Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバ 

パラレルデータベースクラスタ PDC/O5000

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む
pdc_o5000

製品情報/QuickSpecs

 
製品概要
    構成情報
  カタログ

パラレル データベース クラスタ モデルPDC/O5000
for Oracle8i Parallel Server リリース8.1.6
PDC/O5000 for OPS 8.1.6 エンハンスト キット 177927-B21

ハードウェア構成要素

  • Compaq ProLiantサーバ(同一モデルで2〜6ノードをサポート。PDC/O5000の構成でサポートされるProLiantサーバはProLiant 8500, 6500(Pentium III Xeonモデル), 6400R, DL380です。
  • Compaq StorageWorks MA8000/EMA12000またはRA8000/ESA12000ストレージ サブシステム
  • 100Base-TX EthernetインターコネクトまたはServerNet VIインターコネクト

コンポーネント

サーバ

PDC/O5000では、Compaq ProLiantサーバの2〜6ノードがサポートされています。 PDC/O5000クラスタ内のすべてのProLiantサーバは、以下に示すように、同一の構成に設定しなければならないことに注意してください。
  • 最小メモリ:PDC/O5000クラスタの各ProLiantサーバは、256MB以上のメモリおよびプロセッサあたり512KB以上の2次キャッシュを必要とします。
  • サーバのバランス:PDC/O5000クラスタ内のサーバは、互いにバランスがとれていなければなりません。すなわち、各サーバは同じタイプで同じ数のプロセッサ、同じ容量の1次および2次キャッシュ、同じタイプで同じ容量のメモリを備える必要があります。
  • 異なるサーバの組み合わせは、PDC/O5000の構成では、現在サポートされていません。

ストレージ

  PDC/O5000構成は、Compaq StorageWorks MA8000およびEMA12000で動作確認済みです。 MA8000/EMA12000では、RA8000/ESA12000ストレージソリューションを新しいStorageWorks製品に移行し、HSG80コントローラおよび関連機能のサポートを維持しています。 さらに、ユニバーサルドライブのサポート、エンクロージャ当たりのドライブ数の増加、柔軟な構成、キャビネット当たりの容量の増加などの利点が追加されています。すべての MA8000/EMA12000モデルは、リダンダント冷却ファン、N+1リダンダント電源、および環境監視機能を装備しています。 ドライブおよびほとんどのソリューション コンポーネントは、ホットスワップが可能です。各ソリューションは、デュアル アクティブ モードで動作可能なデュアルリダンダント コントローラで構成できます。各コントローラには、一対のFCホストポートがあります。パス障害が発生した場合、 コントローラは、自動的にもう一方のパスにフェールオーバできます。 MA8000/EMA12000のFCリダンダント アーキテクチャによって、クラスタまたはシングル サーバ構成でのサーバ/ストレージ間に、Single Point of Failure(単一機器の障害がシステム全体の障害となること)がなくなります。信頼性を強化するために、多くのプラットフォームで デュアル ホスト バス アダプタ(HBA)間のフェールオーバ機能を使用できます。 PDC/O5000構成は、共有ストレージとして、Compaq StorageWorks RA8000およびESA12000ストレージ サブシステムで動作確認済みです。Compaq StorageWorks RA8000およびESA12000ストレージ サブシステムのアクティブなコンポーネントは、すべて二重化が可能でホットスワップ対応なので、 システムの高い可用性とNo Single Point of Failure(単一機器の障害がシステム全体の障害とならない構成)を実現しています。さらに、セキュア パス ソフトウェアを使用したデュアルHBA間のフェールオーバのサポートによって、ホストからの二重データ パスを使用した No Single Point of Failureが実現されています。

PDC/O5000クラスタの構成は、マルチ リダンダントFC-AL(ファイバ チャネル アービトレーテッド ループ)と、ショートウェーブGBICおよびマルチモード光ファイバケーブルをサポートしています。RA8000/ESA12000は、リダンダントRAIDコントローラおよび最大72台のディスクをサポートする、 大容量のストレージ サブシステムです。RA8000/ESA12000ストレージサブシステムの容量は、サーバ スロットごとに、数GBから2.621TBまで拡張できます。

インターコネクト

PDC/O5000は、次のクラスタ インターコネクトをサポートしています。
  • コンパック社製OSDソフトウェア コンポーネント
  • マルチパス ソフトウェア(セキュア パス) - Compaq StorageWorks セキュア パスは、Compaq StorageWorks MA8000/EMA12000またはRA8000/ESA12000に継続的なデータ アクセスを提供する高可用性ソフトウェア製品です。セキュア パスは、コントローラ、ディスク ドライブ、インターコネクト ハードウェア、およびホスト バス アダプタから、効果的にSingle Point of Failure(単一機器の障害がシステム全体の障害となること)を取り除きます。
  • ユーザ インストレーション & アドミニストレータ ガイド
  • クラスタキットには2ノード分のライセンスが含まれるので、3ノード以上の構成では追加分のライセンスが必要になります。

サポートされるオペレーティング システム

  コンパック パラレル データベース クラスタ モデルPDC/O5000 for Oracle 8i Parallel Serverリリース8.1.6は、Windows NT Server 4.0およびWindows NT Server, Enterprise Edition 4.0(いずれもサービスパック3以上が必要)をサポートします。

パラレル データベース クラスタPDC/O5000 オプションサービス

弊社ではパラレルデータベースクラスタ PDC/O5000の販売にあたり、下記の有償サービスを提供しております。システム導入をスムーズに行い、運用面での可用性を高めるため、併せてご購入いただきますようお願いいたします。
  • カスタムインテグレーションサービス (ProLiantサーバおよびサーバオプション、ストレージ・サブシステムを、弊社工場にてキャビネットに組込み、検査して出荷するサービス)
  • Windows NT、Microsoft Cluster Serverおよび StorageWorks製品のスタートアップサービス
  • ハイアベイラビリティサービス (運用時のサポートサービス)

Compaq、SmartStart、Compaq Insightマネージャ、ProLiantは、米国Compaq Computer Corporationの商標です。
Novell、NetWareは、Novell, Inc.の登録商標です。
Microsoft、MS、Windows、Windows NTは、米国Microsoft Corporationの登録商標です。
Intel、Pentiumは、Intel Corporationの登録商標です。
IBM、OS/2は、IBM Corporationの登録商標です。
SCOは、Santa Cruz Operation, Inc.の登録商標です。
UNIXは、Open Group in the US and other Countries, Inc.の登録商標です。
Computer Associates JETserve、Computer Associates ARCserveは、Computer Associates, Inc.の登録商標です。
その他、本書に掲載されている会社名、製品名はそれぞれの各社の商標または登録商標です。
©2000 Compaq Computer Corporation. All rights reserved.
©2000コンパックコンピュータ株式会社
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項