Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバー  >  サーバー オプション >  通信/NIC

HP Ethernet 1Gb 4ポート 331FLR
ネットワークアダプター(販売終了)

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む
HP Ethernet 1Gb 4ポート 331FLR ネットワークアダプター

製品情報/QuickSpecs

 
  Showcase
  仕様一覧
  ドライバー & ソフトウェア
  システム構成図
  保証/サービス
  カタログ
 

製品説明

HP Ethernet 1Gb 4ポート 331FLR ネットワークアダプター(以下、HP 331FLR)は、従来のPCI Expressカードより小型の Flexible LOMスロットを採用、今まで交換できなかったオンボード搭載のネットワークを選択可能にしました。

HP 331FLRは、4ポートの1 Gigabitのネットワークソリューションで、仮想化、セキュリティ、ネットワークセグメンテーションなど高いスループットとポート密度が要求されるアプリケーションに最適です。

HP 331FLRは、さらにVLANタギング、MSI-X、ジャンボフレーム、IEEE1588、および、VMware NetQueue や Microsoft VMQといった仮想化関連の機能を備えています。

モデル

HP Ethernet 1Gb 4ポート 331FLR ネットワークアダプター 629135-B21
(販売終了)

キットの内容

  • HP Ethernet 1Gb 4ポート 331FLR ネットワークアダプター
  • クイックインストールカード

性能

4ポートGigabit Ethernetスループット

ポートあたり最大2Gbpsの全二重Ethernet転送速度(片方向では1Gbps、双方向で2Gbps)により、ユーザーは応答時間を短縮し、ネットワーク全体にわたってボトルネックを解消する、卓越したネットワークパフォーマンスを利用できます。

1枚のアダプターに4つのポートを備えているため、I/Oスロット数に制限のある高密度サーバー、仮想化およびセキュリティ、アプリケーション、サーバー統合、およびネットワークセグメンテーション数の増加に最適です。4つのポートの合計スループットは4Gb/秒になるため、高帯域幅は必要だが10Gigabit Ethernetへの移行の準備はまだできていないお客様のニーズに応える製品です。

注: ポート番号は下から順に付けられます。すなわち、アダプターの上側に近いポートがポート4で、カードエッジコネクターに最も近いポートがポート1です。

サーバーインターフェイス

サーバーとの物理的な接続は、HP独自仕様のラックサーバー用FlexibleLOMスロットを使用します。

ジャンボ フレーム

ジャンボフレーム(拡張フレームとも呼びます)は、9,000バイトの転送単位(MTU)に対応します。9KBジャンボフレームをサポートすることにより、高スループットとCPUの利用効率の向上を実現します。ジャンボフレームは、データベース転送やバックアップに最適です。

MSI,MSI-X

MSI/MSI-Xのサポートにより、異なるCPU/コアの間で割り込み処理の負荷が分散されるため、複数コア環境では、パフォーマンスを最適化できるメリットが得られます。

802.1p QoSタギング

IEEE QoS(Quality of Service)802.1pタギングにより、アダプターは、QoS対応のネットワーク全体にわたってフレームに優先レベルのマーク(タグ)を付けることができるため、トラフィックフローが改善されます。

TCPステートレス オフロード

システム全体の応答性能を向上させるために、標準的なTCP/IPオフロード技術がサポートされています。
 
  • TCP/IPチェックサムオフロード(TCO)は、TCPとIPのチェックサム計算をCPUからネットワークアダプターに移すことにより、CPUの負荷を軽減します。
  • 大量送信オフロード(LSO)(TCPセグメンテーションオフロード(TSO)とも呼ばれます)により、TCPセグメンテーションをCPUではなくアダプターが処理できるようになります。

タイムシンクロナイゼイション(IEEE 1588)

このプロトコルは、時間依存型のアプリケーションのタイムスタンプ付けと同期化に役立ちます。

省電力型イーサネット

高度な電力節約機能を備えたIEEE802.3azに準拠し、ネットワークの負荷状況に応じて電力使用量を抑制します。

ネットワーク管理

マネジメントサポート

他のすべてのHP ProLiantサーバーアダプターと同様に、HP Systems Insight Managerから、またはSNMPをサポートする他のマネジメントアプリケーションから管理可能なエージェントが提供されています。

サーバーへの統合

HP 331FLRアダプターは、検証、テスト、動作確認を経て、HP ProLiantサーバー用に最適化されたソリューションです。HPでは、主要なオペレーティングシステムドライバーと、ネットワーク管理をより簡単に行うためのWebベースのエンタープライズ管理ユーティリティの動作確認を行っています。

このアプローチにより、他のベンダーが提供する製品よりも堅牢で信頼性の高いネットワークソリューションが提供されます。また、ユーザーにとってはサーバーとネットワークアダプターについての窓口が同じという利点もあります。

LEDインジケータ

ブラケットのLEDインジケーターが、リンクの整合性およびネットワーク動作を示すため、トラブルシューティングが簡単になります。

PXE

PXE(Pre-boot Execution Environment)をサポートしているので、任意の場所からリモートでコンピューターリソースのデプロイメントを自動的に行うことができます。このため、ネットワーク経由で新規または既存のサーバーをブートし、ネットワーク上の別の場所に用意した管理サーバー/デプロイメントサーバーからソフトウェア(オペレーティングシステムを含む)をダウンロードすることができます。さらに、PXEを利用して、ソフトウェアの分散インストールや、リモートからのトラブルシューティングおよび修復を行うこともできます。

保証

  保証、サポートおよびサービスの詳細については「HP ProLiant サポート & サービス」をご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項