り板が装着されています。いずれかのゾーンにフルハイトブレードを取り付ける場合は、この仕切り板を取り外す必要があります。またラック搭載モデルのc3000エンクロージャーにはミニディバイダが付属しています。このミニディバイダは、筐体上段上部にのみ取り付けることができ、筐体上段には1台のフルハイトブレードと2台のハーフハイトブレードを取り付けることができます。筐体下段には、4台のハーフハイトブレードか、ディバイダを取り外して2台のフルハイトブレードを取り付けることができます。


注: フルハイトとハーフハイトの混在構成のルールについては、システム構成図を参照してください。



HP BladeSystem c3000エンクロージャー
寸法 ラック搭載モデル 高さ 265mm
445mm(左右突起部含まず)
485mm(左右突起部含む)
奥行き 835mm
タワー型モデル 高さ 541mm
342mm
奥行き 875mm
重量 ラック搭載モデル 最大搭載時 約136kg
最小 約59kg
タワー型モデル 最大搭載時 約155kg
最小 約87kg
バワーサプライ入力要件
(パワーサプライあたり)
定格ライン電圧 AC 90〜132 V
AC180〜264 V
定格入力電流 9.3 A (AC100V時)
9.7 A (AC120V 時)
7.8 A (AC200V 時)
7.2 A (AC208V 時)
6.8 A (AC220V 時)
6.2 A (AC240V 時)
定格入力周波数 47〜63 Hz
BTU Rating 最大 (パワーサプライあたり) 2728 BTU/hr (AC100V 時)
3069 BTU/hr (AC120V 時)
4092 BTU/hr (AC200V〜240V 時)
バワーサプライ出力要件
(パワーサプライあたり)
安定時定格電力 800 W (AC100V 時)
900 W (AC120V 時)
1200 W (AC200V〜240V 時)
ピーク時最大電力 880 W (AC100V 時)
990 W (AC120V 時)
1350 W (AC200V〜240V 時)
温度範囲 動作時 10〜35℃
非動作時 -30〜60℃
相対湿度 (結露しないこと) 動作時 10〜90%
非動作時 5〜95%
高度 動作時 3050m
非動作時 9144m
動作音 アイドル時 サーバーの種類、搭載数、スペックに依存
動作時 CPU使用率、サーバーの種類、搭載数、スペックに依存

注:動作温度は、高度が304.8m上昇するごとに1℃低くなります。

注:直射日光が当たらないようにしてください。

注:保管時の最高湿度95%は、最高温度45℃に基づきます。

オプション
パワーサプライ 寸法 高さ 38mm
86mm
奥行き 191mm
重量 1.13kg
アクティブ冷却ファン 寸法 高さ 223mm
248mm
奥行き 403mm
重量 1.8kg