Jump to content 日本-日本語

製品  >  BladeSystem

ブレードを選ぶ理由

HPE BladeSystem

HPE ProLiant

キャンペーン

製品カタログ

技術情報

導入事例

サポート&サービス

旧製品情報

サイトマップ

 
 
コンテンツに進む
ブレードを選ぶ理由
現状の複雑なITシステムを、ビジネスと同期できる俊敏さを備えた柔軟なアダプティブ・インフラストラクチャへと変革していくには分散したサーバを集約する統合化、リソースを共有しプールする仮想化、そして、ITの自律的な運用を可能にする自動化という3つの段階を経由する必要があります。HP BladeSystem c-Classは、これらのステップに確実に対応できるポテンシャルを備えています。また、HPで開発した多彩で充実した管理ソフトウェアは、各ステップをクリアするための具体的な作業を強力にサポートします。

「Bladeと仮想化」関連セミナー

統合化

課題
  • 業務や部署ごとに大量のサーバが分散して設置され、設備が過剰。
  • 異なるハードウェアやソフトウェアが混在しているため、管理のための手間やコストがかさむ。

ブレードを選ぶ理由
HP BladeSystem c-Classなら、分散するサーバやストレージ、ネットワーク機器などをまとめて整理・統合します。さらにもうひとつのHPのアドバンテージが、長年実績を積み重ねてきた管理ソフトウェアHP ProLiant Essentialsの存在です。通常、大量サーバの統合や運用に伴う負担はかなりのものですが、 HP ProLiant Essentialsは、これらの作業を大幅に軽減。統合管理ツールHP Systems Insight Manager(SIM)、サーバ導入をサポートするSmartStart (SS)やRapid Deployment Pack(RDP)などが、大量サーバの統合や運用に伴う負担を大幅に軽減します。

コンソリデーションで「サーバ構成」と「管理」をシンプルに
拡大画像を表示 このリンクをクリックすると、新しいウィンドウが開きます

仮想化

課題
業務や部署ごとに設置されたサーバでは、それぞれで行われる処理ピークを想定してCPUやメモリ、ストレージといったリソースが用意されているため、どうしてもリソースが余剰気味にならざるを得ず、無駄なく活用し切ることが困難。

ブレードを選ぶ理由
上記の課題を抜本的に解決するには、物理的なリソースを仮想的に統合し、プールし、必要なときに必要なリソースを自在に利用できるようにする仮想化の適用が不可欠。HP BladeSystemでは、仮想化の核となる仮想化ソリューションに、標準技術であるVMwareとMicrosoft Virtual Serverを採用。高度なバーチャリゼーションを低コストで実現しています。

また、仮想化が進むと、リソースを物理的に把握していたときと比べ、その管理の難しさも急激に上がってしまいますが、ここでも力を発揮するのが、仮想化環境の管理を容易にするHP ProLiant Essentialsソフトウェアです。

仮想サーバを一元管理できるVirtual Machine Management Pack(VMM)をはじめ、システムのボトルネックを監視・検出するPerformance ManagementPack(PMP)、仮想リソースの容易な追加・交換をサポートするRapid Deployment Pack(RDP)などで、お客様の仮想化環境をサポートします。

共有リソース・プールを柔軟に再配分

自動化

課題
サーバの統合化、仮想化を実現し、システムの複雑さに起因していた管理コストの削減やリソースの効率的な利用を達成した後に残るのは、運用の問題です。システムの運用管理は相変わらず人の担う部分が大きく、IT投資全体に占める運用コストの割合を減らすことができずにいます。

今後、サーバ統合や仮想化の導入は複数のシステムが連携するデータセンターの領域にも広がっていくものと見られています。データセンターでは複数のシステムにまたがった複雑で高度な運用管理が必要となり、運用担当者の負担は一層重くなっていくことが想定されます。

ブレードを選ぶ理由
上記の解決には運用管理の自動化が不可欠ですが、運用の自動化といっても、そのレベルはさまざまです。
  • ハードウェアやソフトウェアごとに制御用のスクリプトを用意し、あらかじめ決めておいた条件に合致したとき、指定した制御を行うという単純な自動化。
  • 理想とするサービスレベルをポリシーとして設定しておくと、ハードウェアやソフトウェアの稼動状況を監視しながら、ポリシーとのずれが最も小さくなるようITの構成要素が協調的、自律的に最適化を実施する極めて高度な自動化。
HPが目指すのは後者のレベルの自動化です。
  • 定期的にやってくるシステム需要のピークに応じてリソースを追加する。
  • 障害の発生を検知してリカバリを実行する。
  • 定常的なシステム需要が拡大傾向を示しているときにはスケールアップやスケールアウトによるキャパシティ拡張を実施する。
といった柔軟な運用を人的な負担になしに実現する高度な自動化によって、俊敏さと運用コストの削減を両立できるITがはじめて可能になるのです。

HP BladeSystem c-Classでは、この極めて高いレベルの自動化を目指す最初のアプローチとして、HPバーチャルコネクトや管理ソフトウェア間の自動連携にフォーカスしたソフトウェアパッケージInsight Control Data Center Editionを提供します。これにより、現行システムで大きな負担になっている運用管理コストを削減することが可能になります。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項