Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバ

HP Serviceguard for Linux

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む
HP Serviceguard for Linux ProLiantクラスタ イメージ

製品情報/QuickSpecs

 
  Showcase   定期トレーニング
    製品概要   マニュアル
  仕様一覧   システム構成
  オプション   カタログ
  Q&A      

製品概要

HP Serviceguard for Linuxは、可用性の高いクラスタリング ソリューションで、さまざまなソフトウェア障害およびハードウェア障害からアプリケーションとサービスを保護するように設計されており、各サーバ(ノード)の状態を監視して、システム プロセス、システム メモリ、LANメディアおよびアダプタ、アプリケーション プロセスに影響する問題にすばやく対応します。SGLXのローリング アップグレード機能によって、ハードウェアおよびソフトウェアのアップグレードに伴う計画的なダウンタイムを最小限に抑えることができます。Oracle Single Instance Database ToolkitやServiceguard Extension for SAP for Linux(SGeSAP/LX)などのSGLXアプリケーション統合ツールキットと組み合わせるとより効果的です。広範なApplication Integration Toolkitのポートフォリオは、カスタマイズされたアプリケーションや自社製アプリケーションをServiceguard for Linuxクラスタにお客様がすばやく簡単に組み込めるようにするカスタム サービスで補完されています。HP Serviceguard for Linuxは、物理サーバおよび仮想サーバの両方でサポートされています。また、ソフトウェアおよびハードウェアのデータ複製を使用するディザスタ トレランス ソリューションに完全に統合されています。全世界のサポートおよびサービス網により全ソリューションが連携し、業界標準のオープン ソースLinuxエンタープライズにエンタープライズ クラスの可用性をもたらします。
HP Serviceguard for Linuxの機能とサポートの概要は、次のとおりです。Serviceguard for LinuxでサポートされるLinuxディストリビューションおよびカーネル、サーバおよびストレージの最新のリストについては、HPのWebサイト http://www.hp.com/go/sglx/info (英語)にあるServiceguard for Linux認定マトリックスを参照してください。

  • サポートされるLinuxディストリビューション
    • Red Hat EL 4
    • Red Hat EL 5
    • SUSE SLES10
  • サポートされるサーバ プラットフォーム
    • HP Integrity
    • HP ProLiant
    • 一部の他社製x86クラス サーバ
  • 物理および仮想サーバのサポート
  • アプリケーション統合ツールキット
    • Oracle Single Instance Database
    • sendmail用、MySQL用などのアプリケーション統合ツールキットはHPのWebサイト http://www.hp.com/go/softwaredepot/ha (英語) から無料でダウンロードすることができます。
  • ソフトウェア アップデートは、サポート契約によりHPサービスからお客様に提供されます。
  • HP Serviceguard for Linuxについて詳しくは、HPのWebサイト http://www.hp.com/go/sglx (英語)を参照してください。
   
  INDEX:
  最新情報
  モデル
  HP Serviceguard for Linuxの利点
  HP Serviceguard for Linuxの機能
  HP Serviceguard Managerの機能

ダウンロード

発表後にリリースされたServiceguard for Linuxのパッチは、ITリソースセンタ (ITRC) から入手できます。
 このページのトップへ戻る

最新情報

  • HP Serviceguard for Linux A.11.18を使用することで、アプリケーションの可用性が向上し、次のような新しい業界標準テクノロジのサポートが実現します。
  • コストを削減し、サービス品質を向上させます。
    • 新しいオンライン設定機能を通して、コストのかかるダウンタイムをなくします。
    • アプリケーションの依存関係を高可用性構成に組み込むことにより、制御を向上させます。
    • マルチノード高可用性対応アプリケーションの作成を容易にします。
  • アプリケーションの高可用性を仮想Linux環境に組み込みます。
    • VMware Virtual Machines Linuxゲスト内でHP Serviceguard for Linuxをサポートします。
    • HP Integrity Virtual Machineゲスト内でHP Serviceguard for Linuxをサポートします。
  • オープン ソース コンポーネントに基づいて100kmの距離まで可用性を向上します。
    • Extended Distance Cluster(XDC)が最大4ノードをサポートするようになりました。
  • 業界標準のサポートにより投資を保護します。
    • 広く使用されているシステム管理規格と統合し、クラスタ環境全体の監視を簡素化します。
    • クラスタ ノード ネットワーク アドレスに関する最新のIPv6規格に基づくフェールオーバを必要とするアプリケーションをサポートします。
    • Red Hat EL 5をサポートします。
  • ポートフォリオの再構築により、HP IntegrityおよびHP ProLiant販売チャネルの両方で製品番号が使用可能になったことによって、HP ProLiant環境とHP Integrity環境の両方が有効になります。
  • 2008年4月から、HP Serviceguard for Linux for x86クラス サーバに、1年間24時間×7日間のHPソフトウェア テクニカル サポートおよびアップデート サービスが付属し、HPのサポート スタッフに迅速に連絡を取ったり、ソフトウェア アップデートを受け取ったりすることが確実になります。このサービスについて詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/services/swsupport(英語)を参照してください。HP Integrityサーバでは、サポートを別途注文する必要があります。

 このページのトップへ戻る

モデル


HP Serviceguard for Linux for HP ProLiant、A.11.18 - ProLiantチャネルで販売

注: x86プラットフォームで動作するHP Serviceguard for Linux製品に、1年間24時間×7日間のソフトウェア テクニカル サポートおよびアップデートが含まれるようになりました。詳しくは、これらのQuickSpecsの「サポート情報」の項を参照してください。
HP Serviceguard for Linux ProLaint 1サーバライセンス (1年 24×7 テクニカルサポート&アップデート権付) 463831-B21
HP Serviceguard Linux for Oracle Toolkit x86 1クラスタライセンス(1年 24×7 テクニカルサポート&アップデート権付) 463833-B21

 このページのトップへ戻る

HP Serviceguard for Linuxの利点


接続性の維持

アプリケーションおよびデータへの時間を問わないアクセスを保証

 
  • ローカルの障害およびサイト全体の機能停止からアプリケーション アクセスを保護
  • 重要な資産を確実に保護する高度な機能によってデータ整合性を保証
  • HPのHA評価および全製品に責任を持つ世界的なサポートとサービスのネットワークを信頼してください。HPは、世界各地で、ハードウェア、OS、およびミドルウェアのサポートを一点で対応できます。

可用性の維持

物理および仮想アプリケーション環境の可用性を最適化

 
  • メンテナンスとアップグレードのための計画的ダウンタイムを短縮
  • 物理マシンおよび仮想マシンでアプリケーションの可用性を向上
  • アプリケーションを高可用性環境に迅速に統合
  • 予算および可用性要件に適したディザスタ トレランスなポートフォリオ

柔軟性の維持

企業が業界標準に対応可能

 
  • 業界標準のクラスタ コンポーネントのサポートにより、オープンな運用環境での展開によって期待される価値を確実に得ることが可能
  • クラスタ コンポーネントの相互運用性を確保する新しいオープンソース規格
  • HP SIMやOpenViewなどの他の管理ツールとの容易な統合
  • 業界標準のコンポーネントおよびオープン ソース環境による確実なコストの削減

 このページのトップへ戻る

HP Serviceguard for Linuxの機能


耐障害性に優れたHP ProLiantサーバおよびIntegrityサーバによってクラスタ全体の可用性が向上

HP ProLiantの品質と革新的な機能により、プロセッサ、ディスク、メモリ、電源、冷却機能、およびI/Oサブシステムにおいて最大限の冗長性と耐障害性が提供されます。HP Serviceguard for Linuxの構成は、HP製サーバ上のさまざまなアプリケーションで完全にテストおよび動作確認されています。

仮想化テクノロジのサポートにより改善されたアプリケーション環境フェールオーバ

HP Serviceguard for Linuxは、HP ProLiantおよびHP Integrityサーバ プラットフォームでの、重要な「仮想マシン」製品をサポートします。それによって、アプリケーション環境に最大限の可用性と柔軟性を確保します。

通常のフェールオーバ クラスタ構成よりも高い保護レベル

HP Serviceguard for Linuxは、追加ハードウェア パスとソフトウェア技術を駆使して、同じノード上でのアプリケーション動作を保証し、最後の手段として新しいノードへ「フェールオーバ」します。

「スプリット ブレイン シンドローム」を排除してデータの整合性を保証

クラスタ アービトレーションは、最高レベルの可用性とデータ完全性を確保するために不可欠です。HPは、この要件を満たすために2つの方法を提供しています。その1つは、複数の障害を処理するために、2ノード構成では必須要件であり、3または4ノード構成では推奨要件です。1つの方法が、障害によってクラスタが50%に分割(スプリット)された場合に、共有LUNを利用して調停(アービトレーション)メカニズムを提供するクラスタ ロックLUN方式です。もう1つは、外部のPCまたはサーバで動作し、最大50クラスタ/100クラスタ ノードを調停できるQuorumサービス方式です。1つのQuorumサービスが、Linuxクラスタにアービトレーション サービスを提供できます。これは、サイトの障害時にクラスタがQuorumを作成できることを保証するために第3サイトにQuorumサービスが存在するスプリット サイト構成で特に貴重です。

オンライン再構成を実行

クラスタを停止することなく、クラスタ ノードとパッケージを再構成し、クラスタ性能を最適化することができます。

ローリング アップグレードにより、アップグレードに要するダウンタイムを排除

クラスタが稼動している状態でソフトウェアやハードウェアをアップグレードすることができます。

作業負荷割り当てによる性能レベルの維持

アプリケーションを複数ノードにフェールオーバさせることにより、稼動ノードへの影響を最小限に抑えます。

Linuxの機能を強化し、競争力を強化

HP Serviceguard for HP-UXとほぼ同じ能力を備えたHP Serviceguard for Linuxにより、共通のコンポーネントやITの知識でLinuxクラスタを統合することができます。その結果、Linuxが持つコストと制御性の利点を、迅速に活用することができます。

既存のストレージ投資を保護

HP Serviceguard for Linuxは、ストレージ環境のHP MSA、EVA、およびXP製品ファミリをサポートしており、既存のマルチOS SANインフラストラクチャへの統合に伴うコストを抑えることができます。

オープン規格の利用

HP Serviceguard for Linuxは、お客様の選択肢を制限する開発中の専用ソリューションではなく、新しいオープン ソース規格をサポートして、クラスタ コンポーネントの相互運用性を保証します。一部の他社製サーバおよびストレージは、Serviceguard for Linux clusterとの使用が完全に動作確認されており、オープンな運用環境を選択する価値は維持されています。

トータル ソリューション サポート

クラスタ自体の堅牢性に加えて、HPは、ソリューションのあらゆる側面において責任を負っているため、他のサプライヤを選ぶという無駄な時間を排除できます。

強力なテスト、動作確認、およびサポート

HPは、ベスト プラクティスと規格に基づいて、強力なストレス テストおよび多様なフェールオーバのテストを実行し、お客様のミッション クリティカルなアプリケーションにおいてHP Serviceguard for Linuxクラスタが最高レベルの可用性を実現することを保証します。

最高レベルの品質サービスを維持

HPでは、お客様が必要とされるあらゆるレベルのサービス契約に対応する包括的なサポート サービス ポートフォリオを提供しています。

共通コンソールからマルチOSを サポートする使いやすい グラフィカル インタフェース

HP Serviceguard Managerは、Webベースの、HP System Management Homepage(HP SMH)のプラグイン ツールで、クラスタおよびそのコンポーネント(ノード、パッケージなど)の設定、監視、および管理を視覚的に実行することができます。直感的なカラー コード式アイコンによって、クラスタ上の問題を迅速に識別し、対処して解決できます。HP Serviceguard Managerは、HP System Insight Manager(HP SIM)と統合もされており、1つのブラウザから、LinuxまたはHP-UXで動作する複数のクラスタを管理することが可能です。

利用可能なアプリケーション ソリューション

  • HP Serviceguard for Linux Oracle® Toolkit(ProLiant)は、データベースのフェールオーバに必要なスクリプトを提供し、OracleをHP Serviceguard for Linuxのクラスタにすばやく組み込みます。
  • Oracle RACおよびLAMP統合との共存を含む、一般的なアプリケーションのデプロイメントについては、HPのWebサイト http://www.hp.com/info/sglx (英語)にあるWhite Paperを参照してください。

設定を高速化する共通アプリ ケーション用ツールキット

NFS、Samba、Apache、MySQL、PostgreSQL、Tomcat、SendMailのような普及アプリケーション向けに特別に設計されたProLiantおよびIntegrity用の単純なスクリプト テンプレートは、HPのWebサイト http://www.hp.com/go/softwaredepot/ha (英語)から無償で入手できます。お客様は、好みのクラスタ パラメータで構成を簡単にカスタマイズし、アプリケーションを迅速にインストールすることができます。Serviceguard Developerのツールボックス プログラムを利用することでISVはHPと連携して、アプリケーション ツールキットを作成および確認できます。このプログラムについては、HPのWebサイト http://www.hp.com/go/dsppha (英語)を参照してください。スクリプティング、Serviceguard Managerの構成機能、またはHPコンサルティングを通じて、単純なカスタム シェル スクリプトを開発することで、他のアプリケーションをサポートできます。

すべてのレベルにおける比類のないインフラストラクチャ制御とビジネスサービス

HPは、ネットワーク、システム、およびクラスタを異なるレベルで管理するための一連の統合された管理ソリューションを提供します。エンタープライズ レベルでは、マルチベンダ環境の管理にOpenViewを提供します。マルチシステム レベルでは、HP System Insight Managerを使用して、HPのサーバ、ストレージ、クライアント、プリンタ、およびその他のネットワーク接続されたデバイスを管理します。単一システム レベルでは、HP System Management Homepageを使用して、HP-UX、Linux、およびMicrosoft Windowsオペレーティング システムを実行するHPサーバのシステム管理を統合し、簡素化します。クラスタの管理については、HP Serviceguard Managerを使用して、HP-UXまたはLinuxで動作するServiceguardクラスタを設定、管理、および監視します。

 このページのトップへ戻る

HP Serviceguard Managerの機能

HP Serviceguard Managerは、従来のServiceguard管理ツールの機能を引き継ぐ、新しいWebベースのHP System Management Homepage(HP SMH)プラグイン アプリケーションです。HP Serviceguard Managerにより、どのシステムからでも、ブラウザを使用して、Serviceguardクラスタを監視および管理できます。
  • 構成機能
    • クラスタの作成/変更/削除
    • パッケージの作成/変更/削除
    • 構成および管理動作に対する操作ログ(進捗状況を示すメッセージ)
  • ロール ベースのアクセス
    • クラスタおよびパッケージ アクセス ポリシの管理
    • 非ルート ユーザの構成および管理
  • 管理機能により以下のタスクの実行を可能にします。
    • 1つまたは複数のパッケージ(各パッケージはアプリケーションとそのリソースの論理グループ)の実行、停止、および移動
    • 1つまたは複数のパッケージでのノード スイッチングとパッケージ スイッチングの変更
  • 理解しやすい確認ダイアログにより、管理動作の結果をユーザに通知します。このダイアログには、使用したServiceguardコマンドと、管理動作の進捗状況を示すメッセージが含まれます。
  • 監視機能により、状況の変化に対応することができます。
    • カラー コード式の、使いやすいグラフィカル アイコンにより、クラスタおよびコンポーネント(たとえば、メンバ ノードやパッケージ)のオンライン ステータスおよび構成情報を視覚的に表示します。
  • プロパティ シートにより、監視対象のクラスタ、ノード、およびパッケージの詳細情報を提供します。
  • 自動更新により、プロパティ シートなどの情報を自動的にアップデートします。この機能は有効/無効を切り替えることができます。
  • ブラウザを使用して、どのシステムからでもリモートでクラスタを管理できます。
  • 包括的なオンライン ヘルプが利用できます。
  • 容易な操作により、ブラウザを使用して、どのシステムからでもリモートでクラスタを管理でき、トレーニングの手間を最小限に抑えます。
  • 統合クラスタ ログ(Syslog)およびパッケージ ログを表示できます。
  • HP System Insight Manager(HP SIM)と統合され、LinuxおよびHP-UXで動作する複数のクラスタを単一のブラウザから管理することを可能にします。

 このページのトップへ戻る
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項