Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバ

パラレル データベース クラスタ モデル

PDC/O1000 for OPS8.1.7

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む
パラレル データベース クラスタ モデルPDC/O 1000 製品写真

製品情報/QuickSpecs

 
  製品概要
  構成情報
  WindowsNTベーシックキットQuickSpecs(PDF、35.5KB)
  Windows2000ベーシックキットQuickSpecs(PDF、34.5KB)
  カタログ

製品概要


パラレル データベース クラスタは、Oracle 8i Server Enterprise EditionおよびOracle Parallel Server(以下OPS)を使用して、ProLiantサーバで最大6ノードの大規模NTクラスタシステムが構築できるソリューションです。 従来UNIXサーバの領域にあったミッションクリティカルなデータベースアプリケーションを、低コストで管理の容易なWindows NTプラットフォームで実現するための戦略的な製品です。

OPSは可用性とスケーラビリティの両面で定評のあるOracleデータベースのオプションソフトウェアです。パラレル データベース クラスタでは最大6ノードのクラスタ構成が可能になるため、2ノードクラスタと比較して可用性が一段と高まり、フェイルオーバ時の性能の低下がほとんどなくなります。またユーザ数やトランザクションの増加に応じてノード数を追加する、スケーラビリティ上のメリットもあります。さらに複数のノードが1つのデータベースに同時にアクセスすることが可能になるため、データベースの処理性能が飛躍的に向上しています。

パラレル データベース クラスタの用途として、次のようなシステムがあります。
  • データウェアハウス
  • OLTP(オンライントランザクション処理)
  • Webバックエンドデータベース
  • カスタムデータベースアプリケーション

製品説明


パラレル データベース クラスタ モデルPDC/O1000によって、2〜6ノードからなるWindows ベースのProLiant サーバのクラスタが、同時に、単一のOracleデータベースを共有できるようになります。独自のOSD (Operating System Dependent)ソフトウェアを組み込むことにより、HPの業界標準で耐障害性に優れた以下のハードウェア上で使用できます。
  • ProLiantサーバ(PDC/O1000クラスタ構成でサポートされるProLiantサーバのモデルについては、ProLiant High Availability Webサイト(英語)を参照してください)
  • 共有ストレージとして RAID Array 4000/4100 (RA 4000/4100)ストレージ サブシステム
  • Ethernetの専用クラスタ インターコネクト
HPは、PDC/O1000の構成をサポートするベーシックキットを用意しています。これらのキットには、Oracle Parallel Serverを使用可能にするOSD(Operating System Dependent)モジュール、アドミニストレータ ガイド、およびコンフィギュレーション ポスターが含まれています。 PDC/O1000構成は、共有ストレージとして RAID Array 4000/4100で認定されています。 RAID Array 4000/4100の主要なコンポーネントはリダンダント構成が可能であるため、システムの高可用性が実現されます。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項