Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバー  >  HP Insight ソフトウェア

HP Insight Rapid Deployment ソフトウェア for HP ProLiant 6.0

(旧製品名 HP ProLiant Essentials Rapid Deployment Pack)

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む
HP Insight Rapid Deployment ソフトウェア for HP ProLiant 6.0
product demo「このリンクをクリックすると、新しいウィンドウが開きます」

製品情報/QuickSpecs

 
  Showcase   ダウンロード
  仕様一覧   Knowledge Base
  Q&A   定期トレーニング
  システム構成   マニュアル

Q&A

一般的な質問

Q1. RDPとはどのような製品ですか。
A1. RDPは、複数サーバーを配備するソフトウェアです。このソフトウェアは、中央のコンソールからサーバー配備を管理し、サーバー用の付加価値ソフトウェアの統合やサーバー配備に使用するイメージングおよびスクリプティング機能を提供します。RDPはWindowsサーバーにホストされ、Windows、LinuxおよびVMware ESXの異機種環境を配備します。

Q2. RDP Windows Editionの最新バージョンには、どのような新機能がありますか。
A2.

"新機能"の項またはHPのWebサイト http://h18013.www1.hp.com/products/servers/management/rdp/index.html#new (英語)に掲載されている「What’s new」の項を参照してください。

サポートされるサーバー、オプション、およびオペレーティング システムについては、HPのWebサイト http://h18013.www1.hp.com/products/servers/management/rdp/knowledgebase/ (英語)に掲載されているサポート マトリックスを参照してください。


Q3. RDPはHPの他のシステム プラットフォームの配備をサポートしていますか。他社製プラットフォームはどうですか。
A3. RDPに統合されているAltiris Deployment Serverは、HP製のデスクトップ、ポータブル、ワークステーション、およびハンドヘルド製品の配備もサポートしています。これらの製品について詳しくは、HPのWebサイトを参照してください。なお、RDPはHP BladeSystemおよび他のProLiantサーバーの配備のみをサポートしています。RDPに統合されているAltiris Deployment Serverを使用して他のシステムを配備するには、RDPライセンスの代わりにAltiris社のライセンスを購入する必要があります。

Q4. Altiris社が販売しているAltiris Deployment SolutionとHPが提供しているRDPでは、どのような違いがありますか。
A4. RDPに統合されているAltiris Deployment Solutionは、Altiris社が提供するAltiris Deployment Solutionから変更されていません。ただし、RDPでは、ProLiantおよびIntegrityインテグレーション モジュールと密接に統合されており、ProLiantおよびIntegrityサーバーの配備/再配備用に拡張されたソフトウェア、ユーティリティ、およびマニュアルが付属しています。ProLiantおよびIntegrityインテグレーション モジュールには、Altiris社のDeployment Solutionでは提供されていない、HP ProLiantおよびIntegrity BladeSystemサーバー用の高度な機能も含まれています。

Q5. RDPで利用できるサポートとサービスを教えてください。
A5. RDPに1年間、24時間×7日間のHPソフトウェア テクニカル サポートおよびアップデート サービスが含まれます。HPサポート担当者への迅速な問い合わせとソフトウェア アップデートの配布が可能になります。このサービスについて詳しくは、HPのWebサイト http://h50146.www5.hp.com/services/cs/availability/software_entry.html を参照してください。

入手可能性および購入オプションに関する質問

Q1. RDPを入手する方法を教えてください。
A1.

RDPは、HP製品販売店、主要取引先への直販、およびHPのWebサイト http://www.hp.com/jp/directplus から購入できます。

HP ProLiant MLサーバーおよびDLサーバーの購入オプションの構成時や、HP Insight Control スイートに含まれる他のHP Insight ソフトウェア(HP BladeSystemエンクロージャに付属の場合でも、付属ではない場合でも)のバンドル製品として、RDPを入手できます。

また、すべてのHP BladeSystemエンクロージャに、RDPを含むHP Insight Control スイートの評価バージョンが同梱されています。この評価バージョンには、RDPの7日間の10ノード評価版ライセンスが含まれ、30日間の評価版ライセンスにアップグレードできます。

30日間の10ノード評価版ライセンスでソフトウェアを評価するには、Webサイト http://www.altiris.com/eval/hprdp このリンクをクリックすると、HP社外へリンクします。で登録し、ダウンロードしてください。

Q2. 購入する前にソフトウェアを試用することができますか。
A2.

はい。RDPの評価バージョンと評価版ライセンスをHPのWebサイト http://h50146.www5.hp.com/products/servers/proliant/essentials/rdp/download.html でダウンロードできます。

RDPは次の評価版ライセンスを提供しています。
  • RDPのすべてのインストールが可能な7日間の10サーバー評価版ライセンス。このライセンスはRDPに組み込まれており、DVDからソフトウェアを評価しているユーザは、Webサイトからライセンス ファイルをダウンロードせずにインストールを続行できます。このライセンスを利用したい場合は、初回のインストール時に、[Deployment Server Client Access Point Information]画面の[License file]フィールドを空白のままにします。7日間経過した後も評価を続行するには、30日間ライセンスを入手するためにRDPのWebサイトでユーザ登録をする必要があります。
  • Webサイトから入手する30日間の10サーバー評価版ライセンス。簡単な登録の後、このサイトからライセンス ファイルをダウンロードします。ライセンス ファイルは、このサイトからダウンロードでき、HPから電子メールで送付されます。電子メール アドレスは正確に入力してください。製品の初回インストール時か、製品ライセンス ユーティリティ(license.exe)を通じて、このライセンスを適用する必要があります。このライセンスを適用する方法について詳しくは、ユーザ ガイドを参照してください。
  • 評価版ライセンスでは、配備できるサーバー数と期間が限定されますが、それ以外の機能は制限されません。

Q3. RDPには、どのようなライセンス オプションがありますか。
A3. RDPには、次のライセンス オプションがあります。
  • 1サーバー ライセンス - RDPを通じて1台のサーバーを配備できるライセンス
RDPのライセンスは、HP Insight Control スイートのライセンスにも含まれています。

Q4. RDPのライセンス ファイルを入手する方法を教えてください。
A4. HPのWebサイトまたは製品販売店を通じてRDPをスタンドアロンまたはHP Insight Control スイートの一部として購入すると、納入されたRDPの登録番号が提供されます。この登録番号を使用してHPのWebサイト http://www.webware.hp.com (英語)からユーザ登録すると、購入されたライセンス数をカバーするライセンス ファイルをダウンロードすることができます。

ライセンスおよびアップグレードに関する質問

Q1. RDPの使い方を習得する方法を教えてください。
A1. RDPを使用する前に、以下のガイドラインに従ってください。
  • RDPの機能の概要を示すテクノロジー デモを見る。
  • RDPがサポートしている各種のネットワーク インフラストラクチャ(PXE、BootWorks、iLO/RILOEなど)を理解する。『Introduction to Server Deployment Guide』(英語)で、コンポーネントとその機能の概要が説明されています。
  • 製品をインストールするために必要なシステム要件をレビューする。
  • 使用するデータベースの形式(SQL ServerまたはSQL Express)を理解する。
  • 配備したいインストールの種類をレビューします。以下の質問を参照してください。

Q2. RDPのインストール方法を教えてください。
A2. RDP DVDまたはInsight Control Management DVDの自動実行メニューからインストール手順を使用すると、RDPのインストールを、ウィザードで示される順序に従って簡単に進めることができます。資料を参照しシステムの要件を確認してから、インストール プログラムを実行してください。

Q3. 購入したライセンスを適用する方法を教えてください。
A3. HPのWebサイトまたは製品販売店を通じてRDPをスタンドアロンまたはInsight Control スイートの一部として購入すると、納入されたRDPの登録番号が提供されます。この登録番号を使用してHPのWebサイト http://www.webware.hp.com (英語)からユーザ登録すると、購入されたライセンス数をカバーするライセンス ファイルをダウンロードすることができます。ライセンス ファイルを入手したら、Altiris社の製品ライセンス ユーティリティ(license.exe)を使用して、購入したライセンスを適用できます。このライセンスを適用する方法について詳しくは、Altirisユーザ ガイドを参照してください。

Q4. RDPを使用するには、SmartStartまたはSmartSetupが必要ですか。
A4. RDPのインストールや、イメージングおよびスクリプティングなどの機能の使用には、ProLiant SmartStartやIntegrity SmartSetupは必要ありません。サーバー ソフトウェアの統合機能を活用するには、SmartStart CDからProLiant Support Pack(PSP)をコピーするか、Webからダウンロードします。これらのファイルは、すべてのRDPリリースに付属しています。

その他の質問

Q1. イメージングおよびスクリプティングとは何ですか。
A1. イメージングとは、サーバーのハード ディスクのスナップショットまたはコピーを作成することです。RDPには、簡単にサーバーのイメージングを実行できるように、事前に設定されたイメージング イベントが提供されています。ベースライン サーバーをセットアップしてイメージを作成し、このイメージをファイル サーバーにアップロードします。イメージをターゲット サーバーに配備するには、サーバーをソース サーバーと同一のハードウェア構成にしておく必要があります。サーバーの配備をHP Scripting Toolkitの機能を使用してスクリプティングすると、ProLiantサーバーの構成をより柔軟に行うことができます。スクリプトによるインストールによってサーバーを配備すると、スクリプト化されたハードウェア コンフィグレーション ファイル、OSスクリプト ファイル、その他のユーティリティを利用して、ネットワーク経由で簡単にサーバーを配備できます。このプログラムに基づいたスクリプトによるインストールで、一貫したサーバー構成が実現し、対象となるサーバーの台数が多いほど配備にかかる時間を短縮できます。

Q2. HP BladeSystemサーバー シリーズに特化した機能として、どのような機能がありますか。
A2. ブレード サーバーの位置を表示します。ラックの中には複数のブレード エンクロージャが存在し、エンクロージャの中には複数のベイが存在します。各ベイは一意に識別されるため、サーバーをベイに挿入する前に、配備イベントをベイに関連付けることができます。サーバーを挿入すると、ただちにこのイベントが実行されます。また、独自のrip-and-replace機能が有効になり、特定のベイにおけるすべてのサーバーの配備履歴が記録されます。ベイに挿入されたサーバーが交換されると、交換サーバーで配備履歴が「再生」されます。

Q3. RDPを使用してクラスタを配備できますか。
A3. RDPは、パッケージ クラスタの配備をサポートしていません。

Q4. デプロイメント エージェントには、どのような機能がありますか。
A4. デプロイメント エージェントは、サーバー配備プロセスを完全に自動化し、リモートでソフトウェア アップデートを配備する機能があります。クライアント エージェントは、(OSインストール後の)次のような重要な設定機能を提供しています。
  • インベントリ - ハードウェア、OS、および設定情報
  • コマンド/スクリプトの実行 - RPMパッケージの配備(Linux)
  • イメージの取得と配備
  • 電源管理(再起動、シャットダウンなど)
  • ファイル/ディレクトリのコピー、ポスト コンフィギュレーション、IPアドレス/サーバー名/DNS/ゲートウェイ/サブネットの設定、HPワンタイムPXEブート シーケンスのサポート

Q5. HP Systems Insight Manager(HP SIM)とRDPは、どのように共存するのですか。
A5. RDPとHP Systems Insight Managerは、同じサーバーにインストールすることも、別々のサーバーにインストールすることも可能です。どちらの場合でも、RDP HP SIMコネクタをインストールして、これら2つの管理アプリケーション間を緊密に統合することができます。このコネクタによって、HP SIMは、配備されていないサーバーをリストアップできるようになり、HP SIMのメニュー バーにRDPサーバー配備コマンドが表示されるようになります。

一般的な質問

Q1. ライセンス アクティベーション キーにアクセスする方法を教えてください。
A1. 2007年11月より、お客様のもとには登録コードではなく、ライセンス権利付与証明書が届くようになります。ライセンス権利付与証明書は、既存の製品番号については郵送され(トラッキング ライセンスを除く)、新しい電子ライセンス製品番号については電子メールで送信されます。 この証明書には、オンラインでのライセンス ファイルの引き換え手続きに必要な情報が含まれています。 この新しいオンライン引き換えプロセスにより、より優れたアフター サービスおよびサポートが実現されます。 詳しくは、HPのWebサイト http://www.hp.com/jp/ICe-license/ を参照してください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項