Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバ  >  Essentials ソフトウェア

マルチファンクションGigabitサーバ アダプタ用
HP ProLiant Essentials RDMA Pack

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む
マルチファンクションGigabitサーバ アダプタ用HP ProLiant Essentials RDMA Pack

製品情報/QuickSpecs

 
  Showcase
  仕様一覧
  Q&A
  マニュアル

製品説明

HP ProLiant Essentials RDMA Packは、ProLiantサーバに搭載されたマルチファンクションNIC、または単体のマルチファンクション サーバ アダプタを有効にする製品です。リモート ダイレクト メモリ アクセス(RDMA)は、1台のコンピュータのメモリから別のコンピュータのメモリへとデータを直接伝送するための通信プロトコルで、ホストCPUへの負担が非常に軽いという特長があります。RDMAは、同一ネットワーク上にあるサーバ間に、高速かつ高性能な接続をもたらします。RDMA Packのライセンスはポート ベースです。ライセンス シートはマルチファンクションNICのポートごとに必要になります。

新機能

HP ProLiant Essentials RDMA Packを、オンボードのマルチファンクションNICを備えるProLiantサーバや単体のマルチファンクションNIC、ブレードのメザニン マルチファンクションNICで使用できるようになりました。RDMA Packは、HPのネットワーキングおよびソフトウェア ドライバWebサイトから無料でダウンロードできます。

以下の環境に適しています。

操作を簡素化させたい企業のデータ センタ
 
  • RDMA over TCPは、2つのシステム上にあるアプリケーション メモリ間でデータを直接転送するための通信プロトコルです。RDMA over TCPは標準的なTCP/IPベースのネットワーク、つまりデータセンタで一般的に使用されているEthernet上で動作します。このようにEthernetインフラストラクチャが使われるため、RDMA over TCPを使用すると維持管理費を低減できます。
  • RDMA over TCPにより、さまざまなクラスのトラフィック(ネットワーキング、I/O、ファイル システムとブロック ストレージ、プロセス間メッセージング)が同じ物理インターコネクトを共有します。このため、その物理インターコネクトでデータセンタ ファブリックを統一することができます。
   
  データ転送のための高速ソリューションを求めているお客様
 
  • RDMAは、ゼロコピーのネットワーク通信をサポートすることでカーネルをバイパスします。ゼロコピーのネットワーク通信では、マルチファンクションNICは、アプリケーション メモリとの間で直接データをやり取りできます。このため、アプリケーション メモリとカーネルの間でデータをコピーする必要がなくなります。
  • データベースの読み出し/書き込みやネットワーク バックアップは、一般に、ネットワークに過大な負荷をかけ、CPUボトルネックの原因になります。RDMAにより、転送プロトコル スタックの処理はNICが担当するようになります。

主な利点

大規模I/Oの性能の向上

送受信されるネットワーク トラフィックのTCP/IPプロトコル スタックの処理は、プロセッサ サイクルを消費します。プロトコル スタックの処理の負担がなければ、プロセッサ サイクルは、業務アプリケーションなど生産的なアプリケーションに使用できます。RDMAは、コンピュータのメモリの内容を別のコンピュータのメモリに直接転送しますが、その際、プロセッサの関わりをできるだけ少なくします。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項