Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバ  >  サーバ オプション

UPS T1000 XR/T1500 XR/T2200 XR

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む
hp UPS 製品写真

製品情報/QuickSpecs

 
  Showcase
  仕様一覧
  バッテリに関してのご注意
  システム構成
  カタログ
  保証/サービス
  HP Power Manager(UPS管理ソフトウェア)

Showcase


hp UPS 構成
  1. LEDディスプレイ
  2. コントロール ボタン
  3. リムーバブル フロント パネル

主な機能


  • フロント パネル表示の向上による容易なコンフィギュレーション
  • 付属のパワー マネジメント ソフトウェアによるインテリジェントな管理機能
  • 拡張ランタイム モジュール(ERM)のサポートによる、システム稼動時間の延長
  • 拡張バッテリ管理機能によるバッテリの信頼性の長期的な保証
  • ホットスワップ対応バッテリ
  • 個別制御可能な負荷セグメントによるシステムの柔軟性の向上
  • HP UPSオプション カードをサポートする1個のオプション スロット
  • 3年間の限定保証
    注: この保証には一定の制限や例外事項があります。詳細については、HPカスタマーセンターにお問い合わせください。

モデル


タワー型UPS「XR」モデル

HP UPS T1000 XR 312803-291
HP UPS T1500 XR 204155-291
HP UPS T2200 XR 204451-291

オプション

拡張ランタイム モジュール(ERM)(T1000 XR用) 218967-B21
拡張ランタイム モジュール(ERM)(T1500/T2200 XR用) 218969-B21
6ポート カード 192185-B21
SNMP/シリアル ポート カード 192189-B21

HPタワー型UPS「XR」モデル


タワー型UPS「XR」モデルは、オプションの拡張ランタイム モジュールをサポートするHPの次世代のUPSであり、T1000 XR、T1500 XR、およびT2200 XRモデルがあります。HP UPS「XR」モデルは、「eXtended Runtime Capable(稼動時間拡張機能)」UPSモデルです。さらに、これらのUPSには、バッテリ管理機能、負荷セグメント、およびオプション カードがサポートされています。HPタワー型UPSは、ワークグループ、部門、およびエンタープライズ向けサーバ プラットフォームを最大限に保護できるように設計されています。
HP UPSは、コンピュータ機器と重要なデータを、不安定で変動しがちな電源による被害から保護します。短時間の停電が突然発生しても業務を継続でき、停電が長時間にわたる場合は、自動的にデータが保存され、アプリケーションが閉じられて、適正なシャットダウンが実行されます。また、UPSには、パワー マネジメント ソフトウェアが付属しており、お客様は、必要に応じてリモートでアプリケーションや接続機器をシャットダウンすることができます。

ハイライト


フロント パネル表示の向上による容易なコンフィギュレーション


フロント パネルにはLED表示ライトと4つのコントロール ボタンが組み込まれています。コントロール ボタンはUPSの電源コントロール用として3つ、設定用としてフロント ベゼルの下に1つがあります。

拡張ランタイム モジュールによるシステム稼動時間の延長


HP UPS「XR」モデルは、拡張ランタイム モジュール(オプション)をサポートしており、これにより総稼動時間を延長します。

拡張バッテリ管理機能による投資保護


HP UPSには、先進的なバッテリ管理機能が組み込まれています。バッテリ寿命を2倍に延長、充電時間の最適化、バッテリの事前障害通知などを特長とする独自の特許技術です。このバッテリ管理機能により、お客様の維持管理費の削減と重要な機器に対する業界随一の保護機能を実現します。

HPのオプション カードによりシステムの柔軟性を向上


HP UPS「XR」モデルは、内部スロットを介して標準のシリアル ポートが装備されています。このスロットは、6ポート カードとSNMP/シリアル ポート カードの2種類のオプション カードをサポートしています。これらのオプション カードは、UPSの背面にシームレスに統合され、システムの柔軟性を向上します。
SNMP/シリアル ポート カード(製品番号192189-B21): ネットワーク環境に理想的です。このオプション カードを使用すると、ネットワーク管理者がSNMPを介してネットワーク デバイスをリモートで診断、監視、および再起動することができます。
6ポート カード(製品番号192185-B21): このオプション カードを使用すると、複数のサーバと(標準のDB-9シリアル ポートを介して)通信することができます。このカードを使用して接続できるサーバの最大数は、UPS上の使用可能な負荷セグメント数によって決まります。たとえば、UPS T2200 XRには3つの負荷セグメントがあるため、このカードで最大3台のサーバとシリアル通信を行うことができます。

インテリジェント マネジメント機能


HP UPSにはパワー マネジメント ソフトウェアが付属しており、HP UPSをローカルまたはリモートで監視および制御することができます。このソフトウェアは、システム管理者がネットワーク状態で、全体像の確認を可能にする、多機能なアラート制御ツールです。これにより、システムのステータスと電源状態の監視、シャットダウン タイミングの設定、アラート メッセージのカスタマイズ、およびUPSの診断チェックを、すばやく簡単に実行できます。

ホット スワップ対応バッテリによる容易な保守性


HP UPSは、ホット スワップ対応バッテリを使用し、フロント パネルから簡単に脱着できるように設計されています。また、接続したコンピュータ機器の電源を落とさずに、新しいバッテリと交換することができます。

個別制御可能な負荷セグメント


すべてのタワー型UPS「XR」モデルには、個別制御可能な負荷セグメント(ソケット群)を持っており、複数のサーバのシャットダウンに優先順位を付けることができます。システム管理者は、パワー マネジメント ソフトウェアを介して、管理される個々の負荷セグメントをあらかじめ設定して、シャットダウンに優先順位を付け、最も重要なサーバの稼動時間を延長することができます。さらに、この機能を使用して週末や休日など利用率の低い間の、シャットダウンと起動のスケジュールを作成することができるため、省エネルギーと省電力が促進されます。

HPの品質


HPのハードウェアは、業界で最も厳しい検査にパスしています。広範囲にわたる評価、テスト、製品改良、および製品保証体制により、最高レベルのシステム保護、電気的性能、製品品質、および互換性を保証しています。

保証


標準保証は、3年間のパーツ保証、1年間の作業保証ならびにオンサイト サポートです。

注: オプションサービス等については、HPのWebサイト http://h50146.www5.hp.com/services/ を参照してください。
注: この保証には一定の制限や例外事項があります。

詳細についてはHP カスタマーインフォメーションセンターにお問い合わせください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項