Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバ  >  サーバ オプション

HP ProLiant DL380 G4
パッケージクラスタModular Smart Array 1000

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む
HP ProLiant DL380 G4 パッケージクラスタModular Smart Array 1000イメージ

製品情報/QuickSpecs

 
Showcase 電源概要
  概要説明   テクニカル仕様
    仕様一覧   システム構成
  オプション   マニュアル
  メモリ増設   カタログ
  ストレージ説明   保証/サービス

仕様一覧

MSA1000使用のDL380 Generation 4パッケージ クラスタ

パッケージ 8U構成 - 取り付け器具は再使用可能なABS材料
見分けやすい固有のケーブル配線(ストレージ ユニットに固定)
2×ファイバ チャネル ケーブル5m
1×Ethernetクロスオーバ ケーブル6フィート(182.88cm)
マニュアル クラスタ セットアップ ポスターおよびコンフィギュレーション ガイド
サーバ 2×ProLiant DL380 G4サーバ
共有ストレージ 1×Modular Smart Array 1000
ソフトウェア コンポーネント パッケージ クラスタは、ストレージとRAIDの管理、セットアップ、コンフィギュレーション、トラブルシューティングに、一貫性のあるユーティリティ ソフトウェア セットを使用します。この一貫性により、HPのサーバ ストレージ ソリューションのインストールやメンテナンスに必要なトレーニングや技術の専門知識が軽減されるため、維持管理費が削減されます。

コンフィギュレーション
アレイ コンフィギュレーション ユーティリティ(ACU)(オンライン/オフライン)
アレイ コンフィギュレーション ユーティリティ(ACU 6)(オンライン、リモートWebベースおよびオフライン)
  Option ROM Configuration for Arrays(ORCA)
  セレクティブ ストレージ プレゼンテーション(SSP)
  ROMベース セットアップ ユーティリティ(RBSU)
管理/ヘルス
  HP Systems Insight Manager
  SmartStart
  マネジメント エージェント
  リダンダントROM
  リモート フラッシュROM
  内蔵Lights-Outサポート
  リモートInsightボードLights-Out Edition
  自動サーバ復旧(ASR)
  ActiveUpdate
  ROMPaq、サポート ソフトウェア、およびコンフィギュレーション ユーティリティ
  Surveyユーティリティおよび診断ユーティリティ
  ドライブ パラメータ トラッキング
  ダイナミック セクタ修復
  ホット スペア ブート
(注:マルチ プロセッサ環境でプロセッサまたはVRMに障害が発生した場合、システムは自動的に再起動し、正常に動作する残りのプロセッサを使用)
  事前予防通知(プロセッサ、ハードディスク ドライブ、およびメモリが対象 )
  オプションのProLiant Essentials Valueパック:Rapid Deploymentパック、Workload Managementパック、内蔵Lights-Out
OSサポート
Microsoftクラスタ サービス(MSCS)
  Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  Microsoft Windows 2003 Server, Enterprise Edition
SteelEye LifeKeeper for Linux
  Red Hat Enterprise Linux 2.1 & 3.0
  SUSE Linux Enterprise Server 8 & 9
HP Serviceguard for Linux
  Red Hat Enterprise Linux 2.1、3、& 4
  SUSE Linux Enterprise Server 8 & 9
注: 最新の互換性情報については、 HP の Web サイト http://www.hp.com/
products/sharedstorage/
(英語)にある互換性マトリクスを参照してください。
注: 動作確認済みのLinuxの最新情報について詳しくは、HPのWebサイト
http://h18000.www1.hp.com/products/servers/linux/hplinuxcert.html(英語)を参照してください。
サービスおよびサポート
ハードウェア診断サポート、事前予防保証を含む3年間の限定保証(ハードディスク ドライブ、メモリおよびプロセッサを含む)この保証は、HPサービスおよび全国の販売特約店ならびにサービス会社網を通じて広範なサービスを提供しています。さらに、保証の範囲内または追加料金で、90日間のgetting startedソフトウェアに加えて、電話サポートを利用できます。拡張されたサービスは、HP Care Packサービスから購入できます。
注: 限定保証には、3年間のパーツ保証、3年間の作業保証、3年間の翌日オンサイト サポートが含まれます。

Care Packサービスには、基本的なものからミッション クリティカルなものまで、お客様のビジネス要件に適したサービス レベルを選択できる、各種ライフ サイクル オプションを提供します。

HP Care Packでは、次のような総合的なハードウェアおよびソフトウェア サービスが提供されています。
  インストールおよびスタート アップ
  教育コース
  オンサイト ハードウェア サービス受付時間の延長(13時間×5日間の営業日当日の受付から24時間×7日間の電話受付に延長、4時間での対応または電話連絡後6時間以内の修理完了のオプション付き)
  Microsoft、Linux、ProLiant EssentialsベースのITソリューションに対する広範囲にわたるソフトウェア テクニカル サポート(高レベルのアプリケーション可用性の実現を支援)、30分(クリティカルな問題の場合)から2時間の対応。
    システム管理、パフォーマンス サービス、およびミッション クリティカル サポート ソリューション。

HP Care Packサービスには、同時または事後に購入された、内蔵および19インチ以下の外部モニタならびにUPSオプションの、サーバ用のHPブランド ハードウェア オプションが含まれます。19インチ以下の外部モニタは、サーバと同じサービス レベルとサービス期間でサポートされます。また、ラックに取り付けられたサーバまたはストレージ システムに関しては、そのラックに取り付けられたすべてのHP認定のラック オプションも対象となります。

注: HP Care Packサービスについて詳しくは、HP営業所または販売店にお問い合わせいただくか、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/carepackを参照してください。
注: HPサービス製品、顧客企業および販売店について詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/servicesを参照してください。
注: 世界各地の限定保証およびテクニカル サポートについて詳しくは、HPのWebサイトhttp://h18004.www1.hp.com/products/servers/platforms/
warranty/index.html
(英語)を参照してください。

DL380 Generation 4サーバ

プロセッサ(サーバ当たり) インテルXeonプロセッサ3.6GHz-2MB 2次キャッシュ
インテルXeonプロセッサ3.4GHz-1MB 2次キャッシュ
キャッシュ メモリ(プロセッサ当たり 2MB ECC付き2次キャッシュ(フル スピード)
1MB ECC付き2次キャッシュ(フル スピード)
アップグレード(サーバ当たり) デュアル プロセッサにアップグレード可能
チップセット(サーバ当たり) インテルE7520チップセット
注: インテルについて詳しくは、インテル社のWebサイトを参照してください。http://www.intel.com/products/server/chipsets/ このリンクをクリックすると、HP社外へリンクします。 (英語)
メモリ保護(サーバ当たり) 2-Wayインタリーブ対応、アドバンストECCおよびオンライン スペア機能をサポート
メモリ(サーバ当たり)
タイプ   PC2-3200 DDR2レジスタ付きSDRAM。400MHzで動作。
標準 1GB(512MB×2)
最大   12GB
ネットワーク コントローラ(サーバ当たり) オンボードのNC7782デュアル ポートPCI-X Gigabit Server Adapter(内蔵)
拡張スロット(サーバ当たり)

スロット番号

バス速度

バス
番号

デバイス
番号

ホットプラグ対応

PCI電圧:

1 64ビット/
133MHz
PCI-X
10 1 なし 3.3V
2 64ビット/
133MHz
PCI-X
6 1 なし 3.3V
3 64ビット/
133MHz
PCI-X
6 2 なし 3.3V
*注: デフォルトのバス割り当てです。PCIブリッジを使用してカードを挿入すると、実際のバス割り当て番号は変わることがあります。
**注: スロットの数え方はOSによって異なります。MicrosoftのOSでは、バス(一番下のバスから始めて)バス単位で小さいほうから大きいほうに順にデバイスIDが割り当てられます。
注: PCI-Xについて詳しくは、HPのWebサイトhttp://h50146.www5.hp.com/
products/servers/proliant/technology/pci-x
を参照してください。
注: すべてのスロットはユニバーサル キーのPCIカードに対応できます。
ストレージ コントローラ(サーバ当たり
Smartアレイ6iコントローラ(Ultra320 SCSI)(システム ボードに内蔵)
FCA2214ホスト アダプタ(Linuxおよび32ビットWindows)(サーバ当たりMSA1000に1枚接続)
注: Smartアレイ6iコントローラのサポートしているデバイスの一覧については、HPのWebサイトhttp://h18000.www1.hp.com/products/quickspecs/12030_div/
12030_div.HTML
(英語)を参照してください。
ストレージ(サーバ当たり)
CD-ROMドライブ 24倍速IDE CD-ROMドライブ(薄型)
ハードディスク ドライブ   12GB
最大内蔵ストレージ容量(サーバ当たり)
ホット プラグ対応SCSI 1.80TB 6×300GB Ultra320 1インチ
インタフェース(サーバ当たり)
シリアル 1
ポインティング デバイス
(マウス)
  1
グラフィックス   1
キーボード   1
外部SCSI   1
2GBファイバ チャネル   1(FCA2214ホスト アダプタ経由、サーバで1つのPCIスロットを搭載)
ネットワーク(RJ-45)   3(iLO専用)
USB   2
注:USBのサポートについて詳しくは、HPのWebサイト
http://h18004.www1.hp.com/products/servers/
platforms/usb-support.html
(英語)を参照してください。
グラフィックス(サーバ当たり) 8MBのSDRAMビデオ メモリを装備する内蔵ATI Rage XLビデオ コントローラ
形状(サーバ当たり) ラックマウント型(2U)、(8.8cm) サーバ当たり、完全なクラスタには8Uの構成取り付け器具
業界標準規格 ACP 1.0B準拠
PCI-XおよびPCI 2.2準拠
WOLサポート
Microsoft® ロゴ認定
USB version 1.1
セキュリティ 電源投入時パスワード
キーボード パスワード
ディスケット ドライブ制御
ディスケット ブート制御
QuickLock、ネットワーク サーバ モード
シリアル インタフェース制御
管理者用パスワード
ディスク コンフィギュレーション ロック
サーバ電源コード 4本の低電圧電源コードが標準で付属(クラスタ当たり)- 米国、日本、ヨーロッパ
16本の低電圧電源コードが標準で付属(クラスタ当たり)- アジア・パシフィック、中国
電源(サーバ当たり) 575W、CEマーク準拠
オプションのホットプラグ対応リダンダント パワー サプライ機能
システム ファン(サーバ当たり) 各サーバ ノードにホットプラグ対応ファンが標準で8個付属。
必要なケーブル 必要なケーブルについて詳しくは、HPのWebサイト
http://www.hp.com/jp/proliantにあるシステム構成図を参照してください。
ラック通気要件
ラック10000シリーズ キャビネット
新しい高性能プロセッサ テクノロジの性能を最大限に引き出すには、ラックマウント型サーバの冷却効率を向上させる必要があります。ラック10000シリーズでは、通気性の向上により非常に高い冷却効果を実現しており、最新プロセッサを使用したサーバをラックに完全に実装することができます。

注意:   他社製のラックを使用する場合、通気をよくして装置の損傷を防ぐために、以下の追加要件を満たしていなければなりません。
  フロントおよびリア ドア:42Uサーバ ラックでフロントおよびリア ドアを閉じる場合、通気をよくするために、上部から下部にわたって5,350cm2の通気孔を均一に配置する必要があります(換気のために必要な64パーセントの開口部と同等になります)。
  側面:インストールしたラック コンポーネントと、ラックのサイド パネルの間は、7cm以上あけてください。
注意:   通気をよくするために、コンポーネントをインストールしないすべてのフロント パネルUスペースは、必ず、ブランク パネルを使用してカバーしてください。これにより、適切な通気が確保されます。ブランク パネルなしでラックを使用すると、冷却が適切に行われず、高温による損傷が発生することがあります。
注:   詳しくは、サーバに付属のセットアップ/インストレーション ガイドまたはドキュメンテーションCDを参照するか、HPのWebサイトhttp://h18000.www1.hp.com/
products/servers/ProLiantdl380/index.html(英語)の[Support]の項にあるサーバの資料を参照してください。
ラック キット(サーバ) 角穴ラック(Compaq/HP 7000、9000、10000、およびH9シリーズを含む)に対して工具不要のサポート。24〜36インチまで調節可能です。
注: パッケージ クラスタに含まれるModular Smart Array 1000の工具不要のラック レールは、ほとんどの丸穴ラックや角穴ラックに標準で対応します。

ProLiant Essentials Foundationパック ソフトウェア

HP Systems Insight Manager HPの新しいHP Systems Insight Manager(HP SIM)は、予期しないダウンタイムや生産性の低下の原因となる問題が発生する前に問題の障害予測通知を提供するので、システムの稼動時間と性能の最大化や、システムの維持管理費の削減に有用です。HP SIMは、簡単に設定でき、Insightマネジメント エージェントを使用して、内蔵Lights-Out、リモートInsightボードLights-Out Edition、およびバージョン コントロール エージェントとともに動作し、堅牢な障害管理、コンフィギュレーション管理、資産管理に加えてリモート管理も提供します。また、HP SIMを使用する場合は、ロールベースのセキュリティ、ProLiant、Integrity、およびHP9000システムの管理機能や、ストレージ、クライアント、プリンタ、および電源管理用のプラグインのほか、サーバの迅速な配備、性能管理、および作業負荷管理といった利点も得ることができます。HP SIMについて詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/hpsim/を参照してください。
SmartStart SmartStartは、サーバを簡単にセットアップすることのできるツールです。信頼性が高く整合性のあるサーバの環境設定を迅速に配備することができます。詳しくは、HPのSmartStartのWebサイト http://www.hp.com/jp/servers/smartstart/を参照してください。
この製品でサポートされるSmartStartのバージョンはSmartStart 7.10以上です。
マネジメント エージェント マネジメント エージェントは、HPのインテリジェント マネジメント機能戦略の基礎を形成します。これによって、HP製サーバ、ワークステーション、デスクトップ、およびポータブル内に構築された構成の詳細に、ブラウザ ベースで直接アクセスできます。また、サブシステムまたは環境に障害が発生した際に、Insightマネージャ7およびその他のエンタープライズ 管理アプリケーションにアラートを送信します。マネジメント エージェントおよびその他のHP製管理製品について詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/servers/manage/を参照してください。
Subscriber's Choice HPのWebサイトにある「Subscriber's Choice」のページで提供されているWebベース電子メール配信サービスの「Driver and Support Alerts/Notifications」は、ProLiant製品に関するソフトウェアやドライバの変更の通知を自動的に配信します。HPのWebサイト http://www.hp.com/go/subscriberschoice/(英語)から申し込み、プロファイルをカスタマイズすると、新しいアラートがある場合、それらのアラートを毎週または毎月受け取ることができます。このサービスは、英語での提供になります。
ROMPaq、サポート ソフトウェアおよびコンフィギュレーション ユーティリティ ProLiantサーバおよびオプションに対して最適化とテストが十分に行われた、最新のソフトウェア、ドライバ、およびファームウェアです。SmartStartで入手でき、HPのWebサイト http://www.hp.com/jp/servers/smartstart/ にあるSmartStartのWebサイトでリンクされている、ソフトウェアおよびドライバのダウンロード ページからダウンロードできます。
Insight Diagnostics Online Edition SmartStartで入手可能で、HPまたはユーザ自身によって使用する、非常に高度なコンフィギュレーション分析、レポートおよびトラブルシューティング用のユーティリティです。

Modular Smart Array 1000

次のコンポーネントを使用することにより、ストレージ容量と性能を新しいレベルに向上させることができます。
Modular Smart Array 1000 4Uキャビネットに、最大14台のホットプラグ対応1インチWide Ultra2 SCSI、Wide Ultra3 SCSI、Ultra320 SCSIユニバーサル ドライブを収納します。各MSA1000には、MSA1000コントローラ(1)、1個のSFPが接続されたMSAファイバ チャネルI/Oモジュール(1)、ホットプラグ対応デュアル ファン/パワー サプライと電源ケーブル、拡張エンクロージャを接続するための3フィートVHDCI-VHDCI SCSIケーブル(2)、マニュアル、およびサポート ソフトウェアCDが標準コンポーネントとして収納されています。MSA1000はモジュール式の設計になっているため、リダンダント コントローラ、リダンダント ファイバ チャネル(1ポート)I/Oモジュール、3ポート ハブまたは内蔵ファブリック スイッチ、およびストレージ拡張エンクロージャを追加できます。MSA1000の電源を切って再投入しなくても、追加のストレージ エンクロージャを追加できます。

MSA1000コントローラ

MSA1000コントローラは、LCD/LEDステータス ディスプレイと256MBバッテリ バックアップ式読み出し/書き込みキャッシュ(1枚のコントローラにつき512MBまで拡張可能)を備えた内蔵RAIDコントローラです。MSA1000には、1枚のMSA1000コントローラが内蔵されており、リダンダントMSA1000コントローラはオプションです。
主な特長
ミラー キャッシュによるリダンダント コントローラのサポート
ファブリック、プライベート ループ、およびパブリック ループをサポート
F、FL、およびLポート ログインのオート ネゴシエーション
RAID 0、1、1+0、5およびADG
2GB/1GB周波数に機敏に対応
プライマリおよびセカンダリ コントローラ間リンク(ICL)
ACUを介したホスト ベースのコンフィギュレーション
オプションで、コマンド ライン インタフェース(CLI)から設定可能
ACU(オフラインとリモート)およびIMを介した、リモートのコンフィギュレーションと監視
MSA1000コントローラの管理機能
セレクティブ ストレージ プレゼンテーション:複数のホストが1台のMSA1000ストレージ システムにアクセスできるようにします。ホスト アクセスは、論理ボリューム レベルに至るまで詳細に定義できます。
オンラインでのRAIDレベル移行:データやボリューム情報を破壊することなく、構成後にRAIDレベルをオンラインで変更することができます。
オンラインでの容量拡張:稼動中のMSA1000にストレージを追加できるため、コストのかかるサーバのダウンタイムを軽減します。
グローバル オンライン スペア:ドライブ障害時の自動データ再構築により、データ損失のリスクを軽減します。
フォールト トレランス ドライブの交換中もデータを使用可能にしてサーバを稼動させる、次のような複数のフォールト トレランス構成がサポートされています。
アドバンスト データ ガーディング(RAID ADG):複数のドライブに2つのパリティ ドライブに相当するデータを割り当て、同時書き込み操作を可能にします。
分散データ ガーディング(RAID 5):複数のドライブにパリティ データを割り当て、同時書き込み操作を可能にします。
ドライブ ミラーリング(RAID 1、(1+0:ストライピングされたミラーリング)):ドライブ アレイの半分をデータに割り当て、残り半分をミラー化するデータに割り当てて、すべてのファイルを冗長化します。
障害回復 ダウンタイムを最小限に抑え、データを再構築し、ドライブ障害からの迅速な復旧を可能にします。
オンライン スペア:障害が発生すると、オンライン スペアを使用して復旧が開始され、自動的にデータが再構築されます。アレイごとに複数のオンライン スペアを割り当てることができ、複数のアレイ間で使用できます。異なるアレイで、別々のオンライン スペアを割り当てることもできます。
アレイ アクセラレータ:電源障害が発生した場合、オンボードのバッテリ バックアップ式キャッシュ メモリがデータを保護します。予期せぬコントローラ障害が発生した場合でも、バッテリ バックアップ式のキャッシュにより、最長で3日間、重要なユーザ データを保持します。
ストレージ
ドライブ ベイ 14×ホットプラグ対応1インチ
ドライブ ベイの拡張性   2台のMSA30ディスク エンクロージャによる最大42のホットプラグ対応ドライブ ベイ(MSA30当たり14のドライブ ベイ)
ハードディスク ドライブ   なし
最大内蔵ストレージ容量ストレージ   MSA1000ベース:4.2TB(14×146.8GB 1インチ)
MSA30(1台)搭載(28×300GB 1インチ)
MSA30(2台)搭載(42×300GB 1インチ)
ハードディスク ドライブ   事前予防保証
ストレージの標準装備 Modular Smart Array 1000(4U)
MSA1000コントローラ(256MBキャッシュ搭載)(1)
MSA SAN Switch 2/8(内蔵)(2GBのSFP(4個)を含む)
ホットプラグ対応リダンダント パワー サプライ/ファン
ホットプラグ対応リダンダント パワー サプライ/空冷ファン アセンブリ
ユニバーサル ラックマウント キット
電源ケーブル×2
MSA1000サポートCDおよびマニュアル
クラスタリング用Ethernetクロスオーバ ケーブル
シリアル ケーブル
3フィートのVHDCI - VHDCI SCSIケーブル×2
注: MSA SAN Switch 2/8には、合計8つのファイバ チャネル ポートがあります。ユーザが使用できるのはそのうち7つで、8番目のポートはコントローラが内部的に使用します。スイッチには、出荷時に、4個のSFPがあらかじめ取り付けられています。
ストレージ コントローラ MSA1000コントローラ(リダンダント コントローラ対応)
ホスト バス アダプタ FCA2214ホスト アダプタ(Linuxおよび32ビットWindows)(サーバ当たり1枚)
キャッシュ メモリ
256MB読み取り/書き込みキャッシュ メモリ
最大512MB読み出し/書き込みキャッシュ(オプション)
ECC保護付き、バッテリバックアップ式、取り外し可能
 
注: オプションのストレージ メモリは以下の構成が可能です。
1×128MB、2×128MB、1×256MB、2×256MB。
注: リダンダント コントローラがインストールされる場合は、両方のコントローラのキャッシュ構成が同じでなければなりません。
キャッシュ バッテリ 最長3日のリダンダント バッテリ寿命、交換を可能にするため取り外し可能
アップグレード可能なファームウェア 2MBフラッシュROM
電源 499W(デュアル)パワー サプライ、CEマーク準拠
ファンは各パワー サプライに内蔵、リダンダント機能付き(標準)
ディスク ドライブおよびエンクロージャ Ultra320、Wide Ultra3、およびWide Ultra2 SCSI 1インチ ユニバーサル ドライブ
形状 ラックマウント型(4U)、(17.78cm)
コネクタ タイプ 2GBまたは1GBのファイバ チャネル
ポート VHDCI(2)、Wide Ultra3 SCSI
帯域幅 200MB/秒
30,000 IO/秒
ディスク ドライブおよびディスク エンクロージャ プロトコルのサポート Wide Ultra 3 SCSIおよびWide Ultra 2 SCSI
ユーザ インタフェース ステータス インジケータ(2)およびプッシュ ボタン(4)付きコントローラ ディスプレイ、コントローラ前面のステータス インジケータ(16)
MSA1000コントローラ プロトコル サポート 2GBファイバ チャネル
SCSIポート 標準の2個の外部VHDCIコネクタ(MSA30ディスク エンクロージャに使用)。
論理ドライブ 最大32の論理ドライブ
RAIDサポート RAID ADG(アドバンスト データ ガーディング)
RAID 5(分散データガーディング)
RAID 1+0(ストライピングとミラーリング)
RAID 1(ミラーリング)
RAID 0(ストライピング)

モデル

DL380パッケージ クラスタMSA1000 R04 X3600-2M 1GB 381370-xx1

プロセッサ (1)インテルXeonプロセッサ3.6GHz(標準、最大2基までサポート)
キャッシュ メモリ 2MBのECC付き2次キャッシュ
メモリ 1GB(標準)〜12GB(最大)の2-wayインタリーブ対応PC2-3200 400MHz DDR2 SDRAM、アドバンストECC機能をサポート
ネットワーク コントローラ オンボードのNC7782デュアル ポートPCI-X Gigabit NIC、10/100/1000 WOL(Wake on LAN)
ストレージ コントローラ Ultra320 SCSI対応Smartアレイ6iコントローラ(システム ボードに内蔵)。FCA2214ホスト アダプタ(Linuxおよび32ビットWindows)×2
ハードディスク ドライブ 標準ではなし
内蔵ストレージ 1.8TB(6×300GB Ultra320 1インチ)(オプションのハードディスク ドライブ使用時)
CD-ROMドライブ 24倍速IDE CD-ROMドライブ(マルチベイ)
Modular Smart Array 1000 1×Modular Smart Array 1000(14×1インチ ドライブ ベイ)。MSA1000コントローラ1台内蔵(2台目はオプション)
形状 ラックマウント型(2U)、(8.8cm)

DL380パッケージ クラスタMSA1000 R04 X3400-1M 1GB 374110-xx1

プロセッサ (1)インテルXeon プロセッサ 3.4GHz(標準、最大2基までサポート)
キャッシュ メモリ 1MBのECC付き2次キャッシュ
メモリ 1GB(標準)〜12GB(最大)の2-wayインタリーブ対応PC2-3200 400MHz DDR2 SDRAM、アドバンストECC機能をサポート
ネットワーク コントローラ オンボードのNC7782 PCI-X Gigabit NIC、PCI 10/100/1000 WOL(Wake on LAN)×2
ストレージ コントローラ Ultra320 SCSI対応Smartアレイ6iコントローラ(システム ボードに内蔵)。FCA2214ホスト アダプタ(Linuxおよび32ビットWindows)×2
ハードディスク ドライブ 標準ではなし
内蔵ストレージ 1.8TB(6×300GB Ultra320 1インチ)(オプションのハードディスク ドライブ使用時)
CD-ROMドライブ 24倍速IDE CD-ROMドライブ(マルチベイ)
Modular Smart Array 1000 1×Modular Smart Array 1000(14×1インチ ドライブ ベイ)。MSA1000コントローラ1台内蔵(2台目はオプション)
形状 ラックマウント型(2U)、(8.8cm)

国別コードキー

xx=00 米国
xx=29 日本
xx=37 アジア・パシフィック(APD)
xx=42 ヨーロッパ
(日本向けモデル以外は、日本国内では販売しておりません)
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項