Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバ

HP ProLiant BL20p G3

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む
BL20p G3 イメージ
概要
主な利点
  新機能
  主なスペック

概要


HP ProLiant BL20p G3は、企業向けに設計された高性能デュアル プロセッサ サーバブレードです。HP ProLiant BL20p G3は、高性能インテル® Xeon™ プロセッサ(800MHz FSB、1MB 2次キャッシュ)、SANストレージ機能、最大4GBのPC 3200 DDR2メモリ、および4枚のGigabit NICを標準装備しています。新しいHP ProLiant BL20p G3は、BL20p G2、BL30p、およびBL40pと同じインフラストラクチャ コンポーネントを使用します(注:一部のモデルでは、高度なバックプレーン コンポーネントを備えたBL p-Classサーバブレード エンクロージャ(筐体)が必要になることがあります)。

HP ProLiant BL20p G3は、SAN実装およびクラスタリング機能のためのファイバ チャネル サポートをオプションで提供します。HP ProLiant BL20p G3とともにSANを実装することにより、データ可用性を向上し、容量を容易に拡大し、ディスク リソースを統合して管理費用を削減することができます。その上、HPによるSANとNAS(ネットワーク接続ストレージ)の融合により、お客様は、アプリケーション、データベース、およびファイル サービス ソリューションの機能を装備したストレージ アーキテクチャを設計できます。ファイバ チャネル機能は、HP ProLiant BL20p G3専用に設計されたデュアル ポート ファイバ チャネル メザニン カード(2Gb)を使用することにより実現されます。HP ProLiant BL20p G3は、HP StorageWorks用に最適化されています。また、他のストレージ ベンダの製品と互換性があります。


主な利点


  • 妥協のない性能と可用性を提供
  • 高性能SAN接続
  • マルチサーバ アプリケーション向けの完璧なソリューション
  • 動的なリソース割り付け

新機能


  • インテル® Xeon™プロセッサ(1MB 2次キャッシュ)
    o インテル EM64T を採用
  • 800MHzフロント サイド バス
  • 400MHz DDR-IIメモリ、4個のソケット、最大8GB
  • 4つの内蔵10/100/1000データNICおよび専用iLOポート
    o 左右どちらにでも設置できるスナップオン ケーブル マネジメント アーム
    o サーバへの迅速なアクセスを可能にするクイック リリース レバー

主なスペック


 

HP ProLiant BL20p G3

プロセッサ インテル® Xeon™ プロセッサ(800MHz FSB、1M 2次キャッシュ)/最大2基をサポート
-インテル EM64T を採用
標準メモリ 1GBまたは2GB
最大メモリ 8GB
内蔵ドライブの最大数 2
ファイバ チャネル ストレージ オプション あり
42Uラック当たりの最大ブレード数 40
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項