Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバ

HP MA8000用パラレル データベース クラスタ

PDC/O5000

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む
パラレル データベース クラスタ モデルPDC/O5000 製品写真

製品情報/QuickSpecs

 
製品概要
    構成情報
  カタログ

ハードウェア構成要素


  • ProLiantサーバ(PDC/O5000の構成でサポートされるProLiantサーバのモデルについては、HP の Webサイト http://h18004.www1.hp.com/solutions/enterprise/
    highavailability/oracle9i/pdcO5000/win2000/index.html
    を参照してください)
  • StorageWorks Modular Array 8000およびEnterprise Modular Array 12000(MA8000/EMA12000)または StorageWorks RAID Array 8000およびEnterprise Storage Array 12000ストレージ サブシステム
  • 100Base-TX EthernetインターコネクトまたはGigabit Ethernetインターコネクト

コンポーネント


サーバ


PDC/O5000では、 ProLiantサーバの2〜6ノードがサポートされています。PDC/O5000の構成でサポートされるProLiantサーバのモデルについては、HP の Webサイト
http://h18004.www1.hp.com/solutions/enterprise/
highavailability/oracle9i/pdcO5000/win2000/index.html
を参照してください。
PDC/O5000クラスタ内のすべてのProLiantサーバは、以下に示すように、同一の構成に設定しなければならないことに注意してください。

  • 最小メモリ:PDC/O5000クラスタの各ProLiantサーバは、256MB以上のメモリとプロセッサ当たり512KB以上の2次キャッシュ メモリを必要とします。
  • サーバのバランス:PDC/O5000クラスタ内のサーバは、互いにバランスがとれていなければなりません。すなわち、各サーバは同じタイプで同じ数のプロセッサ、同じ容量の1次および2次キャッシュ、同じタイプで同じ容量のメモリを備える必要があります。
  • 異なるサーバの組み合わせは、PDC/O5000の構成では、現在サポートされていません。

ストレージ


PDC/O5000構成は、 StorageWorks Modular Array 8000およびEnterprise Modular Array 12000(MA8000/EMA12000)で動作確認済みです。 MA8000/EMA12000では、RA8000/ESA12000ストレージ ソリューションを新しいStorageWorksパッケージに移行し、HSG80コントローラおよび関連機能のサポートを維持しています。さらに、ユニバーサル ドライブのサポート、エンクロージャ当たりのドライブ数の増加、柔軟な構成、キャビネット当たりの容量の増加などの利点が追加されています。すべてのMA8000/EMA12000モデルは、リダンダント冷却ファン、N+1リダンダント電源、および環境監視機能を装備しています。ドライブおよびほとんどのソリューション コンポーネントは、ホットスワップが可能です。各ソリューションは、デュアル アクティブ モードで動作可能なデュアル リダンダント コントローラで構成できます。各コントローラには、一対のファイバ チャネル(FC)ホスト ポートがあります。パス障害が発生した場合、コントローラは、自動的にもう一方のパスにフェールオーバできます。

MA8000/EMA12000のFCリダンダント アーキテクチャによって、クラスタまたはシングル サーバ構成でのサーバ/ストレージ間に、single point of failure(単一機器の障害がシステム全体の障害となること)がなくなります。信頼性を強化するために、多くのプラットフォームでデュアルHBA(ホスト バス アダプタ)間のフェールオーバ機能を使用できます。

PDC/O5000構成は、共有ストレージとして、 StorageWorks RAID Array 8000およびEnterprise Storage Array 12000ストレージ サブシステムで動作確認済みです。 StorageWorks RAID Array 8000およびEnterprise Storage Array 12000ストレージ サブシステムのアクティブなコンポーネントは、すべて二重化が可能でホットスワップ対応なので、システムの高い可用性とno single point of failure(単一機器の障害がシステム全体の障害とならない構成)を実現しています。さらに、セキュア パス ソフトウェアを使用したデュアルHBA(ホスト バス アダプタ)間のフェールオーバのサポートによって、ホストからの二重データ パスを使用したno single point of failure(単一機器の障害がシステム全体の障害とならない構成)が実現されています。

RA8000/ESA12000ストレージ サブシステムについて詳しくは、次のWebサイトを参照してください。
http://www1.jpn.hp.com/products/storage/


インターコネクト


PDC/O5000クラスタは、次のクラスタ インターコネクトをサポートしています。

  • Ethernet PCIアダプタ、100Base-TX Ethernetハブ/スイッチ または Gigabit Ethernet

クラスタ キット


HP では、PDC/O5000キットを提供しています。このキットには、次のものが含まれています。(すべて英語版)

  • セキュア パス ソフトウェア - StorageWorksセキュア パスは、 StorageWorks MA8000/EMA12000またはRA8000/ESA12000に継続的なデータ アクセスを提供する高可用性ソフトウェア製品です。セキュア パスは、コントローラ、ディスク ドライブ、インターコネクト ハードウェア、およびホスト バス アダプタから、効果的にsingle point of failure(単一機器の障害がシステム全体の障害となること)を取り除きます。
  • インストレーション&アドミニストレータ ガイド

サポートされるオペレーティング システム


パラレル データベース クラスタ モデルPDC/O5000 for Oracle9i Real Application Clustersは、Windows 2000 Advanced Server(サービスパック2以降が必要)またはWindows 2000 Datacenter Serverをサポートします。

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項