Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバ

HP ProLiant BL30p

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む
ProLiant BL30p イメージ

製品情報/QuickSpecs

 
Showcase テクニカル仕様
  概要説明   システム構成
    仕様一覧   カタログ
  オプション   保証/サービス
  メモリ増設      

仕様一覧


HP ProLiant BL30p サーバ ブレード

プロセッサ インテル® Xeon™ プロセッサ3.2GHz/533MHz -2MB 3次キャッシュ
インテル® Xeon™ プロセッサ3.2GHz/533MHz -1MB 3次キャッシュ
インテル® Xeon™ プロセッサ3.06GHz/533MHz-1MB 512KB 2次キャッシュ
アップグレード BL30pサーバ ブレードはデュアル プロセッサ対応
キャッシュ メモリ 2MBの3次キャッシュ
1MBの3次キャッシュ
512KBの2次キャッシュ
チップセット ServerWorks GC-LEチップセット
注: ServerWorksについて詳しくは、次のWebサイトを参照してください。 http://www.serverworks.com/products/overview.html
メモリ
標準 1024MB(1×1GB)PC2100 DDR SDRAM(266MHzで動作)。2つめのDIMMオプション287497-B21が取り付けられていない場合、非インターリーブ
最大 4GB
柔軟な
メモリ
BL30pブレードは、同一のDIMMメモリ ペアが取り付けられている場合はメモリ インターリーブをサポート
ネットワーク アダプタ 合計3個のネットワーク アダプタ:
2個のNC7781 PCI-X Gigabit NIC(内蔵型)
1個の10/100T NIC(内蔵型)はiLOマネジメント専用
統合管理機能 新しい静的IPベイ構成機能を備えた内蔵Lights-Out(iL)Advancedパックでの管理
内蔵ストレージ
ハードディスク
ドライブ
標準ではなし
最大内蔵
ストレージ容量
120GB(2×60GBスモール フォーム ファクタEIDE、5400rpmハードディスク ドライブ)
BL30p上のHP ProLiant BL p-Classファイバ チャネル HP ProLiant BL30pをファイバ チャネルを介してSANに接続するには、以下のオプションが必要です。
1. デュアル ポート ファイバ チャネル アダプタ(オプション)が取り付けられたHP ProLiant BL30pブレード
 
デュアル ポート ファイバ チャネル アダプタ オプション354054-B21は、HP ProLiant BL30pブレードと互換(HP ProLiant BL20p シリーズ ブレードとは非互換)
各構成済みブレード上の2個のポートはリダンダント ファイバ チャネル接続を提供
最大2Gb/秒の速度を提供、下位互換性があるため、既存の1Gb/秒の環境でも利用可能
QLogic ISP2312チップセット ベース
インターコネクト オプション キットへのインストール用の2つのLCコネクタ付きスモール フォーム ファクタ ホットプラグ対応(SFP)トランシーバがキットに付属(以下の2Aおよび2B参照)
2A. BL p-Classパッチ パネル2(ファイバ チャネル パス スルー付属)インターコネクト オプション
 
Ethernetおよびファイバ チャネル信号の両方のパス スルーを提供
Ethernet信号は、RJ-45パッチ パネル2 インターコネクトの背面側から送出
ファイバ チャネル信号は、RJ-5パッチ パネル2 インターコネクトの正面側から送出
 
o 各パッチ パネル2インターコネクト正面の8個のファイバ チャネル スモール フォーム ファクタ ホットプラグ対応(SFP)トランシーバ ケージ(サーバ ブレード エンクロージャ当たり16個のファイバ チャネルSPFトランシーバ ケージ)
o SPFトランシーバは、BL30pデュアル ポート ファイバ チャネル アダプタ キット(オプション)に付属
  または
2B. BL p-Class C-GbE2またはF-GbE2インターコネクト キット オプションとGbE2ストレージ接続キット(オプション)
 
Ethernet信号の統合およびファイバ チャネル信号のパス スルーを実現
Ethernet信号とファイバ チャネル信号の両方が、GbE2インターコネクト スイッチ(GbE2ストレージ接続キット オプション付き)の背面から送出
 
o 各GbE2インターコネクト スイッチの背面に8個のファイバ チャネル スモール フォーム ファクタ ホットプラグ対応(SFP)トランシーバ スロット(各サーバ ブレード エンクロージャに16個のファイバ チャネルSPFトランシーバ ゲージ)。
o BL30pデュアルポート ファイバ チャネル アダプタ キット(オプション)に付属のSPFトランシーバ
  および
3. SAN環境
 
StorageWorksアレイ用に最適化:
 
o Modular Smart Array 1000
o Enterprise Virtual Array 5000(EVA5000)V2;Enterprise Virtual Array 3000(EVA3000)
o XP48、128、512、1024
一部の他社製SANと互換。詳しくは、HPのWebサイト http://h18000.www1.hp.com/products/servers/
proliant-bl/p-class/storage.html
(英語)にあるブレード ストレージを参照してください。
ローカルI/Oケーブル ローカル管理用にBL30Pサーバ ブレードの正面に接続し、サーバ ブレードの初回の設定に役立ちます。(2)USBポート、(1)ビデオ ポート、(1)iLポート、および(1)シリアル ポート2本のI/Oケーブルは、各サーバ ブレード エンクロージャ(281404-B22および243564-B22)に付属
注:テスト済みのUSBデバイス(キーボード、マウス、ディスケット)は、Optionsの項を参照してください。

HP ProLiant BL p-Classサーバ ブレード エンクロージャおよびインターコネクト

HP ProLiant BL p-Classサーバ ブレード エンクロージャ 6U(26.67cm)、幅48.26cm
次のサーバ ブレードを搭載
HP ProLiant BL20pシリーズ サーバ ブレード×8
HP ProLiant BL30pシリーズ サーバ ブレード×16(BL30pブレード スリーブが必要)
HP ProLiant BL40pシリーズ サーバ ブレード×2
上記の組み合わせ
注:BL30pサーバ ブレードをサポートするには、拡張バックプレーン コンポーネント付きHP ProLiant BL p-Classサーバ ブレード エンクロージャが必要です。
注:Server Blade Enclosure Upgrade Kit(354100-B21)には、拡張バックプレーン コンポーネントが含まれ、ブレード エンクロージャをアップグレードしてBL30pシリーズ ブレードのサポートを可能にし、当該エンクロージャに1個の物理iLOポートを提供します。
インターコネクト用外部ベイ×2(パッチ パネル、パッチ パネル2、GbEインターコネクト スイッチ、またはGbE2インターコネクト スイッチ)
サーバ ブレード エンクロージャ背面のサーバ ブレード管理モジュールは、ホットプラグ対応で、取り付けられているすべてのブレード用に集中10/100T iLOポートを備え、取り付けられているすべてのブレードのイベントをレポートし、さらにSNMPを介して資産およびインベントリ情報を提供します。
HP ProLiant BL p-Class電源要件 リダンダント208V AC、30A三相(デルタ結線)
注:BL30pの配備には、三相電源を強くおすすめします。
リダンダント200V〜240V AC、30A単相
リダンダント-48VDC±10%
HP ProLiant BL p-Classインターコネクト スイッチ オプション
(キット当たり1組のスイッチ)
(各サーバ ブレード エンクロージャには、1組のインターコネクト パッチ パネルまたはインターコネクト スイッチが必要)
インターコネクト スイッチ インターコネクトは、サーバ ブレードからのEthernet信号を、より少ない一連の外部銅線ベースまたは光ファイバベースのアップリンク ポートに集束し、ネットワーク インフラストラクチャに接続します。パッチ パネル インターコネクトと同様に、個々のBL20p G2およびBL30pファイバ チャネル信号をパス スルーするオプションがあります。BL20pシリーズ、BL30pシリーズ、およびBL40pシリーズ ブレードの混在状況によりますが、インターコネクト スイッチは各サーバ エンクロージャごとに最大32本のネットワーク ケーブル数を1本にまで削減します。各インターコネクト スイッチ ペアは、最大16の内蔵サーバ ネットワーク(NIC)ポートを1〜6個の外部ポート(モジュラー リア マウント インターコネクト上に4個、スイッチ フロント パネル上に2個)にまで削減します。サーバ ブレード エンクロージャ当たりの外部ポート数は合計12個になります。GbE2インターコネクト キット(C-GbE2およびF-GbE2)は、1000Mb/秒へのNIC集束(Gigabit Ethernet)と、レイヤ3〜7スイッチング、ファイバ チャネル パス スルー(BL20pシリーズおよびBL30pシリーズ ブレード)、およびネットワークへの10 Gigabit Ethernet帯域幅接続を含む高度なネットワーク機能サポートを提供します。Nortel Networks社から提供される将来のGbE2インターコネクト スイッチ アップグレード オプションによって、レイヤ3〜7スイッチングへの拡張と10 Gigabit Ethernetへの拡張との両方が予定されています。
HP ProLiant BL p-Class F-GbE2インターコネクト キットには、2台のGbE2インターコネクト スイッチと2つのQuadSXインターコネクト モジュール(サーバ ブレード エンクロージャ当たり8つのLC 1000 SXおよび4つのRJ-45 10/100/1000 T/TX/T外部ポートを提供)が含まれます。
HP ProLiant BL p-Class C-GbE2インターコネクト キットには、2台のGbE2インターコネクト スイッチと2つのQuadT2インターコネクト モジュール(サーバ ブレード エンクロージャ当たり12のRJ-45 10/100/1000 T/TX/T外部ポートを提供)が含まれます。
オプションのHP ProLiant BL p-Class GbE2ストレージ接続キットは、C-GbE2またはF-GbE2インター コネクト キットを使用するときにファイバ チャネル パス スルー用に必要です。
GbEインターコネクト キット(C-GbEおよびF-GbE)は、100Mb/秒(Fast Ethernet)へのNIC集束を提供します。
HP ProLiant BL p-Class F-GbEインターコネクト キットには、2台のGbE2インターコネクト スイッチと2つのDualTSXインター コネクト モジュール(サーバ ブレード エンクロージャ当たり4つのLC 1000 SXおよび8つのRJ-45 10/100 T/TX外部ポートを提供)が含まれます。
HP ProLiant BL p-Class C-GbEインターコネクト キットには、2台のGbE2インターコネクト スイッチと2つのQuadTインターコネクト モジュール(サーバ ブレード エンクロージャ当たり4つののRJ-45 10/100/1000 T/TX/T外部ポートおよび8つのRJ-45 10/100T/TX外部ポートを提供)が含まれます。
また、各インターコネクト スイッチには次のものが含まれます。
RS-232 DB-9フロント パネル アウトバンド管理ポート
2つのインターコネクト スイッチを接続するリダンダント クロス リンク ポート
リダンダント電源入力およびオンボードのリダンダント ファン
ホットプラグおよびホットリムーブ対応、構成保持機能付きおよびケーブル接続/再ケーブル接続が不要
Power ON、管理、および各ポート ステータスおよび速度LEDインジケータ
瞬間動作のリセット/電源プッシュボタン スイッチ
HP ProLiant BLインターコネクト スイッチ マネジメント ユーティリティおよびユーザ ドキュメンテーションCD
完全な事前設定により、迅速な導入と動作開始が可能
GbEインターコネクト キット(C-GbEおよびF-GbE)は、100Mb/秒(Fast Ethernet)へのネットワーク アダプタの統合を要求するアプリケーションに使用します。
HP ProLiant BL p-Class F-GbEインターコネクト キットには、2つのGbEインターコネクト スイッチと、2つのDualTSXインターコネクト モジュール(各サーバ ブレード エンクロージャにLC 1000 SX×4、RJ-45 10/100 T/TX外部ポート×8を実装)が含まれます。
HP ProLiant BL p-Class C-GbEインターコネクト キットには、2つのGbEインターコネクト スイッチと、2つのQuadTインターコネクト モジュール(各サーバ ブレード エンクロージャにRJ-45 10/100/1000 T/TX/T×4、RJ-45 10/100 T/TX外部ポート×8を実装)が含まれます。
HP ProLiant BLインターコネクト スイッチ マネジメント システムおよびユーティリティには、次の機能が含まれています。すべての機能を使用できるWebベースおよびスクリプト可能なコマンド ライン(CLI)インタフェース、パスワードで保護されたマルチレベルのユーザ アカウント、TelnetおよびSNMP、BootPクライアント、ポート ミラーリング、ポートベースのVLANおよびVLANタグ機能、EtherChannel互換マルチポート トランキング、ネットワーク タイム プロトコル、スパニング ツリー プロトコル、ブロードキャスト/マルチキャスト ストーム制御、フロー制御、人による読み取り/書き込み可能なコンフィギュレーション ファイル、TFTPクライアント、IPアドレス セキュリティ制限、オートMDI/MOI-X、速度と二重モードのオートネゴシエーションおよびオートセンシングをサポート。
HP ProLiant BL p-Class GbE2ストレージ接続キット オプション
(1組のGbEスイッチをサポート)
GbE2ストレージ接続キット(オプション)は、GbE2インターコネクト スイッチ キットを使用するときにファイバ チャネル信号パススルー用に必要です。1つのインターコネクト オプションを使用して、Ethernetケーブルの集束とファイバ チャネル接続の両方が可能です。BL20pおよびBL30pシリーズ ブレードのファイバ チャネル パス スルー用にサーバ ブレード エンクロージャ当たり1つのGbE2ストレージ接続キットを注文してください。
GbE2ストレージ接続キットには、各BL30pデュアル ポート ファイバ チャネル アダプタ(オプション)および各BL20pデュアル ポート ファイバ チャネル アダプタに同梱のホットプラグ対応スモール フォーム ファクタ(SFP)トランシーバ用の、16個のオープン トランシーバ ケージがある2つのOctalFCインターコネクト モジュールが含まれます。GbE2ストレージ接続キットは、最大8台のBL20pシリーズ、最大16台のBL30pシリーズ ブレード、またはそれらの組み合わせをサポートします。
HP ProLiant BL p-Class RJ-45パッチ パネル
(キット当たり1組の付属パッチ パネル)
(各サーバ ブレード エンクロージャには、1組のインターコネクト パッチ パネルまたはインターコネクト スイッチが必要)
6U(26.67cm)、BL p-Class 6Uサーバ ブレード エンクロージャに挿入
すべての搭載済みサーバ ブレードからそれぞれRJ-45接続でEthernet NIC信号を送出
Gigabit Ethernetネットワーク アダプタをサポート
各RJ-45パッチ パネルの背面に16個のRJ-45コネクタ(各サーバ ブレード エンクロージャに32個のRJ-45接続)RJ-45パッチ パネルの利点は、次のとおりです。
- ご使用のLANインフラストラクチャ コンポーネントにお客様が信号を接続可能
- 最も低コストのブレード ソリューションを可能にする非常に経済的なオプションを提供
- 完全にパッシブでソフトウェアや管理は不要
HP ProLiant BL p-Class RJ-45パッチ パネル2
(ファイバ チャネル パス スルー付属)
(キット当たり1組の付属パッチ パネル)
(各サーバ ブレード エンクロージャには、1組のインターコネクト パッチ パネルまたはインターコネクト スイッチが必要)
注:パッチ パネル2またはGbE2インターコネクト キットのどちらかは、BL20pシリーズおよびBL30pシリーズ ブレードとSAN接続する場合に必要です。
6U(26.67cm)、BL p-Class 6Uサーバ ブレード エンクロージャに挿入
すべての搭載済みサーバ ブレードからそれぞれRJ-45接続でEthernet NIC信号を送出
Gigabit Ethernetネットワーク アダプタをサポート各RJ-45パッチ パネル2の背面に16個のRJ-45コネクタ(各サーバ ブレード エンクロージャに32個のRJ-45接続)ファイバ チャネル信号を、取り付けられたすべてのBL20pおよびBL30pシリーズ サーバ ブレードからスモール フォーム ファクタ ホットプラグ対応(SFP)トランシーバ ケージを通して個別にパス スルー2Gb/秒のファイバ チャネル信号を提供、下位互換性があるため、既存の1Gb/秒の環境でも利用可能各パッチ パネル2正面の8個のファイバ チャネル スモール フォーム ファクタ ホットプラグ対応(SFP)トランシーバ ケージ(サーバ ブレード エンクロージャ当たり16個のファイバ チャネルSPFトランシーバ ケージ)RJ-45パッチ パネル 2の利点は、次のとおりです。
- ご使用のLANおよびSANインフラストラクチャ コンポーネントにお客様が信号を接続可能
- 最も低コストのブレード ソリューションを可能にする非常に経済的なオプションを提供
- 完全にパッシブでソフトウェアや管理は不要
- Ethernet信号とファイバ チャネル信号を電気的に完全分離
HP ProLiant BL p-Classファイバ チャネル、パス スルー ファイバ チャネル信号は、HP ProLiant BL20pシリーズおよびBL30pシリーズ ブレードまたはそのどちらかから、サーバ ブレード エンクロージャ バックプレーンを介して送出。ファイバ チャネル信号は、インターコネクト ベイ内のRJ-45パッチ パネル2またはGbE2インターコネクト スイッチ(GbE2ストレージ接続キットあり)を介して終端されます。冗長性を提供するため、各サーバ ブレードには2つのファイバ チャネル信号があります。一方のファイバ チャネル信号は右側のインターコネクトを介して終端され、もう一方のファイバ チャネル信号は左側のインターコネクトを介して終端されます。8個のファイバ チャネル スモール フォーム ファクタ ホットプラグ対応(SFP)トランシーバ ケージは各RJ-45パッチ パネル2正面および各GbE2インターコネクト スイッチ背面にあります(サーバ ブレード エンクロージャ当たり16個のファイバ チャネル接続)。SPFケージは、BL20p G2デュアル ポート ファイバ チャネル メザニン カードおよびBL30pデュアル ポート ファイバ チャネル アダプタに付属のSPFトランシーバの挿入に使用されます。
必要なネットワーク ケーブル
10Base-T カテゴリ3、4、または5 UTP(100m)
EIA/TIA-568 100ΩSTP(100m)
100Base-TX   100Base-TX カテゴリ5 UTP(100m)
EIA/TIA-568 100ΩSTP(100m)
1000Base-T   カテゴリ5 UTP(100m)
EIA/TIA-568 100ΩSTP(100m)
1000Base-SX   50/125mm マルチモード ファイバ、400MHz/Km(500m)
50/125mm マルチモード ファイバ、500MHz/Km(550m)
62.5/125mm マルチモード ファイバ、160MHz/Km(220m)
62.5/125mm マルチモード ファイバ、200MHz/Km(275m)
HP ProLiant BL p-Class電源およびラック情報
注:電源構成を確認するには、Whitepaper『HP ProLiant BL p-Classシステム概要とプランニング』およびサイジング ユーティティ
http://www.hp.com/servers/bl30p )を参照してください。
HP ProLiant BL p-Classパワー エンクロージャ 3U(13.335cm)、幅48cm、奥行74cm、デュアル入力の単相モデルと三相モデル
BL p-Classパワー エンクロージャには、PDUを必要としない、スケーラブルで、ラックに搭載されたホットプラグ対応電源が使用されています。三相モデルでは6個のパワーサプライを搭載可能単相モデルでは最大4個のパワーサプライを搭載可能各構成に必要な電源を確認するには、サイジング ユーティリティ( http://h30099.www3.hp.com/configurator/powercalcs.asp )を使用してください。
注:BL30pの配備には、三相パワー エンクロージャ オプションを強くおすすめします。
DC電源装置(-48VDC±10%)を使用する場合は、パワー エンクロージャおよびパワー サプライは不要です。この場合、ファシリティDC電源キット(240563-B21)が必要になります。
BL p-Class配電装置 -48VDC電源(パワー エンクロージャまたはDC電源装置より取得)がパワー エンクロージャからバス バー(複数のエンクロージャの場合)またはパワー バス ボックス(1台のエンクロージャの場合)を経由してサーバ ブレード エンクロージャに供給されます。ヒンジがバス バーをラック レールに接続しており、ブレード エンクロージャおよびインターコネクトの背面に簡単にアクセスすることができます。電源供給は、独立したA、B両サイド バス バーによって供給されています。構成する配備の大きさによって、3つの配電装置が使用可能です(表を参照)。
  サポートされるパワー エンクロージャ サポートされるサーバ ブレード エンクロージャ 最大ラック スペース使用量
スケーラブル バス バー 1または2 最大5 36U
ミニ バス バー 1 最大3 24U
パワー バス ボックス 1または2* 1 9U
注*: 2台のパワー エンクロージャをサポートするには、ミニ バス バー用デュアル電源入力キット オプション(364565-B21)が必要です。
注: 42UラックいっぱいにBL p-Classサーバ ブレードを構成する場合は、1組のミニ バス バーを2つ積み重ねて使用してください。
必要な電源 単相パワー エンクロージャ
コネクタ
-NEMA L6-30、200V〜240V 30A×2
三相パワー エンクロージャ
コネクタ
-NEMA L15-30、200V〜240V 30A×2(デルタ結線、4線目はアース)
OSサポート Microsoft® Windows®, Linux
注:HP ProLiant BL p-Class対応の最新ドライバのダウンロードについて詳しくは、HPのWebサイト
http://www.compaq.com/support/
files/server/jp/index.html
を参照してください。
注:Linuxサポートの最新情報について詳しくは、HP LinuxのWebサイト http://h18000.www1.hp.com/products/servers/
linux/hpLinuxcert.html
を参照してください。
インテリジェント マネジメント機能 内蔵Lights-Out(iL)アドバンスト パック
静的IPベイ構成 - ProLiant BL p-Classブレード用の新機能
仮想テキスト リモート コンソールおよびグラフィカル リモート コンソール
仮想CD-ROMおよび仮想フロッピー
仮想電源ボタン制御
専用LAN接続
DHCP/DNS/WINSによる自動IP設定
業界標準128ビットSSL(Secure Sockets Layer)セキュリティ
IMLおよびiLOイベントログ機能
カスタマイズ可能なアクセス権限を持つ最大12のユーザ アカウントのサポート
注:iLOAdvancedについて詳しくは、HPのWebサイト http://h18000.www1.hp.com/products/servers/
management/iloadv/index.html
(英語)を参照してください。
自動サーバ復旧2(ASR-2)
リダンダントROM
リモート フラッシュROM
ROMベース セットアップ ユーティリティ(RBSU)
Advanced Configuration and Power Interface(ACPI)仕様対応
サーバおよびインターコネクト スイッチのヘルス ログ
リダンダント パワー サプライ ユーティリティ
事前予防保証(プロセッサ、ハードディスク ドライブ、およびメモリが対象)
インターコネクト スイッチ マネジメント システムおよびユーティリティ(インターコネクト スイッチ オプション)
インテグレーテッド マネジメント ログ(IML)
オフライン バックアップ プロセッサ機能
ダイナミック セクタ修復およびドライブ パラメータ トラッキング(Smartアレイ コントローラ使用時)
ネットワーク アダプタ チーミング セットアップ ユーティリティ
HP ProLiant BL p-Classの可用性機能
電源の冗長化
 
o ホットプラグ対応パワー サプライ
o リダンダントAC電源(拡張バックプレーン コンポーネント付きブレード エンクロージャの使用時は2台のパワー エンクロージャが必要)
o インターコネクト オプションとサーバ ブレード管理モジュールは、AサイドおよびBサイド パワー バスの両方からの電源を共有
リダンダントSAN接続用デュアル ポート ファイバ チャネル メザニン カード
各サーバ ブレードにリダンダントROMを装備
ECCメモリ
ネットワーク アダプタ チーミング(ネットワーク フォールト トレランス、伝送の負荷均一化、スイッチ支援の負荷均一化)
インターコネクト スイッチの可用性機能
ホットプラグ対応、ホット リムーバル、設定は保持され、ケーブル接続/再接続は不要
各BL30pサーバ ブレードに2つのネットワーク接続、独立したインターコネクト スイッチに接続
各Ethernetインターコネクト スイッチに2セットのリダンダントEthernetアップリンク ポートを装備し、スイッチ間通信を冗長化
各インターコネクト スイッチに診断、管理、および追加アップリンク用のリダンダントなフロント パネル ポートを装備
リダンダントなシリアル ポート
PVSTとの互換性(GbEスイッチ2)および802.1Dスパニング ツリー プロトコルのサポートにより、ループの生じないリダンダント パスを実現
自動ポート負荷均一化およびフェールオーバによるスタティックIEEE 802.3ad(EtherChannel互換)トランキング
メモリ内にリダンダント構成ファイルおよびオペレーティング システム ファームウェアイメージ(GbEスイッチ)
各インターコネクト スイッチにリダンダント ファンを装備
各インターコネクト スイッチにリダンダント電源を装備
ProLiantネットワーク アダプタ チーミング用にサポート
リンダンダント構成が可能なコミュニティ名およびSNMPトラップ マネージャ ホスト
リダンダント構成が可能なsyslogサーバ、DNSサーバ、およびデフォルト ゲートウェイ(GbE2スイッチ)
セキュリティ 電源投入時パスワード
管理者用パスワード
内蔵Lights-Outには、12のカスタマイズ可能なユーザ アカウントとSSL暗号化があります。
内蔵Lights-Outは、グローバル設定によって無効にすることができます。
インターコネクト スイッチのマルチレベルのユーザ名およびパスワード、管理インタフェースのタイムアウトの設定、SSH*、SCP Secure Copy Protocol*、ポート ベースのIEEE 802.1Qタグ付きVLAN、RADIUSユーザ認証と許可*、およびIPアドレス制限
注*:GbE2インターコネクト スイッチのみ
ラック最小要件 ProLiant、Telco、および次の条件を満たす他社製のラックに収納
19インチ標準EIAレール セット互換
EIAレール間隔73.66〜76.2cm
キャビネット全体の奥行91.44cm以上(背面RETMAレールと背面ドアの間隔最低8.89cmを含む)
上部および下部にケーブル配線用の空間(パッチ パネルを使用したフル ラック構成時で約20cm四方)
725.75kg(フル ラック構成時)の耐重量
正面ドアと背面ドアに冷却用の通気を確保するための通気孔
通気要件を満たすため、サーバ ブレード エンクロージャのドアに65%の通気孔
HPラック10000シリーズでの使用に最適化
ラック通気要件
HPラック10000シリーズは、通気性を向上させることによって、非常に高い冷却能力を実現しており、最新のサーバ テクノロジを使用したサーバおよびサーバ ブレードの設置用に最適です。
注意:他社製ラックを使用する場合、通気をよくして装置の損傷を防ぐために、以下の追加要件を満たしていなければなりません。
フロントおよびリア ドア: 42Uサーバ ラックでフロントおよびリア ドアを閉じる場合、通気をよくするために、上部から下部にわたって5,350cm2の通気孔を均一に配置する必要があります(換気のために必要な64パーセントの開口部と同等になります)。
側面: インストールしたラック コンポーネントとラックのサイド パネルの間は、7cm以上あけてください。
注意:通気をよくするために、ラック内のフロント パネルの空きU空間は、必ずブランク パネルでカバーしてください。これにより適切な通気を確保することができます。ブランク パネルをはめずにラックを使用すると、適切な冷却が行われずに高温による損傷が発生することがあります。
注:詳しくは、サーバに付属の『セットアップ/インストレーション ガイド』またはドキュメンテーションCDを参照するか、HPのWebサイト http://www.hp.com/servers/bl30p/ にあるサーバ マニュアルを参照してください。

HP ProLiant Essentials Foundation パック ソフトウェア

ProLiant Rapid Deploymentパック Rapid Deploymentパック(RDP)は、ProLiantサーバ、ブレード サーバ、およびブレード インターコネクト スイッチの配備および設定を自動化するソリューションです。RDPには、OSのインストール用に事前に設定されたイベント、最適化されたソフトウェア ドライバ、ファームウェア、および管理エージェントが含まれています。また、各RDP CDには、試用のための10ノード分のトライアル版ライセンスが含まれています。RDPを使用してProLiantサーバを配備するには、ライセンスが必要です。このライセンスは、ブレード システムとともに購入していただけます。RDPは、Windows Edition(Windowsおよび混合OS環境用)とLinux Edition(Linux環境用)があります。詳しくは、HPのWebサイト http://www.hp.com/servers/rdp/ (英語)を参照してください。
HP Systems Insight Manager HP Systems Insight Manager(HP SIM)は、予期しないダウンタイムや生産性の低下の原因となる問題が発生する前に問題の障害予測通知を提供するので、システムの稼動時間と性能の最大化やシステムの維持管理費の削減に有用です。HP SIMは、簡単に設定でき、Insightマネジメント エージェントを使用して、内蔵Lights-Out、リモートInsightボードLights-Out Edition、およびバージョン コントロール エージェントとともに動作し、堅牢な障害管理、コンフィギュレーション管理、資産管理に加えてリモート管理も提供します。また、HP SIMを使用する場合は、ロールベースのセキュリティ、ProLiant、Integrity、およびHP9000システムの管理機能や、ストレージ、クライアント、プリンタ、および電源管理用のプラグインのほか、サーバの迅速な配備、性能管理、作業負荷管理といった利点も得ることができます。HP SIMについて詳しくは、HPのWebサイト
http://www.hp.com/jp/hpsim/
を参照してください。
マネジメント エージェント マネジメント エージェントは、HPのインテリジェント マネジメント機能戦略の基礎を形成します。これによって、HP製サーバ、ワークステーション、デスクトップ、およびポータブル内に構築された構成の詳細に、ブラウザ ベースで直接アクセスできます。また、サブシステムまたは環境に障害が発生した際に、HP SIMおよびその他のエンタープライズ管理コンソールにアラートを送信します。マネジメント エージェントおよびその他のHP製管理製品について詳しくは、HPのWebサイト
http://h50146.www5.hp.com/products/servers/
proliant/management/
を参照してください。
Subscriber's Choice HPのWebサイトにある「Subscriber's Choice」のページで提供されているWebベース電子メール配信サービスの「Driver and Support Alerts/Notifications」は、ProLiant製品に関するソフトウェアやドライバの変更の通知を自動的に配信します。HPのWebサイト http://www.hp.com/go/subscriberschoice/ (英語)から申し込み、プロファイルをカスタマイズすると、新しいアラートがある場合、それらのアラートを毎週または毎月受け取ることができます。このサービスは、英語での提供になります。
ROMPaq、サポート ソフトウェア、およびコンフィギュレーション ユーティリティ ProLiantサーバおよびオプションに対して最適化とテストが十分に行われた、最新のソフトウェア、ドライバ、およびファームウェアです。RDP CD、SmartStartで入手でき、HPのWebサイト http://h18007.www1.hp.com/support/
files/server/jp/index.html
のダウンロード ページからダウンロードできます。
Surveyユーティリティおよび診断ユーティリティ SmartStartで入手可能で、HPまたはユーザ自身によって使用する、非常に高度なコンフィギュレーション分析、レポートおよびトラブルシューティング用のユーティリティです。
注:HP ProLiant Essentialsソフトウェアの詳細については、HPのWebサイト http://www.hp.com/jp/servers/proliantessentials を参照してください。
オプションのHP ProLiant Essentials Valueパック Adaptive Infrastructureの機能を拡張し、業務上の特定の問題と要件に対応するためのオプション ソフトウェアです。
Workload Managementパック- 複雑な環境の管理を容易にし、サーバの利用効率全体を向上させます。お客様は初めての導入から、複数のアプリケーションを1台のHP ProLiantに、不安なく配備することができます。
Performance Managementパック - HP ProLiantサーバ上のハードウェア パフォーマンス ボトルネックを検出および説明します。付属のオプションを使用すると、ユーザが貴重なリソースを有効に利用することができます。
SmartStart SmartStartは、信頼性が高く整合性のあるサーバ構成を迅速に配備することによって、シングル サーバのセットアップを簡素化します。SmartStart 7.00以降を使用すると、I/Oケーブル(各サーバ ブレード エンクロージャに付属)と接続済みUSB CD-ROMデバイスを使用してProLiant BL p-Classサーバ ブレードを配備することができます。詳しくは、SmartStartのWebサイト http://www.hp.com/servers/smartstart/ (英語)を参照してください。

モデル


HP ProLiant BL30p X3.2-2MB、1024MB(2P) 360329-B21

プロセッサ インテル® Xeon™ 3.2-GHz×2、標準(最大2基をサポート)
キャッシュ メモリ 2MBの3次キャッシュ(プロセッサ当たり)
メモリ 1024MB(標準)〜4GB(最大)PC2100 DDR SDRAM(266-MHz)(1×1GB)。同一組取り付け時2-Wayインターリーブ対応
ネットワークアダプタ 2個のNC7781 PCI-X Gigabit NIC(内蔵型)もう1個の10/100T NIC(内蔵型)はiLOマネジメント専用
ハードディスク ドライブ 標準では無し
内蔵ストレージ 最大120GB(オプションのハードディスク ドライブを使用)
CD-ROMドライブ なし
I/Oケーブル 付属
形状 BL30pブレード スリーブに垂直に挿入。ブレード スリーブは、1〜2台のBL30pブレードをサポートします。ブレード スリーブは、ProLiant BL p-Classサーバ ブレード エンクロージャに垂直に挿入

HP ProLiant BL30p X3.2-1MB、1024MB(2P) 368271-B21

プロセッサ インテル® Xeon™ 3.2-GHz×2、標準(最大2基をサポート)
キャッシュ メモリ 1MBの3次キャッシュ(プロセッサ当たり)
メモリ 1024MB(標準)〜4GB(最大)PC2100 DDR SDRAM(266-MHz)(1×1GB)。同一組取り付け時2-Wayインターリーブ対応
ネットワーク アダプタ 2個のNC7781 PCI-X Gigabit NIC(内蔵型)もう1個の10/100T NIC(内蔵型)はiLOマネジメント専用
ハードディスク ドライブ 標準では無し
内蔵ストレージ 最大120GB(オプションのハードディスク ドライブを使用)
CD-ROMドライブ なし
形状 BL30pブレード スリーブに垂直に挿入。ブレード スリーブは、1〜2台のBL30pブレードをサポートします。ブレード スリーブは、ProLiant BL p-Classサーバ ブレード エンクロージャに垂直に挿入

HP ProLiant BL30p X3.06/512KB、1024MB(2P) 354566-B21

プロセッサ インテル® Xeon™ 3.06-GHz×2、標準(最大2基までサポート)
キャッシュ メモリ 512KBの2次キャッシュ(プロセッサ当たり)
メモリ 1024MB(標準)〜4GB(最大)PC2100 DDR SDRAM(266MHz)(1×1GB)。同一組取り付け時2-Wayインターリーブ対応
ネットワーク アダプタ 2個のNC7781 PCI-X Gigabit NIC(内蔵型)もう1個の10/100T NIC(内蔵型)はiLOマネジメント専用
ハードディスク ドライブ 標準では無し
内蔵ストレージ 最大120GB(オプションのハードディスク ドライブを使用)(2×60GB)
CD-ROMドライブ なし
形状 BL30pブレード スリーブに垂直に挿入。ブレード スリーブは、1〜2台のBL30pブレードをサポートします。ブレード スリーブは、ProLiant BL p-Classサーバ ブレード エンクロージャに垂直に挿入

HP ProLiant BL30p X3.06/512KB、1024MB(1P) 354050-B21

プロセッサ インテル® Xeon™ 3.06-GHz×1、標準(最大2基をサポート)
キャッシュ メモリ 512KBの2次キャッシュ(プロセッサ当たり)
メモリ 1024MB(標準)〜4GB(最大)PC2100 DDR SDRAM(266MHz)(1×1GB)。同一組取り付け時2-Wayインターリーブ対応
ネットワーク アダプタ 2個のNC7781 PCI-X Gigabit NIC(内蔵型)もう1個の10/100T NIC(内蔵型)はiLOマネジメント専用
ハードディスク ドライブ 標準では無し
内蔵ストレージ 最大120GB(オプションのハードディスク ドライブを使用)
CD-ROMドライブ なし
形状 BL30pブレード スリーブに垂直に挿入。ブレード スリーブは、1〜2台のBL30pブレードをサポートします。ブレード スリーブは、ProLiant BL p-Classサーバ ブレード エンクロージャに垂直に挿入

HP ProLiant BL30p X3.2-2M 2P 1024MB 8パック 368272-B21

注:マルチパックには、8枚のBL30pサーバ ブレード、4台のBL30pブレード スリーブ、および8つのRapid Deploymentパック ライセンスが含まれます。
プロセッサ 各ブレードはインテル® Xeon™ 3.2GHz×2、標準(最大2基をサポート)を搭載
キャッシュ メモリ 2MBの3次キャッシュ(プロセッサ当たり)
メモリ 1024MB(標準)〜4GB(最大)PC2100 DDR SDRAM(266MHz)(1×1GB)。同一組取り付け時2-Wayインターリーブ対応
ネットワーク アダプタ 2個のNC7781 PCI-X Gigabit NIC(内蔵型)もう1個の10/100T NIC(内蔵型)はiLOマネジメント専用
ハードディスク ドライブ 標準では無し
内蔵ストレージ 最大120GB(オプションのハードディスク ドライブを使用)(2×60GB)

HP ProLiant BL30p X3.06-512K 2P 1024MB 8パック 354051-B21

注:マルチパックには、8枚のBL30pサーバ ブレード、4台のBL30pブレード スリーブ、および8つのRapid Deploymentパック ライセンスが含まれます。
プロセッサ 各ブレードはインテル® Xeon™ 3.06GHz×2、標準(最大2基をサポート)を搭載
キャッシュ メモリ 512KBの2次キャッシュ(プロセッサ当たり)
メモリ 1024MB(標準)〜4GB(最大)PC2100 DDR SDRAM(266MHz)(1×1GB)。同一組取り付け時2-Wayインターリーブ対応
ネットワーク アダプタ 2個のNC7781 PCI-X Gigabit NIC(内蔵型)もう1個の10/100T NIC(内蔵型)はiLOマネジメント専用
ハードディスク ドライブ 標準では無し
内蔵ストレージ 最大120GB(オプションのハードディスク ドライブを使用)(2×60GB)
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項