Jump to content 日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス  >  HP ProLiant サーバ

TaskSmart C1200R/C1500R/C2000R

ProLiant HOME

TaskSmart Cシリーズ

製品情報
  メリット
  パフォーマンス データ
  構成例
  導入事例
  WhitePaper(技術資料)

Instructions

セットアップ/インストレーション ガイド

USサイト情報

Read what customers say
  Read what analysts say

PDFファイルダウンロード

Deployment and sizer guide
ProLiant旧製品情報
eCommerce ストーリー
コンテンツに進む
TaskSmart C1200R/C1500R/C2000R

製品情報/QuickSpecs

 
1.フォワードプロキシ
  2.透過的フォワードプロキシ
  3.リバースプロキシ
  4.クラスタ構成
    5.ICPを使用した分散キャッシュ
  6.信頼できる電子商取引サイトの実現

構成例5 ICPを使用した分散キャッシュ

大規模なネットワーク環境では、クライアントからインターネットまでのアクセスライン上で複数のTaskSmartサーバを配置することで、より快適なパフォーマンスを得ることができます。部門LANや支店などのインターネットへの接続点の手前に配置し、ICPを使用してこれらを連携させる事で、キャッシュされたオブジェクトのヒット率を向上させます。(通常、ICPを利用する場合はICPクエリー/レスポンスがネットワークの遅延につながらないように、ICPプロトコルをサポートする機器同士を高速な回線上に配置します。)
※ICP: Internet Cache Protocol

Case 5. 大規模なネットワークには?

Case 5. 大規模なネットワークには?
TaskSmartで解決
Case 5. 大規模なネットワークには?

TaskSmart Cシリーズ導入後

ICPを使用してTaskSmart Cシリーズを階層的に配置すれば
  • キャッシュの再利用率が向上します!
  • ネットワーク中のHTTPトラフィック量を大幅に削減することができます!
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項