Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバー

HP SE2120 〜1Uサイズに2ノード搭載可能なサーバー

集積度と省電力を徹底追求した、データセンター向けサーバーが登場

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む
製品イメージ
希望小売価格(税込):¥378,000〜
(2サーバーノード標準搭載)

製品情報/QuickSpecs

  製品概要 関連リンク
モデル・スペック   ニュースリリース
ドライバー & ダウンロード
システム構成図

サーバー ホスティング ベンダーの声から生まれた、高密度ラックマウント型サーバー

今日のデータセンターはスペース上の制約、そして電力と冷却という課題を抱えます。
サーバー台数の増加に伴い、データセンターは慢性的なスペース不足の傾向にあります。またサーバーの消費電力の増加とその冷却のための空調機にも、莫大な電力コストがかかっていることが問題となっています。(コストだけでなく環境保護の観点でも非常に大きな課題です。)
高密度化と省電力という2つの課題を両立することができれば、データセンターのコスト削減に寄与します。

HPは、サーバー密度と電力効率に優れたブレード型サーバーによってそれら両方の解決策を提示してきました。
一方で、ブレード型サーバーの優れた管理性や付加価値を必ずしも必要としない、サーバー ホスティング業界やWeb 2.0といったインターネット経由でサービスを提供する大規模な事業者において、従来のラックマウント型サーバーで集積度を向上した、より省電力・省スペースを追求したサーバーへの需要が高まってきました。

そのような声から生まれたのが、ラックマウント型サーバー従来の2倍の実装密度と、従来モデルの約4割減の省電力を実現したHP SE2120です。
このページのトップへ

最適な環境・用途

  • 限られたスペースでより多くのサーバーを稼動させたい環境
  • ブレード型サーバーの管理性や付加価値は必要ない用途
  • CPUパワーは優先事項でない場合(1ソケットで十分な場合)
データセンターイメージ図
 
このページのトップへ

HP SE2120 の特長

1Uラックマウント型シャーシに2台のサーバーを内蔵
  • 2つのサーバーノードはそれぞれ完全に独立したサーバー
  • ハードディスクや電源ユニットも各ノードそれぞれに内蔵
  • 1台のHP SE2120には予め2つのサーバーノードが標準搭載済みのため、構成も簡単

低消費電力
  • プロセッサーやメモリには低消費電力タイプのものを採用
  • 従来の代表的な1Uラックマウント型サーバーと比べ約4割も省電力(※)
※HP自社調べ。同構成、同ノード数における実機測定による比較

スムーズな通気
  • 1Uシャーシの右・左半分それぞれに、ブレード状の細長いサーバー2台を平行に内蔵
  • 通気の方向は各サーバーノードで同じ前から後ろとなっており、ラック内の他の製品とも同じ方向で吸気・排気を行います。
製品イメージ
このページのトップへ

お問い合わせ

本製品に関するお問い合わせは、以下のページをご参照ください。
お電話でのお問い合わせ
製品・サービスのご購入について(Eメール)
製品仕様・資料送付・保守/保証について(Eメール)
このページのトップへ

※本製品の仕様及び外観は予告なく変更することがあります。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項
BL685cG5 DL585 G5 DL785 G5 BL465c G5 BL495c G5 DL165 G5 DL365 G5 DL385 G5p