Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバー  >  サーバー オプション

HP NC375T 4ポート Gigabitサーバーアダプター(販売終了)

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む
HP NC375T 4ポート Gigabitサーバーアダプター

製品情報/QuickSpecs

 
  Showcase
  仕様一覧
  サポート & ドライバー
  システム構成図
  保証/サービス
  カタログ
 

製品説明

HP NC375T 4ポートGigabitサーバーアダプターは、1枚のカードに4つの10/100/1000T Gigabit Ethernetポートを備え、サーバーの貴重なI/Oスロットを他の目的に活用できるようにした製品です。1枚のPCI Expressネットワークアダプターに4つのポートを備えているため、ProLiantサーバーで実現しうる最高レベルのポート密度が提供されます。このため、NC375Tは、ネットワークポート数が重要視される仮想化や、セキュリティ、サーバー統合、ネットワークセグメンテーションに加えて、最高レベルのスループットとポート密度を必要とするその他のProLiantサーバーアプリケーションにも最適です。また、4つのポートの合計スループットは4Gb/秒になり、高帯域幅は必要としながら10Gigabit Ethernetへの移行の準備はまだできていないお客様のニーズに応える製品です。NC375Tは、ロープロファイルカードで、キットにはフルハイトとハーフハイトのブラケットがともに含まれています。PCI Express x4インターフェイスは、x4、x8、およびx16の各PCI Expressスロットと互換性があります。

NC375Tは、要求の厳しいHPの基準を満たすことがテストによって証明されており、幅広いタイプのProLiantサーバーをサポートしています。NC375Tは、すべての主要なオペレーティングシステムに対応するチーミングドライバー、チーミングユーティリティ、複数のVLANタギング機能、コンフィギュレーションユーティリティが利用できる他、IPv6パケットの送受信(オフロード機能などは除く)もサポートします。

   
  HP NC375T 4ポート Gigabitサーバーアダプター

モデル

HP NC375T 4ポート Gigabitサーバーアダプター 538696-B21
(販売終了)

NC375Tキットの内容

HP NC375T 4ポート Gigabitサーバーアダプター
 
  • フルハイトブラケットおよびハーフハイトブラケット(カードにはフルハイトブラケットが取り付けられています)。
  • クイックインストールカード(必要な場合に、ハーフハイトブラケットに変更する場合の手順説明を含みます)。
●ドライバー、コンフィギュレーションユーティリティ、ユーザーガイドは
  HPのWebサイトhttp://www.hp.com/cgi-bin/hpsupport/index.pl[英語]から取得してください。

性能

4ポートGigabit Ethernetスループット

PCI Express x4バスは、各方向のスループット(理論値)が10Gb/秒になるので、NC375Tの4つのGigabitポートを十分にサポートできます。NC375Tでは、ポート当たり最大1000Mb/秒のEthernet転送速度(合計4000Mb/秒)を実現できるため、ユーザーは応答時間を短縮し、ネットワーク全体にわたってボトルネックを解消する、優れたネットワークパフォーマンス性能を利用できます。NC375Tは、1枚のアダプターに4つのポートを備えているため、I/Oスロット数に制限のある高密度サーバー、仮想化およびセキュリティ、アプリケーション、サーバー統合、およびネットワークセグメンテーション数の増加に最適です。4つのポートの合計スループットは4Gb/秒になるため、高帯域幅は必要だが10Gigabit Ethernetへの移行の準備はまだできていないお客様のニーズに応える製品です。
注:NC375Tのポート番号は上から順に付けられます。すなわち、アダプターの上側に近いポートがポート1で、カードエッジコネクターに最も近いポートがポート4です。

ジャンボフレーム

ジャンボフレーム(拡張フレームとも呼びます)では、標準のEthernetフレーム(1,500バイト)の6倍に当たる、9KバイトのMTU(転送単位)がサポートされます。NC375Tは、ジャンボフレームをサポートすることにより、高スループットとCPUの利用効率の向上を実現します。ジャンボフレームは、データベース転送やバックアップに最適です。

802.1p QoSタギングを備えた802.1Q VLAN

NC375Tの個々の物理ポートは、IEEE 802.1Q VLAN(仮想ローカルエリアネットワーク)プロトコルにより、複数の仮想NICに分割されます。これによって、ネットワークを細かく分割できるためセキュリティと性能が向上します。VLANでは、ユーザー間のトラフィックを隔離することにより、セキュリティが強化されます。ブロードキャストトラフィックを同一のVLANドメイン内に制限することにより、パフォーマンスを向上させることもできます。IEEE QoS(Quality of Service)802.1pタギングにより、アダプターは、QoS対応のネットワーク全体にわたってフレームに優先レベルのマーク(タグ)を付けることができるため、トラフィックフローが改善されます。

TCP/IPステートレス オフロード

システム全体の応答性能を向上させるために、NC375Tでは標準的なTCP/IPオフロード技術がサポートされています。
  • TCP/IPチェックサムオフロード(TCO)は、TCPとIPのチェックサム計算をCPUからネットワークアダプターに移すことにより、CPUの負荷を軽減します。
  • 大量送信オフロード(LSO)(TCPセグメンテーションオフロード(TSO)とも呼ばれます)により、TCPセグメンテーションをCPUではなくアダプターが処理できるようになります。

10/100/1000Tツイストペアネットワーク

NC375Tアダプターは、Gigabit Ethernetに加えて、10Mb/秒および100Mb/秒の速度もサポートしているため、EthernetおよびFast Ethernetツイストペアネットワークとの互換性もあります。

フルハイトとハーフハイトのブラケット

NC375Tは、フルハイトとハーフハイトの両方のPCI Expressスロットをサポートするロープロファイルカードです。カードにはフルハイトのブラケットが取り付けられており、ハーフハイトブラケットは、梱包箱に入っています。必要に応じてブラケットを交換する場合は、クイックインストールカードの手順を参照してください。

x4/x8/x16 PCI Expressの互換性

PCI Express x4インターフェイスは、x4、x8、およびx16の各PCIスロットと互換性があります。ただし、x8またはx16スロットに取り付けた場合でも、アダプターはx4の速度で動作します。

ネットワークアダプターチーミング

ProLiantネットワークアダプターチーミングは、複数のネットワークアダプターからなるチーム全体にフォールトトレランスと負荷均一化を提供します。アダプターのチームは、連携して1つの仮想アダプターとして機能します。

このチーミングオプションは、簡単で効果的かつ費用対効果の高いネットワークフォールトトレランスを実現し、ネットワーク帯域幅を増幅する手段として使用できます。詳しくは、ProLiantネットワーク アダプタ チーミングに関するWhite Paper http://bizsupport.austin.hp.com/bc/docs/support/SupportManual/c01415139/c01415139.pdf [英語]を参照してください。


オートネゴシエーション

NC375Tは、接続されたデバイスの速度を自動的に検知します。

マネジメントサポート

NC375Tには、他のHP製サーバーアダプターと同様に、HP Systems Insight Manager、またはSNMPをサポートする他の任意のマネジメントアプリケーションから管理可能なドライバーおよびエージェントが提供されます。HP Systems Insight Managerは、NC375Tを個別に認識することも、チームとしてまとめて扱うことも可能です。さらに、アダプターイベントに関するSNMP統計データの収集と報告を行います。

サーバーへの統合

NC375Tは、徹底的な統合、テスト、動作確認を経て、HPサーバー用に最適化されたソリューションです。HPでは、主要なオペレーティングシステムドライバーと、ネットワーク管理をより簡単に行うためのWebベースのエンタープライズ管理ユーティリティおよびProLiant Essentials(SmartStartやHP Systems Insight Managerを含む)の動作確認を行っています。NC375Tは、インテグレーテッドマネジメントログ(IML)をサポートすることで、HP製サーバーで発生する重要なイベントログを収集できます。

このアプローチにより、他のベンダーが提供する製品よりも堅牢で信頼性の高いネットワークソリューションが提供されます。また、ユーザーにとってはサーバーとネットワークアダプターについての窓口が同じという利点もあります。


コンフィギュレーションユーティリティ

各NC375Tには、ユーザーが初期診断を行ったり、アダプターチームを編成したりすることができるように、オペレーティングシステムに合わせてカスタマイズされた一連のコンフィギュレーションユーティリティが利用できます。これらのユーティリティには、Microsoft Windowsオペレーティングシステム用のチーミングGUIも含まれています。

LEDインジケーター

ブラケットにあるポートごとのLEDインジケーターが、リンクの整合性、ネットワーク動作、およびネットワーク速度を示すため、トラブルシューティングが簡単になります。

PXE

PXE(Pre-boot Execution Environment)をサポートしているので、任意の場所からリモートでコンピューターリソースのデプロイメントを自動的に行うことができます。このため、ネットワーク経由で新規または既存のサーバーをブートし、ネットワーク上の別の場所に用意した管理サーバー/デプロイメントサーバーからソフトウェア(オペレーティングシステムを含む)をダウンロードすることができます。さらに、PXEを利用して、ソフトウェアの分散インストールや、リモートからのトラブルシューティングおよび修復を行うこともできます。

保証

保証、サポートおよびサービスの詳細については「HP ProLiant サポート & サービス」
http://h50146.www5.hp.com/products/servers/proliant/service.htmlをご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項