Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバー  >  サーバー オプション

仮想メディア機能付きHPサーバー コンソール スイッチ

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む

製品情報/QuickSpecs

 
  Showcase
  仕様一覧
  システム構成
  カタログ

概要

HPの仮想メディア機能付きサーバー コンソール スイッチは、データ センタ環境の管理において中心的な役割を果たすコンポーネントです。2つのローカル コンソール(コンソールとは、1組のキーボード、モニター、およびマウスを意味します)を接続することで、さまざまなオペレーティング システムを実行する複数のサーバーにアクセスできます。仮想メディア機能によって、サーバーのコンソール スイッチに直接接続されているUSBドライブを、接続されているサーバーにマッピングして、インストールおよび更新に使用することができます。直感的でわかりやすいOSD(オンスクリーン ディスプレイ)には、設定、仮想メディア、ディスプレイ、およびセキュリティや更新のメニューが用意されています。

仮想メディア機能付きサーバー コンソール スイッチをカスケード接続すれば、3階層のカスケード接続で単一のコンソールから最大4096台のサーバーを管理することができます。また、仮想メディア機能付きHPサーバー コンソール スイッチを追加してカスケード接続すれば、3階層のカスケード接続上の任意のサーバーに対して単一のコンソールからアプリケーションのインストールおよび更新を実行できるようになります。

仮想メディア機能付きHPサーバー コンソール スイッチは、仮想メディアに対応していないすべてのHP製Cat5ベースのサーバー コンソール スイッチおよびインタフェース アダプタと下位互換性があります。

HPサーバー コンソール スイッチは、標準の方法でラックにマウントすると、フロント パネルのラック スペースのうち1U(約4.4cm)分が占有されます。ただし、ラックのサイド レールにマウントするか、HP 1Uラックマウント型キーボードまたは1UのTFT7600ラックマウント型キーボード/モニターの背後にマウントすることにより、「0U」形状でマウントすることもできます。
  仮想メディア機能付きHPサーバー コンソール スイッチ
 
  1. AC電源コネクタ
  2. 電源スイッチ
  3. シリアル ポート (メンテナンス用)
  4. コンソールA PS2マウス コネクタ
  5. コンソールA VGAモニター コネクタ
  6. コンソールB PS2マウス コネクタ
  7. コンソールB VGAモニター コネクタ
  8. サーバー ポート
  9. コンソールB USBポート(キーボードおよびマウスのみ)
  1. コンソールB PS2キーボード コネクタ
  2. コンソールA USBポート(キーボード、マウス、または仮想メディア)
  3. コンソールA PS2キーボード コネクタ
  4. カスケード接続専用ポート
  5. RJ-45ネットワーク コネクタ
  6. 電源およびステータスLED

特長

  • 仮想メディア
    • USB CD-ROM、USBディスケット ドライブ、USBハードディスク ドライブ、またはUSBキーを、仮想メディア機能付きHPサーバー コンソール スイッチに直接接続し、接続されているサーバーにマッピングして、アプリケーションのインストールや更新を容易に実行
    • 新しい1Uラックマウント型キーボードやHP TFT7600ラックマウント型キーボード/モニターを使用する場合は、キーボードの正面USBパススルーポートにUSBドライブを直接接続でき、使いやすさが向上
    • 仮想メディアのサポートには、仮想メディア対応インタフェース アダプタが必要
  • 仮想メディア対応インタフェース アダプタ
    • HP ProLiantサーバーで仮想メディアをサポートするための新しいインタフェース アダプタ
    • コンソール機能もサポート
  • カスケード接続サポートの向上
    • 3階層のカスケード接続により、最大4096台のサーバーをサポート。カスケード接続内の全層を仮想メディア互換コンソール スイッチおよびインタフェース アダプタで構成する場合、仮想メディアは全階層の任意のサーバーにマッピング可能

新機能

  • BladeSystem c-ClassサーバーをサポートするBladeSystem c-Class KVMインタフェース アダプタ
  • Microsoft Windowsが動作するIntegrityサーバーなど、マウスおよびキーボードのPS2接続をサポートしないサーバー用の仮想メディア対応の新しいUSBインタフェース アダプタ

モデル

HPサーバー コンソール スイッチ

KVMサーバー コンソール スイッチ(2x16)仮想メディア機能付 AF600A

ターゲット アプリケーションおよびマーケット

HPサーバー コンソール スイッチ製品ファミリは、ネットワーク管理者、システム管理者、エンジニアリング マネージャ、情報担当責任者、情報システム管理者などに特に役立ちます。
  • 複数のサーバー(PS2またはUSBのI/O接続ポートを備えた任意のサーバー)に簡単にアクセス可能
  • 1つのコンソールからマルチ プラットフォーム(Microsoft® Windows®、Novell、Unix®、Linuxなど)を管理
  • サーバーの動作を妨げずに制御および管理。HPサーバー コンソール スイッチは、「アウトバンド」であり、サーバーの動作をまったく妨げることなく、複数のシステムから表示させることができます。

特長

  • オンスクリーン ディスプレイ(OSD) - 選択したサーバー名、ステータス、電源投入時セルフ テストのデータ、コンフィギュレーション メニューおよび仮想メディアなど、システム関連の情報をコンソール モニターに表示します。
  • プログラマブル スキャン - システム内の任意のまたはすべてのコンピュータを順にスキャンして、システムの性能を評価します。プログラマブル スキャンにより、スキャン対象のコンピュータと接続の期間を決定することができます。
  • コンフィギュレーションNVRAM - NVRAM(不揮発性RAM)によって、キーボードから入力されるコマンドを使用したコンフィギュレーション情報の設定が簡単になります。設定されたコンフィギュレーション情報は、ユーザが変更するまでNVRAMに保存され、装置の電源が切られても失われることはありません。
  • パスワードによる保護 - 権限のないユーザからシステムを保護できるように、スイッチ ボックスではパスワード オプションが提供され、セキュリティが保護されます。
  • スイッチ ファームウェアの更新 - スイッチのアプリケーション コードは、フラッシュROMを介して迅速かつ簡単に更新できます。ファームウェアの更新は、データ センタにノートブックを持ち込まなくても、LANを介して実行できます。
  • 空間を節約する複数の0Uインストール方式
    • 側面へのマウント - ラック側面へのマウントを可能にする機能を利用して、ユニットをラック キャビネットの側面にマウントするためのレールが用意されています。
    • ラック背面へのマウント - スイッチに付属のサイド レールを使用すれば、HPコンソール スイッチをHP 1Uラックマウント型キーボードまたはTFT7600ラックマウント型キーボード/モニターの背後にマウントできます。
  • 仮想メディア対応インタフェースアダプタにより、PS2接続のマウスおよびキーボードと、 仮想メディア用USBポートをサーバーで使用可能
  • 仮想メディア対応USB 2.0インタフェースアダプタにより、マウスおよびキーボードのPS2接続がないサーバーで使用可能
    • USB 2.0プロトコルおよび速度は、どちらの仮想メディア対応インタフェース アダプタでもサポートされます。
  • インタフェース アダプタと接続するさまざまなサーバーのサポート(仮想メディアは不要)
    • PS/2
    • USBマウスおよびキーボード
    • シリアル コンソールのサポート
    • フロント診断コネクタによるBladeSystemのサポート
  • 以下の入力デバイスでは、仮想メディア機能付きサーバー コンソール スイッチにUSBメディアを接続するための正面USBパス スルー ポートを使用可能
    • HP 1Uラックマウント型キーボード(USBパス スルー ポート付)
    • HP TFT7600ラックマウント型キーボード/モニター

カスケード接続

  • カスケード接続とは、1台のスイッチをピラミッドの頂上に置き、その配下に1台または複数台のスイッチを接続することを指します。カスケード接続を使用することにより、管理者は単一のローカル コンソールから多数のサーバーにアクセスできるようになります。仮想メディア機能付きサーバー コンソール スイッチでは、2つのローカル コンソールを接続できます。仮想メディア機能付きサーバー コンソール スイッチは、以下の条件において、最大で3階層のカスケード接続をサポートします。
  • 仮想メディア機能付きサーバー コンソール スイッチは、仮想メディア機能付きHPサーバー コンソール スイッチ、またはCat5ベースのHPサーバー コンソール スイッチにカスケード接続できます。この場合、最上位のスイッチのサーバー ポートから、スイッチ上のカスケード接続専用ポート(下図参照)にCat5ケーブルを接続します。HPサーバー コンソール スイッチをカスケード接続する場合は、インタフェース アダプタは不要です。
  • 仮想メディア機能付きHPサーバー コンソール スイッチを最上位に設定し、その配下に最大16台の仮想メディア機能付きサーバー コンソール スイッチまたはCat5ベースのHPサーバー コンソール スイッチを接続することによって、最大256台のサーバーをカスケード接続できます。
  • 第1の階層と第2の階層に仮想メディア対応HPサーバー コンソール スイッチが含まれている場合、第3の階層に複数の仮想メディア機能付きコンソール スイッチまたはCat5ベースのHPサーバー コンソール スイッチを組み合わせて使用することで、最大4096台のサーバーをカスケード接続できます。
  • 仮想メディアを任意の階層に接続されているサーバーにマッピングする場合は、仮想メディア対応インタフェース アダプタを使用して、サーバーを仮想メディア対応HPサーバー コンソール スイッチに接続する必要があります。
  • 仮想メディア機能付きHPサーバー コンソール スイッチを、従来のCat5ベースのHPサーバー コンソール スイッチの配下にカスケード接続することはできません。
  • 従来のCat5ベースのHPサーバー コンソール スイッチ、インタフェース アダプタ、および拡張モジュールは、仮想メディアをサポートしません。
  • カスケード接続されたHPサーバー コンソール スイッチおよび接続されているすべてのインタフェース アダプタのファームウェアを更新するには、カスケード接続されたHP KVMサーバー コンソール スイッチにキーボード、モニター、およびマウスをローカル接続して、ローカルOSDにアクセスする必要があります。
  • HPサーバー コンソール スイッチは、Compaq製のKVM PCIカードおよびNetServerオプションのHP製コンソール スイッチをサポートしません。
  カスケード接続専用ポートを使用した仮想メディア機能付きHPコンソール スイッチのカスケード接続
  カスケード接続専用ポートを使用した仮想メディア機能付きHPコンソール スイッチのカスケード接続
   
  仮想メディア対応PS2インタフェース アダプタ(製品番号:AF604A)
  HP Integrityサーバー用仮想メディア対応USB 2.0インタフェース アダプタ(製品番号:AF603A(販売終了))
 
  1. VGAコネクタ
  2. RJ-45コネクタ(スイッチへの接続用)
  1. USB 2.0コネクタ(マウス、キーボード、および仮想メディア用)
   
  仮想メディア対応PS2インタフェース アダプタ(製品番号:AF604A)
  仮想メディア対応PS2インタフェース アダプタ(製品番号:AF604A)
 
  1. 仮想メディア用USBコネクタ
  2. PS2キーボード コネクタ
  3. PS2マウス コネクタ
  1. VGAコネクタ
  2. RJ-45コネクタ(スイッチへの接続用)

コンソール サポート

HP ProLiantサーバーのサポート

すべてのHP IPコンソール スイッチは、オペレーティング システムの種類を問わず、すべてのHP ProLiantサーバーをサポートします。

HP Integrityサーバーのサポート

Integrityサーバーのサポートは、オペレーティング システムおよびハードウェア コンフィギュレーションによって異なります。VGAグラフィックスの表示に対応しているシステムでは、コンソール スイッチ用USBインタフェース アダプタ(製品番号:336047-B21)を使用できます。Integrityサーバーの機種によっては、オプションのグラフィックス アダプタが必要となる場合があります。
オペレーティング システムによっては、RS-232管理ポートにシリアル インタフェース アダプタ(製品番号:373035-B21)を接続して、HPサーバー コンソール スイッチからVT100端末エミュレーションを行うことができます。

仮想メディアによるコンソール サポート(仮想メディア対応インタフェース アダプタが必要)

HP ProLiantサーバーの仮想メディアのサポート

USBストレージ デバイスおよびUSBドライブ キーをサポートし、Microsoft Windows 2000(SP4以降)以降、RedHat 4、SLES 9のいずれかのオペレーティング システムを実行するすべてのHP ProLiantサーバーがサポートされます。仮想メディア機能付きHPコンソール スイッチに仮想メディア対応 PS2 インタフェース アダプタ(製品番号:AF604A)を接続する必要があります。

HP Integrityサーバーの仮想メディアのサポート

Microsoft Windows 2003(SP4以降)が動作し、VGAグラフィックスの表示に対応しているシステムでは、仮想メディア対応USBインタフェース アダプタ(製品番号:AF603A(販売終了))を使用できます。但し、HP-UXが動作するシステムではこのアダプタ(製品番号AF603A(販売終了))は使用できません。Integrityサーバーの機種によっては、オプションのグラフィックス アダプタが必要となる場合があります。

注: ハードウェア コンフィギュレーションやオペレーティング システムによっては、仮想メディアの転送速度がUSB 1.1の速度に制限される場合があります。
注: 仮想メディア機能対応のUSB2.0 インターフェースアダプタ(AF603A(販売終了))は、同時に仮想メディア1台のみのサポートとなっています。仮想メディア2台同時に接続を希望する場合は、仮想メディア機能対応のPS2インターフェースアダプタ(AF604A)を選択してください。
注: HPでは広範囲に渡ってUSBメディアをテストしていますが、全てのUSBメディアをサポートできません。
注: USBメディアは取り外しの際に、必ず使用するOS上で該当メディアのデバイスを停止させた後に、USBメディアを取り外してください。
メディアデバイスを停止しないで取り出すと、予期しない動作をすることがあります。
注: USBサポートについて詳しくは、HPのWebサイトhttp://h18004.www1.hp.com/products/servers/platforms/usb-support.html(英語)を参照してください。

関連オプション

仮想メディア対応インタフェース アダプタ

仮想メディア対応USB 2.0インタフェース アダプタ(HP Integrityサーバー用) AF603A
(販売終了)
仮想メディア対応PS2インタフェース アダプタ AF604A
注: サーバー上のPS/2マウス コネクタおよびキーボード コネクタ、および1つのUSBポートを使用します。

インタフェース アダプタ(コンソール機能のみをサポート)

IPコンソール スイッチ用インタフェース アダプタ1本パック 262588-B21
IPコンソール スイッチ用インタフェース アダプタ8本パック 262587-B21
コンソール スイッチ用USBインタフェース アダプタ1本パック 336047-B21
BladeSystem c-Class Cat5 KVMインタフェース アダプタ
注: HP BladeSystem c-Class製品のみをサポートします。
AF605A
BladeSystem CAT5 KVMインタフェース アダプタ
注: HP BladeSystem p-Class製品のみをサポートします。
AF100A
シリアル インタフェース アダプタ
注: VT100端末エミュレーションに使用します。
373035-B21

拡張モジュール

IPコンソールスイッチ用8ポート拡張モジュール
注: コンソール機能のみをサポートします。
262589-B21

CAT5eケーブル

IPコンソール スイッチ用CT5 6フィート ケーブル8本パック 263474-B22
IPコンソール スイッチ用CT5 12フィート ケーブル8本パック 263474-B23
IPコンソール スイッチ用CT5 40フィートケーブル 1本パック 263474-B25
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項