Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス  >  HP ProLiant サーバー  >  サーバー ストレージ

SATAハードディスクとSAS/SCSIハードディスクの違いと選定のポイント

HP ProLiantとHP StorageWorks製品

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む
「オプ得」でお得にシステムをパワーアップ

SATAハードディスクとSAS/SCSIハードディスクの違いと選定のポイント

ディスクの信頼性、障害復旧機能に優れたSAS/SCSI ハードディスクドライブと、 低価格/大容量 コストパフォーマンス重視のSATA ハードディスクドライブ。お客様の使用環境や用途に最適なハードディスクをお選び下さい。

INDEX:
SATAハードディスクとSAS/SCSIハードディスクの違いと選定のポイント
FAQ: HDDの選択でよくあるご質問
関連情報へのリンク

使用環境に合わせたハードディスクの選択の重要性

x86サーバーの用途は「小規模ネットワークのファイル共有」から「エンタープライズシステムでのデータベースやアプリケーションサーバー」をカバーするまでに広がりつつあります。そうした用途拡大の中で、使用環境に合わせたハードディスクの適切な選択が、信頼性向上を大きく左右します。
サーバー選定にあたり、価格だけでなく、それぞれの規格による使用環境、信頼性を吟味した上でのハードディスク規格の選定を強く推奨します。

規格と接続方式から見るハードディスクの種別

標準的なハードディスクには、1日に8時間程度の稼動を想定して設計された「大容量/低価格 コストパフォーマンス重視のATA規格ディスク」と、長時間の高速連続稼動に耐えるよう設計された「高性能/高信頼性のSCSI規格ディスク」があります。また接続方式別にパラレル接続とシリアル接続が存在します。
Serial Attached SCSI(SAS)ディスクはシリアル接続方式のSCSI規格ディスクです。 シリアル方式とパラレル方式の違いはありますが、SASとSCSI は高い信頼性を持つSCSI規格ディスクです。Serial Attached SCSIディスクは、パラレル接続であるSCSI ディスクに比べ、1:1接続のため共有バスがボトルネックにならないので、接続台数を増やしてもHDDシステム全体のパフォーマンスを維持できる、などの特長があります。

ハードディスクの種別

規格/接続方式 パラレル接続 シリアル接続
SCSI 規格ディスク
(高性能/高信頼性)
SCSI ハードディスク Serial Attached SCSI (SAS)
ハードディスク
ATA 規格ディスク
(大容量/低価格)
ATA ハードディスク
(IDE ハードディスク)
Serial ATA (SATA)
ハードディスク


用途に応じて、最適なハードディスク選定を

サーバー用途に応じた、適切なハードディスクドライブを選択いただくことで、信頼性を向上させることが可能で、結果としてシステムのトータルコストを低減できます。サーバーの稼働環境や、取り扱うデータの信頼性を吟味の上、適切なハードディスクドライブをご選択下さい。


注: 大容量ストレージなどに用いられるFibre Channel 接続用のハードディスクにも、信頼性重視のFC-AL ディスクドライブとコストパフォーマンス重視のFATAディスクドライブがあります。信頼性重視の目的にはFC-AL ディスクドライブディスクをお選びください。
 このページのトップへ

FAQ: ハードディスクドライブ(HDD)の選択でよくあるご質問

導入されるお客様のサーバーは、長時間連続稼動を想定していますか?

YES: SAS/SCSI HDDを選択ください。
SAS/SCSI HDDは24時間365日の連続稼動を前提に設計されており、そうした使用環境下で平均故障間隔時間 約150万〜175万時間が規格となっています。
NO: SATA HDDも選択肢となります。
SATA HDDはPCでの使用環境を参考に、1日8時間程度の稼動を目安に設計されおり、 そうした使用環境下で平均故障間隔時間 約40〜60万時間が規格となっています。 ただし、お客様の大切なデータを保護するサーバーであるという観点からは、SAS/SCSI HDDの採用も是非、ご検討ください。

万一の障害発生時に、お客様のデータ資産の精密な復旧が必須ですか?

YES: SAS/SCSI HDDを選択ください。
SAS HDDにはディスク自体の規格として「Bad Block Replacement(BBR)機能」をサポートしています。書き込みエラー発生時などは、自動的に別ブロックに正しい情報を書き込むため、万一の障害発生時にも正しいデータでの復旧が可能となります。
NO: SATA HDDも選択肢となります。
ただし、SATA HDDは「Bad Block Replacement(BBR)機能」をサポートしていません。そのため、万一の障害発生時の復旧に制限が出る場合もありますのでご注意ください。
 このページのトップへ

関連情報へのリンク

HP ProLiant サーバー ストレージ - ハード ディスク ドライブ
- HP ProLiant サーバー ストレージ用ハードディスクドライブ ラインアップをご覧ください。
HP ProLiant + Serial Attached SCSI(SAS)
- Why SAS? Why 2.5? そのの疑問にお答えします!
SCSIは次の世紀へ Serial Attached SCSI(SAS)
- 真剣に将来を考えたら、結論はSAS (PDF:900KB)
Close Up ! HP ProLiant SAS特集
- HP ProLiant ならではの納得!のメリットをご紹介 (PDF:523KB)
BCN (BUSINESS COMPUTER NEWS) 2005年10月31日発行号 記事広告
- 高信頼のSerial Attached SCSIへの移行が始まる・・・ユーザーに十分な移行期間を提供するHP ProLiant (PDF:446KB)
日経ソリューションビジネス 2005年10月31日発行号 記事広告
- SAS Transition・・・いち早く対応製品をラインアップするHP ProLiant (PDF:324KB)
Whitepaper-技術情報- SAS(Serial Attached SCSI)テクノロジー
HP ProLiant 技術情報- Serial テクノロジー

このページのトップへ
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡