HP ProLiant
SL4540 Gen8(販売終了)

製品の画像は、実際の製品と異なることがあります。

HP ProLiant SL4500サーバーシリーズは、データセンター内で拡大し続けるデータ容量に対抗する、分散ファイルシステムなどのソフトウェアテクノロジーとの組み合わせに特化した、新しいコンセプトのスケールアウト型ストレージサーバーです。サーバー内蔵のストレージ容量を最大化し、スペースと容量単価を抑制します。また、メンテナンス性を考慮したモジュール型のシステムを提供します。
HP ProLiant SL4540 Gen8は、省スペースなモジュラー型ノードで、最大2基のインテル® Xeon® プロセッサー E5-2400 製品ファミリーを搭載可能です。利用するシステムの特性に合わせて、搭載ノード数と、ストレージ容量が異なる複数のシャーシタイプから選択することが可能で、選択するモデルにより、1ノードあたり最大60台のLFF(3.5型)ディスクを内蔵ディスクとして利用することができます。シャーシ背面にはファン、パワーサプライ、およびネットワークモジュールを搭載し、1G、または10Gのネットワークポートに加えて、1つのPCIeスロットを有し、追加のネットワークカードやIOアクセラレータなどを増設することができます。ディスク、ファン、パワーサプライなどの各コンポーネントはすべてホットプラグに対応し、HP ProLiant SL4540 Gen8サーバーも、独立して抜き差し可能で、さらにiLO Management Engine (iLO 4)を搭載した、運用性を考慮した設計になっています。



特長


スケールアウト型ストレージシステムに適した運用設計


  • モジュラー型コンポーネント
    • ディスク、ファン、パワーサプライなどのコンポーネントはすべてホットプラグに対応。また、サーバーノードも小型化し、シャーシに抜き差ししやすく、また、独立してメンテナンスが可能なモジュラー型設計を採用。
  • iLO 4による、包括的な運用管理サポート
    • サーバーセットアップや、障害通報、問題解析など、さまざまな運用場面を強力に支援するiLO Management Engine (iLO 4)を搭載。迅速なサービス立ち上げや、早期問題解決を実現します。


ディスク搭載スペースと、ストレージ容量単価を抑制


  • ProLiantラインアップ最大級の内蔵ディスク搭載数
    • 最大60台のディスクを利用可能。4.3Uのスペースに大容量のストレージを搭載し、スペースあたりの容量を最大化。
  • シンプル設計で、導入コストを抑制
    • HP ProLiantシリーズと共通のコンポーネントを活用しつつ、シンプルなアーキテクチャーで、内蔵ディスクのキャパシティを向上。導入コストを抑え、ストレージ容量単価の低減に貢献します。

サポート情報


Apache Hadoop on SL4500

Object Storage on SL4500

Microsoft Exchange Server 2010 on SL4500 (英語)