Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバ  >  OS

HP integrated Citrix XenServer

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む

Q&A

製品情報/QuickSpecs

Showcase
  概要説明
  仕様一覧
  Q&A

新機能についての質問

Q1. Citrix XenServerをHP ProLiantプラットフォームに統合するとどんなメリットがあるのですか。
A1. Citrix XenServerをHP ProLiantプラットフォームに統合することで、インストールと設定が簡単になるため、インストールが10分ほどで完了し配備にかかる時間が短縮されます。また、HP ProLiant Virtual Consoleが、HP integrated Citrix XenServerのすべてのオプションに標準で付属しています。HP ProLiant Virtual Consoleは、単一サーバ上でサーバのKVMを使用した仮想マシンの管理機能を提供することで、仮想マシンのインストールに伴う複雑さを解消します。

Q2. どのようにして使用するのですか。
A2. HPからご希望のHP integrated Citrix XenServerオプション キットを購入してください。購入後、HP XenServerのイメージがあらかじめインストールされたUSBキーが届きます。キーをサーバの内部USBポートに挿入します(お使いのHP ProLiantサーバの内部USBポートの位置については、フード ラベルを参照してください)。POST実行中に、F9キーを押してROMベース セットアップユーティリティ(RBSU)にアクセスし、ブート順をUSBキーからのブートに切り替えます。その後、通常の手順でサーバをブートすると、メモリにXenServerが自動的にロードされます。HP ProLiant Virtual Consoleウィザードの手順に従って、ホストと仮想マシンの設定を進めてください。

Q3. HP ProLiant Virtual Consoleとは何ですか。
A3. HP ProLiant Virtual Consoleは、単一サーバ上でサーバのKVMを使用した仮想マシンの管理機能を提供することで、仮想マシンのインストールに伴う複雑さを解消します。HP ProLiant Virtual Consoleは、HP integrated Citrix XenServerのすべてのオプションに標準で付属しています。

  • 初期設定ウィザードによるセットアップが、最初のインストールおよび設定手順を正しい順序で進めます。
  • わかりやすいGUIベ―スのインタフェースにより、インストール後の仮想マシンの監視と管理が可能になります。
  • サーバにインストールされている仮想マシンのコンソールが複数画面を用いて表示されるため、最高9つのマシンのコンソールを同時に表示でき、管理が簡単になります。
  • 別売りのHP iLO2 Advanced Packを使用すると、仮想マシンの作成と管理が大幅に高度化します。HP iLO2 Advanced Packは、グラフィカル リモート コンソール、仮想メディア機能など、いくつかの強力な機能を提供します。

 このページのトップへ戻る

機能についての質問

Q1. USBキーに収録されているプログラムやデータをすべて教えてください。
A1. HPが作成するHP integrated Citrix XenServerのイメージには、ユーザが購入したライセンス適用済みのXenServer製品、単一サーバでの仮想マシン管理用のHP ProLiant Virtual Console、およびHP System Insight Managerエージェントが含まれています。

Q2. Citrix XenServerがHP ProLiantプラットフォームに統合されることが、どのようにコスト削減につながるのですか。
A2.
  • HPでは、コスト効率が高いXenServer HP Select Editionを提供します。この製品には、HP ProLiant Virtual Consoleが含まれており、1台のサーバ上で仮想マシンを管理するために必要な機能がすべて備わっています。HP Select Editionでは、サーバあたりの作成できる仮想マシンの数に制限はなく、仮想マシン1台あたり32GBまでのメモリを割り当てることができます。
  • HP integrated Citrix XenServer HP Enterprise Editionを使用すると、リソース プールの作成や稼動状態での移行が可能になります。HP Enterprise Editionでは、1台のサーバ管理を行うHP ProLiant Virtual Consoleも含まれるため、コストもさらに節約されます。

 このページのトップへ戻る

サービスおよびサポートについての質問

Q1. HP integrated Cirtix XenServerで利用できるサービスを教えてください。
A1. integrated Cirtix XenServer HP Enterprise Editionには、インシデント数に制限がない1年間、9時間x5日のサポートおよび登録更新サービスが標準で付属しています。
また、生産性向上に役立つ次のようなサポートレベル アップグレード オプションも利用できます。

  • integrated Cirtix XenServer HP Select Editionを対象にした、インシデント数に制限がない1年間、9時間x5日のソフトウェア サポートおよび登録更新サービス
  • integrated Cirtix XenServer Enterprise Editionまたはintegrated Cirtix XenServer HP Select Editionを対象にした、インシデント数に制限がない、さまざまな保証期間と受付時間(3年間、9時間x5日、1年間、24時間x7日、およびHPが推奨する3年間、24時間x7日)のソフトウェア サポートおよび登録更新サービス

 このページのトップへ戻る
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項