Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバー  >  サーバー オプション

仮想メディア機能付きHP IPコンソール スイッチ

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む

製品情報/QuickSpecs

 
  Showcase
  仕様一覧
  Viewerダウンロード
  システム構成
  カタログ

概要

HPの仮想メディア機能付きIPコンソール スイッチは、異機種データ センタ環境の管理において中心的な役割を果たすコンポーネントであり、IP コンソール ビューア ソフトウェアと組み合わせることによって、さまざまなオペレーティング システムを実行する複数のサーバーへのリモート アクセスが可能です。仮想メディア機能により、ドライブまたはISOイメージをデータ センタ内に接続されたサーバーにリモートからマッピングしたり、リモート オフィスにマッピングしてソフトウェアのインストールまたは更新に使用したりすることも可能です。直感的でわかりやすいOSD(オンスクリーン ディスプレイ)には、設定、仮想メディア、ディスプレイ、およびローカル コンソールのセキュリティや更新のメニューが用意されています。

仮想メディア機能付きHP IPコンソール スイッチをカスケード接続すれば、3階層のカスケード接続で単一のコンソールから最大4096台のサーバーを管理することができます。また、仮想メディア機能付きHPサーバー コンソール スイッチを追加してカスケード接続すれば、3階層のカスケード接続上の任意のサーバーに対して単一のコンソールからアプリケーションのインストールおよび更新を実行できるようになります。

仮想メディア機能付きHP IPコンソール スイッチは、仮想メディアに対応していないすべてのHP製Cat5ベースのサーバー コンソール スイッチおよびインタフェース アダプタと下位互換性があります。

HP IPコンソール スイッチは、標準の方法でラックにマウントすると、フロント パネルのラック スペースのうち1U(約4.4cm)分が占有されます。ただし、ラックのサイド レールにマウントするか、HP 1Uラックマウント型キーボードまたは1UのTFT7600ラックマウント型キーボード/モニターの背後にマウントすることにより、「0U」形状でマウントすることもできます。
  仮想メディア機能付きHP IPコンソール スイッチ
 
  1. AC電源コネクタ
  2. 電源スイッチ
  3. ファン
  4. 電源およびステータスLED
  5. RJ-45ネットワーク コネクタ
  6. シリアル ポート(メンテナンス用)
  1. PS/2マウス コネクタ
  2. PS/2キーボード コネクタ
  3. VGAモニター コネクタ
  4. USBポート
  5. サーバー ポート

特長

  • ユーザ数の増加
    • スイッチ当たりのユーザ数が増加し、柔軟性が向上
  • ビデオ サポートの向上
    • ビデオ圧縮の新機能により、リモート セッションでも性能を低下させることなく1024×768の解像度と16ビット カラーを実現。
    • 解像度を上げつつケーブル距離を伸長
  • セキュリティの向上
    • リモート セッションにおけるキーボード、ビデオ、およびマウス動作を、128ビットSSL、DES、またはDES3によって完全暗号化
    • データ センタに対するリモート コンソール セッションは、他のリモート ユーザと共有可能。セキュリティ上の理由などにより、事前通知なしにリモート セッションを監視できるステルス モード
  • LDAP対応
    • LDAPによるMicrosoft Active Directoryの統合を標準化
    • LDAP未対応の環境では、スイッチ上のローカル セキュリティ データベースを使用可能
  • リモートおよびローカルの仮想メディア
    • 端末PC上のローカル メディアをデータ センタまたはリモート オフィスのリモート サーバーにマッピングすれば、アプリケーションのインストールまたは更新を簡単に実行可能
    • 仮想メディア機能付きHP IPコンソール スイッチに直接接続したUSB CD-ROM、USBディスケット ドライブ、USBハードディスク ドライブ、USBキーなどを、接続されたサーバーにマッピング可能
    • USB付きの1Uラックマウント型キーボードや TFT7600ラックマウント型キーボード/モニターをローカルで使用する場合は、キーボードの正面USBポートにUSBドライブを接続でき、使いやすさが向上
    • 仮想メディアのサポートには、仮想メディア対応インタフェース アダプタが必要
  • 仮想メディア対応インタフェース アダプタ
    • HP ProLiantサーバーで仮想メディアをサポートするための新しいインタフェース アダプタ
    • コンソール機能もサポート
  • カスケード接続サポートの向上
    • 3階層のカスケード接続により、最大4096台のサーバーをサポート。カスケード接続内の全階層を仮想メディア互換コンソール スイッチおよびインタフェース アダプタで構成する場合、仮想メディアは全階層の任意のサーバーにマッピング可能
  • IP コンソール ビューア3.0ソフトウェア
    • 仮想メディア機能付きHP IPコンソール スイッチ、および従来のCat5ベースのHP IPコンソール スイッチをサポート
    • リモート仮想メディア セッションをサポート
    • WindowsクライアントおよびLinuxクライアントに対応
    • ターゲット サーバー上へのソフトウェア インストールは不要

新機能

  • BladeSystem c-ClassサーバーをサポートするBladeSystem c-Class KVMインタフェース アダプタ
  • Microsoft Windowsが動作するIntegrityサーバーなど、マウスおよびキーボードのPS2接続をサポートしないサーバー用の仮想メディア対応の新しいUSBインタフェース アダプタ

モデル

HP IPコンソール スイッチ

IPコンソール スイッチ(2x1x16)仮想メディア機能付 AF601A
IPコンソール スイッチ(4x1x16)仮想メディア機能付 AF602A

ターゲット アプリケーションおよびマーケット

HPコンソール スイッチ製品ファミリは、ネットワーク管理者、システム管理者、エンジニアリング マネージャ、情報担当責任者、情報システム管理者などに特に役立ちます。
  • 24時間×7日間稼動のデータ センタ - HP IPコンソール スイッチを使用すると、スタッフが常駐するデータ センタで、コンピュータ室に人員を配置しなくてもサーバーへのアクセスを維持できます。システム管理者は、手元のローカル ワークステーションにIPビューア ソフトウェアをロードし、LAN/WAN接続を介してコンピュータ室のサーバーにアクセスできます。
  • リモート サイトにスタッフ配置の不要 - HP IPコンソール スイッチを使用すると、ユーザは、LANまたはWANを介してローカルでコンソール機能にアクセスできます。リモート ユーザは、サーバーにアクセスし、ローカルのコンソールの正面にいるかのように操作を実行できます。
  • 異機種環境 - HP IPコンソール スイッチは、標準のPS/2またはUSBコンソールで、あらゆる種類のサーバーに接続します。また、BladeSystemおよびシリアル デバイスにも接続します。

特長

  • 完全なリモート コンソール機能 - サーバーおよびシリアル接続デバイスのリモート コンソール制御をローカル接続とほぼ同じ性能で提供します。
  • リモート仮想メディア - 仮想メディア対応インタフェース アダプタを使用すれば、LANおよびWAN上のあらゆるコンピュータからソフトウェアおよびファームウェアのロードおよびアップデートを簡単に実行できます。
  • iLO互換 - リモート コンソール画面とiLO画面を簡単に切り替えることができます。
  • オンスクリーン ディスプレイ(OSD) - 選択したサーバー名、ステータス、電源投入時セルフ テストのデータ、コンフィギュレーション メニューおよび仮想メディアなど、システム関連の情報をコンソール モニターに表示します。
  • プログラマブル スキャン - システム内の任意のまたはすべてのコンピュータを順にスキャンして、システムの性能を評価します。プログラマブル スキャンにより、スキャン対象のコンピュータと接続の期間を決定することができます。
  • コンフィギュレーションNVRAM - NVRAM(不揮発性RAM)によって、キーボードから入力されるコマンドを使用したコンフィギュレーション情報の設定が簡単になります。設定されたコンフィギュレーション情報は、ユーザが変更するまでNVRAMに保存され、装置の電源が切られても失われることはありません。
  • パスワードによる保護 - 各ユーザの認証およびリモート ユーザのアクセス権の付与はもちろん、権限のないユーザからシステムを保護できるように、スイッチ ボックスではパスワード オプションが提供され、セキュリティが保護されます。
  • スイッチ ファームウェアの更新 - スイッチのアプリケーション コードは、フラッシュROMを介して迅速かつ簡単に更新できます。IP コンソール ビューア3.0ソフトウェアの使用により、LANを介してリモートから更新を実行できます。
  • 空間を節約する複数の0Uインストール方式
    • 側面へのマウント - ラック側面へのマウントを可能にする機能を利用して、ユニットをラック キャビネットの側面にマウントするためのレールが用意されています。
    • ラック背面へのマウント - スイッチに付属のサイド レールを使用すれば、HPコンソール スイッチをHP 1Uラックマウント型キーボードまたはTFT7600ラックマウント型キーボード/モニターの背後にマウントできます。
  • 仮想メディア対応インタフェース アダプタにより、PS2接続のマウスおよびキーボードと、仮想メディア用USBポートをサーバーで使用可能
  • 仮想メディア対応USB 2.0インタフェース アダプタにより、マウスおよびキーボードのPS2接続がないサーバーで使用可能
    • USB 2.0プロトコルおよび速度は、どちらの仮想メディア対応インタフェース アダプタでもサポートされます。
  • インタフェース アダプタと接続するさまざまなサーバーのサポート(仮想メディアは不要)
    • PS/2
    • USBマウスおよびキーボード
    • シリアル コンソールのサポート
    • フロント診断コネクタによるBladeSystemのサポート
  • 以下の入力デバイスでは、仮想メディア機能付きHP IPコンソール スイッチにUSBメディアをローカル接続するための正面USBパス スルー ポートを使用可能
    • HP 1Uラックマウント型キーボード(AG084A、AG086A/USBパス スルー ポート付)
    • HP TFT7600ラックマウント型キーボード/モニター(AG064A、AG066A/USBパス スルー ポート付)

カスケード接続

カスケード接続とは、1台のスイッチをピラミッドの頂上に置き、その配下に1台または複数台のスイッチを接続することを指します。カスケード接続を使用することにより、管理者は単一のローカル コンソールまたはリモート コンソールから多数のサーバーにアクセスできるようになります。仮想メディア機能付きHP IPコンソール スイッチは、以下の条件において、最大で3階層のカスケード接続をサポートします。
  • HP IPコンソール スイッチは、カスケード接続の最上位層としてのみサポートされます。
  • 仮想メディア機能付きHP IPコンソール スイッチは、仮想メディア機能付きHPサーバー コンソール スイッチ、またはCat5ベースのHPサーバー コンソール スイッチにカスケード接続できます。この場合、最上位のスイッチのサーバー ポートから、スイッチ上のカスケード接続専用ポート(下図参照)にCat5ケーブルを接続します。HPサーバー コンソール スイッチをカスケード接続する場合は、インタフェース アダプタは不要です。
  • 仮想メディア機能付きHP IPコンソール スイッチを最上位に設定し、その配下に最大16台の仮想メディア対応サーバー コンソール スイッチまたはCat5ベースのHPサーバー コンソール スイッチを接続することによって、最大256台のサーバーをカスケード接続できます。
  • 第1の階層と第2の階層に仮想メディア機能付きHPコンソール スイッチが含まれている場合、第3の階層に複数の仮想メディア機能付きコンソール スイッチまたはCat5ベースのHPサーバー コンソール スイッチを組み合わせて使用することで、最大4096台のサーバーをカスケード接続できます。
  • 仮想メディアを任意の階層に接続されているサーバーにマッピングする場合は、仮想メディア対応インタフェース アダプタを使用して、サーバーを仮想メディア機能付きHPサーバー コンソール スイッチに接続する必要があります。仮想メディア機能を動作させるには、仮想メディア機能付きHPコンソール スイッチに仮想メディア対応インタフェース アダプタを接続する必要があります。
  • 仮想メディア機能付きHP IPコンソール スイッチを、従来のCat5ベースのHPサーバー コンソール スイッチの配下にカスケード接続することはできません。
  • 従来のCat5ベースのHPサーバー コンソール スイッチ、インタフェース アダプタ、および拡張モジュールは、仮想メディアをサポートしません。
  • カスケード接続されたHPサーバー コンソール スイッチおよび接続されているすべてのインタフェース アダプタのファームウェアを更新するには、カスケード接続されたHP KVMサーバー コンソール スイッチにキーボード、モニター、およびマウスをローカル接続して、ローカルOSDにアクセスする必要があります。
  • HP IPコンソール スイッチは、Compaq製のKVM PCIカードおよびNetServer オプションのHP製 コンソール スイッチをサポートしません。
  カスケード接続専用ポートを使用した仮想メディア機能付きHPコンソール スイッチのカスケード接続
  カスケード接続専用ポートを使用した仮想メディア機能付きHPコンソール スイッチのカスケード接続
   
   
  仮想メディア対応PS2インタフェース アダプタ(製品番号:AF604A)
  HP Integrityサーバー用 仮想メディア対応USB 2.0インタフェース アダプタ(製品番号:AF603A)
   
 
  1. VGAコネクタ
  2. RJ-45コネクタ(スイッチへの接続用)
  1. USB 2.0コネクタ(マウス、キーボード、および仮想メディア用)
   
  仮想メディア対応PS2インタフェース アダプタ(製品番号:AF604A)
  仮想メディア対応PS2インタフェース アダプタ(製品番号:AF604A)
   
 
  1. 仮想メディア用USBコネクタ
  2. PS2キーボード コネクタ
  3. PS2マウス コネクタ
  1. VGAコネクタ
  2. RJ-45コネクタ(スイッチへの接続用)

コンソール サポート

HP ProLiantサーバーのサポート

すべてのHP IPコンソール スイッチは、オペレーティング システムの種類を問わず、すべてのHP ProLiantサーバーをサポートします。

HP Integrityサーバーのサポート

Integrityサーバーのサポートは、オペレーティング システムおよびハードウェア コンフィギュレーションによって異なります。VGAグラフィックスの表示に対応しているシステムでは、コンソール スイッチ用USBインタフェース アダプタ(製品番号:336047-B21)を使用できます。Integrityサーバーの機種によっては、オプションのグラフィックス アダプタが必要となる場合があります。
オペレーティング システムによっては、RS-232管理ポートにシリアル インタフェース アダプタ(製品番号:373035-B21)を接続して、HP IPコンソール スイッチからVT100端末エミュレーションを行うことができます。

仮想メディアによるコンソール サポート(仮想メディア対応インタフェース アダプタが必要)

HP ProLiantサーバーの仮想メディアのサポート

USBストレージ デバイスおよびUSBドライブ キーをサポートし、Microsoft Windows 2000(SP4以降)以降、RedHat 4、SLES 9のいずれかのオペレーティング システムを実行するすべてのHP ProLiantサーバーがサポートされます。仮想メディア機能付きHPコンソール スイッチに仮想メディア対応 PS2 インタフェース アダプタ(製品番号:AF604A)を接続する必要があります。

HP Integrityサーバーの仮想メディアのサポート

Microsoft Windows 2003(SP4以降)が動作し、VGAグラフィックスの表示に対応しているシステムでは、仮想メディア対応USBインタフェース アダプタ(製品番号:AF603A)を使用できます。但し、HP-UXが動作するシステムではこのアダプタ(製品番号AF603A)は使用できません。Integrityサーバーの機種によっては、オプションのグラフィックス アダプタが必要となる場合があります。

注: ハードウェア コンフィギュレーションやオペレーティング システムによっては、仮想メディアの転送速度がUSB 1.1の速度に制限される場合があります。
注: 仮想メディア機能対応のUSB2.0 インターフェースアダプタ(AF603A)は、同時に仮想メディア1台のみのサポートとなっています。仮想メディア2台同時に接続を希望する場合は、仮想メディア機能対応のPS2インターフェースアダプタ(AF604A)を選択してください。
注: HPでは広範囲に渡ってUSBメディアをテストしていますが、全てのUSBメディアをサポートできません。
注: USBメディアは取り外しの際に、必ず使用するOS上で該当メディアのデバイスを停止させた後に、USBメディアを取り外してください。
メディアデバイスを停止しないで取り出すと、予期しない動作をすることがあります。
注: USBサポートについて詳しくは、HPのWebサイトhttp://h18004.www1.hp.com/products/servers/platforms/usb-support.html(英語)を参照してください。

保証

3年間のパーツ保証が備わっております。(3-0-0)
注: HP Care packサービスについて詳しくは、世界各地にあるHPのサービス窓口またはHP製品販売店にお問い合わせいただくか、またはHPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/carepackを参照してください。
注: HPのサービス製品について詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/servicesを参照してください。
注: 本書の内容は、将来予告なしに変更されることがあります。本書の内容は、そのままの状態で提供されるもので、いかなる保証も含みません。
注: HP製品およびサービスに対する保証については、当該製品およびサービスの保証規定書に記載されています。
注: 本書のいかなる内容も、新たな保証を追加するものではありません。本書の内容につきましては万全を期しておりますが、本書中の技術的あるいは校正上の誤り、省略に対して、責任を負いかねますのでご了承ください。

関連オプション

仮想メディア対応インタフェース アダプタ

仮想メディア対応USB 2.0インタフェース アダプタ(HP Integrityサーバー用) AF603A
仮想メディア対応PS2インタフェース アダプタ AF604A
注: サーバー上のPS/2マウス コネクタおよびキーボード コネクタ、および1つのUSBポートを使用します。

インタフェース アダプタ(コンソール機能のみをサポート)

IPコンソール スイッチ用インタフェース アダプタ1本パック 262588-B21
IPコンソール スイッチ用インタフェース アダプタ8本パック 262587-B21
コンソール スイッチ用USBインタフェース アダプタ1本パック 336047-B21
BladeSystem c-Class Cat5 KVMインタフェース アダプタ
注: HP BladeSystem c-Class製品のみをサポートします。
AF605A
BladeSystem CAT5 KVMインタフェース アダプタ
注: HP BladeSystem p-Class製品のみをサポートします。
AF100A
シリアル インタフェース アダプタ
注: VT100端末エミュレーションに使用します。
373035-B21

拡張モジュール

IPコンソールスイッチ用8ポート拡張モジュール
注: コンソール機能のみをサポートします。
262589-B21

CAT5eケーブル

IPコンソール スイッチ用CT5 6フィート ケーブル8本パック 263474-B22
IPコンソール スイッチ用CT5 12フィート ケーブル8本パック 263474-B23
IPコンソール スイッチ用CT5 40フィートケーブル 1本パック 263474-B25
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項