Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバー  >  HP Insight ソフトウェア

HP Insight Virtual Machine
Manager ソフトウェア for HP ProLiant 3.7

(旧製品名 HP Virtual Machine Management Pack)

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む
HP Insight Virtual Machine Manager ソフトウェア for HP ProLiant イメージ

製品情報/QuickSpecs

 
  Showcase
  製品概要
  仕様一覧
  システム構成
  マニュアル
  Q&A

概要説明

HP Insight Virtual Machine Manager ソフトウェア for HP ProLiantは、HP Systems Insight Managerの機能を拡張し、仮想マシンを管理します。HP Insight Virtual Machine Manager ソフトウェア for HP ProLiantは、VMware®、Microsoft®、CitrixおよびXen (RHEL, SLES)の仮想マシン(VM)を集中管理/制御し、物理ホストと仮想マシンの関連づけ、CPU、メモリ、またはディスクの利用レベルが高いVMまたはホスト サーバーの簡単な特定、動作中の移動(一部のプラットフォーム)と異種ホスト リソースへの移動を可能にする非常に柔軟な移動機能、使用可能なホストにVMを復旧できるバックアップ、テンプレート、および代替ホスト機能を提供します。

HP Insight Virtual Machine Manager ソフトウェア for HP ProLiantは、VMware VirtualCenterなどの仮想化ベンダの管理ツールと統合されます。また、HP Insight Virtual Machine Manager ソフトウェア for HP ProLiantは、購入後すぐに、ハードウェア障害予測警告に基づいてVMware DRSを起動してVMを移動できる、利用可能な唯一のソリューションです。

HP Insight Virtual Machine Manager ソフトウェア for HP ProLiantには1年間、24時間×7日間のHPソフトウェア テクニカル サポートおよびアップデート サービスが含まれます。HPサポート担当者への迅速な問い合わせとソフトウェア アップデートの配布が可能になります。このサービスの詳細については、HPのWebサイトwww.hp.com/jp/onlineを参照してください。

お客様のもとにはライセンス アクティベーション キーではなく、ライセンス権利付与証明書が届きます。ライセンス権利付与証明書には、オンラインまたはFAXによるライセンス アクティベーション キーの発行手続きに必要な情報が含まれます。詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/ICe-licenseを参照してください。


新機能

  • VMware vSphere 4のサポート
  • Distributed Power Manager (DPM : 分散型電源管理)のサポート
  • VMware ESX 3.5 Update 4のサポート
注:VMM 3.7は、HPのWebサイトから単独でダウンロードすることが唯一の入手方法です。

対象となる環境

次のプロジェクトの1つまたはサーバー仮想化に関連するその他のプロジェクトを実行しているお客様
  • サーバー統合およびディザスタ リカバリ プロジェクト - 1台の物理サーバー上で複数のサーバーをホストする仮想化テクノロジーを使用して無計画なサーバー配備を削減します。また、同数の物理サーバーを使用せずに災害復旧サイトを維持します。
  • テスト、開発、およびクライアント統合プロジェクト - 仮想マシンを使用し、テスト マシンの迅速なプロビジョニングと縮小/拡大、および新しいプロジェクトへの迅速な移行を実現します。さらに、大容量サーバー上で複数のクライアントをホストし、スタンドアロン クライアントに関連する管理負荷を削減します。
  • 作業負荷管理および従来の環境の寿命延長 - サーバー間で仮想マシンを容易に移動できる機能を活用して、サーバーの作業負荷を管理します。さらに、仮想環境で従来のアプリケーションを実行する機能を活用して特定のハードウェアへの依存性を排除します。
仮想化への投資から最良の回収を得ることを希望するお客様
  • ハードウェア障害の発生前にVMを移動して、ダウンタイムを削減します。
  • 物理サーバーの管理に使用するコンソールから管理者が多くの仮想化タスクを処理できるようにすることで、運用効率を改善します。
  • 常に複数のコンソールを監視し、切り替えるのではなく、1つのコンソールから異機種仮想プラットフォームを管理します。

主な利点

インフラストラクチャの統一管理機能

仮想サーバーおよび物理サーバーの管理を統一することによって、運用効率を向上
  • 物理および仮想サーバーについて、HP Systems Insight Managerの共通の機能およびプロセスを活用 - 検出、識別、イベント通知およびイベント ハンドリング、特定のVMまたはホストへの役割ベースのアクセス、タスク(VMバックアップなど)およびグループベースの処理のスケジューリング
  • VMware、Microsoft、CitrixおよびXen (RHEL, SLES)による異機種仮想化プラットフォームをサポート
  • 1つのコンソールを使用して物理タスクと日常の多くの仮想タスクを管理し、複数の管理コンソールに都度行き来する必要性を排除
  • VirtualCenterなどの仮想管理コンソールへのアクセスを提供する必要なしに、下位サーバー管理者に基本仮想管理アクセスを提供

ダウンタイムの短縮

ハードウェア障害の発生する前にVMを予防的に移動することによってダウンタイムを最小化
  • HP SIMからの事前ハードウェア障害アラートにより、HP Insight Virtual Machine Manager ソフトウェア for HP ProLiantは、ダウンタイムが発生する前に、別のホスト サーバーへのVMの移動を開始可能
  • スクリプトが不要で直ちに使用可能。VMの移動を促すイベントのリストは簡単に変更でき、動作は自動化または手動制御に設定可能
  • VMware DRSと統合され、アラート受信時にVMを簡単に移動可能
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項