HP ProLiant
SL2500 Gen8(販売終了)

製品の画像は、実際の製品と異なることがあります。

HP ProLiant SL2500 Scalable Systemは非常に高密度のソリューションで、ホットプラグ対応の独立したHP ProLiant SL210t Gen8サーバーノードを最大4台、標準的な2Uシャーシに格納できます。個々のSL210t Gen8サーバーノードは、同じシャーシを共有する他のノードの運用に影響を与えることなく、個別にサービスを実行できます。これは、サーバーの稼働時間が向上することを意味します。各サーバーノードは、電源および冷却機能を共有する非常に効率性の高い筐体内で、1866MHzメモリと2基のインテル® Xeon® プロセッサー E5-2600 v2の能力を利用します。

HP ProLiant SL2500はエンタープライズサーバーに求められるあらゆる機能を備えており、効率性、密度、および柔軟性の最適化による高い付加価値を提供します。HP ProLiant SL2500は、標準ラックサーバーの2倍の密度を誇り、データセンターの利用可能なフロアスペースを拡大しつう、パフォーマンスを高め消費電力を削減し、既存の業界標準ラックに適合する柔軟な構成を実現できます。

注: 本製品はフルカスタマイズCTO専用モデルとなります。HP Directplusでのお取り扱いはございませんので、詳細に関してはHP

特長


SL2500は、2Uラック型シャーシ「HP ProLiant t2500 シャーシ(以下、t2500シャーシ)」に、最大4台の独立したサーバートレイ「HP ProLiant SL210t Gen8 (以下、SL210t Gen8)」を搭載し運用します。
t2500シャーシは、標準的な物理寸法や前面アクセスのホットプラグドライブといった、データセンターの既存ラックへの導入が容易な設計となっております。また、各サーバーノードのメンテナンス時に他のノードに影響を与えない完全なノード独立性(ノードホットプラグ)を確保することで、運用性に妥協のないシステム作りを可能にしています。
最新の80 PLUS Titanium パワーサプライをサポートし、電源、ファンを複数サーバーで共有する事で、電源効率を最大化し、クラウドサービス事業者向けに安全な低電力システムの構築を支援します。
2ソケットサーバーノードSL210t Gen8は、インテル Xeon E5-2600 v2ファミリー最上位モデルを含む広大なCPUラインアップを提供し、またメモリは最大1866MHzの動作速度をサポートします。高密度サーバーながらメモリ容量は最大512GBとなり、1Uあたり2サーバーを実現するハーフハイトノードで、2つのI/Oスロットを提供します。