Jump to content 日本-日本語

製品  >  BladeSystem  >  c-Class

統合管理モジュール

HP BladeSystem c-Classを効率的に管理するためのオンボードアドミニストレーター、インサイトディスプレイ

HPE BladeSystem

HPE ProLiant

キャンペーン

製品カタログ

技術情報

導入事例

サポート&サービス

旧製品情報

サイトマップ

 
 
 
総合管理モジュール

HP BladeSystem c-Classが提供する先進の管理手法

HP BladeSystem c-Classでは、搭載する複数のブレードやインターコネクト、その他のコンポーネントを集中管理する統合管理モジュール「オンボードアドミニストレーター」と、設置環境における障害切り分けや初期セットアップが可能なインサイトディスプレイを標準装備しています。エンクロージャー内の全ての情報を管理・監視します。WEBコンソールを搭載し、説明書なしでも直感的でわかりやすいGUIを提供。サーバーブレードや各種コンポーネントの設定、監視が可能です。新しいサーバーやコンポーネントの追加・交換を実施しても自動で感知し、設定を自動修正する機能も提供しています。またWEBコンソールはWEBブラウザの言語環境によって英語と日本語の表示を自動で変更する便利な機能*が実装されています。
さらに、カラー液晶を利用したインサイトディスプレイがエンクロージャー前面に装備。異常時には赤い表示となり、故障箇所の把握のみならず、コピー機の紙詰まり時のように、復旧方法までを案内します。また、簡単な設定であれば、コンソールなどを別途用意しなくても、サーバーが設置されているその場で、初期設定の実施や稼動状況チェックが可能です。
これらの強力な管理機能は、もちろん統合監視ツール「HP Systems Insight Manager」や、リモート管理機能「iLO2」とも連携。 HP BladeSystem c-Classでは、一歩進んだ管理手法を体験することができます。
*ファームウェアVer2.26より対応

主な特長

  • エンクロージャー内の構成情報を自動取得し、WEBコンソールを通じてグラフィカルに表示・管理が可能
  • 複数エンクロージャー間の管理モジュールのスタッキングにより、シングルサインオンで複数エンクロージャーの管理を一元化可能 (最大7台)
  • ウィザード形式による初期設定、故障時案内をインサイトディスプレイで表示し、現場で迅速に確認・対処が可能
  • 電源、ファンも自動監視
  • 構成変更時も自動で表示修正
  • 各サーバーにエージェントインストールは不要
  • HP Systems Insight Manager から統合監視が可能

統合管理モジュール(オンボードアドミニストレーター)

エンクロージャー内にある管理コントローラモジュールです。システムの温度や電力の状況、ハードウェア構成、ネットワーク構成などを監視し、コントロールします。
また、エンクロージャー内で利用する電源容量に上限を設定することや、設定値内でサーバーの電力消費をコントロールする機能を実装。 さらにオンボードアドミニストレーター自体の二重化も可能な一方、オンボードアドミニストレーター自体が故障しても稼動中のサーバーは停止しない独立性を保持。
Onboard Administrator

インサイトディスプレイ

エンクロージャー前面に搭載された液晶画面です。オンボードアドミニストレーターによって監視されているシステムの動作状況を表示。初期設定時や万一のトラブル時も、必要な操作をカラーディスプレイによって視覚的にナビゲートしてくれます。遠隔地からも利用が可能です。
また、オンボードアドミニストレーターと連携し、設置現場と遠隔地でリアルタイムに同じ画面を表示します。さらに、チャットツールも実装し、携帯電話が不通な場所でも遠隔地の管理者と簡易なコミュニケーションをとることが可能です。
Insight Display

Insight Displayの画面表示例
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項